スリクソン」カテゴリーアーカイブ

スリクソン Z785ドライバーの試打・評価・感想

アスリートゴルファー向けのブランドのスリクソン。上級者が好み、アベレージゴルファーが憧れるZシリーズについて、2018年モデルのZ785ドライバーについて取り上げます。

2018年Zシリーズドライバーは2種類リリース

スリクソンから2018年9月に発売されているZシリーズのドライバーは、 Z585ドライバーとZ785ドライバーの2種類あります。

ちなみに、Z985ドライバーはという方のために触れておきますと、数年前からZ9**は発売されておらず、現在のところZ985 ドライバーも発売がありません。詳しい事情は下記にリンク掲載したZ585 ドライバーの記事の中で詳しく書いてありますので、そちらをご覧ください。

スリクソン Z585ドライバーの試打・評価・感想

Z785 ドライバーはヘッドサイズから年々やさしくなっていることが分かる!

さて、Z7系のドライバーですが、Z5 系よりもヘッドサイズが小振りなため必要とされるスキルレベルが高いとされています。しかし、ここ数年のZ7 系のヘッドサイズを見てみると、年々、やさしくなってきていることが分かります。

Z725ドライバー 425cc
Z745 ドライバー 430cc
Z765 ドライバー 445cc
Z785ドライバー 460cc

上記のように、年々ヘッドサイズが大きくなってきているのが分かります。2018年モデルは、本間ゴルフのツアーワールドが5cc刻みでモデルを分けてますので、450cc、場合によっては455ccもあるかと予想していましたが、まさかの460cc。

つまり、Z585 ドライバーとZ785 ドライバーはヘッドサイズが一緒なんです!

「ZERO SRIXON」というテーマ、つまり全く新しく開発されていますので、大きな変化があるとは思っていましたが、かなりやさしさというか、アベレージゴルファーも射程に含めてきたように筆者は感じました。

Z785がやさしくなったのは、プロが簡単なクラブを使用し始めたから!?

最近のプロの使用クラブを見てみると、二つあるモデルの内、やさしいと言われている方を選択するプロが増えています。

例えば、キャロウェイのROGUE Sub ZeroドライバーではなくROGUE スタードライバーが選ばれたり、テーラーメイドのM3ドライバーではなくM4ドライバーが選ばれたり。あと、ゼクシオを使うプロ選手が出てきたことも、上級者でもやさしいクラブを求めてきているという変化を感じます。

Z785ドライバーとZ585ドライバーの違いの解説(みんなのゴルフダイジェスト)

・Z785はタイのクロンパ選手が使用していて、飛距離が15ヤード伸びたとのこと。
・重心深度は、Z585が37.2mmで、Z785は35.9mmとなっていて、Z785の方が重心深度が浅い。
・Z785はスピンを抑えた強い弾道が出る。

ゼクシオで培ったテクノロジーも搭載されている

スリクソンとゼクシオはターゲットゴルファーからして全くの別物として扱われていますが、技術面ではゼクシオの優れたところが採用されています。

ゼクシオ10にも搭載されている第3世代カップフェースが採用されており、ヘッド全体がたわみやすく、強い反発力でボールを飛ばすことができます。

スリクソンZ785ドライバーをゴルフショップスタッフが試打

・Z785はハードヒッター向け。球が全く吹き上がらず、高さも抑えられ、中弾道の風に強い弾道。
・ヘッドスピードが遅い方が打つと、球が乗らなくて飛距離ロスになる。
・ヘッドスピード45m/s以上のハードヒッターの方に推奨される。

 

スリクソン Z585ドライバーの試打・評価・感想

アスリートゴルファー向けのブランド、スリクソンのZシリーズから発売されているドライバー、Z585ドライバーについて取り上げます。

2018年Zシリーズドライバーは2種類リリース

スリクソンから2018年9月に発売されているZシリーズのドライバーは、 Z585ドライバーとZ785ドライバーの2種類あります。

Z985ドラいバーは無い?

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2014/nws_s28.html

4年前のモデルまでは5、7に加えて9のモデルがあり、3種類のドライバーがリリースされていました。例えば2014年モデルではZ945ドライバー、2012年モデルでは、Z925ドライバーです。いずれもヘッドサイズが極端に小さく、2014年モデルは400cc、2012年モデルは380ccです。

ところが、前作の2016年モデルから9のモデルがなくなりました。代わりにZ765のLimitted モデルが数量限定でリリースされましたが、ヘッドサイズは通常のZ765よりも5cc小さいだけで、以前の9のような極端な操作性を求めたドライバーは発売されていません。そして、この流れは2018年モデルでも踏襲されていて、9のモデルは発売されていません。

Z585 ドライバーはヘッドサイズがルール限界の460cc

同じシリーズの中で、3桁目の数字が若いほど優しいモデルとなっており、Z585ドライバーは前作のZ565ドライバーと同じく460ccのヘッドサイズとなっています。

Z585ドライバー 坂本龍楠プロによる試打

・スリクソン史上、最大の慣性モーメントとなっていて、ボールの方向性と直進性が高い。
・実際に打ってみると、ボールを押し込んでくれるような感触が得られる。
・アベレージゴルファーの方にとっても自然に振りやすいくらぶになっている。

ゼクシオで培ったテクノロジーも搭載されている

スリクソンとゼクシオはターゲットゴルファーからして全くの別物として扱われていますが、技術面ではゼクシオの優れたところが採用されています。

ゼクシオ10にも搭載されている第3世代カップフェースが採用されており、ヘッド全体がたわみやすく、強い反発力でボールを飛ばすことができます。

スリクソンZ585ドライバーをゴルフショップスタッフが試打

・585は非常にやさしく球があがる。クラブがつかまえてくれる。
・ヘッドスピード42m/sの方が推奨される。
・打点を外しても初速が落ちず、距離が伸びていた。
・アベレージゴルファーの方でも全然振れる。ゼクシオだと物足りない片にもおすすめ。

各所で聞こえてくる「やさしくなった」という声

これは最近のアスリート向けクラブ全般で言えることですが、極端に難しいクラブというのが減ってきており、プロでも簡単なモデルを使用するケースが増えています。

Zシリーズの2018年モデルドライバーで9のモデルがないのもその表れとも言えます。そして、打音を強くPRするようになったのが、筆者の記憶では本モデルが初めてです。

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

このあたりは、アベレージゴルファーも使えるクラブ、注目して欲しいクラブであることを如実に表しているように感じられます。

今まではスリクソンを難しい、憧れと感じて、選択肢に含めてこなかったゴルファーの方も、一度、試打されてみてはいかがでしょうか?

スリクソン Z585ドライバー、Z785ドライバーが、やさしくなっている!その根拠を徹底解説!

スリクソンから2018年9月22日に発売のZ585ドライバー。ダンロップのアスリート向けブランドとして人気のスリクソンからは、2018年モデルのドライバーとして、Z585 とZ785 の2種類が発売されています。

スリクソンがやさしくなってきている!?

スリクソンのZシリーズは、3桁目の数字が若いほどやさしいモデルとなっています。例えば2014年モデルの場合、Z545ドライバー、Z745ドライバー、Z945ドライバーと3種類のヘッドが用意されていまして、ヘッド体積は460cc、430cc、400ccとなっています。

(2014年モデル:出典 https://golf.dunlop.co.jp/magazine/matuo/83.html)

400ccという小ささは最近ではなかなかお目に掛かれないですね。そして、もう1世代前のZ925 ドライバーは380ccです。

Z9系の系譜を見ると、スリクソンの方向性が見えてくる

アスリート向けブランド、スリクソンのZシリーズの中で、先頭の3桁目が「9」のモデルは、最も難しいモデルとなります。この「9」のモデルがどのように変わってきたかを見てみましょう。

2012年:Z925ドライバー(ヘッド体積380cc)
2014年:Z945ドライバー(ヘッド体積400cc)
2016年:9のモデル(Z965ドライバー)はなし、Z745のリミテッドモデル(ヘッド体積440cc)
2018年:9のモデル(Z985ドライバー)はなし、リミテッドモデルも今のところない。

上にまとめた通り、「9モデル」は年々ヘッド体積が増し、2016年からは発売もされていません。Z765の通常モデルとは別に、リミテッドモデルが発売されましたが、こちらはヘッド体積がわずかに5cc少ないモデルで、これまでの7と9のような明確なヘッド体積の違いはありませんでした。

最近の傾向として、テーラーメイドのMシリーズ、キャロウェイのROGUEにしても、アスリート向けとアベレージ向けの2種類がありますが、簡単な方を使うプロが増えています。

ドライバー市場全体として、クラブの性能向上に伴って、プロ向け・一般向けの垣根がなくなってきていて、スリクソンのZドライバーも同じ方向を向いていると思われます。裏を返せば、Zシリーズがやさしくなっている証拠とも言えます。

クラウンのセンター位置にマークが出現している!

個人的には密かに驚いているのがクラウンにあるマークです。アドレスの際、ボールとクラブのフェースセンターを視覚的に合わせやすくするためのデザインです。

2016年モデルのZ565、Z765までは存在せず、ただただ精悍なブラック一色でつるっとしていたクラウンに、2018年モデルでは白い矢印の先っぽのようなデザインがあしらわれています。

こんなちょっとしたところからも、プロ選手には不要であるものの、一般ゴルファーにより沿っていこうという開発者の心持ちが感じられる気がします。

開発コンセプトからも、やさしさを重視している様子が見えてくる

ダンロップ社の2018年Zシリーズのプレスリリースを見ますと、まず冒頭に下記の文章が掲載されています。

「ドライバーの設計をゼロから見直し、プロからアマチュアゴルファーまで大きな飛びと寛容性を得られるようになった」

出典 https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

このゼロからという表現は、同じく2018年モデルの他のメーカーでも使われています。タイトリストのTSシリーズでも同じようにゼロベースでの開発が行われ、これまでの9シリーズと異なるモデルが生み出されています。

2018年のZシリーズは、「設計をゼロから」「アマチュア」「寛容性」というキーワードが特徴的で、これまでの開発コンセプトを踏襲するのではなく、アマも使えるやさしさを意識しているようです。

Z585ドライバー、Z785ドライバーは打球音も重視

ダンロップというとゼクシオ、そしてゼクシオの特徴の一つに打球音があります。アマチュアゴルファーにとってはカキーンという爽快な打音は、「当たったぞ、次も当たるぞ、飛ばせるぞ」といったメンタル面でプラスに作用すると思われます。

そして、スリクソンのZシリーズでも、打球音を高く、耳でナイスショットが感じられるように工夫されています。この辺りへの心配りは、かなりアバレージゴルファーを意識していると思われます。

やさしくなったという声が聞こえてくる2018年スリクソンのZシリーズ、Z585ドライバー、Z785 ドライバー。これまでアスリート向けモデルを敬遠してきたゴルファーの方も、試してみてはいかがでしょうか。