飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 フェアウェイウッド 」 一覧

【何処よりも早い】SIM2・SIM2 MAX・SIM2 MAX-Dフェアウェイウッドの最新情報まとめ【2021年】

テーラーメイドの2021年モデルの「SIM2」から発売のフェアウェイウッド3種について、特徴・スペック・発売日・発売価格などについて詳しく取り上げます。

SIM2のフェアウェイウッドは3種類

テーラーメイドの2021年のニューフェアウェイウッドは、ドライバーと同じラインナップで3機種あります。

左からSIM2フェアウェイウッド、SIM2 MAXフェアウェイウッド、SIM2 MAX-Dフェアウェイウッドです。

前作に当たる2020年のSIMでも3機種で、3タイプの特徴とネーミングも同じですので、移行を検討されている方はスムーズに進めるのではないかと思います。

  • SIM2フェアウェイウッド:低スピン+高弾道
  • SIM2 MAXフェアウェイウッド:低スピン+高弾道+直進性
  • SIM2 MAX-Dフェアウェイウッド:低スピン+高弾道+直進性+ドローバイアス

SIM2、SIM2 MAX、SIM2 MAX-Dフェアウェイウッドの違いを比較

モデル SIM2 SIM2 MAX SIM2 MAX-D
番手 3、5 3、5、7 3、5、7
ロフト角 15、19° 15、18、21° 16、19、22°
ヘッドサイズ(3番) 小(170cc) 大(190cc) 大(195cc)
可変スリーブ
ドローバイアス
ショートホーゼル
Vスチールソール

SIM2シリーズのフェアウェイウッド3種について、主な特徴を並べて比較したのが上の表です。

ヘッドサイズは、アスリート向けのSIM2が小型で、アベレージ向けのSIM2 MAX、SIM MAX-Dが大型です。

SIM MAX-Dはホーゼルの小型化が更に進んでいて、低重心化が徹底されています。

▼新製品発表会のライブ映像

こちらは、テーラーメイドによる新製品発表会の動画です。アイアンのところ(1:10:20頃)から再生されます。

SIM2になって変わった点、テクノロジーの詳細について分かりやすく解説されています。

SIM2、SIM2 MAX、SIM2 MAX-Dフェアウェイウッドの共通の特徴

ラフでも振り抜きやすい、Vスチールソール

SIM2・SIMのフェアウェイウッドの最大の特徴は、名器「Vスチール」のソールを復活させている点です。

この独特な形状により芝との設置面積が最小限に抑えられるため、ラフからでも振り抜けの良さを発揮してくれます。

更なる低重心で高弾道を実現

SIM2シリーズのVスチールソールは、重量がより地面に近い位置になるよう設計されています。

さらなる低重心化が図られていて、高弾道と低スピンで大きく飛ばすことができます。

主要テクノロジーはSIMから継承されている

Vスチールソールを始め、前作のSIMで搭載されていた主要なテクノロジーは、今回のSIM2でも引き続き採用されています。

  • Vスチールソール
  • ツイストフェース
  • 貫通型スピードポケット

Vスチールソールによってラフからでも振り抜けの良さがもたらされ、ツイストフェースにより弾道がセンターに戻り、貫通方スピードポケットにより寛容性がアップしています。

SIM2、SIM2 MAX、SIM2 MAX-Dフェアウェイウッドの試打・評価

SIM2 MAXフェアウェイウッドの試打・評価

5番ウッドを標準シャフトのSで試打されています。前作よりヘッドサイズが大きくなっていると説明されていますが、サイズアップしているのは3番ウッドのみで、5番と7番は160ccのままです。

  • 構えた時にヘッドが薄く見えて、ボールを拾ってくれそう。
  • ヘッド形状は前作と変わらないように見える。音と打感もあまり変わらない。
  • SIMの操作性とSIM MAXのやさしさがある。

SIM2 MAX-Dフェアウェイウッドの試打・評価

5番ウッドを試打されています。

  • SIM2 MAX-Dフェアウェイウッドはロフトが1°寝ている。ドライバーも軽めの設定で、対象ヘッドスピードの方にとってはスピン量が少なすぎてライナー性になってしまうため、球が上がるようになっていると思う。
  • ボールはつかまる。フェースが被って降りて来て、ドロー目に入る。SIMグローレと似ている。
  • ショートネックで、昔のテーラーメイドに似ている。

SIM2、SIM2 MAX、SIM2 MAX-Dフェアウェイウッドの発売日・発売価格

SIM2フェアウェイウッド、SIM2 MAXフェアウェイウッド、SIM2 MAX-Dフェアウェイウッドの発売日は、2021年2月19日(金)です。

発売価格はヘッド・シャフトにより異なります。標準シャフトでは前作と同じ価格ですが、それ以外のシャフトは1,000円安くなっています。

  • SIM2フェアウェイウッド
    TENSEI SILVER TM50 (’21):50,000円+税
    Tour AD HD-6:68,000円+税
    Speeder 661 EVOLUTION VII:68,000円+税
    Diamana TB60:68,000円+税
  • SIM2 MAXフェアウェイウッド
    TENSEI BLUE TM50 (’21):40,000円+税
    Tour AD HD-6:58,000円+税
    Speeder 661 EVOLUTION VII:58,000円+税
    Diamana TB60:58,000円+税
  • SIM2 MAX-Dフェアウェイウッド
    TENSEI BLUE TM50 (’21):40,000円+税

SIM2フェアウェイウッドの特徴

こちらはアスリート向けモデルのSIM2フェアウェイウッドです。2020年のSIMフェアウェイウッドの後継機種となります。

80gのソールウェイトが更に低い位置に設置

SIM2フェアウェイウッドでは、前作に引き続いて80gのチタン製のソールウェイトが装着されています。

今回はさらに低い位置に設置されていますので、V字型による抜けの良さに加えて、さらに高弾道となっています。

ヘッドの小型化で操作性がアップ

前作からの変更点として注目しておきたいのが、ヘッドサイズです。今回は3番で10cc、5番で15ccの小型化が図られています。

モデル 3番 5番
SIM 180cc 155cc
SIM2 170cc 140cc
体積差 10cc 15cc

小型化されることで、ヘッドの操作性が高くなりますので、弾道を操りたい上級者には扱いやすくなっています。反面、前作同等またはそれ以下のやさしさを求めたい方は、やや手強く感じられる可能性があります。

SIM2フェアウェイウッドのスペック

番手 3 5
ロフト角(°) 15 19
ライ角(°) 56.5 57
ヘッド体積(cc) 170 140
TENSEI SILVER TM50 (’21) 43.25 42.25
Tour AD HD-6 43 42
Speeder 661 EVOLUTION VII 43 42
Diamana TB60 43 42

SIM2 MAXフェアウェイウッドの特徴

こちらはアベレージゴルファー向けのSIM2 MAXフェアウェイウッドです。2020年のSIM MAXフェアウェイウッドの後継機種となります。

低重心化により前作を超える高弾道

SIM2 MAXフェアウェイウッドは、マルチマテリアル構造とソール面の新たな重量設計により、テーラーメイド史上で最も低重心が実現されています。

重心が低くなることで、打ち出しが高くなりますので、SIM2の持つ低スピン性能と相まって、大きく飛ばすことができます。

さらに抜けの良いVスチールソール

Vスチールソールは前作から進化していて、地面との設置面積が最小限に抑えられています。

インパクト時の摩擦が抑えられ、ラフからでも楽に振り抜きやすくなっています。

ヘッドサイズは3番が大型化

モデル 3番 5番 7番
SIM MAX 185cc 160cc 160cc
SIM2 MAX 190cc 160cc 160cc
体積差 5cc 0cc 0cc

ロフト角やライ角、クラブ長さなどの基本スペックは前作から変更がありませんが、ヘッドサイズは3番で5ccアップしています。

低重心化による高弾道効果もあり、よりやさしい方向にシフトしています。

また、アスリート向けのSIM2フェアウェイウッドは大幅に小型化されましたので、SIM2フェアウェイウッドとSIM2 MAXフェアウェイウッドの差別化がより鮮明になっています。

SIM2 MAXフェアウェイウッドのスペック

番手 3 5 7
ロフト角(°) 15 18 21
ライ角(°) 57 57.5 58
ヘッド体積(cc) 190 160 160
TENSEI BLUE TM50 (’21) 43.25 42.25 41.75
Tour AD HD-6 43 42
Speeder 661 EVOLUTION VII 43 42
Diamana TB60 43 42

SIM2 MAX-Dフェアウェイウッドの特徴

こちらはアスリート向けのドローバイアスモデルとなるSIM2 MAX-Dフェアウェイウッドです。2020年のSIM MAX-Dフェアウェイウッドの後継機種となります。

ドローバイアス設計でボールがしっかりつかまる

ヒール寄りに「DRAW」と記されたドローバイアスウェイトが搭載されています。

ヘッドが返る方向に作用してくれますので、インパクトの際にフェースがスクエアに戻りやすく、右へのミスが出にくくなっています。

最近は、あえてドロー設定のクラブを使って、逃がしながら打つスタイルを好まれるゴルファーも増えています。

右へのミスが出やすい方だけでなく、少し逃がしながら振り切りたい方も、SIM2 MAX-Dフェアウェイウッドを検討されてみると良いと思います。

SIM2 MAXフェアウェイよりやさしい

SIM2 MAX-Dフェアウェイウッドは、SIM2 MAXフェアウェイウッドをドローバイアスにしただけでなく、基本スペック面が異なっていて、寛容性・球の上がりやすさに優れています。

▼ロフト角の比較

モデル 3番 5番 7番
SIM2 MAX 15° 18° 21°
SIM2 MAX-D 16° 19° 22°

ロフト角は前作に引き続いてドローモデルの方が1°大きくなっています。フェースが寝ていますので、ドローモデルの方がより球を上げやすくなっています。

▼ホーゼルの長さの比較

※左がSIM2 MAX、右がSIM2 MAX-D

さらに、SIM MAX-Dフェアウェイウッドの方は、ショートホーゼルも前作より鮮明になっています。

ホーゼルをショートにすることで低重心化となりますので、球を上がりやすくする工夫が凝らされています。

▼ヘッド体積の比較

モデル 3番 5番 7番
SIM2 MAX 190cc 160cc 160cc
SIM2 MAX-D 195cc 165cc 165cc
体積差 5cc 5cc 5cc

ヘッド体積は3、5、7番の全ての番手でドローバイアスモデルの方が5cc大きくなっています。

ヘッドが大きくなることで、深重心により慣性モーメントが大きくなりますので、ミスへの許容性、直進性が高く、いわゆる「やさしい」フェアウェイウッドとなっています。

SIM2 MAX-Dフェアウェイウッドのスペック

番手 3 5 7
ロフト角(°) 16 19 22
ライ角(°) 57 57.5 58
ヘッド体積(cc) 195 165 165
TENSEI BLUE TM50 (’21) 43.25 42.25 41.75

まとめ

テーラーメイドの2021年の新シリーズ「SIM2」のフェアウェイウッド3機種について取り上げました。

前作となる2020年のSIMシリーズと基本的に同じ特徴・同じラインナップとなっていますが、Vスチールソールの進化により、より低重心で球が上りやすくなっています。

SIM2フェアウェイウッドを検討される上級者の方は、ヘッドサイズが更に小型化されていますので、この点は購入前に確認しておきたい点です。

SIM2・SIM2 MAX・SIM2 MAX-Dドライバーの最新情報まとめ【2021年】

【何処よりも早い】SIM2 MAXアイアン・SIM2 MAX OSアイアンの最新情報まとめ

 







【何処よりも早い】EPIC MAX・EPIC SPEEDフェアウェイウッド 2021の最新情報まとめ!MAXとSPEEDの違いも比較

キャロウェイの2021年モデル、「EPIC SPEEDフェアウェイウッド」、「EPIC MAXフェアウェイウッド」について、最新情報を取り上げます。 EPIC 2021年モデルのフェアウェイウッドは「 …

TSi3フェアウェイメタルの試打・評価・感想

タイトリストの2020年モデル、TSi3フェアウェイメタルについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 TSi3フェアウェイメタル Amazonで探す 楽天市場で探す GDOで探す タイト …

TSi2フェアウェイメタルの試打・評価・感想

タイトリストの2020年モデル、TSi2フェアウェイメタルについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 TSi2フェアウェイメタル Amazonで探す 楽天市場で探す GDOで探す タイト …

初心者にオススメの1万円台で買える新品フェアウェイウッドおすすめランキング!

ゴルフ初心者にオススメのフェアウェイウッドについて、1万円台で買える新品のモデルをおすすめ順にランキング形式で紹介します。 第1位 キャロウェイ ROGUE STAR フェアウェイウッド おすすめポイ …