飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー ピン

G430 MAXドライバーとG425 MAXドライバーの違い!5つのポイントを徹底解説

投稿日:

PINGから発売のG430 MAXドライバーとG425 MAXドライバーについて、違いを解説します。

G430 MAXとG425 MAXドライバー

G430 MAXドライバー、そして、G425 MAXドライバーは、どちらもMAXタイプではありますが、それぞれのシリーズ3機種の中でスタンダード(ノーマル)な位置づけです。

2機種の関係としては、G425の後継機種がG430となります。

GシリーズでMAXが最初に登場したのはG400シリーズでして、この時はスタンダードモデルとは別のモデルとして、後から追加リリースされました。

その後、G410シリーズではMAXの発売はありませんでしたが、G425・G430シリーズでは、スタンダードモデルとしてMAXが発売されています。

① 標準シャフトはカウンターバランスが採用され、振りやすさがアップ!

モデル G430 MAX G425 MAX
クラブ重量 302g 298g
シャフト重量 53g 50g
バランス D2 D3
*ALTA J CB SRでの値

標準シャフトとして採用されているALTA J CBは、G430シリーズでカウンターバランスが採用されていて、3~4gの重量増しとなっています。

カウンターバランスとは、グリップエンド側を重くすることで、相対的にヘッド重量が軽く感じられるため、振りやすさが向上します。

さらに、バックウェイトもG425の23gから19gに抑えられていて、カウンターバランスの効果を高めています。

その結果、クラブ重量は298gから302gに増加していますが、反対にバランスはD3からD2に下がっていて、よりヘッド重量負荷を感じずに楽に振りやすくなっています。

評価がとても高かったG425シリーズで、数少ないネガティブポイントの一つがヘッド後方の重たさによる振り難さでしたが、G430ではこの点が解消されています。

▼G430とG425のヘッドスペックの計測結果

こちらの動画では、G425とG430のMAX・LST・SFTの全タイプについて、ヘッドスペックを詳しく計測した結果が紹介されています。

主だったデータを以下にまとめました。

▼G430・G425のヘッドスペック

モデル 重心角 重心距離 重心深度 重心高 バック
ウェイト
G430 MAX 30 43.5 46.2 30.4 19
G425 MAX 32 42.8 48.6 29.2 23

G430 MAXは重心角・重心深度が抑えられていて、バックウェイトが軽くなっている影響が数字で表れています。

▼G430 MAXドライバーの試打動画

試打ラボしだるTVの石井プロも、G425 MAXでは後方ウェイトの重さを指摘されていましたが、G430 MAXではそれが解消されていると評価されています。

② 移動式ウェイトによる弾道調整効果がアップ

Gシリーズのドライバーは、G410シリーズから移動式のウェイト調整機能が搭載されています。

G425・G430のMAXは、双方とも3段階の同じ形式のウェイト調整機能が備わっていまして、ドロー・ニュートラル・フェードの3段階の調整が可能です。

ただ、ウェイト移動による弾道調整効果には違いがありまして、G425 MAXよりもG430 MAXの方が、ドロー・フェードが大きく調整されます。

  • G425 MAX:±7ヤード
  • G430 MAX:±10ヤード

G430 MAXの方が、3ヤード大きく弾道調整されますので、よりはっきりとした調整効果を得たい方にとっては、G430 MAXの方がオススメです。

ちなみに、ドロー効果については、G430 SFTのドロー、ドロー+の方が強めのため、スライスに大きく悩む方は、G430 SFTをオススメします。

G430のMAXのドロー設定 vs SFTドライバー、どちらがドローバイアスか?【スライサーは必見です】

③ G430は、新バルジ&ロール設計で、上下の打点ブレに強い

*出典:clubping.jp

G430シリーズでは、新バルジ&ロール設計が採用されていて、フェース上方と下方のロフトをモデル毎に最適化されています。

これにより、上下に打点がブレてもスピン量が多過ぎたり少な過ぎたりすることなく、最適スピンが保たれやすくなっています。

上下の打点ブレが出やすい方にとっては、G430 MAXの方が、飛距離が安定して平均飛距離のアップが図られやすくなります。

④ G430は、打音・打感が大幅に改善している!

430シリーズの特徴として、ヘッド内部にサウンドリブが搭載され、打音にも配慮されている点が挙げられます。

▼G430とG425の打音の比較(3:12頃から再生されます)

こちらの動画では、G430とG425のMAXタイプのドライバーの打音を紹介されていて、音質がかなり変わったことが分かります。

これまで、Gシリーズの性能は良い物の打音が苦手だった方には、心地良く違和感なく使いやすくなっています。

⑤ 売り出し価格はG425の方が安い

昨今の地政学的な事情から、世界的な物価高が続いています。

ゴルフクラブもその例に漏れず、値上がりの傾向がありまして、PINGのG430シリーズに関しても値上がりしています。

標準オリジナルシャフトのALTA J CBを装着したモデルでの定価は、G425 MAXドライバーが77,000円、G430 MAXドライバーが93,500円です。

値上がり幅は16,500円、値上がり率で言うと約21%となります。

勿論、発売開始時点での市場価格で言うと、恐らく13,000円ぐらいの値上がりになると思います。

G430 MAXドライバーの試打・評価・感想

G425 MAXドライバーの試打・評価・感想

PING G430ドライバーの最新情報まとめ!G430 MAX・G430 LST・G430 SFTドライバー

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ピン
-, , , ,

関連記事

コブラ AEROJET・AEROJET LS(エアロジェット) ドライバーの最新情報まとめ!実物映像をキャッチ

★2022-11-09追記:実物映像を追加しました。 ★2022-11-07追記:適合リストの追加内容を反映しました。 ★2022-10-24追記:適合リストに掲載された内容を追記しました。 コブラゴ …

5代目となるPHYZ ファイズ ドライバー 2019についてメーカー担当者が解説

PHYZ ファイズドライバー(2019)について、メーカー担当者が商品コンセプトを語った動画が公開されています。 PHYZドライバー/ブリヂストン GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目 …

MAVRIKシリーズドライバーのウェイト調整機能を徹底解説!

キャロウェイのMAVRIKシリーズのウェイト調整機能について取り上げます。 MAVRIK MAX ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す フェアウェイゴルフUSAで探す 目次1 …

no image

重心設計とドライバーの飛距離の関係

ドライバーの飛距離を左右する要素の一つに、ゴルフクラブの重心設計があります。 重心設計と一口に言っても、様々な重心設計項目があります。例えば、重心高、重心深度などです。 当サイトでは重心設計とドライバ …

ツアーワールド GSドライバーの最新情報まとめ!試打・評価・発売日・発売価格・スペック

★2021-02-15追記:試打動画を追加しました。 本間ゴルフから2021年モデルとして発売のツアーワールド GSドライバーについて、最新情報をまとめます。 ツアーワールド GSドライバー Amaz …