飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 タイトリスト 」 一覧

TSR3フェアウェイウッドの試打・評価・感想

タイトリストの2022年モデル、TSR3フェアウェイウッドについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

タイトリスト TSR3フェアウェイウッドについて

タイトリストの2022年のTSRは、TSシリーズの3代目となります。

ドライバーは1~4のモデルがありますが(1は当記事執筆時点で適合リストに掲載)、フェアウェイウッドは2と3のみとなっています。

TSR2は寛容性、TSR3は操作性・弾道カスタマイズ性と位置づけられやすいですが、どちらもツアープロが使用するモデルのため、アベレージゴルファーというより中・上級者が性能を発揮しやすいモデルです。

本記事で取り上げているのはTSR3フェアウェイウッドで、大きな方向性や特徴は変わりませんが、ウェイト調整機能が3段階から5段階に進化していますので、より調整性能が高まっています。

【何処よりも早い】TSRシリーズフェアウェイウッドの最新情報・違いをまとめ|TSR2・TSR2+・TSR3

TSR3フェアウェイウッドの試打・評価

TSR3フェアウェイウッドをプロがトラックマンで計測試打・評価

試打クラブは、ヘッドがロフト角15°と18°、シャフトがTSP111 50 Sです。

<18°の試打の主なポイント>

  • 洋ナシだし、小さいし、昔のプロトラジェクトリーを思わせるぐらい小さい。
  • 打感はTSR2と別物。重たくて柔らかい。音はカキーンという弾き感が無く、本当に静か。
  • フェースに食らいついている時間が長く感じられ、球筋をイメージしやすい。

<15°の試打の主なポイント>

  • 打感・打音は18°と違って弾く。ミニドライバーライクな打感。
  • TSR2の弾きとは違って、低音で弾く。

TSR2・TSR3フェアウェイウッドを打ち比べ試打・評価

  • TSR3は超小ぶり。
  • 打感・打音は、TSR2よりTSR3の方が良い。
  • TSR2は拾いやすさとオートマチック性、TSR3は操作性と飛距離性能が優れている。
  • TSR2のオートマチック感は捨てがたい。TSR3は油断した時のドロップボールが多いと思うので、自分のスイングと相談して決めるところ。

TSRシリーズのフェアウェイウッドを詳しく解説

  • TSiではTSi2を使う人が多かったが、TSR2もTSR3も球が上がりやすくなっていて、スピンも適度に入る。
  • TSR3は、ヘッドが小ぶり。シェイプもかなりクラシックで、昔からゴルフしている人が好みそうなヘッド。
  • 前作のTSiと比べると、フェースの直ぐ後ろの溝を無くして、球を上がりやすくしている。
  • TSR2・TSR3には16.5°という3番と5番の間のクラブがあるので、フェアウェイウッドを1本にしたい人、球を上げたい人に良い。

TSR3フェアウェイウッドの評価・口コミ

飛距離確保のために16.5°を購入

  • Tsi3の5Wからの買い替えです。飛距離確保のために16.5°を購入。きちんと高く上がり捕まります。
  • ヘッドをターンさせたいのでTSR3の方が打ちやすかったです!
*引用:GDO

アドレス時に引っかけのイメージが出ない

  • TSi3の18°はアドレスしたとき若フェースがクローズになりますが、こっちは完全にスクエアでアドレス時に引っかけのイメージが出なくなりました。
  • 距離や打感は前作とほぼ変わりませんので、いいクラブではありますが、TSi3からの買い換えはせずともよかったかな、という感じです。
*引用:yahoo-net.jp

16.5°を購入してフェアウェイウッドを1本に

  • フェアウェイウッドは3Wと5Wの2本でしたが、ウェッジの本数を増やして1本体制にするために16.5°を購入。高く上がるし、よくつかまる。
  • ヘッドをターンさせたい人はTSR2よりもTSR3の方が打ちやすいと思う。飛距離も3Wと変わりません。
*引用:GDO

見た目に反してむづかしくない

  • 初代SIMの15度から買い替え。ロフトが寝たのに飛距離変わらずむしろ飛んでます。
  • 1.5度寝たので安心感がある。基本的にはドローバイアスなクラブなので、右が怖い人には良いと思います。
  • 見た目に反してむづかしくないFWです。
*引用:yahoo-net.jp

16.5°でボールが上がる

  • 今まで3Wは、SIM2をロフト調整して、使用していましたが、16.5度のロフトがあるので、買い換えました。
  • ノーマルロフトで調整しないで使用出来るので、アドレスにも違和感無く、ボールも上がるので気に入りました。
  • これで、1Wの次に16.5度,20,23度のUTと繋がりが良くなり、1本空いたのでウエッジが増やせます。
*引用:yahoo-net.jp

【何処よりも早い】TSRシリーズフェアウェイウッドの最新情報・違いをまとめ|TSR2・TSR2+・TSR3

 







TSR2+フェアウェイウッドの試打・評価・感想

タイトリストの2022年モデル、TSR2+フェアウェイウッドについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 TSR2+フェアウェイ 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA タイトリ …

TSR2フェアウェイウッドの試打・評価・感想

タイトリストの2022年モデル、TSR2フェアウェイウッドについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 TSR2フェアウェイ 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA タイトリスト …

620MB・620CBアイアンの違いを徹底解説!試打・評価・スペック

タイトリストから発売のアスリート向けアイアン、620MBアイアンと620CBアイアンについて、違いを解説します。 620MBアイアン Amazon 楽天市場 620シリーズアイアン タイトリストの62 …

タイトリスト T400アイアン(2代目)の最新情報まとめ!試打・評価・スペック・発売日・発売価格

タイトリストのT400アイアンの2代目モデルについて、最新情報をまとめました。 T400アイアン 2022 Amazon 楽天市場 フェアウェイゴルフUSA ゴルフパートナー T400アイアン 202 …