飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 2017 」 一覧

G400 SF TECドライバーの試打・評価・感想

PINGから2017年に発売のG400 SF TECドライバーについて、試打・評価・商品の特徴について取り上げます。

G400 SF TECドライバーの特徴

PINGのG400 SF TECドライバーは2017年に発売のGシリーズのドライバーです。

前作のGドライバーではヘッドサイズが460ccでしたが、G400ではヘッドサイズが445ccとやや小ぶりになっています。

G400シリーズのドライバーは3+1種類のヘッドがある

G400シリーズのドライバーは、当初、前作同様に3種類のヘッドが発売されています。スタンダードモデルのG400、低スピンタイプのG400 LS TEC、そして、本記事で取り上げているドロー仕様のG400 SF TECです。

これら3種類はヘッドサイズが445ccと前作よりやや小ぶりになっていたためか、その後にヘッドサイズが460ccのG400 MAXドライバーが追加でリリースされています。

G400 SF TECは、タングステンウェイトがヒール寄りで、つかまりが良い

左:G400、右:G400 SF TEC

右のG400 SF TECの方は、ソール後方のタングステンウェイトがややヒール側に寄っています。

これにより、ヘッドが自然と返りやすくなりますので、インパクトの際にフェースをスクエアに戻しやすく、ボールをつかまえやすくなっています。

弾道が右に抜けたり、スライスするのを抑える効果があります。

高密度タングステンウェイトをヒール側に配置したPING独自のSF TEC(ストレート・フライト・テクノロジー)により、右へのミスを極限まで抑制した憧れの力強いドロー設計がラインナップ。安心してつかまえる事で最大飛距離を生み出します。

引用:clubping.jp

ハイロフトで球が上がりやすい

G400 SF TECドライバーは、前作と同様にハイロフトとなっています。下表はスタンダード、LS TEC、SF TECのロフト角を比較したものです。

モデル ロフト角
G400 ドライバー 10.5°
G400 LS TECドライバー 8.5° 10°
G400 SF TECドライバー 10° 12°

スタンダードなタイプと比較すると、1~1.5°の差がありますので、打ち出しが高くなります。

タービュレーターが空気抵抗を抑え、ヘッドが走る

Gシリーズドライバーの代名詞とも言えるタービュレーターは、G400のSF TECにもしっかり搭載されています。また、ヘッド後方のVORTECも前作に引き続き搭載され、余分な振動を抑えてくれます。

進化したタービュレーターとVORTEC(ボーテック)、最適な形状でダウンスイング時の空気抵抗が約15%軽減。

引用:clubping.jp

▼G30ドライバーでのタービュレーターの実験動画です

ロフト角の調整機能を搭載

Gシリーズのドライバーは、「トラジェクトリー・チューニング」と呼ばれる調整機能が搭載されていて、ロフト角を切り替えることができます。

5種類のセッティングが用意されていて、ー1.0~+1.0°までの5段階の調整が可能です。

▼G400シリーズドライバーのロフト角調整機能については、別記事に詳しくまとめてありますので、リンクを載せておきます。

G400 STD・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角調整機能を徹底解説!

なお、可変スリーブは、前作のG、前々作のG30と互換性がありますが、後継のG410とは互換性がありません。

G400 SF TECドライバーの試打・評価

G400 SF TECドライバーを試打

  • 弾道は高いまま、しっかりつかまる。
  • 右に抜けない。右へのミスがなくなって良い。
  • フェースが開きにくい設計で、スライサーにはありがたい。

G400シリーズのドライバー4種をまとめて試打

  • 構えた感じはスタンダードモデルと変わらない。
  • スタンダードモデルと同じ感じで打つと、センターから左に曲がっていく。
  • スピン量も抑えられている。

G400シリーズのドライバーをプロが試打して評価

※2:45のG400 SF TECの試打から再生されます。

  • ドライバーがスライサーの人、右に行って左になかなかつかまらない人に調度良い。
  • つかまってくれうので、ヘッドスピードが上がって飛ぶと思う。

G400 SF TECドライバーの適合ゴルファー

どんなゴルファーに向いているのか?

  • 直進性の高い弾道で飛ばしたい人
  • つかまりの良いクラブを求める人
  • 調整機能付きクラブが好きなゴルファー

G400 SF TECドライバーのスペック

ヘッドスペック

3タイプでロフト角に違いがあります。スタンダードモデルは9、10.5°、LS TECは8.5、10°、そして、SF TECは10、12°とハイロフトなのが特徴的です。

前作のGシリーズと比べると、ヘッド体積が15cc小さい445ccとなっていて、こぶりになっています。

G400 ST TECは、つかまりが良く右へのミスが出にくい上に、打ち出しが高いため、アベレージゴルファーにも安心して使えそうな印象があります。ただ、ヘッドはややこぶりなのと、つかまりが良いといっても、スライサーがドローを打てるほどのものではありません。

  • ロフト角:10、12°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:445cc
  • クラブ重量:約291g(ALTA J CB・R)

シャフトスペック

出典:jp.ping.com

標準シャフトはALTA J CBです。メーカー公式サイトでは合計6種類のシャフトが紹介されています。

    • ALTA J CB(R、SR、S、TS)
    • ALTA DISTANZA
    • PING TOUR 173-65(R、S、X)
    • PING TOUR 173-75(R、S、X)
    • ATTAS CoooL 6(SR、S、X)
    • Speeder 661 EVOLUTION Ⅳ(SR、S、X)

G400 SF TECドライバー関連おすすめ記事

▼G400シリーズドライバー関連記事

G400 STD・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角調整機能を徹底解説!

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

G400 MAXドライバー の試打・評価・感想

▼Gシリーズドライバーの歴代モデル

PINGの歴代Gシリーズを一挙紹介!Gドライバーは初代ではなかった!

 







G400ドライバーの試打・評価・感想

PINGから2017年に発売のG400 SF TECドライバーについて、試打・評価・商品の特徴について取り上げます。 G400ドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す G …

M1ドライバー・M2ドライバー 2017のロフト角調整機能を徹底解説!

M1、M2ドライバーの2017年モデルに搭載されているロフト角の調整機能について取り上げます。 M1・M2ドライバー 2017 GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す フェアウェイゴルフUS …

テーラーメイド M1 ドライバー 2017の試打・感想・評価

テーラーメイドの2017年のMシリーズから発売されているM1ドライバーについて取り上げます。 テーラーメイド M1ドライバー 2017 GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す M1ドライバー …

TOUR B JGR 2019年モデルと2017年モデルの違い

当記事はTOUR B JGRドライバ―の2017年モデルと2019年モデルの比較を行っています。2019年モデルについて詳しく知りたい方は、下記の試打・評価記事をご覧ください。 ⇒TOUR B JGR …