飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

飛距離が出るドライバー ピン

G425ドライバーのツアープロの移行状況まとめ

投稿日:

PINGの2020年モデルとして、G425シリーズドライバーが発売となっています。

ツアープロも使うシリーズのため、前作となるG410・G400からG425のどのモデルに移行されているか、PING契約プロの移行状況をまとめました。

G425シリーズのラインナップは、G400+G410?

G425への移行は、タイプ選びに迷うケースもある!?

PINGからG425シリーズが登場し、ツアープロも実戦投入している姿が捉えられています。

一般のゴルファーの方も、G400やG410を使っている方は、G425への移行を検討される方も多くおられると思います。

これまでのGシリーズは、基本的にスタンダード、LST、SFTの3タイプがリリースされているため、以降も同じタイプのものを選べば済みました。

しかし、今回のG425シリーズでは、ラインナップがやや複雑になっているところがあり、どのタイプに移行すれば良いかを迷うケースが有り得ます。

G400 MAXとG425 MAXの関係

G400シリーズでは、スタンダードモデルのG400ドライバーとは別に、460ccのG400 MAXドライバーがリリースされています。

一方、今回のG425シリーズでは、スタンダードモデルが460ccのG425 MAXドライバーとなっています。いわば、G410 PLUSドライバーとG400 MAXドライバーを融合させたような位置づけとも言えます。

つまり、G425 MAXドライバーは、G400 MAXドライバーの後継とは言い難く、かといって460ccサイズの高打ち出しになっていますので、G410 PLUSドライバーの完全なる後継として捉え難い部分もあるわけです。

注目されるのは、ツアープロたちの移行

そこで注目したいのは、ツアープロたちが、どのタイプからどのタイプに移行するかです。

▼(19:29から再生されます)額賀プロが試打の末、迷われている様子です。

特に注目したいのは、G400 MAXドライバー、G410 PLUSドライバーを使っていたプロは、移行するのかどうか?移行するとしたらどのタイプを選ぶかです。

ツアープロたちの移行状況を紹介しますので、G410・G400ユーザーの方は、G425シリーズへ移行する際の参考になさってみてください。

G425ドライバーへのツアープロの移行状況

大槻 智春プロは、G400 MAX → G425 MAX

G410がリリースされても、G400 MAXドライバーを使用していましたが、G425 MAXドライバーに移行しています。

福永 安伸プロは、G400 MAX → G425 MAX

G400 MAXドライバー(9°)から、G425 MAXドライバー(9°)に移行しています。ロフト角も同じで、ウェイトも標準設定です。

G425 MAXドライバーは、打ち出しが高いという特徴がありますが、G400 MAXドライバーも同じ特徴がありますので、移行しやすいのかもしれません。

額賀 辰徳プロは、G410 PLUS → G425 MAX

G410 PLUSドライバー(9°)から、G425 MAXドライバー(9°)に移行されています。ウェイトはドローに設定されています。

G425 LSTドライバーと迷われていましたが、低スピンタイプへはチェンジせず、スタンダードタイプを使い続けています。

高柳 直人プロは、G410 PLUS → G425 LST

G410 PLUSドライバー(9°)を使用されていましたが、G425 LSTドライバー(9°)に移行しています。

ヘッドサイズや打ち出し高さが変わったことの影響からか、やはり、G410のスタンダードタイプから、G425の低スピンタイプにチェンジされているケースが発生しています。

塚田 好宣プロは、G410 LST → G425 LST

G410 LSTドライバー(9°)から同じく低スピンタイプのG425 LSTドライバー(9°)に移行しています。ウェイトはドローに設定されています。

G425 LSTはG410 LSTよりもつかまりが良くなっていますが、それでもウェイトはドローで、つかまりを良くした重心調整を行っています。

大岩 龍一プロは、G400 LST → G425 LST

G400 LSTドライバー(8.5°)から、G425 LSTドライバー(9°)に移行しています。ウェイトは標準設定です。

LSTユーザーは、

永野 竜太郎プロは、G410 LSTのままか?

国内男子プロでは、唯一、移行されておらず、G410 PLUSドライバー(9°)を使用し続けています。

G400・G410からG425へのおすすめ移行タイプ

先程のツアープロの移行状況をまとめると、MAXはMAXに(G400→G425)、LSTはLST(G400/G410→G425)に移行しています。

注目したいのは、G410 PLUSを使用していた選手2人です。1人はG425 MAX、1人がG425 LSTのドロー設定に移行しています。

やはり、G425MAXは、大型ヘッド・高打ち出しという要素を持っていますので、このタイプのヘッドを避けたい方は、G425 LSTのドロー設定という選択も検討対象に含めると良いと思います。

PING G425ドライバー(MAX・LST・SFT)の最新情報まとめ

G425 MAX・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角、ウェイト調整機能を徹底解説!スリーブの互換性は?

PINGの歴代Gシリーズを一挙紹介!Gドライバーは初代ではなかった!

 

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ピン
-, , ,

関連記事

no image

SIMドライバー・SIM MAXドライバーをツアープロが使用している!

▼SIMドライバーの最新情報については、下記記事をご覧ください。 ≫ テーラーメイド SIM ドライバーの最新情報をまとめました テーラーメイドの2020年の新シリーズを言われている「SIM」について …

G410 SFT ドライバーの試打・評価・感想

PINGから2019年モデルとして発売のG410 SFTドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。 G410 SFT ドライバー/PING GDOで探す 楽天市 …

M4ドライバーとM2ドライバーの違い

テーラーメイドのM4ドライバーとM2ドライバー 2017について違いを取り上げます。 M4ドライバー/テーラーメイド GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 M4ドライバーの前作に当 …

RMXドライバーのRTS!ロフト角・ライ角の調整機能について徹底解説!

RMX 220 ドライバーの試打・評価は下記記事をご覧ください ヤマハ RMX 220ドライバーの試打・評価・感想 ヤマハから発売のRMXドライバーについて、ロフト角・ライ角の調整機能であるRSTにつ …

ビッグバーサ B21ドライバーの最新情報まとめ【スライサーにオススメです】

キャロウェイから発売のビッグバーサ B21ドライバーについて、最新情報を取り上げます。 ビッグバーサ B21ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 ビッグバーサ B21ド …