飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー オノフ

ONOFF AKA 赤 ドライバー 2020の試打・評価・感想

投稿日:2020年4月25日 更新日:

オノフから発売のONOFF AKA 赤 ドライバー 2020について取り上げます。

ONOFF 赤の2020年モデルは、ドライバーが2種類!

ここ数年のONOFFは、奇数年にKURO、偶数年にAKAをリニューアルしています。2020年は順当にAKAのニューモデルがリリスされています。

従来と異なるのは、AKAのドライバーが2種類ラインナップされている点です。

左はONOFF AKA(赤)の2020年モデルです。右は慣性モーメントを高めたONOFF AKA(赤) RD5900ドライバーです。

本記事では、左のONOFF AKA(赤) 2020ドライバーを取り上げます。

  • ONOFF ドライバー AKA
    可変スリーブが搭載され、弾道の調整自由度が高いドライバー
  • ONOFF ドライバー AKA RD5900
    大きな慣性モーメントで、ブレない弾道が特徴のドライバー

ONOFF ドライバー AKA 2020 の特徴

もう一つのRD5900ドライバーは、慣性モーメントが大きく特定のゴルファーに向けた仕様となっていますが、ONOFF ドライバー AKA 2020は、スタンダード・ノーマルな仕様となっています。

RD5900と大きく異なる点として、調整機能が充実している点が挙げられます。

ロフト角・ライ角 調整機能

ONOFF ドライバー AKA 2020は、OTCSスリーブと呼ばれる可変スリーブが搭載されています。

シャフトの向きを変えて刺しなおすことで、ロフト角・ライ角を変更することができます。調整内容は、ロフト角とフェース角は±1.0°、ライ角は-2.0°の調整が可能となっています。ただし、予め定められた8つのポジションから選ぶ形となっていますので、ロフト角・ライ角・フェース角の組み合わせは決まっています。

ONOFF AKA 赤 ドライバー 2020のロフト角・ライ角調整機能(OTCS)を徹底解説!

ウェイト調整機能

ソールにはウェイトが1つ搭載されていて、オプションで異なる重量のウェイトを購入して交換することができます。

標準搭載のウェイトは7gで、オプションでは、1、2、4、9、12gのウェイトを1個1500円で購入することができます。

ウェイト装着箇所はヒール寄りとなっていて、重量を重くすることでドロー度合を高めることができます。

フックフェースで、つかまりやすい

フェース角はロフトラインナップにより違いがあり、ロフト角10.5°のモデルでは1.0°フックフェース、11.5°では1.5°フックフェースとなっています。

ライ角も60°でアップライトになっていますので、構えた時にボールがつかまるイメージが持ちやすくなっています。

トレンチ構造で撓んで飛ばす

ONOFF ドライバー AKA 2020は、クラウンとソールの両方にトレンチ構造が採用されています。

インパクト際にヘッドが撓んで復元することにより、ヘッドスピードを高め、打点がブレた際にも飛距離ロスを抑えてくれます。

ONOFF ドライバー AKA 2020 の試打・評価

RD5900ドライバーをウェイトを変えて試打

  • 良くつかまる、ドローボールをイメージして設計されている。
  • つかまる仕様のドライバーだが、カチャカチャ式でシャフトを180°向きを変えると、ライ角をフラットにすることができる。自分でボールをつかまえられるゴルファーにも対応している。
  • ヘッドターンがしやすいので、大きいヘッドが苦手な方に良い。
  • かといって振りに行っても、極端なフックにならない。
  • スライサー、上級者など、幅広いゴルファーに対応している。

ONOFF AKAの2種類のドライバーを試打比較

  • 2020は中弾道で強い球が出て、コントロール性能が高い。
  • 勝手につかまるというより、自分でコントロールしてつかまえるドライバー。
  • RD5900は球が上がりやすくて、つかまる。2020よりRD5900の方がつかまりが良い。

ONOFF ドライバー AKA 2020 のスペック

ヘッドスペック

ロフト角 10.5° 11.5°
ライ角 60° 60°
フェース角 +1.0° +1.5°
ヘッド体積 460cc 460cc
長さ(R、SR、S) 45.75インチ 45.75インチ
長さ(R2) 44.75インチ 44.75インチ
重さ(S) 300g 300g
重さ(SR) 294g 294g
重さ(R) 289g 289g
重さ(R2) 285g 285g

シャフトスペック

標準シャフトは、SMOOTH KICK MP-520Dです。

フレックス R2 R SR S
シャフト重量 43 45 51 56
トルク 6.2 5.9 5.3 4.7
キックポイント 先中
適応ヘッドスピード 32~39 35~42 37~44 40~47

「オノフ 赤」関連記事

ONOFF AKA 赤 2020ドライバー2種類の最新情報をまとめました

ONOFF AKA 赤 2020の発売日と発売価格

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, オノフ
-, , ,

関連記事

外ブラの軽いドライバー 2020年 おすすめランキング【軽くてカッコいい海外メーカー】

★2020・07・23追記 MAVRIK MAX FASTドライバーを追加掲載しました。 ドライバーの大型化が進むと同時に、素材の研究開発も進み、軽量化のテクノロジーも進化しています。 そして、ゴルフ …

ツアーB X ドライバー(2020)とXD-3 ドライバー(2018)の違いを徹底解説!

ブリヂストンから発売のツアーB Xドライバー(2020)と前作のツアーB XD-3ドライバー(2018)について、違い・変更点を取り上げます。 ▼ツアーB Xドライバー(2020)の試打・評価 ≫ ブ …

MAVRIK サブゼロ ドライバーの試打・評価・感想

▼MAVRIKのドライバー3種についてはコチラをご覧ください。 ≫ キャロウェイのMAVRIK(マーベリック)・MAVRIKサブゼロの最新情報まとめ キャロウェイのMAVRIKサブゼロドライバーについ …

VG3 ドライバー 2018の試打・評価・感想

タイトリストから発売されているVG3ドライバー。発売日は2017年12月22日ですが、この時期のものは2018年モデルと位置づけて良いでしょう。 VG3 ドライバー/タイトリスト GDOで探す 楽天市 …

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

ドライバーにゴルファーが求めるもの、それは今も昔も飛距離です。最近のドライバーは、ヘッドの撓みに着目してモデルを各社次々と開発し、ゴルフクラブに対する期待が更に高まっています。 2018年に人気のモデ …