当サイトは広告が含まれています

【上田桃子の練習方法】使うのは9番アイアンだけ【確認するのは体の回転】

女子プロゴルフ ゴルフレッスン 2023年11月12日

上田桃子プロの練習方法について、その独特な内容と意図をご自身がYouTubeにて詳しく解説されていましたので、詳しく取り上げます。

  • 練習メニュー
  • 取り入れている練習器具
  • スイングで注意しているポイント

その内容は驚くべきもので、ほぼ9番アイアンだけで、ドライバーを打たない日も多いとのこと。

横田真一プロの質問に答える形のため、練習の意図・注意している点・目指している方向も詳しく解説されています。

上田桃子プロの凄さは、生涯獲得賞金を見れば一目瞭然!

若手の躍進が止まらない女子プロゴルフ界にあって、上田桃子プロは過去2シーズンを連続して賞金ランキングでTOP10入りしています。

今や20歳前後が女子プロゴルファーのピークではないかと思えそうな厳しい世界の中、こんなにも長くトップで居続ける日本人女子プロゴルファーは上田桃子プロのみです。

当然、長く勝ち続けていませうので、その結果は生涯獲得賞金という形でしっかり表れています。

▼JLPGA生涯獲得賞金のTOP10

順位 氏名 生涯獲得金額
1位 不動 裕理 1,370,292,382
2位 申 ジエ 1,332,003,222
3位 全 美貞 1,289,970,197
4位 李 知姫 1,248,684,528
5位 アン ソンジュ 1,100,114,790
6位 横峯 さくら 1,066,768,138
7位 上田 桃子 1,064,425,879
8位 大山 志保 974,909,343
9位 福嶋 晃子 909,087,761
10位 鈴木 愛 888,586,709

生涯獲得賞金ランキング【国内女子ゴルフ編】トップは不動裕理

上田桃子プロの生涯獲得賞金は、何と10億円を超えています。

同様にベテランながらモンスター級の活躍を続ける韓国選手もいますが、日本人選手の中では一つ上に横峯さくらプロ、そして、堂々の一位には不動裕理プロの2名です。

現在の活動内容を考えると、日本人選手の中でトップに立つのは時間の問題と言って良いでしょう。

上田桃子の最新クラブセッティングを徹底解説!

上田桃子プロが練習内容を解説

こちらが横田真一プロのYouTubeチャンネルにて、ご自身が出演して練習内容を解説している動画です。

練習内容は以下に詳しくまとめましたが、プロの人柄にも興味がある方は、動画の方もゆっくりご覧になってみてください。

ちなみに、上田桃子プロはドローヒッターですが、「フェードも打てる」とうっかり言ってしまったことから、フェードヒッターの横田真一プロの前で披露することとなりました。

その時の慌てふためいている様子が何ともチャーミングで好感しかありません。気になる方は、動画後半の19:50頃からご覧ください。

上田桃子プロの練習内容

練習は大きく3種類のメニュー

  • ウェッジ(60°)で10・20・30ヤードの距離感の確認
  • 辻村棒で体の回転を確認
  • 9番アイアンでスリークウォーター、フルショット、芝から60ヤード

タイトルでも記載している通り、基本の練習は9番アイアンのみで行っています。

そのためドライバーは打たない日も多いとのことで、打っても5球ぐらいだそうです。

思い切り叩くドライバーこそ、曲がらないか、変なクセがでないか、入念なチェックを行いそうですが、そうではないんですね。

9番アイアンを選んでいる理由も特にないそうで、スイングというより体の使い方の確認がほぼ全てです。

ちなみに、最近、流行りの打ち方は取り入れておらず、ヘッドスピードの速さがどうとかには気にせず、体重を乗せて強くボールを叩くことを意識しているとのこと。

良いと思うスイングは、ベンホーガンや初期の頃のタイガーウッズと述べられています。

改めてベンホーガンのスイングを見ると、素晴らしくスムーズで人間の体の構造に合っているように思えます。

GGスイングの両脚外旋といったメカニズムは、取り入れようとするとこれまでのスイングを壊すリスクも有りますので、新理論を捨て去る潔さも一つの前向きな選択です。

最新のGGスイングのメカニズムとポイントを解説!片山晋呉・星野英正プロの実演解説で丸わかり!

3つのメニューを詳しく解説

① 10・20・30ヤードの打ち分け

*出典:YouTube

最初はスイングのチェックではなく、距離感の確認を行っています。

10ヤード、20ヤード、30ヤードの地点にカップを置いておいて、クラブは60°を用いて狙います。

何球打つというのではなく、その距離をしっかり打てるなと思えたら、20ヤード、30ヤードと伸ばしていきます。

② 辻村棒で回転をチェック

次はボールを打たず、練習器具を用いて正しい体の回転を身につける練習です。この後に行う9番アイアンの練習の前の運動をウォーミングアップも兼ねているようです。

辻村棒と呼ばれるもので、辻村コーチ考案のスイング練習器具です。

<練習のやり方>

  • 胸・腰のラインを平行に保つ
  • 左かかとを上げず、体の捻転を作る

<注意しているポイント>

  • スイング後半で左脇を開けず、締める
    →ドローヒッターの変なクセをなくす
  • 体の近くで回転する
    →ヘッドを遠回りさせない

弾道が乱れないようにするには、正確なスイングが求められます。

それには、体の動きが全てで、確認と矯正をひたすら繰り返して行っています。

③ 9番アイアンで3種類の打ち込み

ここからようやく本格的な打ち込みです。

用いるのは9番アイアンのみで、上田桃子プロは打ち過ぎて溝が消えてしまっています。

まずはスリークウォーターで打って、その次にフルショットで打ち、最後に芝の上から60ヤードを狙って打ちます。

この練習をただただひたすら行うとのことです。

<注意しているポイント>

  • フェースを寝かさない
  • 手が遅れて振り遅れないよう、体と同じに動かす

この2つは、ドローヒッターであるが故に、左を恐れた時につかまり過ぎないよう自然と出てしまうクセだそうです。

プロ野球の落合博満氏が、ボールを体の正面から投げてもらって打つ独特な練習をひたすら行っていたのが有名で、これも右手の肘が背中側に入るというクセを抑えるために行っていたそうです。

打った球がどうかではなく、体の使い方の強制と確認を行っている点が共通していて、トッププロならではの境地なのかもしれません。

まとめ

上田桃子プロの練習方法について、内容・意図・注意している点をまとめました。

ドライバーを打たない日も多いというのが意外ですが、何より大事なのは正しく体を使うことという考え方がそうさせています。

そのためにご自分に合っていたのがたまたま9番アイアンだったということで、他の方がこの考え方を取り入れる場合は、ミドルアイアンかもしれないし、フェアウェイウッドかもしれません。

ご自分のクセを抑えて正しいスイングをするには、どのクラブで体を使うのかが良いか、その視点で練習するクラブを絞ってみては如何でしょうか?

上田桃子の最新クラブセッティングを徹底解説!

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-女子プロゴルフ, ゴルフレッスン
-,

関連記事

最新のGGスイングのメカニズムとポイントを解説!片山晋呉・星野英正プロの実演解説で丸わかり!

今、世界で最も注目されている「GGスイング」。 PGAツアープロの多くが取り入れている最新のスイング理論について、片山晋呉プロ・星野英正プロが実演解説している動画も交えて、詳しく取り上げます。 目次1 …

アマチュア・若手がプロツアーで優勝できる理由

ここ数年、アマチュアやプロ1年目の選手がプロツアーで優勝するシーンが珍しくなくなってきました。 若手の活躍は喜ばしいことは確かですが、一方で、中堅・ベテランはどうしているのか?何故、若手が第一線で通用 …

【2020・2021年】賞金女王|国内女子ゴルフ獲得賞金ランキング

日本女子プロゴルフ協会ツアー競技での、2020年・2021年の年間獲得賞金についての最終ランキングです。 目次1 2020年・2021年 国内女子ゴルフ賞金女王2 2020年・2021年 国内女子ゴル …

生涯獲得賞金ランキング【国内女子ゴルフ編】トップは不動裕理

日本女子プロゴルフ協会での国内女子の生涯獲得賞金について、ランキングを取り上げます。 目次1 生涯獲得賞金のトップは、不動裕理の約13億円2 国内女子ゴルフ 生涯獲得賞金ランキング TOP103 国内 …

【2023年】青木瀬令奈の最新クラブセッティングを徹底解説!アイアンは8番と9番だけ!

青木瀬令奈が大王製紙エリエールレディス(2023)で優勝しました。 JLPGAツアー「第42回大王製紙エリエールレディスオープン」で今シーズン2勝目、ツアー通算5勝目を挙げた #青木瀬令奈 プロからコ …