飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー テーラーメイド

M4ドライバーとM2ドライバーの違い

投稿日:2019年4月17日 更新日:

テーラーメイドのM4ドライバーとM2ドライバー 2017について違いを取り上げます。

M4ドライバーの前作に当たるのがM2ドライバー 2017

M4ドライバーとM2ドライバーはモデル名の数字が違いますが、継承関係にあります。2017年に発売されのM2ドライバー 2017、その後継モデルが2018年に発売されたM4ドライバーとなります。

ちなみに、M2ドライバーの方は、今回取り上げている2017年モデル以外に、前年の2016年に発売されたM2ドライバー 2016(初代)があります。タイトリストのようにM1、M2の数字は当初モデルの特性を表すものと思われましたが、2018年モデルで、M3、M4とカウントアップされています。これが続くと後々どうなるんでしょうかね。

M4ドライバーで新たに搭載されたツイストフェース

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m3m4driver_jp.html

M4ドライバーの最大の特徴は、ツイストフェースです。これまでフェースの注目点は、使用される素材、薄さ、裏面の形状、カップ形状といったあたりで、フェース曲面がフォーカスされることは殆どありませんでした。

M4ドライバーでは、フェースを捩じるという前代未聞のテクノロジーを搭載し、この年の注目を集めました。

概要を説明すると、ハイトゥ・ローヒール方向に集まる打点のバラツキを、フェースを捩じることで対応し、弾道をセンターに戻してくれるというテクノロジーです。

※ツイストフェースの詳細については、こちらをご覧ください。

スピードポケットはM2、M4共に搭載されているが、M4はハンマーヘッドに進化している!

テーラーメイドと言えば、スピードポケットです。ソール前方に施された溝は、M2ドライバー、M4ドライバーの双方に搭載されています。

M2ドライバー 2017のスピードポケット

こちらがM2ドライバー 2017のスピードポケットです。スピードポケットの効果については、表現が毎回異なっているので、メーカーの記載をそのまま掲載します。

新開発スピードポケットにより前作よりも反発力が向上、高弾道低スピンで飛ばせる。
引用:https://www.taylormadegolf.jp/Driver/DW-CCB90.html

M4ドライバーのハンマーヘッド

M4ドライバーの方は、ポケットに2本のリブが掛けられていて、剛性が高められています。こちらもメーカーの説明を引用します。

搭載されたテーラーメイドの新テクノロジー「ハンマーヘッド」は、スイートエリアを拡大すると共に、反発係数最大値に近い高い反発性能を実現した。
引用:https://www.taylormadegolf.jp/m3m4driver_jp.html

フェースの反発力を向上させるソール前部の「ハンマーヘッド」デザインが、初速アップ、スイートエリア拡大に貢献。
引用:https://www.taylormadegolf.jp/Driver/DW-LNZ77.html

どちらも反発力をアップに寄与し、さらに、M2ドライバーの方は高弾道・低スピン、M4ドライバーの方はスイートエリア拡大、ということになります。

M4ドライバーとM2ドライバーのスペック比較

モデル M2ドライバー M4ドライバー
ロフト角( ゜) 9.5/10.5 9.5/10.5
ライ角( ゜) 58 58
ヘッド体積(㎤<cc>) 460 460
長さ 45.75 45.75
標準シャフト TM1-217 FUBUKI TM5
クラブ重量(g) 296(R) 297(R)
シャフト重量(g) 51(R) 52(R)

M2ドライバーとM4ドライバーのスペックを並べてみますと、殆ど変わらないことが分かります。重量面で標準シャフトがM4になって1g重くなっていますが、クラブ重量も1gの差のままです。

M4ドライバー・M2ドライバーのフォルム比較

フェースやクラウンなど、全体的なフォルムの比較画像です。縮尺は異なります。

左がM4、右がM2です。M4でツイストフェースが搭載されたことが大きな変更点です。

左がM4、右がM2です。M2ではホワイトのところがM4ではシルバーになっています。カーボンエリアが若干広くなったように見え、境界線の形状も変わり、M4はアドレスしやすくなったという声が聞かれます。

左がM4、右がM2です。スピードポケットの溝の縦幅(間隔)がリブにより補強されたことで広がっています。

M4、M2ドライバーに関連するおすすめ記事

テーラーメイド M4 ドライバーの試打・感想・評価

M6ドライバーとM4ドライバーの違い

M4ドライバーとM3ドライバーの違い

テーラーメイド M2 ドライバーの試打・感想・評価

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, テーラーメイド
-, , , , ,

関連記事

【2020年】スライサー向けドライバー おすすめランキング!つかまる・曲がらない!

スライサー向けのドライバーについて、2020年のおすすめモデルをランキングで紹介します。 スライサー向けと一口に言っても、改善のメカニズムが違ったり、スライス改善以外の特徴に違いがありますので、自分に …

【スライサー必見】ローグST MAX Dドライバーより、EPIC MAXドライバーがオススメな3つの理由

キャロウェイの2022年モデルからドロータイプのローグST MAXドライバーが発売となっています。 前年のEPIC ’21には、ドロータイプのモデルがありませんが、スライスを改善したいゴル …

ALL NEW ゼクシオ(XXIO 4) ドライバーの試打・評価・感想

ダンロップから2006年モデルとして発売されているALL NEW ゼクシオ(XXIO 4)ドライバーについて、試打や感想を交えながら取り上げます。 ALL NEW XXIO ゼクシオ 4 ドライバー …

ビッグバーサ B21ドライバーの最新情報まとめ【スライサーにオススメです】

キャロウェイから発売のビッグバーサ B21ドライバーについて、最新情報を取り上げます。 ビッグバーサ B21ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 ビッグバーサ B21ド …

G30ドライバーの試打・評価・感想

PINGから2015年に発売のG30ドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。 G30ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 G3 …