飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー キャロウェイ

【ツアーバージョン】EPIC SPEED◆◆◆・EPIC SPEED◆◆◆LS・EPIC SPEED◆◆◆DSドライバー 2021の最新情報まとめ!

投稿日:2021年7月10日 更新日:

キャロウェイのEPIC SPEEDドライバーのツアーバージョン3種が、遂に限定発売となりました。

新たな3種のドライバーについて、特徴・スペック・発売日・発売価格など、最新情報を取り上げます。

EPIC SPEEDのツアーバージョン3機種は、450ccの小振りなヘッド

EPIC SPEEDのツアーバージョンとして限定発売されるドライバーは、上記の3種類です。

  • EPIC SPEED◆◆◆ドライバー(写真左)
  • EPIC SPEED◆◆◆LSドライバー(写真中央)
  • EPIC SPEED◆◆◆DSドライバー(写真右)

既に発売されているEPIC SPEED、EPIC MAX、EPIC MAX LSドライバーは、いずれもヘッド体積が460ccのルール上限サイズで、ソールウェイトは後方に1つでした。

今回、発売されるツアーバージョンは、ヘッド体積がやや小ぶりな450ccで操作性を持たせてあり、ウェイトはソール後方に加えて、以前のサブゼロさながらに前方にも1つ搭載されているのが特徴的です。

▼EPIC SPEEDのノーマルバージョンとツアーバージョン

一つ気になる点としては、EPIC’21の特徴でもある新しくなったJAIL BREAKです。ノーマルなEPIC SPEEDドライバーでは、ソール面に4つのドットが確認できますが、ツアーバージョンはMAVRIK以前と同様に2つになっています。

ツアーバージョンではフレームからバーに戻った印象を受けそうですが、しかりとJAILBREAK AI スピードフレーム テクノロジーは搭載されています。

それでは、3種のツアーバージョンの違いについて見ていきましょう。

EPIC SPEED◆◆◆ドライバーの特徴

EPIC SPEED◆◆◆ドライバーは、ノーマルなEPIC SPEEDドライバーと比べると、ソール前方にウェイトが1つ搭載されています。

別重量のウェイトと交換することで、スピン量の調整を行うことができます。

※左から、◆◆◆、◆◆◆LS、◆◆◆DS

また、ツアーバージョン3機種の中で、唯一、EPIC SPEED◆◆◆ドライバーのみがハイバック形状のサイクロン・ヘッド・シェイプを採用しています。空気抵抗を抑えてヘッドが走りやすくなっています。

弾道の特徴としては、3機種の中で最もつかまりが抑えられていますが、スピン量はやや多めで、コントロール性能に優れています。

このモデルを使っているツアープレーヤーは、ザンダー・シャウフェレです。

EPIC SPEED◆◆◆LSドライバーの特徴

EPIC SPEED◆◆◆LSドライバーは、LSの名が示す通り、低スピン(Low Spin)タイプのモデルです。ツアーバージョンはそもそも全機種で450ccサイズの小ぶりヘッドとなっていますが、LSは最も低スピン性能に優れています。

ウェイトは前方が6g、後方が10gと、前後で重量が異なっていますので、オプションウェイトを入手しなくても、前後のウェイトを交換して重心調整を行うことができます。

ボールのつかまりについては、3機種の中で中間的で、◆◆◆よりはつかまりますが、◆◆◆DSよりは弱めのつかまりとなります。

このモデルを使っているツアープレーヤーは、ジョン・ラームです。

EPIC SPEED◆◆◆DSドライバーの特徴

EPIC SPEED◆◆◆DSドライバーは、ツアーバージョンとしては異色なドローバイアスのモデルです。DSの意味は恐らく(Draw Spin)だと思います。

ウェイトは先ほどの◆◆◆LSと同じく前方が6g、後方が10gとなっていますので、前後を入れ替えることで重心調整を行うことができます。

このモデルを使っているツアープレーヤーは、マーク・リーシュマン、上田桃子です。

プロ仕様ヘッドの飛びをゴルフライターが詳しく解説!

試打ラボしだるTVでお馴染みのゴルフライター、コヤマカズヒロ氏にて、ツアープロ支給品、プロ仕様ヘッドについて、飛ぶのかどうか解説されています。

プロ支給品については、CT値が高いものがプロに優先して回されてるという噂もありますが、CT値が高いといっても微々たる差のため、飛距離の差は感じられないだろうとのことです。

EPIC SPEEDドライバー 2021の試打・評価・感想

EPIC MAXドライバー 2021の試打・評価・感想

EPIC MAX LSドライバー 2021の試打・評価・感想

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, キャロウェイ
-, , , ,

関連記事

タイトリスト 910 D3 ドライバーの試打・評価・感想

タイトリストから2011年モデルとして発売されている910 D3ドライバーについて、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。 910 D3ドライバー/タイトリスト Amazonで探す 楽天市場で探 …

グローレGドライバーの試打・評価・感想

テーラーメイドから発売のグローレGドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。 テーラーメイド グローレGドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで …

TSiドライバーの全モデルの違い・特徴を徹底比較!TSi1、TSi2、TSi3、TSi4

タイトリストから発売のTSiシリーズのドライバー、TSi1・TSi2・TSi3・TSi4の違い・特徴について取り上げます。 TSi2・TSi3ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探 …

最近のドライバーはソールの溝がなくなっている!?

テーラーメイドのスピードポケットに代表されるソールの溝について、最近のドライバーでは採用されないモデルが出てきました。溝の役割や、各社の採用状況について調査しました。 目次1 ヘッドの溝の役割は?2 …

RSドライバーとRS-Fドライバーの違い

プロギアから発売されているRSシリーズ。2018年モデルもRSドライバーとRS-Fドライバーの2タイプが用意されています。本記事ではこの2つのモデルについて、違いにフォーカスして取り上げます。 RSド …