飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 タイトリスト 」 一覧

タイトリスト T300アイアン 2021(2代目)の試打・評価・感想

タイトリストから発売のT300アイアンの2021年モデル(2代目)について、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。

T300アイアン 2021(2代目)の特徴

タイトリストのTシリーズアイアンは、2019年に誕生したモデルです。2021年にリニューアルされていて、T300アイアンは2代目となります。

Tシリーズアイアンは、T100からT400まであり、数字が小さいほどハードなモデルとなります。

T300アイアンは、アベレージゴルファー~中級者が扱いやすいアイアンです。

ソールウェイトは40%増量

ソールには、高比重金属のタングステンが内臓されています。

従来モデルと比べて40%増量されていますので、低重心・深重心がより顕著になっています。

球の上がりやすさ、そして、大きな慣性モーメントによる寛容性の高さが備わっています。

マックス インパクト 2.0を搭載

前作と同様に、マックスインパクトテクノロジーが搭載され、2021年モデルでは新開発の高弾性ポリマーコアが用いられ、2.0へと進化しています。

打感の向上、初速の速さ、ミスの許容性が高められています。

キャビティバックデザイン

T100、T200はすっきりとしたバックフェースなのに対して、T300アイアンはバックフェースの外周部が肉厚になっていて、キャビティバック形状が採用されています。

マックス インパクト2.0との相乗効果により、オフセンターヒット時の飛距離の低下が抑えられ、弾道の安定性が高まっています。

バリアブルフェースデザイン

フェース形状にはバリアブルフェースデザインが採用されていて、ロングアイアン、ミドルアイアンでは、センターからヒールに向かって薄く仕上げられています。

これにより、ヒールよりで捉えてしまった場合でも、飛距離のロスが最小限に抑えられます。

T300アイアン 2021年モデルと2019年モデルとの違い・比較

バックフェース

※左が2021年モデル、右が2019年モデル

バックフェースは、どちらもキャビティーバック形状が採用されています。

T200では軽量化・打音アップのためのパーツが増えていますが、T300では注目すべきパーツの追加もありませんので、デザイン的にも似た形状となっています。

ネック形状

※左が2021年モデル、右が2019年モデル

どちらもグースが入っていて、構えた時にしっかりとボールがつかまるイメージを持ちやすくなっています。

T200アイアンはロフト角に変更がありましたが、T300アイアンは前作の2019年モデルと同じです。

T300アイアン 2021(2代目)の試打・評価

T300アイアン 2021をトラックマンで計測試打・評価

  • AP1と比べると、カッコよくなっている。前作のT300アイアンよりもシャープになっている。
  • T200よりもフェースが長くなっている。
  • T200よりも打感は弾くが、フェースに乗る感じもある。打音はカツーンという弾き感がある。
  • 弾道はT200とあまり変わらない感じがするが、つかまりが良く、飛距離が出る。
  • T300は、T100、T200にない寛容性を感じる。
  • タイトリストのアイアンだけあって、ただただ飛ぶわけではなく、スピンも入って、球が上ってくれて、止まる。

T100・T100S・T200・T300アイアン 2021をプロが試打・比較

みんなのゴルフダイジェストさんにて、リニューアルされたTシリーズアイアンの全モデルを比較試打されています。

ゴルフライターがTシリーズアイアン2021を詳しく解説

試打ラボしだるTVのゴルフライター、コヤマ氏にて、タイトリストのTシリーズアイアン 2021年モデルについて、詳しく解説されています。

T100~T300までで、どのモデルにしようか悩まれている方は必見です。

T300アイアン 2021(2代目)のスペック

クラブスペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ
4 20° 62° 38.00″
5 23° 62° 38.00″
6 26° 62.5° 37.50″
7 29° 63° 37.00″
8 33° 63.5° 36.50″
9 38° 64° 36.00″
P 43° 64° 35.75″
W 48° 64° 35.50″

シャフトスペック

公式サイトでは、3種類のシャフトが掲載されています。

  • N.S. PRO 105T(スチール)
  • N.S. PRO 880 AMC(スチール)
  • 3D055(カーボン)
シャフト 材質 フレックス 重さ トルク 調子
NSプロ105T スチール S 111.3g 1.9° 先中調子
NSプロ880 AMC スチール S 94.5 ~ 106.5g 2.1° 中元調子
3D055 カーボン 69 ~ 85g 3.9° 中調子







タイトリスト 910 D2 ドライバーの試打・評価・感想

タイトリストから2011年モデルとして発売されている910 D2ドライバーについて、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。 910 D2ドライバー/タイトリスト Amazonで探す 楽天市場で探 …

タイトリスト T200アイアン 2021(2代目)の試打・評価・感想

タイトリストから発売のT200アイアンの2021年モデル(2代目)について、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。 T200アイアン 2021 Amazon 楽天市場 フェアウェイゴルフUSA …

TS2フェアウェイメタルの試打・評価・感想

タイトリストのTSシリーズから発売のTS2フェアウェイメタルについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 TS2フェアウェイメタル GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す TS2 …

タイトリスト T100・T100S・T200・T300アイアン 2021年モデルの最新情報まとめ!

タイトリストのTシリーズアイアンの2021年モデルがリリースされましたので、最新情報を取り上げます。 Tシリーズアイアン 2021年モデル タイトリストのTシリーズアイアンの2021年モデルが、ツアー …