月別アーカイブ: 2018年12月

ヘッドをたわませて飛ばすオススメのドライバー3本!飛距離をアップ!

最近のドライバーのキャッチコピーや搭載機能を見てみると、少し前とメーカーが注力するポイントに変化が見られます。

少し前は、「スリット」や「ウェイト調整」が売りになっていたが・・・

数年前のドライバーでは、ソールやフェース裏面などにスリットを入れ、反発力や許容性を上げるモデルが多くみられました。もう一つはウェイト調整機能。ソール側にスライダーが付いていて、ドロー・フェード、スピン量調整が行えるモデルがぐっと増えました。

これらはとても素晴らしい機能のため、一過性のものではなく、最近のドライバーにも搭載され続けているものが多いです。

しかし、最近のドライバーではメーカー各社のPR文言を見ていると、力を入れる点が変わってきたことが分かります。

最近のドライバーは「たわみ」が主流!

かなり多くのモデルで「たわみ」というキーワードを強調しています。インパクトの際にヘッドがボワンとたわみ、それが復元することでボールスピードが上がる、というメカニズムです。

ここまで少々長くなりましたが、最近の主流である「たわみ」を活かしたドライバーについて、おすすめのモデル3本を紹介します。

キャロウェイ ROGUE スタードライバー

撓んで飛ばすと言えば、まず思い浮かべるのがキャロウェイのEPICで初めて搭載されたJAIL BREAKテクノロジーです。

低重心・深重心に苦心するモデルが多い中、重量感ありそうな2本の柱をヘッド前方に据えた画はインパクト充分。上下方向の無駄な撓みを抑えて、効率的に撓みをボールに伝えてくれます。

ROGUE STAR ドライバーの試打、感想

最初に触れた通り、このテクノロジーはEPICにも搭載されていますので、GBB EPICスターを好んで選ばれるゴルファーも少なくありません。

GBB EPIC STAR ドライバーの試打・評価・感想

ちなみに、最近話題となっているEPIC FLASHにもJAIL BREAKは搭載と言われていますので、引き続き注目したいモデルです。

ブリヂストン TOUR-B XD-3 ドライバー

ブリヂストンと言えばゴルフともう一つ、タイヤです。PRGRも横浜ゴムですから、ゴルフとタイヤは研究開発からみて親和性が高いのでしょうかね。それはさておき、ブリヂストンのTOUR B XD-3ドライバーは、タイヤの技術が取り入れられています。

クラウンに金属弦が張られていて、たわんだ時の復元のスピードを速めてくれます。キャロウェイがたわみの生じさせ方にフォーカスしているのに対して、ブリヂストンは復元の仕方にフォーカスしているのが興味深いです。

ブリヂストン TOUR B JGR ドライバーの試打・評価、感想

ミズノ GX ドライバー

ミズノから発売されているGXドライバーは、ソールに溝が施されていて、たわんで飛ばすことができます。実際、平らなソールよりもたわみ量が多いそうです。

さらに、フェースも周辺部が薄くなっていて、フェース自身もたわみます。

出典:GXドライバー ミズノ公式ページ

ミズノ GXドライバーの試打・評価・感想

以上、たわんで飛ばすドライバー3本を取り上げました。たわみ以外にも弾道をセンターに戻してくれるモデルや、低スピンの強弾道で飛ばすモデルなど、飛距離アップの実現方法は様々です。

ご自身の課題と照らし合わせて、最適なドライバーを選ぶことで、飛距離アップを図りましょう。

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?

2019年のドライバーに関する情報が少しずつ出回ってきています。そこで、本投稿では現時点で注目の2019年のドライバーを取り上げます。

キャロウェイの2019年モデルはEPIC FLASHでほぼ確定!?

ゴルフダイジェストで「エピックフラッシュ」を探す

楽天市場で「エピックフラッシュ」を探す

キャロウェイの2019年モデルについては、R&AコンフォーミングリストにEPIC FLASHが掲載されています。これはもう確定と言って良いのではないかと思います。

キャロウェイからは2019年1月8日に公式発表があります。発表があることをPRしている動画の中でも、EPIC FLASHを思わせるロゴのような画像が登場します。

キャロウェイ EPIC FLASHドライバーの全容が判明!?

いずれにしても、キャロウェイの公式発表が楽しみです。

テーラーメイドの2019年モデルは、M5ドライバー、M6ドライバーか?

ゴルフダイジェストで「M5/M6ドライバー」を探す

楽天市場で「M5/M6ドライバー」を探す

さて、日本でも人気のガイブラ、キャロウェイのライバルとされるテーラーメイドからは、M5ドライバー、M6ドライバーがリリースされるのではないかと言われています。

公式サイトでは、2019年2月1日に何らか発表があると宣言されています。

こちらもキャロウェイ同様、動画でチラ見せされていまして、スクリューフェースなるものが登場します。

テーラーメイドのM5ドライバー、M6ドライバーは、フェースにネジがある!?

これがM5、M6ドライバーなのか、M3、M4の2019年モデルなのか、はたまた、全く別のドライバーなのかまでは匂わされていません。

ところが、テーラーメイドのニューモデルと思われる画像がゴルフ系メディアサイトから出ていて、それらがインスタグラムやツイッターに流れています。そして、そのヘッドのソールには、M5、M6と書かれています。

テーラーメイド M5ドライバー、M6ドライバーの最新情報

M1、M2ドライバーの例、そして、ニューモデルが一般的には2年毎である点を考えると、M3、M4が2018年に新登場しましたので、M3、M4の2019年モデルが出されると考えるのが素直ではあります。

ただ、M5、M6と書かれた画像が出回り、この画像の扱いにも一悶着あったという話も出回っていますので、筆者としてはM5、M6ドライバーが出るのではないかと予想しています。

PINGからはG410ドライバー!?

★新情報のリンクを追記:2019年1月22日

ゴルフダイジェストで「G410ドライバー」を探す

楽天市場で「G410ドライバー」を探す

PING G410 PLUSドライバーの公式情報が出た!

★新情報のリンクを追記:2019年1月21日

PING G410/G410 PLUS ドライバーの最新情報を集めました!

では、PINGのG410ドライバーです。

こちらの情報や映像が無いか調べてみましたが、期待する一般の声はあるものの確からしい情報は現時点、みつかりませんでした。

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

以上、2019年モデルのドライバーに関する情報をまとめてみました。年明けから徐々に公式情報が出てくると思いますので、分かり次第、取り上げていきます。

重心設計とドライバーの飛距離の関係

ドライバーの飛距離を左右する要素の一つに、ゴルフクラブの重心設計があります。

重心設計と一口に言っても、様々な重心設計項目があります。例えば、重心高、重心深度などです。

当サイトでは重心設計とドライバーの飛距離との関係について、様々な重心項目について解説しています。下記メニューから順番に読み進むと、網羅的に理解できるようになっています。

ヘッドの重心距離とドライバーの飛距離との関係

低重心・高重心とドライバーの飛距離との関係

浅重心・深重心とドライバーの飛距離との関係

ヘッドの重心角とドライバーショットとの関係

ドライバーの飛距離アップのコツ、飛距離を決める3つの要素とは!?

最適なスピン量は?ドライバーの飛距離との関係を把握しよう

 

キャロウェイ EPIC FLASHドライバーの全容が判明!?

キャロウェイから2019年モデルとして、EPIC FLASHドライバーが発売されるのではないかと話題になっています。

キャロウェイの2019モデルは、EPIC FLASHドライバー

ライバルのテーラーメイドもM5ドライバー、M6 ドライバーをリリースするのではと囁かれていますので、2019年のドライバー市場も既に温度が高まってきています。

テーラーメイド M5ドライバー、M6ドライバーの最新情報

EPIC FLASHドライバーの全容が判明!?

キャロウェイからは2019年1月8日に情報解禁と宣言していますが、EPIC FLASHドライバーと思われる画像が幾つか出回っています。

前にご紹介したR&Aの画像と違って、EPICらしいカラーリングがなされていますので、なかなか信憑性が高いのではないかと思われます。

EPIC FLASH ドライバー

こちらはサブゼロの文字がありませんので、ノーマルなEPIC FLASHドライバーと思われます。

 

View this post on Instagram

 

Steve Buzzaさん(@buzzagolf)がシェアした投稿

こちらはサブゼロの文字が見えますので、EPIC FLASH Sub Zeroドライバーと思われます。

 

View this post on Instagram

 

Steve McCreightさん(@thewhiskeygolfer)がシェアした投稿

アジア向けのEPIC FLASH スタードライバーは無い?

R&Aに登録されているモデルを見る限り、スターの文字が印字されているモデルはありません。

GBB EPICとROGUEにはスターモデルがありましたが、今回はスターモデルがリリースされない可能性が考えられます。

いずれにしても、2019年1月8日には何らかの情報が公式に発表されますので、判明し次第お伝えしたいと思います。

キャロウェイの2019モデルは、EPIC FLASHドライバー

キャロウェイの2019年モデルに関する情報が出回り始めていますので、調べてみました。

ニューモデルは、EPIC FLASHドライバー!?

イギリスのR&Aのサイトで、ドライバーコンフォーミングリストにキャロウェイの新たなモデルが登録されました。そのヘッドにはEPIC FLASHの文字が刻まれています。

EPIC FLASHドライバー

EPIC FLASH SubZeroドライバー

こちらがサブゼロです。R&Aに掲載されたリストでは、version 1~4の4種のタイプがあり、若干ヘッドシェイプが異なっていました。

これは数種類発売されるのか、この中から絞られるのか、現時点では分かりません。

EPIC  FLASHはウェイト調整機能付き!?

前作のEPICとの違いとしてまず気が付く点は、SubZeroモデルにもペリメーターウェイティング、すなわちウェイト調整機能が付いている点です。

前作でのGBB EPICのSubZeroには、浅重心にするためなのか、ソール後方のペリメーターウェイティングは搭載されませんでしたが、今回は上級者向けモデルでも弾道調整が行えます。

2019年1月8日にキャロウェイから新製品に関する情報がリリースされる

現在、キャロウェイの公式youtubeチェンネルにて、下記の動画がアップされています。

「ドライバーはAIへ」というタイトルで、AIで設計されたことをイメージさせるような動画になっています。

そして、動画の最後に浮かび上がる文字は、EpicとFlashの頭文字、EとFです。つまり、EPIC FLASHがリリースされると考えて間違いなさそうです。