飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー ピン

G430 MAXドライバーの試打・評価・感想

投稿日:2022年10月13日 更新日:

PINGのG430 MAXドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

G430 MAXドライバー

PINGG430シリーズは、3タイプのドライバーがあります。このタイプ分けは、前作に当たるG425シリーズとネーミングも内容も同じです。

左から、スタンダードタイプのG430 MAX、低スピンタイプのG430 LST、ドローバイアスのG430 SFTです。

本記事で取り上げているのは、写真左のスタンダードタイプ、G430 MAXドライバーです。

従来モデルとの関係としては、G400、G410 PLUS、G425 MAXが同じタイプとなります。

ただし、G400とG410に関しては、MAXの要素がまだ取り込まれていないという解釈もできますので、移行に際しては、ヘッド後方のMAXならではの重量感など、実際に手にして感じてみることをおすすめします。

G430 MAXドライバーとG425 MAXドライバーの違い!5つのポイントを徹底解説

G430 MAXドライバーの試打・評価

G430 MAXドライバーをプロがトラックマンで計測試打・評価

試打ラボしだるTVにて石井プロがG430 MAXドライバーを試打して、前作との違いなどを解説されています。

試打クラブは、G430 MAXドライバー PING TOUR 2.0 CHROME 65 S/BLACK 65 Sです。

<試打・評価のポイント!>

  • 思ったほど球が上がらない。ロフト10.5°の割にフェースがあまり見えない。
  • 打音は、G425と比べて締まっている。大分、良くなっていて、何の違和感もない。
  • G425のような後方が重い感じは無い。小ぶりなヘッドのようにスムーズに振れる。
  • 球の曲がり難さはそのままで、打感・打音・初速・飛距離が良くなっている。

G430シリーズのドライバーをクラブフィッターが試打・解説・評価

試打クラブは、G430 MAXドライバーの10.5°でシャフトはALTA J CB Sです。

<試打・評価のポイント!>

  • G425では音が気になるという方が多かったが、G430では打音が改良されている。
  • 左右に加えて、上下の慣性モーメントを上げている。打点が上下にブレてもスピン量が増え過ぎたりなどしにくく、ミスに強い。
  • 構えてみると、フェースはストレートで少しアップライト、打ち出しを高くあげてくれそう。
  • 打音は(G425と)全然違って、気にならない。
  • 方向性は、動かない。びくともしない。つかまりの良さがある。

G430 MAX・LST・SFTドライバーを3機種打ち比べ試打・評価

G430シリーズのドライバー、全3機種を打ち比べしている動画です。

<試打・評価のポイント!>

  • G425では打音が大きい、甲高いと言われていたが、G430は打音が変わった。
  • フェースのロール角を上下で変えていて、下打点の時にバックスピンが抑えられ、飛距離が落ちないようになっている。
  • G430とG425で試打比較してみると、下打点の時にG430の方はバックスピン量が300rpmほど抑えられて飛距離が5ヤードぐらい伸びる。
  • ALTA J CBシャフトは、シャフトエンドに4gの重りが入っていて、カウンターバランスになっている。前作よりも振り抜きが良くなっている。
  • PINGツアーシャフトは、少し軟らかくしたのがChrome、ハードにしたのがBlack。
  • Chromeの方は、前作よりも振りやすく、40m/sぐらいでもギリギリ使える。
  • Blackの方は、40m/sぐらいだと球が上がらず、シャフトのしなりも感じにくい。45m/sぐらいの方だとシャフトの性能を活かせる。

G430 MAXドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:59.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • 標準シャフト:ALTA J CB BLACK
  • クラブ重量:302g(SR)

G430 MAXドライバーのシャフト

G430シリーズのドライバーのシャフトは、全3機種で共通となっています。公式サイトでは5種類のシャフトが紹介されています。

シャフト名 素材 長さ 硬さ 重量 トルク 調子
ALTA J CB BLACK カーボン 45.75 R 49 5.3
SR 53 5.2 中先
S 58 5
PING TOUR 2.0
CHROME 65
カーボン 45.25 R 55 4.4
S 60 4.2 中元
X 65 3.8 中元
PING TOUR 2.0
CHROME 65
カーボン 45.25 R 67 3.7
S 69 3.3 中元
X 72 3.2 中元
PING TOUR 2.0
BLACK 65
カーボン 45.25 S 59 3.8 中元
X 65 3.5 手元
PING TOUR 2.0
BLACK 75
カーボン 45.25 S 73 3.2 中元
X 76 2.9 手元

G430 MAX・LST・SFTドライバーの発売日・発売価格

G430 MAX・LST・SFTドライバーの発売日は2022年11月11日、発売価格は93,500円です。

PING G430ドライバーの最新情報まとめ!G430 MAX・G430 LST・G430 SFTドライバー

G430 MAXドライバーとG425 MAXドライバーの違い!5つのポイントを徹底解説

G430 MAX・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角、ウェイト調整機能を徹底解説!スリーブの互換性は?

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ピン
-, , ,

関連記事

SIMとMAVRIKは、どちらがおすすめか?

テーラーメイドのSIMシリーズ、キャロウェイのMAVRIKシリーズのドライバーについて、どちらがおすすめかについて取り上げます。 SIMドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す フ …

2022年の低スピンドライバー5本から、ハードヒッター3名が選んだドライバーが興味深かった件

毎年のようにドライバーの当り年と言われていますが、2022年もテーラーメイドのステルス、キャロウェイのローグSTが爆発的な人気で、ドライバー市場が賑わっています。 特に、低スピン性能に優れたドライバー …

【USモデルでしか手に入らない】ハードヒッターにオススメのドライバー2本!ステルスとローグST【低スピン+低打ち出し・強弾道】

USモデルでしか提供されていない、ハードヒッターにオススメのドライバー2本を取り上げます。 日本モデルでは物足りたいという方には、振り応えのあるUS仕様のドライバーを、是非、検討してみてください。 目 …

G410ドライバーとG400ドライバーの違い

PINGから発売のG410ドライバーについて、前作のG400ドライバーとの違いを取り上げます。 G410 PLUS ドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 G4 …

B3 SDドライバーの評価・口コミをまとめました

ブリヂストンのB3 DDドライバーについて、試打の評価・口コミをまとめました。 B3 SDドライバー Amazon 楽天市場 ゴルフパートナー 目次1 B3 DDドライバー2 B3 SDドライバーをト …