飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 重心設計 」 一覧

SIMドライバーのウェイト調整機能について徹底解説【調整例の基本3種+タイガーウッズ・ロリーマキロイの調整例】

SIMドライバーのウェイト調整機能について取り上げます。

SIMドライバーに搭載されているウェイト調整機能

ウェイト調整機能があるモデル、無いモデル

2020年のテーラーメイドのSIMシリーズドライバーは、SIM、SIM MAX、SIM MAX Dの3タイプがリリースされています。

そして、「スライディング・ウェイト・システム」と呼ばれるウェイト調整機能は、SIM MAXとSIM MAX Dにはなく、SIMドライバーにのみ搭載されています。

SIMドライバーのウェイト調整は、ドロー・フェードのみになった

こちらは2017年のM1ドライバーからSIMドライバーまでのウェイト調整機能の外観を並べた画像です。テーラーメイドの特徴として、調整の仕組みそのものをガラッと変えてくる傾向があります。

とは言え、M1、M3、M5は、外観こそ違えど、縦(HIGH-LOW)・横(DRAW-FADE)の2方向の調整機能を有しています。

一方、最新のSIMは縦(HIGH-LOW)の調整機能がなくなり、横(DRAW-FADE)のみとなっています。

SLDRに前戻りかと感じる方もいるかもしれませんが、ウェイト調整が自由自在となると、そもそものヘッドの基本性能がぼやけてしまうので、ウェイト調整は必要最小限が良いという考え方があります。

テーラーメイドとしはツアープロの意見や市場のニーズを踏まえた上で仕様検討しているでしょうから、縦(HIGH-LOW)はロフト角の選定、可変スリーブで対応して欲しいと考えているのではないかと思います。

いずれにしても、縦(HIGH-LOW)の調整機能はなくなりましたので、縦調整をバリバリ使っていた方にとってはデグレードとなります。

SIMドライバーのウェイト調整方法

SIMドライバーのウェイト調整は、専用のトルクレンチを用いて行います。

  • 手順1
    トルクレンチを用いて、ウェイトのスクリューを回して緩めます。
  • 手順2
    ウェイトを希望の位置まで移動させます。
  • 手順3
    再びトルクレンチを用いて、ウェイトのスクリューを回して締め付けます。

▼ウェイトを実際に移動させている動画です。

こちらの動画で、実際にトルクレンチを用いて、スライディング・ウェイトを移動させている様子が紹介されています。

SIMドライバーのウェイト調整の基本3パターン!

SIMドライバーの弾道調整は、ドロー・フェードはウェイトで調整し、打ち出し角・スピン量は可変スリーブで調整します。

ニュートラル設定

こちらはウェイトがセンターのまま移動させていないニュートラルな設定です。左右へのウェイト移動がないため重心に偏りが生じておらず、真っすぐな弾道となります。

まずはこのセッティングからスタートして、弾道を確認した上で、ドロー・フェードに調整することをおすすめします。

ドロー設定

ウェイトをヒール側に寄せた設定です。重心がヒール側に移動しますので、ヘッドが返りやすくなり、ドローの弾道となります。弾道がスライス気味で修正したい方におすすめの設定です。弾道の最大曲がり幅は20ヤードです。

フェード設定

ウェイトをトゥ側に寄せた設定です。重心がトゥ側に移動しますので、球のつかまり過ぎが抑えられます。

ヘッドスピードが速いハードヒッターで、ヘッドの返り過ぎ、左へのミスを防ぎたい人に好まれる設定です。弾道の最大曲がり幅は20ヤードです。

SIMドライバーのツアープロの設定

SIMドライバーは、タイガーウッズ、ロリーマキロイら世界に名だたるスター選手が使用しています。

M5ドライバーではツアープロによるウェイト調整が多種多様でしたが、SIMドライバーではニュートラルなまま使用しているようです。

▼タイガーウッズ

≫ タイガーウッズの最新クラブセッティングを徹底解説!ウッドは番手でモデルを分けている

≫ タイガーウッズの歴代使用ドライバーを一挙紹介!

▼ロリーマキロイ

≫ ロリー・マキロイの最新クラブセッティングを徹底解説!レスキューを初めて採用

▼参考:重心の深さ、高さによるドライバーショットへの影響については、下記の特集記事をご覧ください。

浅重心・深重心とドライバーの飛距離との関係

低重心・高重心とドライバーの飛距離との関係

「SIMの調整機能」関連のおすすめ記事

【テーラーメイド】可変スリーブの互換性を徹底解説!SIM・M・RBZなど

SIM・SIM MAXドライバーのロフト角調整機能について

SIM MAX D-TYPEドライバー(US)のロフト角調整機能について

「SIM」関連のおすすめ記事

SIMドライバーの試打・評価・感想

SIMドライバーの評価・クチコミをまとめました

テーラーメイド SIM・SIM MAXドライバーの最新情報をまとめました【スペック・特徴を徹底解説】

SIMドライバーとM5ドライバーを打ち比べたリアルな感想

 







【大型ヘッドのドライバーの打ち方】1つだけ絶対に注意したいこと【スライサーは特に必見です】

ドライバーのヘッドは460ccのルール上限のモデルが増えています。 最近では、ツアープロ向けの難しいモデルでさえも、形状こそディープなもののヘッド体積は460ccのものが増えています。 一昔前と比べる …

ゼクシオ イレブン 11で注目が集まるカウンターバランスとは!?

ゼクシオ 11代目のドライバーは、ウェイトプラステクノロジーが搭載され、手元側にクラブの重心が寄せられた設計となっています。このグリップ側に重心を寄せるカウンターバランスについて、どのような効果がある …

ドライバーヘッドの形状とその特徴は!?洋ナシ、丸顔、ディープ、シャロー、ハイバック等を徹底解説!

ドライバーヘッドの形状と弾道の関係、適合ゴルファーについて詳しく解説します。 ドライバーヘッドの形状と弾道の関係 ドライバーヘッドは、同じシリーズの中でも形状が大きく異なっていることがあります。そして …

ギア効果とは?ドライバーの弾道への影響を理解!

ゴルフの弾道について書かれた記事の中で、ギア効果という言葉が出てくることがあります。なかなか日常の生活の中で馴染みの薄いギア効果について、ゴルフのショットにどうかかわっているの解説します。 ドライバー …