飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 ロフト角 」 一覧

TSiドライバーのSURE FIT完全ガイド!ロフト・ライの調整機能、CGトラック、ウェイトを徹底解説!

タイトリストの「TSi」シリーズのドライバーに搭載されている調整機能「SURE FIT」について、ロフト角・ライ角調整機能、CGトラック、ウェイトオプション、スリーブ・トラックの互換性を詳しく取り上げます。

SURE FIT ホーゼルとSURE FIT CGトラックの違い?

「SURE FIT」はタイトリストのドライバーやフェアウェイウッドなどに搭載されている調整機能です。

TSiシリーズの「SURE FIT」は、3種類の調整機能で構成されています。

  • SURE FIT ホーゼル
    ヘッドとシャフトの装着部にあるスリーブによるロフト角・ライ角の調整機能です。
  • SURE FIT CGトラック
    ヘッド後方に搭載された移動式ウェイトによる弾道調整機能です。左右に移動させることで、ドロー・フェードの調整が可能です。
  • SURE FIT WEIGHT オプション
    ウェイトはオプションで別重量が用意されています。別重量に交換することで、重心深度・重心高・バランスなど、ウェイト重量の効き具合の調整が可能です。

移動式ウェイトはTSi3ドライバーのみに搭載

SURE FITを構成する3つの調整機能は、TSi1~4のモデルにより搭載されているものが異なります。

モデル TSi1 TSi2 TSi3 TSi4
SURE FITホーゼル
SURE FIT CGトラック
SURE FIT WEIGHTオプション
-4、-2、+2、+4g

SURE FITホーゼルは全4種のドライバーに搭載されています。スリーブとリングの装着の組み合わせ・方向を変えることで、ロフト角・ライ角を調整することができます。

SURE FIT CGトラックは、TSi3で初めて搭載された移動式ウェイトです。ドロー・フェード共に2段階の調整が可能です。

それでは、個々の調整機能について詳しく見ていきましょう。

SURE FIT ホーゼルの完全ガイド

SURE FIT ホーゼルとは?

SURE FITホーゼルは、ロフト角とライ角を独立的に調整できる機構です。専用レンチでヘッドとシャフトを取り外し、シャフトに装着されているスリーブ、そして、間に挟まったリングの組み合わせを変えることで、ロフト角・ライ角を変更することができます。

SURE FIT ホーゼルの調整内容

シャフト側のスリーブには1、2、3、4の刻印、スリーブの先に装着されているリングにはA、B、C、Dの刻印があります。

この数字とアルファベットの組み合わせにより、4×4=16通りのロフト角とライ角の組み合わせが可能となっています。

タイトリストの場合、リングがあることで、ロフト角とライ角を独立的に切り替えることができる点が、他メーカーと異なっていて、また、調整の自由度が高く優れている点です。

SURE FIT ホーゼルのセッティング表(右利き)

上の表は、リーブ(1~4)とリング(A~D)の組み合わせによる調整内容です。

ロフト角は0.75°刻みで-0.75~+1.5°まで、ライ角も0.75°刻みで-0.75~+1.5°までの調節が可能となっています。

ロフト角は上げると高弾道、下げると低弾道になり、ライ角は上げるとドローに、下げればフェードになります。

SURE FIT ホーゼルのセッティング表(左利き)

左利きの方はスリーブとリングの組み合わせによる設定内容が異なりますので、ご注意ください。

出典:https://www.titleist.co.jp/surefit/

SURE FIT ホーゼルの設定動画

タイトリストにより公式説明動画です。日本語字幕が添えられていますので、調整手順・注意点など確認することができます。

SURE FITホーゼルの互換性

公式ページの説明によると、「TSiドライバーは、TS、917、915、913、910、VG3(2018/2016/2014)ドライバー用SURE FIT ホーゼル付きシャフトと互換性がある」と記されています。

TSシリーズだけでなく、910~917、そして、2014年以降のVG3も互換性があります。

SURE FIT CGトラックの完全ガイド

SURE FIT CGトラックとは?

タイトリストのウェイトによるドロー・フェードの調整機能は、917シリーズで初めて搭載されました。

917ではD2とD3に搭載されていましたが、TSiでは、TSi3のみに搭載されています。

調整の仕組みもTSからガラッと変わりまして、ヘッド後方にニュートラル、2段階のドロー・フェードの合計5つのウェイトポジションが予め用意されていて、ウェイトを移動させることで弾道調整が可能となっています。

このポジションが予め用意された機構は、PINGのG410・G425、ブリヂストンのツアーB Xと似ていますので、業界標準になりつつあるようにも思います。

SURE FIT CGトラックの調整内容

ウェイトの装着ポジションは、センターのN、左右にH1、H2、T1、T2があります。Hはヒール、Tはトゥの頭文字で、添え字の1、2は弱、強という意味だと思います。

ウェイトを移動させるには、ソール側にあるポートから、専用レンチを挿し込んで緩めることで、ウェイトの抑えを持ち上げることができます。

ウェイトはスライドさせることができますので、T2、T1、N、H1、H2のいずれか好みのポジションに移動します。

最後に、再び専用レンチを用いて締めると、ウェイトの抑えが下がりウェイトが固定されます。

SURE FIT CGトラックの設定動画

専用レンチを用いて、ウェイトを移動させる様子が紹介されています。

英語バージョンですが、調整機能の仕組み・調整の仕方を把握する上では問題ありません。

SURE FIT CGトラックの互換性

TSi3に搭載されているウェイト調整機能は、全く当たらな機構です。

そのため、これまでのバー状のウェイト調整機能とは互換性がありません。

SURE FIT WEIGHT オプションの完全ガイド

SURE FIT WEIGHTオプションとは?

TSiシリーズのドライバーに搭載されているウェイトは、TSi1~4の全てで異なる重量のものがオプションウェイトとして用意されています。

TSシリーズでは、モデルによりウェイトの形状が異なりましたが、TSiシリーズでは、固定式のTSi1・2・4で同一形状のウェイトとなっています。

SURE FIT WEIGHTオプションの調整内容

ウェイトは、標準搭載のものと比べてー4、ー2、+2、+4gの4種類あります。

ウェイトの重量の効き具合を変えることにより、重心の深さ・高さ、バランスを変えることができ、弾道の高低・スピン量・直進性・振りやすさを変更することができます。

TSi2・TSi3ドライバーの最新情報まとめ!TSi3は移動式ウェイトを搭載

TSi1・TSi4ドライバーの最新情報まとめ!TSi1は超軽量・TSi4は浅重心

TSiドライバーの全モデルの違い・特徴を徹底比較!TSi1、TSi2、TSi3、TSi4

 







PING ドライバーのロフト角・ライ角の調整機能(Trajectory Tuning)を徹底解説!G425・G410・G400・G30などGシリーズの互換性は!?

PINGのGシリーズ(G425、G410、G400、G、G30、G25)などに搭載されているロフト角・ライ角の調整機能(Trajectory Tuning)について取り上げます。 PINGのロフト角・ …

タイトリスト ドライバーのロフト角・ライ角の調整機能(Sure Fit)を徹底解説!TSi・TS・917・915・913・910・VG3など互換性は!?

タイトリストのTSi、TS、917、915、VG3などに搭載されているロフト角・ライ角の調整機能、Sure Fitについて取り上げます。 Sure Fitとは? 出典:titleist.co.jp S …

キャロウェイのロフト角・ライ角の調整機能(アジャスタブル・ホーゼル)を徹底解説!MAVRIK・EPIC FLSH・ROGUE・GBBなど互換性は!?

★2020/10/14追記:MAVRIKのスリーブ互換性について追記しました。 キャロウェイのMAVRIK、EPIC FLASH、ROGUE、GBB EPICなどに搭載されているロフト角・ライ角の調整 …