飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー スリクソン

Z785・Z565・Z765などスリクソンZドライバーのロフト角・ライ角の調整機能(QTSスリーブ)を徹底解説!

投稿日:2019年12月16日 更新日:

スリクソンのZドライバーに搭載されているロフト角・ライ角の調整機能、QTSスリーブについて調整方法・設定・互換性について解説します。

スリクソンのZドライバーは、2012年から発売されている

スリクソンのZシリーズのドライバーは、2年毎にニューモデルがリリースされています。

初代は2012年に発売されていて、当時は3種類のヘッドサイズがリリースされていました。Z525は460cc、Z725は425cc、そして、最も小振りなZ925は380ccです。

ちなみに、歴代スリクソンの全モデルは別の記事でまとめてありますので、そちらをご覧ください。

▼スリクソン歴代全モデルの年表・スペック
≫ スリクソンの歴代Zドライバーを一挙紹介!初代Z925は超小振りな380cc

スリクソンのロフト角・ライ角を調節できる「QTSスリーブ」とは?

「QTSスリーブ」とは、いわゆる、カチャカチャ式と呼ばれている可変スリーブです。

メーカー各社、独自のネーミングを行っていまして、スリクソンではZドライバーのチューニング機構を「QTS」と呼んでいます。ちなみに、Quick Tune Systemの略です。

出典:http://golf.dunlop.co.jp/qts/index.html

ヘッドとシャフトを接続するパーツをスリーブと呼び、ロフト角・ライ角を調節できる機能を持ったものを可変スリーブ(スリクソンではQTSスリーブ)と呼びます。

ロフト角・ライ角はスリーブの向きを変えることで変えることができます。

QTSスリーブが搭載されていないモデルもある

QTSは多くのZドライバーに搭載されていますが、一部のモデルには搭載されていません。

▼QTSスリーブが搭載されていないスリクソンZドライバー

  • スリクソン Z765 リミテッドモデル ドライバー
  • スリクソン Z585 ドライバー

QTSスリーブの専用レンチを使った調整方法

出典 http://golf.dunlop.co.jp/qts/srixon_z_manual.pdf

シャフトの脱着はソール側のポートから専用レンチを刺し込んで回転させることで行います。

この時に鳴る音から、可変スリーブによるロフト角・ライ角の調整機能が「カチャカチャ式」と呼ばれるようになりました。

中古モデルを購入される場合は、専用レンチが付いているか確認することをおすすめします。ゴルフショップ側も調整機能について把握していますので、専用レンチがなければ通常、商品説明に記載していると思います。注意が必要なのは主に個人間のマーケットです。程度の問題などトラブルが起きやすいので、過去モデルを購入する場合は、中古ゴルフショップからの購入をおすすめします。

スリクソン Zドライバーのロフト角・ライ角のセッティング内容

QTSスリーブは、30°刻みで12か所にセッティングポジションがあります。

▼スリーブでの表記と設定内容

スリーブ表記 ロフト角 ライ角 フェース角 設定内容
Lie-N 0 0 0 ニュートラル
0-OP1 -0.5 0 -1 右2
-1 0.5 -1.5 右4
+1-OP2 -1 1 -2 右5
-1 1.5 -1.5 右3
+2-OP1 -0.5 2 -1 右1
Lie-F.A. 0 2 0 左1
+2-CL1 0.5 2 1 左3
1 1.5 1.5 左5
+1-CL2 1 1 2 左6
1 0.5 1.5 左4
0-CL1 0.5 0 1 左2

スリーブ上の並び順と弾道との関係については、上表の設定内容で「右1」、「右2」など、「右」が入っているものはフェードポジションで、反対に「左」が入っているものはドローポジションとなります。

フェードポジションについては、「右」の文字に添えられた数字が大きい程、打ち出しは低く、弾頭は右になります。

ドローポジションについては、「右」の文字に添えられた数字が大きい程、打ち出しは高く、弾頭は左になります。

出典:http://golf.dunlop.co.jp/qts/srixon_z_manual.pdf

「スリクソン」関連のおすすめ記事

スリクソンの歴代Zドライバーを一挙紹介!初代Z925は超小振りな380cc

スリクソン Z585ドライバーとZ785ドライバーの違い

スリクソン Z565ドライバーとZ765ドライバーの違い

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, スリクソン
-, , ,

関連記事

TS1・TS2・TS3・TS4ドライバーの適正モデルを診断する方法がありました

タイトリストのTSシリーズのドライバーは、TS1、TS2、TS3、TS4の4種類あります。 従来は2と3の種類だけということが多かったため、1~4までのモデルが全て発売となったことで、ターゲットユーザ …

ゼクシオ9 ドライバーの試打・評価・感想

ダンロップから2016年モデルとして発売されているゼクシオ9ドライバー。2018年にゼクシオ10が発売された後も人気が衰えないゼクシオ9ドライバーについて、試打や感想を交えながら取り上げます。 XXI …

Z-FORGED Ⅱアイアンの最新情報まとめ!実物映像を確認!

★2022-10-20:実物映像・適合リストの内容を追記しました。 スリクソンのZ-FORGED Ⅱアイアンの存在が確認され、適合リストにも掲載されました。 2023年に発売と思われるZ-FORGED …

HONMA D1ドライバーの最新情報まとめ

本間ゴルフのD1ドライバーがR&Aのルール適合リストに掲載されましたので、最新情報を取り上げます。 目次1 本間ゴルフ D1ドライバーが適合リストに掲載2 D1ドライバーの特徴2.1 ロフト角 …

G425 SFTドライバーの試打・評価・感想

PINGの2020年モデル、G425 SFTドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 G425 SFTドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す …