当サイトは広告が含まれています

PGRG TUNE05ドライバーの試打・評価・感想

PRGRから発売のTUNE 05driverについて取り上げます。

PRGR TUNE 05 ドライバー

PRGR TUNE05ドライバーは、ヘッドパーツ専用シリー ズのPRGR TUNE(プロギア・チューン)から2018年に発売されているドライバーのヘッドです。

ゴルフ専門店での組立を前提としいますので、シャフトの刺し方により、ロフト角、ライ角、フェース角等の微調整が行え、より個人にあったクラブに仕上げられるのが特徴となっています。

TUNE 05は、シリーズの中で最もやさしい!


出典:https://www.prgr-golf.com/tune/

PRGR TUNEのドライバーは、01、03、05の3種類ありまして(当記事執筆時点)、05は最もやさしいヘッドとなっています。

ここが重要!ポイント

  • TUNE 05はシリーズの中でもっともやさしいヘッド。
  • 直進性に優れ、高弾道で飛ばせる。

大きな重心角で、つかまりが良い

ヘッドはシャローバックで、投影面積が大きく、いわゆる丸形で安心感のある形状です。


出典:https://www.prgr-golf.com/

重心角が30°と大きく設定されていますので、ボールがつかまりやすくなっています。

ソール後方のウェイトは交換できる!

ソール後方に装着されているネジウェイトは、別重量に交換することができます。標準の8gから最小で2g、最大で12gと、-6g~+4gのレンジで2g刻みに用意されています。

重心が深く・低く設定されていますので、直進性に優れ、ボールが上がりやすくなっています。

TUNE 05ドライバーの試打–3upClub

  • 投影面積が大きく、やさしく見える。試打すると、前に強く飛ぶ感じがする。
  • シャローで、投影面積が大きくて、やさしい、ヘッドパーツは少ないので、使い勝手が良い。

TUNE 05の試打動画


屋外練習場で試打している動画です。弾道・打音などを確認できます。

TUNE 05のヘッドスペック

ロフト 10 11
ライ角 59.5 59.5
FP 15.5 16.5
フェース角 -1 -1
重量 195 195
体積 460 460
重心高 32 32.5
重心深度 41 41.5
重心距離 42 42
重心角 30 30
慣性モーメント 4,700 4,700
標準ウェイトの8gを装着した時の設計値です。

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, プロギア
-, ,

関連記事

テーラーメイドのM5ドライバー、M6ドライバーは、フェースにネジがある!?

▼M5、M6ドライバーの試打・評価、比較は、下記の最新記事をご覧下さい。 ≫ M5ドライバーの試打・評価・感想 ≫ M6ドライバーの試打・評価・感想 ≫ M6ドライバーとM5ドライバーの違い アメリカ …

G25ドライバーの試打・評価・感想

PINGから2013年に発売のG25ドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。 G25ドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目 …

M6ドライバーとM4ドライバーの違い

テーラーメイドのM6ドライバーとM4ドライバーについて違いを取り上げます。 テーラーメイド M6ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 M6ドライバーの前作に当たるのがM …

TOUR B JGR 2019年モデルの評価・くちこみをまとめました

TOUR B JGR 2019の試打評価については、下記記事をご覧ください。 ⇒TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想 2019年モデルと2017年モデルの違いについては、 …

軽いドライバー おすすめランキング2022!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

ドライバーを選ぶ際の重要なポイントの一つとして、クラブ重量が挙げられます。 ゴルフクラブは、ゴルフの技量とは別にゴルファー個々人の身体能力によって、適したクラブ重量というものがあります。そのため、アベ …