飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 TSR 」 一覧

TSR3よりTSR2ドライバーの方がオススメな3つの理由

タイトリストのTSRシリーズ。通常、大本命は「3」のモデルですが、今回は「2」のモデルであるTSR2ドライバーの評価がかなり高いです。

ゴルフショップの方の意見でも、出だしはTSR「2」の方に人気が集まっているとのことで、TSR3ドライバーよりTSR2ドライバーの方がオススメな理由をまとめました。

フェースの造りが違う

※左がTSR2、右がTSR3

TSR2とTSR3の違いというと、一般的には、シャロー・ディープのヘッド形状の違い、それから、ウェイトギミックの有無が挙げられます。

しかし、今回のTSR2とTSR3で注目したい点として、そもそものフェースの造りが挙げられます。

  • TSR2:マルチプラトーVFTフェースデザイン
  • TSR3:スピードリングVFTフェースデザイン

ネーミングだけ見ると、同じような同じでないようなという感じですが、特徴が大きく異なっています。

TSR2の方は、高い反発力がフェースの広範囲で実現されます。つまり、オフセンターヒットの際にミスが許容されやすく、スピードが落ちにくくなっています。

一方、TSR3の方は、中心点に最大のCT/CTR値が集中するよう設計されています。許容性のあるTSR2とは真逆の考え方で、芯に当てた時に最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

PGAツアーでは、前作に引き続いて「3」のモデルであるTSR3ドライバーに人気が集中していますが、よほどの腕自慢で無い限りは、TSR2ドライバーの方が扱いやすいと思います。

前作よりヘッド形状が良い

※左がTSR2、右がTSi2

タイトリストのこれまでのドライバーでは、「3」のモデルがトラディショナルな洋ナシ型で、「2」のモデルは三角・丸型に近い形状でした。

しかし、今回のTSR2ドライバーは、かなり「3」のモデルに寄せていて、投影も洋ナシ型に近づいています。

中・上級者に好まれるヘッド形状になっていて、フェースのトゥ側も少し逃げていますので、左に引っ掛かりそうな感じもありません。

もう一つ注目したい点として、ヘッドの最深部の位置が挙げられます。

上図で見ますと、前作のTSi2はヒール側に最深部が寄っていますが、今作のTSR2は調度真ん中ぐらいに見えます。

この点も中・上級者の方が構えやすさを感じられるポイントです。

TSR2ドライバーでも十分低スピン

USタイトリストの公式サイトでは、TSR2・TSR3・TSR4のヘッド特性を比較したデータが公開されています。

モデル TSR2 TSR3 TSR4
弾道
スピン量 極少

スピン量については、実際にはTSR3ドライバーの方が低スピン性能を感じられる方が多いと思いますが、大括りな評価ではどちらも「スピン量:少」です。

TSR2ドライバーでも十分に低スピン性能に優れています。

加えて、TSR3ドライバーはやや球が上り難さがありますので、よほど吹けやすい方、アッパーな方で無ければ、打ち出し・スピン量のバランスを考えるとTSR2ドライバーの方が適しているゴルファーが多いと思います。

【何処よりも早い】TSRシリーズドライバーの最新情報・違いをまとめ|TSR2・TSR3・TSR4

TSR2ドライバーの試打・評価・感想

TSR3ドライバーの試打・評価・感想

 







TSR3ドライバーの試打・評価・感想

タイトリストの2022年モデル、TSR3ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 TSR3ドライバー Amazon 楽天市場 フェアウェイゴルフUSA タイトリスト TSR3 …

TSR2ドライバーの試打・評価・感想

タイトリストの2022年モデル、TSR2ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 TSR2ドライバー Amazon 楽天市場 フェアウェイゴルフUSA タイトリスト TSR2 …

TSR1ドライバーの最新情報!適合リストに掲載!

タイトリストのTSR1ドライバーが、R&A、USGAのドライバールール適合リストに掲載されました。 存在が噂されていたTSR1ドライバーについて、最新情報をまとめました。 TSR1ドライバーが …

【何処よりも早い】TSRシリーズフェアウェイウッドの最新情報・違いをまとめ|TSR2・TSR2+・TSR3

タイトリストから発売の2022年の新作、TSRシリーズのフェアウェイウッドについて、最新情報をまとめました。 【追記】TSRシリーズフェアウェイの予約受付がスタート TSRシリーズの予約受付がスタート …