飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー テーラーメイド ゼクシオ

Mグローレ ドライバーとゼクシオ10ドライバーはどちらがオススメか?徹底比較!

投稿日:

テーラーメイドから発売のMグローレドライバーは、まさかのグローレとMシリーズの融合で驚きのモデルです。Mグローレはクラブ重量の軽さからゼクシオ10と比較されるケースが目立ちます。

Mグローレとゼクシオ10は、共にヘッドスピードが遅めのゴルファー向けのドライバー

ゼクシオ10ドライバー

ゼクシオの方はシニアや初心者に人気のクラブで、近年、miyazakiモデルやクラフトモデルがリリースされていることから、中級者にも利用されています。レギュラーモデルであるゼクシオ10ドライバーは、ヘッドが軽く、シャフトが柔らかいため、ヘッドスピードが遅めの方に適したクラブです。

Mグローレドライバー

一方、Mグローレは2018年後期に誕生したばかりのモデルです。もともとグローレが日本市場向けのシニア層などをターゲットとしたモデルですが、ゼクシオが近年クラブ重量の軽量化をかなり進めてきましたので、グローレの方は15gほど重くなっています。

ところが、新たにMシリーズとの融合で誕生したMグローレドライバーは、10.5°のRで比べるとまだゼクシオ10ドライバーの方が軽いものの、その差は僅3gです。Mグローレドライバーは、完全にヘッドスピードが遅いゴルファー、別の言い方をすればゼクシオユーザーにアピールしたいモデルと言って良いでしょう。

クラブ重量は僅3gの差、どちらも軽量クラブ

この二つのモデルの最大の特徴は、クラブ重量です。10.5°のRスペックで、ゼクシオ10ドライバーが270g、Mグローレが273gですので、体力が落ちてきた方、シニアで軽めのクラブを振りたい方に、とても扱いやすい重量感となっています。

もっと軽いクラブを使いたいという方は更に軽い下記のクラブを検討してみてください。

Mグローレとゼクシオ10のシャフト比較

シャフト MP-1000 Speeder EVOLUTION TM
バランス D5 D4
調子 先中
トルク 6.4 5.2
シャフト重量 40 42
クラブ重量 270 273
長さ 45.75 46

*10.5°のRスペックの数値

しっかりしたシャフトが好みの方はMグローレ、しなりをいかしたい方はゼクシオ10

ゼクシオ10ドライバーの標準シャフトは、MP1000カーボンシャフトです。Rスペックのトルクは6.4°です。

一方、Mグローレドライバーの標準シャフトは、Speeder EVOLUTION TMです。Rスペックのトルクは5.2°です。

ゼクシオの方はキックポイントが中で、シャフトが柔らかめです。よりシャフトのしなりをきかせて、ヘッドスピードを上げて飛ばしたい方は、ゼクシオが向いています。

ゼクシオ10は前作より0.25インチ長い、Mグローレはさらに0.25インチ長い

軽量クラブで飛距離をうたったモデルはシャフトを長めに設定しているケースがあります。回転半径が大きければ、ヘッドの運動エネルギーも大きくなるためです。

実際、ゼクシオ10ドライバーは前作よりも0.25インチ長尺化されていて、45.75インチとなっています。そして、Mグローレドライバーの方は更に0.25インチ長く、46インチとなっています。

ゼクシオドライバーは7~9まで45.5インチでしたので、これらからMグローレに乗り換えを検討している方は、0.5インチ長くなります。46インチのクラブを握ったことが無い方は、一度、実物を手に取ってみることをおすすめします。

つかまり、上がりやすさは、どちらも優れている

ソールをみると、どちらもヒール寄りにウェイトが装着されていまして、ボールのつかまりを重視した重量設計になっています。特に初心者はスライスが出やすいので、ゼクシオ10ドライバーもMグローレドライバーも適しています。ボールの上がりやすさについても、両方とも優れています。

Mグローレの方は、ソールにハンマーヘッド(スピードポケットにリブが掛かったもの)が搭載されていますので、特にフェース下部でヒットした場合のボールスピードのロスが抑えられます。そして、ツイストフェースが搭載されていますので、左右方向の弾道のそれをセンターに戻す方向に働いてくれます。

まとめ

ゼクシオ10ドライバー、Mグローレドライバー共に、ターゲットゴルファーは重なっています。ただし、クラブの特徴の差から、適しているゴルファータイプに若干の違いがあります。

シャフトのしなりをきかせて飛ばすのに慣れている方は、ゼクシオ10ドライバーがおすすめです。

Mグローレの方は、46インチのクラブが問題なく、シャフトも柔らかすぎない方が好みの方におすすめです。また、ツイストフェースを一度使ってみたいけどMシリーズにはなかなか手が出なかった方にとっては、Mグローレは非常にありがたいモデルです。

Mグローレドライバー、ゼクシオ10ドライバーの試打・動画・評価

M GLOIRE ドライバーの試打・評価、感想

ゼクシオ10 ドライバーの試打・評価・感想

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, テーラーメイド, ゼクシオ
-, , , , ,

関連記事

ローグSTシリーズ ドライバー・フェアウェイウッドのウェイト調整機能を徹底解説!

キャロウェイのローグSTシリーズに採用されているウェイト調整機能について取り上げます。 ROGUE ST MAXドライバー Amazon 楽天市場 フェアウェイゴルフUSA 目次1 ローグSTシリーズ …

TSドライバーの全モデルを徹底比較!TS1、TS2、TS3、TS4

タイトリストから発売の新ブランド、TSドライバーについて、TS1、TS2、TS3、TS4の特徴を取り上げます。 目次1 タイトリスト TSドライバー2 TS1~4モデルの特徴3 TS1ドライバーは27 …

MAVRIK 440とMAVRIK サブゼロ トリプルダイヤモンドの最新情報まとめ!試打・評価もあり!ツアープロ専用モデル

キャロウェイのMAVRIKシリーズから限定発売の石川遼が使用のMAVRIK 440ドライバーについて取り上げます。 MAVRIK 440/サブゼロトリプルダイヤモンド GDOで探す 楽天市場で探す A …

EZONE GT 425・450ドライバー(2022年)の最新情報・違いをまとめ!

ヨネックスから発売のEZONE GTシリーズ(2022)のドライバー2種、425・450について、モデルの種類、スペックなど、最新情報をまとめました。 目次1 ROGUE STシリーズの発売モデルは2 …

ニューゼクシオ 2004(XXIO 3) ドライバーの試打・評価・感想

ダンロップから2004年モデルとして発売されているニューゼクシオ(XXIO 3)ドライバーについて、試打や感想を交えながら取り上げます。 NEW XXIO 2004(ゼクシオ3代目)ドライバー GDO …