タイトリスト」タグアーカイブ

TSドライバーの全モデルを徹底比較!TS1、TS2、TS3、TS4

タイトリストから発売の新ブランド、TSドライバーについて、TS1、TS2、TS3、TS4の特徴を取り上げます。

タイトリスト TSドライバー

タイトリストから2018年後期に新たに誕生したTSドライバー。TS2、TS3ドライバーに加え、2019年に入ってからTS1、TS4ドライバーが発売され全モデルが出揃った形になりました。

TS1~4モデルの特徴

モデル TS1 TS2 TS3 TS4
弾道 高弾道 高弾道 中弾道 中弾道
スピン量 普通 低スピン 低スピン 超低スピン
ヘッドサイズ 460cc 460cc 460cc 430cc
ロフト角 9.5、10.5、12.5° 8.5、9.5、10.5、11.5° 8.5、9.5、10.5° 8.5、9.5、10.5°
ライ角 58.5° 58.5° 58.5° 58.5°
ヘッド形状 シャロー・丸形 シャロー 洋ナシ 洋ナシ

タイトリストのドライバーは、モデル名の最後の数字が難易度を表しています。1が最もやさしく、2、3、4と数字が上がるにつれ難しくなっています。

最も難しいTS4ドライバーは、ツアープロ向けのためカスタムモデルとなっています。

TS1ドライバーは275gの軽量モデルで、ヘッドスピード42m/s前後のゴルファー向け!

TS2、TS3ドライバーは300gを超えますが、TS1ドライバーは275gの軽量モデルとなっていて、ヘッドスピードが42m/s前後のゴルファーに適しています。

275gというと、ゼクシオ10、Mグローレ、PHYZドライバーと同じぐらいの軽さとなっていて、これまでタイトリストに手が出なかったヘッドスピードが速くないゴルファーも扱いやすいモデルとなっています。

TS1ドライバーの試打・評価・感想

TS2ドライバーは適度なやさしさで、高弾道・低スピン弾道で飛ばせる中級者向けモデル

917D2ではウェイト調整機能が搭載されていましたが、TS2では搭載されていません。ウェイトはTS1ドライバーと同様にソール後方に固定されています。珍しい高弾道の低スピンモデルで、917D2よりもやさしくなっていますので、中級者が扱いやすいドライバーです。

タイトリスト TS2ドライバーの試打・評価、感想

TS3ドライバーは低スピンの強い弾道で飛ばせる中~上級者向けモデル

TSシリーズの中で唯一ヘッドを横に貫通するウェイト調整機能が搭載されています。ドロー・フェードの調整が可能で、自分好みの弾道を選択することができます。なお、これまで「D3」を使ったいたゴルファーとしては、ヘッド形状は洋ナシですがヘッド体積がここ数年の440ccから460ccとなっている点は事前に知っておきたい点です。

タイトリスト TS3ドライバーの試打・評価、感想

TS4ドライバーは、430ccの小ぶりヘッドで操作性の高いモデル!

TS4ドライバーは430ccの小ぶりなヘッドで、ツアープロ向けの操作性が高いモデルです。ソールの前方にウェイトが搭載されていますので、スピン量が抑えられ、低く強い弾道で飛ばすことができます。反面、ミスへの許容性は最も低いため、打点がバラつかない上級者向けのモデルです。

TS4ドライバーは小ぶりヘッドの低スピンモデル!

「TSドライバー」関連のおすすめ記事

TS2ドライバーとTS3ドライバーの違い

TS2ドライバー、TS3ドライバーのTSに込められた意味

 

TS1ドライバーの試打・評価・感想

★追記2019/06/06:試打動画を2本追加しました。

タイトリストから発売のTS1ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

タイトリスト TS1はドライバーの発売で、TSシリーズは4種類!

タイトリストのTSシリーズに新たなモデル、TS1ドライバーが追加となりました。TSシリーズは、これまでの917、915といったシリーズと違い、全く新たなモデルとして2018年後期に発売されたモデルです。

最初はTS2、TS3ドライバーの2種類の発売で、先日、TS4ドライバーが追加となることを当サイトでも取り上げたばかりでした。それから間もなく、TS1ドライバーが発売されることが判明しました。これでTSシリーズは4種類となります。

タイトリストのドライバーは、最後の数字が大きいほど難しく、小さいほどやさしい

タイトリストのドライバーは、917D2、917D3といったように、最後に2、3などの数字が付されています。これはクラブの難易度を表していまして、1、2、3、4と難しくなっていきます。

「1」のモデルは2007年以来の発売

各モデル、1~4の全てが発売されていた訳ではなく、基本は2、3のみの発売が続いていました。1のモデルは長らく発売がなく、前回の発売は遡ること12年、907シリーズの907D1ドライバーです。

こちらが2007年に発売された907D1ドライバーです。ストレッチを長くとるため極端な三角形状になっていて、最近では見たことのないようなヘッド形状です。重心が深いため、慣性モーメントが大きく、ミスに強いのが特徴のモデルです。

TS1ドライバーは、丸型のシャローヘッド

907D1が特徴的な形をしているので、TS1ドライバーの形状が気になった方もいたことと思いますが、クラウンはVG3のような大型・丸形です。ソール後方も低くなっていて、重心が深く・低く設定されている様子が伝わってきます。

ソール後方にウェイトを搭載!?

ヘッドの特徴としては、TS3のようなヘッドを横に貫通する重心調整ウェイトはなく、ソール後方にネジ状のように見えるウェイトと思われるものが装着されています。

シャローなヘッド形状に加え、ウェイトの効果も重なり、低重心・深重心で、直進性が高く、ボールがあがりやすくなっています。

USタイトリストのサイトでは、TS1ドライバーの特徴がより詳しく言及されています。

TS1ドライバーの特徴

    • 高弾道で、スピン量は中ぐらい。
    • ヘッドは伝統的な形状で、460ccの最大サイズ。

クラブ重量は275gで、中程度のスイングスピードに適している

クラブ重量はシャフトの組み合わせで変わりますが、USサイトでは軽量化して275gになっていると言及されています。そして、中ぐらいのスイングスピードに適しているとも述べられています。

VG3ドライバーで軽いシャフトを選択した時と同程度、または、それより軽くなっています。270gと言えば、ゼクシオ10ドライバーやMグローレと同じ重量感になります。

TSシリーズはターゲットゴルファー層をツアープロから一般ゴルファーにシフトしてきたと言われていますが、軽量のTS1ドライバーの投入で、従来のタイトリストと全く違うクラブであることが改めて再認識されます。

TS1ドライバーの試打動画が早速出ている!


タイトリストのTS1ドライバーを早速、試打している貴重な動画です。クラブのコンセプトに沿って、後半ではヘッドスピード40m/sのスライサーの打ち方でも試打しています。

軽くて、ミスに強く、球が上がりやす、直進性も高い、そして、飛距離が出る、初心者~中級者向けのドライバーです。

TS1ドライバーをじっくり試打・評価した動画

2本立てで前編と後編に分かれています。TS4ドライバーも合わせて試打していて、TSシリーズ全体の評価は参考になります。

TS1ドライバーは、過去の907D1とは全く違ったヘッド形状となっています。直進性が高いという狙いは一緒ですが、ボールのつかまり、球の上がりやすさに優れ、ヘッドスピードが42m/s以下のゴルファーが使いやすいドライバーになっています。

TS1ドライバーのヘッドスペック

  • ロフト角:9.5°、10.5°、12.5°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ

TS1ドライバーのシャフトスペック

  • Titleist Diamana 50
    硬さ: R , SR , S
    重量: 46g , 48g , 50g
    トルク: 5.7° , 5.6° , 5.5°
    キックポイント: 先中調子
  • Titleist AiR Speeder
    硬さ: R , SR
    重量: 43g , 45g
    トルク: 5.0° , 4.8°
    キックポイント: 先中調子

TS1ドライバーの発売日と発売価格

TS1ドライバーの発売日は、TS4ドライバーと同じく、2019年7月5日です。発売価格は72,000円ですTS2、TS3の標準シャフトモデルと同じ価格です。

「TSドライバー」関連記事

TSドライバーの全モデルを徹底比較!TS1、TS2、TS3、TS4

TS4ドライバー、TS3ドライバー、TS2ドライバーの違いを比較

TS4ドライバーは小ぶりヘッドの低スピンモデル!

TS2ドライバーとTS3ドライバーの違い

タイトリスト TS2ドライバーの試打・評価、感想

タイトリスト TS3ドライバーの試打・評価、感想

 

TS4ドライバー、TS3ドライバー、TS2ドライバーの違いを比較

タイトリストのTSシリーズのドライバー3本について、比較して違いを取り上げます。

※追記2019/06/07同時発売のTS1ドライバーについては「TS1ドライバーの試打・評価・感想」をご覧下さい。

TSシリーズは「スピード」にフォーカスしたモデル!

出典:https://www.titleist.com/

タイトリストのTSシリーズは、2018年に新たに発売されたモデルです。これまでのツアープロ向けと言われていたクラブとは異なり、ゼロベースで「スピード」をテーマに開発されています。

TSモデルはやさしくなったと言われている

タイトリストのクラブというと、ツアープロが使うモデルとして、憧れを抱く人もいれば、敬遠する人もいたのが正直なところではないでしょうか?

しかし、今回のTSドライバーについては、ゴルフ関係者のコメントを見回すと、総じて優しくなったという驚きの声が聞こえてきます。これはTSモデルが「ツアープロのため」でなく、「スピードのため」に開発されていて、想定する利用者が予めツアープロに定まっていないことが大きいと思われます。

TS4ドライバーの登場でTSドライバーは3種類に!

TSドライバーは、2018年後期にTS2ドライバー、TS3ドライバーが発売されました。そして、今回、タイトリストの公式サイトに掲載されているTS4ドライバーを加えると、全部で3種類ということになります。

TS2ドライバー、TS3ドライバー、TS4ドライバーの比較

モデル TS2 TS3 TS4
特徴 直進性、スピード スピード 低スピン、スピード
ロフト角 8.5、9.5、10.5、11.5° 8.5、9.5、10.5° 8.5、9.5、10.5°
ライ角 58.5° 58.5° 58.5°
長さ 45.5in 45.5in 45.5in
ヘッド体積 460cc 460cc 430cc
ヘッド形状 シャローバック 洋ナシ 洋ナシ

スペック面の特徴としては、TS4ドライバーだけ430ccとかなり小ぶりなヘッドであるところです。反応性の高さを求めるツアープロ仕様であると考えられますので、オートマッチクでやさしいクラブを求める方はTS2ドライバーの方が適しています。

TS1ドライバーは発売されるか?

タイトリストのモデル名の最後の数字、1、2、3、4というのはヘッドタイプを表しています。従来品では2、3が基本で、ツアープロ向けの4は、915D4ドライバーなどUSモデルで販売されていることもありました。

1は馴染みのない方が多いかもしれませんが、過去に発売されていたこともあります。907D1ドライバーという三角型の独特なヘッド形状のモデルです。

1が発売されていたこともありますので、TS1ドライバーについても開発される可能性はゼロではないと思いますが、これまでの913、915、917あたりを見ると、極めて低いように思います。

※追記(2019/06/06)
上記のように書いていましたが、実際は、TS1ドライバーが発売となりました。TS1ドライバーについては、下記記事で取り上げています。

TS1ドライバーの試打・評価・感想

 

TS4ドライバーは小ぶりヘッドの低スピンモデル!

タイトリストのTSシリーズから発売のTS4ドライバーについて取り上げます。

※追記2019/06/07
同時発売のTS1ドライバーについては「TS1ドライバーの試打・評価・感想」をご覧下さい。

TS4ドライバーの登場で、TSシリーズは3種類に!

出典:https://www.titleist.com/

タイトリストの米国の公式サイトに、TS4ドライバーが掲載され話題となっています。日本のタイトリストの公式サイトではまだ情報が出ていませんので、米国サイトを中心に出回っている情報を整理します。

TS4ドライバー

TSシリーズは、2018年後半にタイトリストから新たに発売されたモデルです。Titleist Speed Projectが立ち上がり、これまでのツアープロ目線で作られてきた915、917の系統とは異なり、スピードを重視して開発されています。

2018年はTS2/TS3ドライバーが発売され、そして今回発売となるのがTS4ドライバーです。

TS4ドライバーは、430ccの小ぶりヘッド

TS4ドライバーの特徴の一つが、最近では珍しい小ぶりなヘッドです。ヘッドサイズは430ccですから、TS2、TS3よりも30ccも小さくなっています。ヘッドが小ぶりということは、操作性の高さを求めたと考えられますので、ツアープロ向け度合の強いドライバーと考えられます。

TS4ドライバーは、低スピンモデル

TS4ドライバーは、重心が浅く、低く設定されています。米国のサイトでのTS4ドライバーの簡易説明が「LOW SPIN. HIGH SPEED.」となっていまして、低スピンタイプのドライバーということになります。

弾道の高さについても、TS2はHIGH、TS3はMIDとなっていて、TS4もMIDとなっています。

TS4ドライバーのスペック

  • ロフト角:8.5° 、9.5°、10.5°
  • ライ角:58.5°
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • ヘッド体積:430cc
  • 弾道:中
  • スピン:低

TS4ドライバーの発売日と販売価格

TS4ドライバーの情報については、まだ日本のタイトリストから発表がありませんので、正式な情報はありません。米国タイトリストのサイトでは、6月末と記載がありますので、TS4ドライバーの発売日は、2019年6月末以降ではないかと思われます。

また、販売価格については、TS2、TS3、TS4の米国サイトでの掲載価格が$550で統一されていますので、日本国内でもTS2ドライバー、TS3ドライバーと同じ価格で発売されるものと思われます。

TSドライバーに関する記事

TS1ドライバーの試打・評価・感想

TS2ドライバーとTS3ドライバーの違い

タイトリスト TS2ドライバーの試打・評価、感想

タイトリスト TS3ドライバーの試打・評価、感想

 

917 D2と917 D3ドライバーの違い

タイトリストといえばアスリート向けのクラブを提供するメーカーとして認識されているゴルファーが多いと思います。2018年にTSというモデルを発表し、これまでのツアープロから市場にフォーカスを移した印象から、話題となったモデルでもあります。

ゴリゴリのアスリート向けモデルとしては、現時点では917が最新、もしかしたら最後かもしれません。今尚、ゴルファーからの支持が強い917モデルのドライバーについて、違いを取り上げます。

917D2ドライバーと917D3ドライバーの違い

917シリーズからは、917D2ドライバー、917D3ドライバーが発売されています。どちらのクラブを選べばよいかは、違いを知ることが重要です。両者の違いについてみていきましょう。

一番の違いはヘッドサイズ

917D2と917D3の違いを知る上で一番のポイントは、ヘッドサイズにあります。917D2がルール限界の460ccなのに対して、917D3は440ccとなっています。

917D3は操作性を求めるゴルファーに、つまり自分で球を操りたい方に向いているドライバーとなります。

ヘッド形状は917D2が丸型、917D3が洋ナシ型になります。これはタイトリストに詳しいゴルファーであればご存知の方もいると思いますが、2、3という数字でヘッドの形状が決まっています。

917D2、917D3ドライバーを今平周吾プロが解説

・917D2は打感が柔らかい。球が高く、低スピンで、キャリーが出てくれそう。
・917D3はヘッドの大きさが小さいので、しっかり振り切れる。少ないスピン量で飛距離が出る。

調整機能はどちらも同じ

機能面ではどちらも重心調整機能、ロフト・ライ調整機能が搭載されています。重心調整については、ソールの後方に貫通されているウェイトを入れ替えることで行えます。

ヘッドの軽量化を進める場合、ホーゼルの調整機能が省かれるケースがありますが、917モデルではD2、D3の両方に搭載されています。(D2の詳細ページ)

調整は16通り行うことができ、こちらのメーカーによる公式解説動画がとても参考になります。

タイトリスト 917モデルを3upCLUBが解説

・915は上がりづらかったが、917は上がる。
・色はグレーで、昔に戻った。黒いとティーグラウンドで構えた時に、周りのギャラリーが映り込んで気になるため、という理由があるらしい。
・ヘッドの見た目の形状通りの弾道が出る。
・プロ仕様モデルだけあって、それほどつかまらない。