飛距離」タグアーカイブ

ランチャー HB ターボウッドの最新情報まとめ

クリーブランドから発売のランチャー HB ターボウッドについて、最新情報をまとめました。

ランチャー HB ターボウッド

クリーブランドのランチャーシリーズから、ランチャー HB ターボウッドがUSにて2019年9月に発売となっています。日本では2018年6月にランチャー HB ドライバーが発売されていますが、当記事執筆時点で、ターボウッドは掲載されていません。日本モデルが発売されない場合は、USモデルを入手する形となります。

ターボチャージ・カップフェース


出典:https://www.clevelandgolf.com/en/launcher-hb-turbo-woods.html

日本で2018年に発売されたランチャー HB ドライバーと同じく、カップフェース構造が採用されています。カップフェース構造とすることで、打点がセンターに集中しないゴルファーにとって効果的に反発性能が発揮され、速いボール初速がもたらされます。

3・パーツ・システムによる高い打ち出し


出典:https://www.clevelandgolf.com/en/launcher-hb-turbo-woods.html

ランチャー HB ターボウッドのヘッドは、3・パーツ・システムが採用されています。軽量化されたホーゼル、ハイボアクラウン、低く深い位置へのウェイト搭載です。

ヘッド全体が低重心・深重心化されていますので、高いボールの打ち出しを実現してくれます。

深重心により寛容性がアップ


出典:https://www.clevelandgolf.com/en/launcher-hb-turbo-woods.html

ヘッド後方には35gのウェイトが搭載されていますので、低重心だけでなく深重心にもなっています。重心が深くなることで、MOIは424gcm2アップしていまして、ミスへの寛容性が高まっています。

ヘッド形状も高さがランチャー独特のクラウンで、ヘッド全体が地面を這うようなフォルムとなっています。ウェイトに加えてシャローな形状により、より低重心・深重心効果が高まっています。

打点がバラつきやすいゴルファーにとっては、オフセンターヒットによるボール初速の低下や弾道のそれが抑えられます。

カウンターバランス


出典:https://www.clevelandgolf.com/en/launcher-hb-turbo-woods.html

一般にアベレージゴルファー向けのゴルフクラブは、クラブ全体のバランスとしてヘッドが重いものが多くなっています。これをハンマーバランスと言います。

ヘッドが重くなることで、衝突エネルギーが増しますので、飛距離アップにつながりますが、振りやすさが損なわれると、反対に飛距離が低下することも考えられます。

ランチャー HB ターボウッドでは、カウンターバランスのシャフトが採用され、重いヘッドが振りやすくなっています。

ランチャー HB ターボウッドの公式動画

USモデルとなりますので、USクリーブランドの英語の動画となります。

ランチャー HB ターボウッドのスペック

  • ロフト角:9.0°/10.5°
  • ライ角:60.0°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • クラブ重量:308g(S)

ランチャー HB ターボウッド USモデルの購入方法

日本で取り扱いの無いモデルは入手する場合、USモデルを購入することとなります。USモデルとなると、普通のゴルフショップではなかなかと入り扱いがありませんが、かといって、USのショッピングサイトから英語で注文して海外配送が必要かというと、そんなことはありません。

USモデルは日本でも割と簡単に入手できますし、大手ネットショップでの取り扱いも徐々に増えていますが、USモデル専門の日本人向けのサイトがありますので、そちらで購入することができます。一番有名なのは、フェアウェイゴルフさんです。

⇒フェアウェイゴルフでUSモデルを探す

ゼクシオ 11 ドライバーの最新情報まとめ

ダンロップのゼクシオシリーズから2020年モデルとして発売が見込まれているゼクシオ11ドライバについて、最新情報をまとめます。

ゼクシオは2年毎にニューモデルをリリースしている!

ゼクシオは2000年に初代モデルが発売され、国内で最も人気のあるブランドとして発売され続けています。

2018年に発売されたモデルはシリーズ10代目となりました。10代目まで発売され続けているモデルは非常に希で、筆者が知る限りではPINGのGドライバー、マルマンのマジェスティプレステジオぐらいです。

XXIOの歴代シリーズを一挙紹介!初代は2000年に発売!

ゼクシオ11ドライバーの発売日は?

ゼクシオシリーズは、10代目まできっちり2年毎にニューモデルがリリースされています。これまでの発売日について直近3モデルについて遡って調べてみると、12月の早めの土曜日に発売開始されています。

ゼクシオ8ドライバー 2013年12月7日(土)
ゼクシオ9ドライバー 2015年12月5日(土)
ゼクシオ10ドライバー 2017年12月9日(土)

ゼクシオ11ドライバーが従来通りリリースされるとすると、2019年12月7日(土)ではないかと予想されます。

メーカーからのゼクシオ11ドライバーに関するプレス発表は?

メーカーからの公式発表についても、直近の3モデルで、大凡、同じような時期に行われています。

ゼクシオ8ドライバー 2013年10月7日(月)
ゼクシオ9ドライバー 2015年10月5日(月)
ゼクシオ10ドライバー 2017年10月2日(月)

こちらも従来通りにプレス発表が行われるとすると、2019年10月7日(月)ではないかと予想されます。

ゼクシオ11ドライバーはどんなモデルか?

現在のところ、ゼクシオ11ドライバーに関する情報は公式・非公式のどちらも何も確認されていません。

テーラーメイドのM5・M6、ブリヂストンのTourB JGRのように、メーカーが独自にチラ見せしたり、プロが先に使い始めることで映像が出るケースがあります。ニューモデルの情報については、確認され次第、こちらのページにアップして更新していきます。

ゼクシオドライバー関連の人気記事

XXIOの歴代シリーズを一挙紹介!初代は2000年に発売!

ゼクシオ10ドライバーとゼクシオ9ドライバーの違い

ゼクシオ10 ドライバーの試打・評価・感想

 

ヤマハ RMX 220ドライバーの試打・評価・感想

ヤマハから2019年後期に発売のRMX 220ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

RMX ドライバーの2020年モデルは2種類

RMXドライバーは、従来通り2種類のヘッドサイズで同時発売されています。RMX120ドライバーは、ヘッドがやや小ぶりなアスリート向けのモデルです。RMX220ドライバーは、ヘッドサイズが460ccのアベレージゴルファー向けモデルです。

RMX 220ドライバー

RMX 220ドライバーは、RMX 120ドライバーと比べるとストレッチが長くなっています。

出典:https://golf.yamaha.com/products/rmx_dr_220.html

ヘッド体積が大きいのに加えて、投影面積が大きく、安心して構えられるモデルです。

ヘッド形状は後方が薄く下がったシャロー形状です。重心が深くなっていますので、オフセンターヒット時の飛距離ロスが抑えられ、直進性の高い弾道で飛ばせます。

グースネック気味で、つかまりの良いネック形状になっている

※左:220(新作)、右:218(前作)

こちらは、220と前作の218のクラウンを並べた画像です。220の方がストレッチが長いのは一目瞭然ですが、もう一つ注目したい点は、ネックからフェース面の繋がり部分です。

220はFP値が小さく、リーディングエッジがシャフト軸に近くなっています。アイアンでいうグースネック気味で、フェース面がボール進行方向に対して引っ込んでいます。この形状の方が同じスイングをしてもインパクトが遅くなりますので、よりボールがつかまります。

ストレッチが長いことでヘッドの返りが鈍る分、ネック形状の工夫によりボールのつかまりをカバーしています。

新構造のBoostringにより、ボール初速がアップ

出典:https://golf.yamaha.com/products/rmx_dr_220.html

フェースのすぐ後ろの部分に、クラウンからソールにかけてリブが設けられていて、ホーゼルと一体のリング状の構造を形成しています。これにより、フェース近傍が固定され、撓みが均一になることで、インパクトの際のエネルギーが集中してボールに伝わります。

出典:https://golf.yamaha.com/products/rmx_dr_220.html

慣性モーメントがルール上限に近く、ミスに強い

RMX220はBoostringによる効果に加え、シャローヘッドで重心が深く設定されていますので、慣性モーメントが大きくなっています。

ルール上限の5900g・cm2に近い、5760g・cm2の大きさで、オフセンターヒット時の弾道のブレ、飛距離のロスが最小限に抑えられます。

参考までに、前作のRMX 218ドライバーの慣性モーメントは4700g・cm2ですので、RMX 220ドライバーでは大幅にアップしています。

リミックス・チューニング・システムにより、ロフト・ライの調整が可能

出典:https://golf.yamaha.com/products/rmx_dr_220.html

RMXは専用レンチでシャフトの向きを変えて差し直すことで、ロフト・ライを変更することができます。スリーブは90°ずつ回転して全4種類の設定に変更することができます。

調整項目 NORMAL HIGH UPRIGHT LOW
ロフト角(°) 0 1 0 -1
ライ角(°) 0 0.75 1.5 0.75

RMX 新旧モデルを打ち比べして評価

  • ゴルフクラブはフェースの横幅より、奥行きが長いのはルール違反。RMX220は奥行きの方が長く見えるぐらい、シャローになっている。慣性モーメントを大きいクラブであることが分かる。
  • 奥行があるとヘッドの返りが悪くなるが、ドライバーでは珍しくグースネックのような形状になっていて、つかまりの良いネック形状になっている。
  • 前作の218と打ち比べてみると、施策の220の方がミート率が高くて飛距離が出る。
  • つかまりは、ヘッド形状では218の方が良さそうに感じるが、実際は220の方がつかまる。

RMX 220ドライバーをゴルフ5のスタッフが試打・評価

  • 今までのヤマハは、コンパクトなヘッドで打感が良いイメージ。新作は、ヘッドが大きくて安心感がある。
  • ルール限界に迫る大きな慣性モーメントで、直進性が高い。
  • 初速も飛距離も、前作より出る。

RMX 220ドライバーについてメーカー担当者が解説

  • はじき感のからくりは、フェース周りの剛性をBoostringによって高めていて、たわむエリアがフェース周りだけになっている。
  • ボディーの後ろ側は殆どたわまないため、エネルギーがフェース周りに凝縮され、ボール初速につながっている。
  • ヤマハの従来モデルにないぐらい、慣性モーメントを高めているため、オフセンターにかなり強くなっている。

RMX 220ドライバーのスペック

ロフト角 9.5°(±1°) 10.5°(±1°)
ライ角 60° /(60.75°)/ 61.5°
フェース角
ヘッド体積 460cc
クラブ長さ 45.5インチ
慣性モーメント(g・cm2) 5,760
重心高 30.5mm
重心深度 44.5mm

RMX 220ドライバーのシャフトラインナップ

RMXシリーズはヘッド単体での発売となっていて、シャフトはスリーブ付きのものを購入して組み合わせて使用します。公式サイトで掲載されているシャフトは4種類あります。

  • TMX-420D(S/SR/R)
  • SPEEDER 569 EVOLUTION Ⅵ(S)
  • TOUR AD XC-5(S)
  • Diamana ZF 50(S)

RMX 220ドライバーの発売日・発売価格

RMX220ドライバーは、2019年9月6日の発売、発売価格は、ヘッド単体で43,000円+税です。

PRGRのTUNEに03モデルが追加!全4種類のヘッドを徹底解説!

PRGRのヘッドパーツ専用シリーズのTUNEドライバーに、ニューモデルが追加されましたので、新たなヘッドの情報を紹介しながら、TUNEドライバーの全ヘッドについて取り上げます。

TUNE 02がモデルチェンジ、TUNE 03が新発売で、ヘッドは全4種類に!

TUNEドライバーは、これまでTUNE 01、02、05の3種類が発売されていました。

今回、TUNE 02がモデルチェンジとなり、新たにTUNE 03が追加となりましたので、全部で4種類のヘッドとなります。

全4種類のTUNE ドライバーの概要・スペック比較

  • TUNE 01 ドライバー:左を気にせず、思い切り叩ける
  • TUNE 02 ドライバー:ストレートフェースで、適度につかまる
  • TUNE 03 ドライバー:やさしくつかまって上がる
  • TUNE 05 ドライバー:深重心、シャロー形状で、やさしい高弾道

TUNE 01は思い切りたたけるハードヒッター・上級者向け、TUNE 05は深重心で慣性モーメントが大きいアベレージ向けモデルとなっています。

数字が小さいほど難易度が高く、大きいほどやさしいモデルとなっています。

モデル TUNE 01 TUNE 02 TUNE 03 TUNE 05
ロフト 9.5 10.5 9 10 9 10 10 11
ライ角 57 57 59 59 59 59 59.5 59.5
FP 17 18 17 18 17 18 15.5 16.5
フェース角 -5.9 -5.9 -3 -3 -1.5 -1.5 -1 -1
重量 198 198 198 198 198 198 195 195
体積 450 450 460 460 460 460 460 460
重心高 31 31 32 32.5 32.5 33 32 32.5
重心深度 39 40 40 41 42 43 41 41.5
重心距離 38.5 38.5 39 39 38 38 42 42
重心角 28 28 28.5 28.5 31 31 30 30
慣性モーメント 4,000 4,000 4,405 4,405 4,550 4,550 4,700 4,700

TUNE 01のみ450ccのややこぶりなヘッドとなっていて、慣性モーメントと重心角が最も小さく、操作性の高いモデルとなっています。

重心角が最も大きいのは、今回、新たに追加となったTUNE 03の31°です。最近のPRGRは、egg5500の重心角が37°と極端に大きなものを立て続けにリリースしていますが、それらと比べるとおとなしさを感じてしまいますが、それでも31°と言うのは他メーカーのヘッドと比べてかなり大きい方となります。

TUNE 01 ドライバー

左を気にせず重いり叩いていけるモデルで、ヘッドスピードが速いゴルファーに適したヘッドです。ソールのウェイトは後方とヒール寄りの2箇所に設定されていて、標準で後方が10g、ヒール寄りが4gとなっています。

洋ナシ型で重心は浅めになっていますので、操作性が高く、意図的にボールを打ち分けたい上級者に適しています。

TUNE 02 ドライバー

TUNE 01よりもフェースもストレッチも大きくなっていて、慣性モーメントが一段大きくなっています。ウェイトは同じくセンター後方とヒール寄りに搭載されていて、標準で共に8gとなっています。

重心設計とウェイト配分からは、ヒール寄りの重量を持った形になっています。叩けるイメージのヘッド形状を保ちつつ、TUNE 01よりも適度なつかまり感があるヘッドとなっています。

TUNE 03 ドライバー

TUNE02よりも投影面積が一回り大きく、シリーズの中で最もストレッチが長いヘッドです。重心角度も31°とシリーズで最も大きく、ヘッドがオートマチックに返りやすい重心設計となっています。

ウェイトはTUNE 02と同様に後方とヒール寄りに共に8gが標準で搭載されています。スライスが出やすく、球が上がりづらい方に適したヘッドです。

TUNE 05 ドライバー

TUNE 05はソールのウェイトが唯一後方に一つだけのモデルとなっています。重量がソール後方に集中し、さらに、フェース高がシリーズで最も低く、シャローヘッドになっています。

ウェイト、ヘッド形状の両面から重心を深くする設計になっていて、慣性モーメントがシリーズで一番大きく、直進性が高いモデルとなっています。

PGRG TUNE05ドライバーの試打・評価・感想

M3ドライバーとM1ドライバーの違い

M3ドライバーとM1ドライバー 2017年モデルの違いについて取り上げます。

M3ドライバーはM1ドライバー 2017の後継モデル

Mシリーズは、2016年に初代のM1、M2ドライバー、2017年に2代目のM1、M2ドライバーが発売されました。翌年の2018年は3代目として、M3、M4ドライバーが発売され、モデル名の数字がこの年からカウントアップしています。

継承関係は維持されていますので、M1 2016、M1 2017、M3(2018)となっています。

M3ドライバー、M1ドライバー 2017は、共に460ccと440ccがある!

M3、M1 2017共に、440ccと460ccの2種類のヘッドサイズがリリースされています。上の写真の左がM3 460ドライバー、右がM3 440ドライバーです。

こちらはM1 2017年モデルで、同様に左がM1 460ドライバー、右がM1 440ドライバーです。

共に右の440ccの方がストレッチが短く、ディープバックとなっています。重心が浅くなっていますので、より低スピンで操作性が高いため、440ccはより上級者に好まれるモデルです。

大きな違いはフェースにある

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m3m4driver_jp.html

M3の最大の特徴と言えるのがツイストフェースです。この年のMシリーズで初めてツイストフェースが搭載され、ハイトゥ・ローヒールに打点が集中するというゴルファーの傾向に対して、フェースを捩じることで、弾道をセンターに寄せてくれます。

M3ドライバーは、ツイストフェースが搭載され、弾道がセンターに飛びやすい

ウェイトの調整レールがM3では1系統に統合されている

M1ドライバーのウェイト調整機能は、2016、2017年共に、縦・横の独立したものとなっていました。これは、横がFADE・DRAW、縦がスピン量の調整で直感的な分かりやすさがありました。

一方で、M3の方はレールが統合されていますので、ウェイトの移動のさせ方に最初は一瞬悩む方も出てきそうですが、統合されているので、調整の1手間が省略され、簡易化されています。また、左右方向のウェイトレールがヘッド後方に移ったことで、スピードポケット(ハンマーヘッド)が明確にフェース後方に搭載されるという利点も出ています。

M1の方が弾道が上がりやすく、M3は弾道が抑えられる

M3ドライバーとM1ドライバーのヘッド形状を横から比較してみると、M3ドライバーはヘッド後方がくいっと持ち上がっていることが分かります。対してM1ドライバー 2017は、地面に沿うようにヘッド後方が下がっています。この形状からして、M1ドライバーの方は弾道が上がりやすく、M3 ドライバーは上がりづらいことが分かります。

実際に試打した人の感想を見回すと、M3ドライバーは低弾道・低スピンで、ヘッドスピードが速い人向けという評価が多く見受けられます。

M3とM1で迷われる方は、どちらも低スピンモデルですので、弾道の高さが一つの判

M3ドライバーの試打動画

M3ドライバーを試打した動画を2件取り上げます。一つはM3ドライバーの解説、もう一つは同時に発売されているM3、M4ドライバーを比較した動画です。

M3ドライバー・M1ドライバーのスペック比較

モデル M3 460 M1 460 2017
ロフト角 9.5/10.5° 9.5/10.5°
ライ角 58° 58°
ヘッド体積 460cc 460cc
長さ 45.5in 45.5in
標準シャフト KUROKAGE TM5 TM1-117
フレックス S/SR S/SR
クラブ重量 309/307g 312/310g

どちらのモデルもロフト角・ライ角、長さといった基本的なスペックは同じになっています。

M3・M1ドライバー関連のおすすめ記事

テーラーメイド M3 ドライバーの試打・感想・評価

https://driver.jpn.org/1787/%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89-m1-%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc-2017%e3%81%ae%e8%a9%a6%e6%89%93%e3%83%bb%e6%84%9f%e6%83%b3%e3%83%bb%e8%a9%95%e4%be%a1/

M4ドライバーとM3ドライバーの違い

M5ドライバーとM3ドライバーの違い

M3ドライバーのYトラックは発明的かもしれない件