飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るアイアン タイトリスト

タイトリスト T400アイアン(2代目)の最新情報まとめ!試打・評価・スペック・発売日・発売価格

投稿日:2022年10月25日 更新日:

タイトリストのT400アイアンの2代目モデルについて、最新情報をまとめました。

T400アイアン 2022(2代目)

こちらがタイトリスト T400アイアンの2代目となる2022年モデルです。

Tシリーズアイアンは、T100、T100S、T200、T300が2021年に先んじてリニューアルされていまして、T400は1年遅れでのリニューアルとなります。

超ストロングロフト

Tシリーズのアイアンは、モデル名の数字が大きくなる程、やさしくなっていて、つかまり、寛容性、飛距離性能が強まっています。

特に大きく突出しているのがロフト設計で、今回も7番アイアンのロフト角が26°とかなり立っています。

番手 T100 T100S T200 T300 T400
3 21°
4 24° 22° 20°
5 27° 25° 25° 23° 20°
6 30° 28° 28° 26° 23°
7 34° 32° 31° 29° 26°
8 38° 36° 35° 33° 29°
9 42° 40° 39° 38° 33°
P 46° 44° 43° 43° 38°
W 50° 48° 48° 48° 43°
W2 49°
W3 55°

超ストロングロフトで、いわゆる、ぶっ飛び系・ディスタンス系と呼ばれる部類のアイアンになります。

グースがきいていて、つかまりが良い

タイトリストというと、アスリート向けブランドのイメージがあるため、アベレージゴルファーの方で敬遠されている方も少なくないと思います。

ただ、Tシリーズのアイアンは、T100からT400まで、100刻みで難易度が分かれていまして、T400アイアンはかなりやさしく作られています。

ソールも厚め、そして、グースもしっかりありますので、つかまえて強い球で飛ばすことができます。

スライスが出やすい方、強い球が出にくい方に適しています。

狙いたい方よりも、飛ばしたい方向け

ロフト角が強烈に立っていますので、球を高く上げるというよりも、前にぐんぐん飛ばす方にインパクトエネルギーが配分されます。

そのため、上げて落としてタイトに狙いたい方向けではなく、とにかく飛んで欲しいという方向けのアイアンです。

長尺が苦手な方にオススメ

ストロングロフトのディスタンス系アイアンは、色々なメーカーから発売されていますが、タイトリストのT400アイアンのメリットとして、長尺になっていない点が挙げられます。

▼7番アイアンのロフト角と長さ

  • ダンロップ XXIOクロス:25°・37.75インチ
  • ヤマハ inpres DRIVESTAR:25°、38インチ
  • PRGR NEW egg:25°、38.25インチ

T400アイアンは、7番が26°と上に挙げたモデルと同等程度の立ち具合ですが、それでも長さはTシリーズで統一されていて、37インチとなっています。

長尺が振り難くい、不安があるという方は、T400アイアンは、普段、使い慣れた長さのまま扱えるのが大きなメリットです。

T400アイアン 2022・2代目の試打・評価

  • トウ・ヒールには高比重タングステンウエイト(D18)を配置し、重心を低くしてボール初速をアップさせながら、同時に慣性モーメントを最大化。
  • ヘッドの挙動を安定させ、圧倒的な許容性と高い打ち出し角を実現。
  • アイアンショットに大きな飛びとやさしさを求める日本人ゴルファー向けとして、世界に先駆けて発売。
*引用:GDO

T400アイアン 2022・2代目のスペック

クラブスペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ
5 20° 62° 38.00″
6 23° 62.5° 37.50″
7 26° 63° 37.00″
8 29° 63.5° 36.50″
9 33° 64° 36.00″
P 38° 64° 35.75″
W 43° 64° 35.50″
W2 49° 64° 35.25″
W3 55° 64° 35.00″

シャフトスペック

公式サイトで紹介されているシャフトは、スチールとカーボンでそれぞれ1種類です。

シャフト 材質 硬さ 重量 トルク 調子
NSプロ880 AMC スチール S 94.5~106.5g 2.1° 中元
3D401 カーボン 54.5g 3.3°

T400アイアン 2022・2代目の発売日・発売価格

T400アイアン 2022・2代目モデルの発売日は、2022年11月4日です。発売価格は、5本セット(7~P、W[43])が¥143,000(税込)、単品(5、6、W[49]、W[55])が¥28,600(税込)です。

タイトリスト T100・T100S・T200・T300アイアン 2021年モデルの最新情報まとめ!

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るアイアン, タイトリスト
-, ,

関連記事

i230アイアンとi210アイアンの違い

PINGから発売のi230アイアンとi210アイアンについて、違いを解説します。 i230アイアン 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA 目次1 i230アイアンとi210アイアン2 ロン …

タイトリスト 913 D2 ドライバーの試打・評価・感想

タイトリストから2013年モデルとして発売されている913 D2ドライバーについて、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。 913 D2ドライバー/タイトリスト GDOで探す 楽天市場で探す A …

Vokey SM9ウェッジの最新情報まとめ!スペック・評価・発売日

タイトリストから発売のSM9ウェッジについて、最新情報を取り上げます。 Vokey SM9 ウェッジ Amazon 楽天市場 フェアウェイゴルフUSA 目次1 Vokey SM9ウェッジの特徴1.1 …

タイトリスト 910 D2・D3ドライバーの違いを徹底解説!

タイトリストから2010年後期に発売されている910 D2ドライバーとD3ドライバーについて、違いを解説します。 910 D2ドライバー/タイトリスト GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す …

ゼクシオ 11 アイアンの試打・評価・感想

▼ゼクシオ12アイアンの試打・評価はコチラをご覧ください。 ≫ 【何処よりも早い】ゼクシオ12 アイアン 2022の最新情報|評価・スペック・価格 ダンロップのゼクシオから発売のゼクシオ11アイアンに …