飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るフェアウェイウッド キャロウェイ

ローグST LSツアー、◆◆◆、◆◆◆T フェアウェイ3機種の最新情報・違いをまとめ!

投稿日:

キャロウェイのローグSTシリーズに、プロトタイプのフェアウェイウッド3機種が限定販売モデルとしてラインナップ追加されました。

ツアープロ仕様のローグST LSツアー、ローグST ◆◆◆、ローグST ◆◆◆Tの3機種のフェアウェイウッドについて、モデルの種類、スペックなど、最新情報をまとめました。

ROGUE STのプロトタイプのフェアウェイウッドは3機種!

ローグSTのフェアウェイウッドは、シリーズの発売開始の時点では4機種がリリースされています。

今回、ツアープロが使用するプロトタイプの3機種が、CE(キャロウェイ エクスクルーシブ)モデルとして発売されました。

≫ キャロウェイの製品名に付けられた「CE」は、どんな意味があるか?

これでローグSTシリーズは、フェアウェイウッドだけで全7機種となります。この他にもAPEX UW、ビッグバーサもありますので、他社には無い充実っぷりです。

▼ローグSTのプロトタイプ フェアウェイウッド3機種

こちらの映像は、新たに追加されたプロトタイプのフェアウェイウッド3機種です。

<ローグST LSツアー フェアウェイウッド>

  • ローグST LSフェアウェイウッドに可変スリーブを搭載したバージョン
  • プロトタイプ3機種の中で、最も低スピン
  • 弾道調整機能を駆使したい方向け

<ローグST ◆◆◆ フェアウェイウッド>

  • プロトタイプ3機種の中で、最もシャロー
  • プロトタイプ3機種の中で、最もヘッド体積が小さい
  • ツアーモデルでありながら、球を拾いやすい

<ローグST ◆◆◆T フェアウェイウッド>

  • プロトタイプ3機種の中で、最もディープ
  • プロトタイプ3機種の中で、最もソールがラウンドしている
  • プロトタイプ3機種の中で、最も寛容性が低い
  • あらゆるライに対応しやすい

ROGUE ST プロトタイプ フェアウェイ3機種のヘッド形状の違いを比較

プロトタイプのフェアウェイウッド3機種について、クラウン、フェースなど、ヘッド形状の違いをまとめました。

クラウン

※左からLSツアー、◆◆◆、◆◆◆T

3機種とも、ヒール寄りがすっきりしています。

トップラインからのヘッドのつながりは、◆◆◆と◆◆◆Tが逃げ顔になっていて、左へのミスが出にくい印象を与えてくれます。

横からのヘッド形状

※左からLSツアー、◆◆◆、◆◆◆T

左のLSツアーは、ヘッド後方が丸みを帯びている形状になっています。重心を深くし過ぎないヘッド形状で、低スピン性能に優れています。

中央の◆◆◆は、ヘッドが後方に伸びていて、奥行きが長く取られています。最もシャローなヘッド形状で、座りが良く、球の拾いやすさがあります。

右の◆◆◆Tは、ヘッドに膨らみを持たせてあって、ディープな形状になっています。

フェース形状

※左からLSツアー、◆◆◆、◆◆◆T

こちらは正面から見たフェースの映像を並べたものです。

右に行くにつれ、ソール形状がラウンドしているのが分かります。

右の◆◆◆Tは、ソール形状がV字型になっていますので、あらゆるライに対応しやすく、抜けの良さも優れています。

ROGUE ST プロトタイプ フェアウェイ3機種の特徴の違いを比較

プロトタイプのフェアウェイウッド3機種について、スペック、テクノロジー、弾道の違いをまとめました。

スペックの違いを比較

▼番手・ロフト角の違い

モデル LSツアー ◆◆◆ ◆◆◆T
3+ 13.5°
3番 15° 15° 14°
3HL 16.5° 16°
5番 18° 18° 18°

何れのモデルも番手は3種類ありますが、内容に違いがあります。

ローグST LSツアーFWは、3番、5番に加えて、ロフトが立った3+があり、ローグST ◆◆◆ FWとローグST ◆◆◆T FWは、3番、5番に加えて、3番のロフトを寝かせた3HL(ハイローンチ)があります。

▼3番ウッドのスペックの違い

番手 LSツアー ◆◆◆ ◆◆◆T
ヘッドサイズ 178cc 171cc 175cc
ロフト角 15° 15° 14°
ライ角 56° 56° 56°
長さ 43″ 43″ 43″

ローグST ◆◆◆T FWは、スタンダードなローグST ◆◆◆ FWと比べると、3番と3HLでロフトを立たせたスペックとなっています。

ヘッドのディープ形状も相まって、低く強く飛ばしたい方向けとなっています。

搭載テクノロジーの違いを比較

モデル LSツアー ◆◆◆ ◆◆◆T
JAILBREAK
FLASH FACE SS22
可変スリーブ
スクリューウェイト 5g 7g 7g

ヘッドに搭載されているテクノロジーについては、Jaillbreak ST、フラッシュフェース SS21、スクリューウェイトなど、基本的に同じものが搭載されています。

唯一大きく異なる点として、LSツアーのみ可変スリーブが搭載されていますので、ロフト角・ライ角を調整して、弾道をカスタマイズしやすくなっています。

弾道の違いを比較

モデル LSツアー ◆◆◆ ◆◆◆T
打ち出し 標準 やや低い やや低い
スピン量 少ない 標準 標準
操作性 高い 高い とても高い
寛容性 標準 やや小さい 小さい

MAX LSとの比較で言えば、低スピン性能を落として、操作性を上げたモデルがローグST ◆◆◆ドライバーです。

低スピンを強めたモデルがローグST ◆◆◆ LSドライバー、操作性を強めたモデルがローグST ◆◆◆ Sドライバーです。

ちなみにLSは低スピン(Low Spin)、Sは小(Small)ではないかと言われています。

ROGUE ST プロトタイプ フェアウェイ3機種の試打・評価

ROGUE ST ◆◆◆・◆◆◆T フェアウェイを打ち比べ・比較・評価

<ローグST ◆◆◆フェアウェイ>

  • ローグST MAXと比べると、全くの別物。
  • 左に行きそうな感じはゼロ。
  • しっかり振らないと、球が上がらない。
  • 上げて欲しい、つかまえて欲しい感はない。
  • スピンは少ないので、前に飛んで行く。

<ローグST ◆◆◆Tフェアウェイ>

  • ヘッド形状がディープで小ぶり。Tはツアー(Tour)の意味か?
  • 5番は弾道の高さが出る。
  • 3番は左に行きそうな感じは無い。地面から打つには、ドライバーでヘッドスピードが44m/sぐらいはないと上がらない。

ローグST LSツアー フェアウェイを試打・評価

  • ソールにデザインがなく、ローグST LSよりも平べったく見える。
  • ◆◆◆、◆◆◆Tよりも楽。球が上がる。
  • ◆◆◆、◆◆◆Tと違って、可変スリーブなので、シャフトを変えたい人に良い。
  • ヘッドスピードが50m/sぐらいある人は、◆◆◆、◆◆◆Tが良い。

ROGUE ST LSツアー フェアウェイウッドの特徴

特徴

ローグST LSツアーフェアウェイは、プロパーモデルのローグST LSにアジャスタブルホーゼルが搭載されたモデルです。

いわゆるカチャカチャがあることで、弾道をカスタマイズできる点、そして、シャフトを交換できる点、この2つが多きなメリットととなります。

他の2機種の◆◆◆や◆◆◆Tほどハードではなく、そこまで速いヘッドスピードも要求されません。

なお、プロパーのローグST LSフェアウェイと比べると、4番ウッドのみ提供がありません。

スペック

番手 3+ 3 5
ロフト角 13.5 15 18
ライ角 56 56 56.5
ヘッド体積 178 176 156
クラブ長さ 43 43 42.5

ROGUE ST ◆◆◆ フェアウェイウッドの特徴

特徴

プロトタイプ3機種の中で、◆◆◆と◆◆◆Tは、トリプルダイアモンドが付いているだけあってハードなモデルとなっています。

ヘッドスピードは45m/sぐらいは欲しいところです。

逆に言えば、ヘッドスピードが速い人が扱えるフェアウェイウッドというのは、通常市販モデルでは限られている面がありますので、ハードヒッターには貴重なモデルです。

シャローなヘッド形状が特徴で、◆◆◆Tと比べると、やや球が上がりやすく、わずかに寛容性もありますが、プロトタイプモデルだけあって、歯応えのあるモデルです。

スペック

番手 3 3HL 5
ロフト角 15 16.5 18
ライ角 56 56.25 56.5
ヘッド体積 171 168 158
クラブ長さ 43 43 42.5

ROGUE ST ◆◆◆T フェアウェイウッドの特徴

特徴

こちらは◆◆◆の残りの1機種、◆◆◆Tです。こちらも◆◆◆と同様にヘッドスピードは45m/sぐらいは欲しいところで、◆◆◆よりもさらにハードなモデルです。

ヘッド形状は対照的に膨らみのあるディープ形状です。打ち出しが低く、操作性に優れていますので、右に左に打ち分けたい上級者に適しています。

スペック

番手 3 3HL 5
ロフト角 14 16 18
ライ角 56 56 56.5
ヘッド体積 175 172 165
クラブ長さ 43 43 42.5

ROGUE ST プロトタイプ フェアウェイ3機種の発売日・発売価格

ローグSTのトリプルダイアモンド(◆◆◆)のドライバー3機種は、発売日は、2022年6月です。発売価格は、60,500円からで、シャフトの組み合わせにより変わります。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るフェアウェイウッド, キャロウェイ
-, , , ,

関連記事

ROGUE サブゼロ ドライバー USモデルを徹底解剖!試打・スペックも掲載

キャロウェイから発売のROGUE サブゼロ ドライバー USモデルについて取り上げます。 ROGUE サブゼロ ドライバー USモデル フェアウェイゴルフで探す 楽天市場で探す 目次1 ROGUE サ …

G425 MAX・LST・SFTフェアウェイウッドの最新情報まとめ

PINGの2020年モデル、G425シリーズのフェアウェイウッドについて、最新情報をまとめました。 今回のシリーズでも3種類のフェアウェイウッドが発売されていますので、特徴・試打評価・発売日などを取り …

MAVRIKドライバーとEPIC FLASHスタードライバーの違い

キャロウェイのMAVRIK(マーベリック)ドライバーとEPIC FLASH スタードライバーについて、違いを取り上げます。 MAVRIK ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す …

M5ドライバー、M6ドライバー(テーラーメイド)の動画が出ている!

追記:本記事はM5・M6の発売前に当時の最新情報を紹介したものです。M5・M6に関する試打・評価は下記記事をご覧ください。 ⇒M5ドライバーの 試打・評価・感想 ⇒M6ドライバーの 試打・評価・感想 …

低スピンで飛ばせる!2019年おすすめドライバー特集!

2019年モデルのドライバーの中で、低スピンで飛ばせるモデルからお勧めをランキング形式で紹介します。 目次1 第1位 キャロウェイ EPIC FLASH サブゼロドライバー2 第2位 コブラ KING …