飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー テーラーメイド

テーラーメイド ステルスPLUSドライバーのUSモデルと日本モデルの違い!

投稿日:

テーラーメイドから発売のステルスPLUSドライバーについて、日本モデルとUSモデルの違いについて取り上げます。

テーラーメイド ステルスPLUSドライバーについて

テーラーメイドの2022年モデルは、これまでのSIMシリーズではなく、新たなシリーズ「ステルス」となっています。

ステルスシリーズのドライバーは従来通り3機種あり、本記事で取り上げているステルスPLUSドライバーは、最もハードなアスリートゴルファー向けのモデルです。

前作に当たるSIM2シリーズとの関係で言えば、SIM2ドライバーの後継的な位置づけのモデルとなります。

ステルスPLUSドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

※左が日本モデル、右がUSモデル

ステルスシリーズのゴルフクラブは、USモデルと日本モデルでラインナップが同じです。

ただ、幾つかの点でUSモデルと日本モデルの間で違いがありますので、この点について取り上げます。

搭載されているテクノロジーは同じ

ステルスPLUSドライバーの特徴を左右する搭載テクノロジーについては、USモデルと日本モデルで差異はありません。

さすがに同じ名前ですから、テクノロジーも同じです。

  • カーボンフェース
  • スライディングウェイト(ウェイト角調整)
  • 可変スリーブ(ロフト角調整)
  • イナーシャジェネレータ
  • 貫通型スピードポケット
  • ツイストフェース

ロフト角の種類が異なる

ロフト角 USモデル 日本モデル
8.0
9.0
10.5

日本モデルでは、9.0°と10.5°の2種類のみですが、USモデルでは、右様に限り、8.0°があります。

極端にロフトが立ったモデルとなりますので、低く強い球を打ちたい方、ハードヒッターに需要のあるスペックです。

ミケルソンが史上初の50代でのメジャー優勝を成し遂げた際には、ロフト角5.25°という絶壁ロフトを使っていまして、ロフトが立ったモデルは一定の需要があるようです。

フィル・ミケルソンの全米プロ優勝時のクラブセッティング

なお、ウェイト重量については、USモデルと日本モデルで異なることが多々ありますが、ステルスPLUSドライバーでは10gで差異がありません。

シャフトは全く異なる

USモデルと日本モデルでは、シャフトが全く異なります。

PINGやDunlopではシャフトまで同じようですが、基本的に多くのメーカーで、シャフトは異なっています。

USモデルの標準シャフト

シャフト 硬さ 重量 トルク 打ち出し スピン
HZRDUS
SMOKE RDX RED
X 60g 3.5
S 60g 3.5
R 60g 4.5
KAI’LI WHITE 60 X 69g 4.1
S 68g 4.1
TOUR AD IZ 6 X 65g 3.2
S 63g 3.2
DIAMANA ZF 60 X 67g 3.8
S 64.5g 3.8

日本モデルの標準シャフト

シャフト 硬さ クラブ重量 シャフト重量 トルク バランス
TENSEI
SILVER TM50 (’22)
S 約312g 約60g 3.9 D3.5
SR 約310g 約57g 4.3 D3
R 約308g 約55g 4.7 D3
Tour AD UB-6 S 約316g 65g 3.2 D3.5
SPEEDER NX 60 S 約315g 63.5g 3.7 D3
Diamana PD 60 S 約315g 64.5g 3.3 D3.5

価格はUSモデルの方がかなり安い

ステルスPLUSドライバーの日本モデルは、SELECT FIT STORE限定での取り扱いとなっていて、発売価格は90,200円~です。

≫ テーラーメイド公式サイト

USモデルの発売価格は、公式サイトでは599.99ドルとなっていますので、当記事執筆時点での為替(1ドル≒119円)で換算すると約71,400円です。

当サイトでも度々紹介しているUSモデルを専門に取り扱っているフェアウェイゴルフUSAさんの出品価格は、70,199円~となっています。

≫ フェアウェイゴルフUSA

シャフトによって価格は変わりますが、最安の組み合わせで出品価格を比較すると、USモデルの方が2万円ほど安く購入できます。

ぴったりなシャフトやスペックがあれば、かなり予算を抑えて購入することができます。

【何処よりも早い】STEALTH(ステルス)ドライバーの最新情報・違いをまとめ|ステルスPLUS・ステルス・ステルスHDドライバー|試打・評価・スペック・シャフト・発売価格

ステルス PLUSドライバー 2022の試打・評価・感想

ステルスPLUS・ステルス・ステルスHDドライバーのロフト角調整機能について

ステルスPLUSドライバーのウェイト調整機能について徹底解説【調整例の基本3種+タイガーウッズ・ロリーマキロイ・コリンモリカワの調整例】

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, テーラーメイド
-, , , ,

関連記事

レディースドライバー おすすめランキング【2022年】やさしい!飛距離が出る!人気モデルはコレだ

レディース用のドライバーで、やさしく飛距離が出るモデルについてランキング形式で紹介します。 2022年版ということで、当記事執筆時点で、メーカーの公式サイトで最新モデルとして掲載されているものを対象に …

【2019年】飛距離が凄かったプロのドライバーまとめ!国内女子プロゴルファー編

良く飛ぶドライバーはどのメーカーのどのモデルか、皆さんの関心が集まるところです。 先日、飛距離が凄い男子プロゴルファーについて、使用ドライバーをまとめて紹介しました。 ≫ 【2019年】飛距離が凄かっ …

GBB EPIC STAR ドライバーの試打・評価・感想

キャロウェイのドライバーと言えば ROGUE ですが、一昨年前に発売されたEPICシリーズ、こちらも飛距離が出るドライバーとしては是非取り上げたいモデルです。 GBB EPIC STAR ドライバー …

MAVRIKドライバーのキャロウェイ公式動画がアップされている

▼MAVRIK マーベリックドライバーの最新情報はコチラをご覧ください。 ≫ キャロウェイのMAVRIK(マーベリック)・MAVRIKサブゼロの最新情報まとめ MAVRIKドライバーの公式情報 キャロ …

R15 460ドライバーの試打・評価・感想

テーラーメイドから2014年12月に発売のR15 460について、試打や感想を交えながら取り上げます。 R15 460ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す ゴルフパートナーで探 …