飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 月別アーカイブ:2018年12月 」 一覧

本間ゴルフ Be ZEAL535ドライバーの試打・評価・感想

本間ゴルフから発売されているBe ZEAL535ドライバー。イボミが宣伝していることでご存知の方も多い、BeZealシリーズのドライバーです。

Be Zealとはどんなブランド?

TVでイボミプロが宣伝していることでご存知の方も多いBe Zeal。このブランド名のZealは、熱意、熱心といった意味があり、熱意のあるアベレージゴルファー向けに立ち上げられたブランドです。

Be Zeal535ドライバー

2018年モデルとして発売のBe Zeal535ドライバーは、2代目のモデルです。

名前からして3代目っぽいですが、2016年モデルのBe Zeal525ドライバーが初代モデルで、515や505は存在しません。

特徴1、独特な形状のスリットがミスを許容してくれる

Be Zeal535ドライバーの最大の特徴がソール前方に施された溝です。テーラーメイドで言うところのスピードポケットですね。

この溝がセンターとトゥヒールで形状が異なっています。打点が真中と端っこでは、溝の働くベクトルが異なることは想像に難しくありません。そのため、溝の幅、深さ、形が場所によってことなっているわけです。

このポケットの働きとしては、ミスを吸収してくれるだけでなく、弾道もセンター方向に戻してくれます。まるでテーラーメイドMシリーズのツイストフェースですね。

特徴2、更なる低重心化により、高弾道、低スピンで飛ばせる!

前作と比べて低重心化に成功していますので、高弾道の低スピンボールで飛ばすことができます。

特徴3、ソールに配置されたビスにより、大きな重心角でボールがつかまる!

ソール後方のヒール側には7gのウェイトビスが装着されています。大きな重心角を取る効果がありますので、つかまりが良くなっています。スライサーの方には適した重心角設計です。

BeZeal535ドライバーのゴルフ我流道による試打と評価

・重量はゼクシオより重いが、バランスが違うため軽く感じる。
・スリットが深く入っていて、打点が左右にずれたときにボールが戻ってきてくれる。
・テンプラしても飛距離が落ちにくい。

BeZeal535ドライバーの一般ゴルファーによる試打と感想

・つかまりが良い。軽くて良い。振りやすい。弾きが良い。







最適なスピン量は?ドライバーの飛距離との関係を把握しよう

ゴルフの飛距離を決める要素は幾つかあり、その一つがスピン量です。この記事ではボールのスピン量について、飛距離との関係を取り上げます。 飛距離を決める3要素とは? ゴルフでも野球でも同じですが、飛距離を …

テーラーメイドのM5ドライバー、M6ドライバーは、フェースにネジがある!?

▼M5、M6ドライバーの試打・評価、比較は、下記の最新記事をご覧下さい。 ≫ M5ドライバーの試打・評価・感想 ≫ M6ドライバーの試打・評価・感想 ≫ M6ドライバーとM5ドライバーの違い アメリカ …

ヘッドの重心角とドライバーショットとの関係

★追記2019/07/21:2つの記事(スライサー向けおすすめドライバー、ギア効果とスピン量の関係)のリンクを掲載しました。 メーカーのホームページやカタログなどでドライバーのスペックを見ると、実に様 …

テーラーメイド M5ドライバー、M6ドライバーの最新情報

▼M5、M6ドライバーの試打・評価、比較は、下記の最新記事をご覧下さい。 ≫ M5ドライバーの試打・評価・感想 ≫ M6ドライバーの試打・評価・感想 ≫ M6ドライバーとM5ドライバーの違い テーラー …