飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー キャロウェイ

ROGUE ST MAXドライバー 2022の試打・評価・感想

投稿日:2022年1月17日 更新日:

キャロウェイの2022年モデル、ROGUE ST MAXドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

ROGUE ST MAXドライバー

 

ROGUE STシリーズのドライバーは、全部で4機種あります。前年のEPICと種類数は同じですが、今回のROGUE STでは全てMAXタイプとなっていて、ラインナップが少し異なっています。

左から、スタンダードなROGUE ST MAXドライバー、ドロー仕様版のROGUE ST MAX Dドライバー、低スピンタイプのROGUE ST MAX LSドライバー、そして、アジア市場向けの軽量版のROGUE ST MAX FASTドライバーです。

本記事で取り上げているのは、スタンダードなモデルのROGUE ST MAXドライバーです。

適度なつかまりとミスヒットへの強さがありますので、殆どのゴルファーがこのモデルで良いと思います。

ROGUE STシリーズ ドライバー(2022年)の最新情報・違いをまとめ!MAX・MAX D・MAX LS・MAX FASTの4機種が3月に発売

ROGUE ST MAXドライバーの試打・評価

ROGUE ST MAXドライバーをプロが計測試打・評価

  • ヘッド後方(の長さ)を見ると、4年前のROGUEを思い出す。(4年前の)ROGUE サブゼロを使っている人は未だに多い。
  • MAX Dと比べると打感は似てるが、MAXの方が弾く。打感も打音も良い。
  • MAX D程ではないが、つかまる感じはある。
  • 初速が出るEPICとは違って、バランスが良くROGUE STの方がナイスショットの確率が高まる。
  • スピンが極端に入るヘッドではないので、球が上がらない人はロフト多めが良い。

ローグSTシリーズのドライバー3種をゴルフライターが詳しく試打・解説

ローグST MAX、MAX LS、MAX Dの3機種を試打されています。以下にローグST MAXの評価を抜粋しました。

  • 構えた感じはヘッドが大きくて安心感がある。
  • スピンを抑えるならMAX LS。多くのゴルファーに合うのはMAX。どちらも良い。
  • 3機種とも、オフセンターヒットした時の飛距離の落ち具合が少ない。
  • どの機種も球がつかまりやすい。
  • 大抵の人は、MAXで良い。つかまりも良く、初速も出しやすい。MAXとMAX Dの違いは微差。
  • スライサーでも、MAXかMAX Dかは試打して試した方が良い。

市原建彦プロがローグST MAXドライバーを試打・評価

▼MAXの試打のところ(1:38頃)から再生されます。

  • 第一印象は接地した時に座りが良い。フェースが開きも閉じもしなくて良い。
  • 安定した良いドローが出る。
  • ローグ独特のくっつくような打感で気持ち良い。
  • ヘッドスピードが上がると(48m/s)、スピンが入る(3000rpm)。40m/sぐらいで振ると、くっついて弾く感じがして良い。

ローグST MAXドライバーをプロが試打・評価

  • 芯の後ろ側が一番深いヘッド形状になっている。洋ナシ型ではない。
  • スピンが少なく、初速が出る。
  • 打感が柔らかく、打音も金属音がせず良い。
  • ミート率が高い。

ROGUE ST MAXドライバーのスペック

  • ロフト角:9/10.5/12°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • 標準シャフト:VENTUS 5 for Callaway
  • フレックス:S/SR/R
  • クラブ重量:約305g(SR)
  • ウェイト:タングステン・スピード・カートリッジ約11g

ROGUE ST MAXドライバーのシャフト

ROGUE ST MAXドライバーのシャフトは、公式サイトに掲載されているものが4種類あります。

シャフト 硬さ バランス クラブ重量 シャフト重量 トルク 調子
VENTUS 5 for Callaway S D3 約307g 約52g 4.5
SR D3 約305g 約50g 4.6
R D3 約304g 約49g 4.7
Tour AD UB-5 S D2 約310g 57g 4.4
SPEEDER NX 50 S D2 約308g 54.5g 4.6
Diamana PD 50 S D2 約309g 54.5g 4.8 中元

ROGUE ST MAXドライバーの発売日・発売価格

ROGUE ST MAXドライバーの発売日は、2022年3月下旬です。

発売価格は、シャフトにより以下の通りとなっています。

  • VENTUS 5 for Callaway:¥86,900
  • Tour AD UB-5:¥105,600
  • SPEEDER NX 50:¥105,600
  • Diamana PD 50:¥105,600

ROGUE STシリーズ ドライバー(2022年)の最新情報・違いをまとめ!MAX・MAX D・MAX LS・MAX FASTの4機種が3月に発売


 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, キャロウェイ
-, , , ,

関連記事

TSi1・TSi4ドライバーの最新情報まとめ!TSi1は超軽量・TSi4は浅重心

★2021-03-02更新:日本タイトリストの公式情報を反映しました。 タイトリストのTSiシリーズに、新たにTSi1ドライバーとTSi4ドライバーが追加となりました。 新たに追加された2種類のドライ …

EPIC SPEEDドライバーとEPIC SPEED◆◆◆ドライバー(ツアーバージョン)の違い

キャロウェイから発売のEPIC SPEEDドライバーと、そのツアーバージョンであるEPIC SPEED◆◆◆ドライバーについて、違いを解説します。 EPIC SPEED◆◆◆ドライバー Amazon …

G425 MAX・LST・SFTドライバーの最新情報まとめ

★2020/09/01追記:PINGの公式動画を追加しました。 ★2020/08/20追記:鈴木愛、比嘉真美子の移行情報を追記しました。 PINGの2020年のG425ドライバーについて、最新情報をま …

【2022年】打感がやわらかいドライバー おすすめランキング!柔らかい・吸い付く!

2022年モデルのドライバーで、打感がやわらかいドライバーについて、おすすめ順にランキング形式で紹介します。 対象となるドライバーは、2022年モデルとして発売されているドライバー、そして、2022年 …

G425のMAX(ドロー設定) vs SFTドライバー、どちらがドローバイアスか?【スライサーは必見です】

PINGの2020年モデルのG425シリーズは、前作と同じくドローバイアスのSFTタイプが用意されていて、スライサーには注目のモデルとなっています。 一方で、スタンダードタイプのG425 MAXドライ …