当サイトは広告が含まれています

ROGUE サブゼロ ドライバー USモデルを徹底解剖!試打・スペックも掲載

飛距離が出るドライバー キャロウェイ 2019年4月18日

キャロウェイから発売のROGUE サブゼロ ドライバー USモデルについて取り上げます。

ROGUE サブゼロ ドライバー USモデル

ROGUE サブゼロドライバー USモデルは、ローグシリーズの中でも上級者向けのモデルです。公式サイトの説明によると、ツアーレベルのドライバーでありながら、慣性モーメントが大きく、スピン量を極めて少なく抑えたドライバー、ということになります。

Rogue Sub Zeroは並外れた成果です。強力な、非常に回転の少ない、ツアーレベルのドライバを高いMOI形状でパッケージ化したものです。

Rogue Sub Zero is an extraordinary achievement: a powerful, extremely low-spinning, Tour-level driver packaged in a high MOI shape.

引用:https://www.callawaygolf.com/more/clearance-clubs/clearance-drivers/drivers-2018-rogue-sz.html

シャローヘッドで慣性モーメントが大きくなっている

ヘッド形状はストレッチが長く、重心が深くなっています。この形状は慣性モーメントが大きくなりますので、所謂、やさしさをアップさせた形になります。キャロウェイのサブゼロは難しいという評価が多く聞こえるので、マジョリティーの意見が取り入れられたと思われます。

こちらは前年に発売されているGBB EPIC サブゼロドライバーと比較した画像です。GBB EPICの方がぷっくりしていて、ROGUEの方がシャローになっていることが分かります。

ウェイトが前後に2つ搭載されている

サブゼロドライバーの最大の特徴がウェイトの配置です。ソールの前と後ろに1つずつウェイトが搭載されています。スクリューウェイトと呼ばれるネジ状のもので、取り外して交換することができます。重量は2gと14gで重さが異なりますので、前後で入れ替えたり、オプションで別重量を購入する等で、重心を変えることができます。

前のウェイトを重くすれば、スピン量が減り、打ち出しが低くなり、操作性が高くなります。後ろのウェイトを重くすれば、スピン量が上がり、打ち出しが高くなり、直進性が増します。

JAILBREAK テクノロジー

キャロウェイのドライバーの代名詞にもなりつつあるJAIL BREAKテクノロジーは、ROGUEモデルにも搭載されています。ヘッド内部に設置された2本の柱により剛性が高められ、無駄なたわみを抑えられ、ボールスピードがアップします。

ROGUE サブゼロドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ROGUEサブゼロのUSモデルと日本モデルでは、異なる点が2つあります。一つはウェイトです。標準装着されているウェイの重量が、USモデルでは14gと2gですが、日本モデルでは10gと2gとなっています。USモデルの方がヘッド総重量も重くなり、ウェイトの前後交換による重心の違いがより大きく表れます。

もう一つがシャフトです。ROGUEモデルに限ったことではなく、USモデルを検討する際に当てはまることですが、USのシャフトは日本のシャフトより同じフレックスでも硬いと言われています。選ぶ際は、1から1.5フレックス柔らかいものが調度よいという意見が多く聞かれます。

ROGUE サブゼロ ドライバーUSモデルのスペックデータ

  • 標準ロフト角:9°、10.5°
  • 調整ロフト角:8~11°、9.5~12.5°(調整範囲±1°)
  • ライ角:56°
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • ヘッド体積:460cc
  • バランス:D4

ROGUEサブゼロドライバーの試打

ROGUE サブゼロドライバーのUSモデルの試打動画は、日本語のものが見つかりませんでしたので、日本モデルの動画を紹介します。

  • ヘッドはソールした瞬間にフェースが開く。
  • ヘッドが返る感じはない、インサイドから入れても球がつかまり過ぎない。
  • GBB EPICよりもスイートエリアが広くなっている。叩いても左に行かない。フッカーでも左に行きすぎない。
  • スライサーが使うと、とんでもなく右に行く。

ROGUE サブゼロドライバーUSモデルのシャフト

US公式サイトでは、シャフトをカスタムで選択できます。公式サイトでは5種類のシャフトについて仕様が紹介されています。

Aldila Synergy 50 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Regular 58 mid mid
Stiff 60 mid mid

Aldila Synergy 60 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Regular 66 low-mid mid-high
Stiff 68 low-mid mid-high
X-Stiff 70 low-mid mid-high

Project X EvenFlow 65 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 67 low-mid mid
X-Stiff 69 low low

Project X EvenFlow 75 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 78 low mid
X-Stiff 79 low mid

Project X HZRDUS Yellow 75 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 76 low high
X-Stiff 76 low high

ROGUE サブゼロ ドライバー USモデルの購入方法について

ROGUE サブゼロ ドライバーはUSモデルになりますので、基本的にネットショップで購入することとなります。

楽天でも取り扱いがありますが、US専門のフェアウィゴルフさんはスペック選択もでき、運営実績も長いので、安心して購入できます。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, キャロウェイ
-, , ,

関連記事

RMXドライバーのRTS!ロフト角・ライ角の調整機能について徹底解説!

RMX 220 ドライバーの試打・評価は下記記事をご覧ください ヤマハ RMX 220ドライバーの試打・評価・感想 ヤマハから発売のRMXドライバーについて、ロフト角・ライ角の調整機能であるRSTにつ …

TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想

★追記2019/08/19 新旧モデルの打ち比べ動画を追加しました。 ★追記2019/08/17 コースでの試打動画を追加しました。 ★追記2019/08/13 2019年モデルと2017年モデルの違 …

ドライバーはフェースで選ぶ!ツイストフェース、フラッシュフェース、スクリューフェース、スイッチフェース

チタン素材の登場以来、ゴルフクラブは日進月歩で様々なテクノロジーが搭載され、進化を続けています。中でもドライバーの開発に変化が起きていますので、取り上げてみたいと思います。 目次1 ここ数年はヘッドの …

軽いドライバー おすすめランキング2020!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

ドライバーを選ぶ際の重要なポイントの一つとして、クラブ重量が挙げられます。 ゴルファー個々人の身体能力により、適したクラブ重量がありますので、アベレージゴルファーだからと言って一般的なクラブを選んでい …

G425 MAX・LST・SFTドライバーの最新情報まとめ

★2020/09/01追記:PINGの公式動画を追加しました。 ★2020/08/20追記:鈴木愛、比嘉真美子の移行情報を追記しました。 PINGの2020年のG425ドライバーについて、最新情報をま …