当サイトは広告が含まれています

マジェスティ ロイヤル ドライバー(2023)の最新情報!試打・評価・感想

マジェスティ ロイヤル ドライバーの2023年モデルについて、最新情報を取り上げます。

マジェスティロイヤルドライバー 2023の特徴

サイド部ギリギリに重量を配置

出典:プレスリリース

後方に搭載されたウェイトは、横長の形状となっています。

サイド部ギリギリまで重量が配置されていて、慣性モーメントを大きくし、つかまりと安定性を高めています。

つかまりというと、ヒール側ウェイトをイメージしますが、後方が重くなることで重心角が23%大きくなり、スクエアインパクトをアシストしてくれます。

0.4mmの極薄クラウン

軽量化のためにカーボン素材の普及が進んでいますが、マジェスティロイヤルドライバーは、クラウンを0.4mmの極薄化に成功していて、素材を変えることなく軽量化を実現しています。

カーボン素材を用いないことで、金属の爽快な打音・打感により、心地良いフィーリングが出られます。

シャフトスペックにより重量が大きく異なる

マジェスティロイヤルドライバーは、フレックスが3種類あります。

通常は、フレックスの違いによるクラブ重量の差は、シャフト重量の差で、1フレックスの違いで数グラム程度です。

しかし、マジェスティロイヤルドライバーでは、Sフレックスの場合とSR・Rフレックスの場合で、グリップを変えていて、クラブ重量にも大きな差を持たせてあります。

フレックス シャフト重量 クラブ重量 グリップ重量 トルク
S 49g 296g 45g D3
SR 45g 281g 35g D2
R 43g 278g 35g D1

Sフレックスではクラブ重量が296gで標準的なドライバーよりやや軽めぐらいですが、SR・Rフレックスでは281g・278gとなり軽量ドライバーとなります。

S、SR・Rフレックスを選ぶゴルファーの違いを踏まえた抑揚のある重量設計が採用されていますので、軽量モデルが多いマジェスティですが、一般的な重量で振りたいというニーズにも対応しています。

マジェスティながら程よい価格

モデル 価格
マジェスティ サブライム 50th 550,000円
マジェスティ プレステジオ12 253,000円
マジェスティ プレステジオ オブシダン 253,000円
マジェスティ ロイヤル 138,600円
マジェスティ コンクエスト 99,000円

マジェスティゴルフというと、殆どの方が抱くイメージは、「高級ゴルフクラブ」ではないかと思います。

しかし、マジェスティゴルフでも価格を抑えたモデルを出していて、マジェスティロイヤルドライバーは、当記事執筆時点で公式サイトに掲載されている中で、2番目に価格を抑えたモデルとなっています。

価格は138,600円とマジェスティゴルフにしてはかなり抑えてありますので、高級ゴルフクラブに興味がある方にとって、手を出しやすい価格となっています。

ちなみに最も高級なドライバーは、50周年記念モデルで55万円です。

マジェスティロイヤルドライバー 2023の試打・評価

マジェスティロイヤルドライバーを女子プロゴルファーが試打・評価

西川みさとプロが10.5°のSRスペックで試打されています。

  • つかまりが良い。
  • 全体もシャフトも少し軽め。
  • 打感は硬めで弾いている。
  • 前作の方が少し弾きがあって打感が硬い。
  • ゼクシオラインで、シニア向け。
  • スイングで振っていく人が合う。

試打後に、「シャフトが軽い」「もう少しポーンと打った方が良かったかも」「一生懸命打ち過ぎた」と感想を述べられています。

SRスペックは、シャフトだけでなくグリップも10g軽いものが装着されていますので、力まずに振りたい方が楽に振れそうです。

マジェスティロイヤルドライバーをゴルフショップのスタッフが試打

試打クラブは、ロフト角10.5°、純正LV550のRです。

  • ワッグルすると、シャフト全体がしなる。
  • つかまりそうなイメージがあったが、つかまり過ぎない。
  • 打感は弾き感が強い。弾きながらも柔らかさもある。
  • 前作は操作性があって難しいと言われていて、今作では後ろにウェイトを搭載して安定性が高まっている。

マジェスティロイヤルドライバーのRスペックを試打・評価

金谷プロが、最も柔らかいRスペックで試打されています。

マジェスティロイヤルドライバー 2023のスペック

クラブスペック

ロフト角 9.5° 10.5° 11.5°
ライ角 60°
FP 15.7mm 16.6mm 17.6mm
ヘッド体積 460cc
長さ 45.75″

シャフトスペック

<MAJESTY LV550>

フレックス シャフト重量 クラブ重量 バランス トルク 調子
S 49g 296g D3 5.0° 全体
SR 45g 281g D2 5.2° 全体
R 43g 278g D1 5.4° 全体

マジェスティロイヤルドライバー 2023の発売日と価格

マジェスティロイヤルドライバーの発売日は2023年1月27日です。発売価格は138,600円(税込み)です。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, マジェスティ, マルマン
-, , , ,

関連記事

ONOFF AKA 赤 ドライバー RD5900の試打・評価・感想

オノフから発売のONOFF AKA 赤 ドライバー RD5900について取り上げます。 ONOFF AKA ドライバー RD5900 GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す ゴルフパートナー …

ギア効果とスピン量の関係を理解して、スライスや吹き上がりを改善

このサイトでは飛距離が出るドライバーをテーマにして、おすすめ・注目のモデルを取り上げています。クラブ解説の中で、重心位置・スピン量・ギア効果といったキーワードがが度々登場します。 そこで、本記事ではギ …

PINGの歴代Gシリーズを一挙紹介!Gドライバーは初代ではなかった!

PINGから発売のGシリーズはドライバーからアイアンまであり、ウッドを中心に人気のモデルとなっています。実はこのGシリーズ、G2、G5、G400といったモデル名に加え、付記されるSFT、LS TEC、 …

ONOFF AKA 赤 ドライバー 2020のロフト角・ライ角調整機能(OTCS)を徹底解説!

ONOFF AKA 赤 ドライバー 2020に搭載されているロフト角・ライ角の調整機能(OTCSスリーブ)について取り上げます。 ONOFF AKA ドライバー 2020 GDOで探す 楽天市場で探す …

G425のMAX(ドロー設定) vs SFTドライバー、どちらがドローバイアスか?【スライサーは必見です】

PINGの2020年モデルのG425シリーズは、前作と同じくドローバイアスのSFTタイプが用意されていて、スライサーには注目のモデルとなっています。 一方で、スタンダードタイプのG425 MAXドライ …