スリクソン」カテゴリーアーカイブ

スリクソン Z565ドライバーとZ765ドライバーの違い

スリクソン Z565ドライバーとZ765ドライバーの違いについて解説します。

スリクソンの2016年 Z65シリーズのドライバーは4種類!

スリクソンのZシリーズドライバーは、まず、Z565ドライバーとZ765ドライバーが有ります。従来はZ9*5という最も小ぶりなモデルがありましたが、2016年モデルではZ9系は発売されていません。

前述の2つのモデルの他に、Z565TGドライバーとZ765ドライバーLimited Modelがあります。

Z565TGドライバーは、チタングレーのカラーリングで精悍さがあり、重心距離が約3%短く、ライ角がプラス2°で、つかまりが良いモデルとなっています。

Limitedモデルは、ヘッド体積が440ccで、通常のZ765ドライバーよりも5cc小ぶりになっています。シャフトの脱着機構もありません。

本投稿ではZ565ドライバーとZ765ドライバーについて取り上げます。

ヘッドサイズの差は15cc、前作よりも縮まっている!

前作となるZ545とZ745では、ヘッドサイズが30cc違いましたが、その差がぐっと縮まりました。Z765ドライバーはヘッドサイズが大きくなり445ccありますので、Z565ドライバーとの差は15ccです。

ヘッド形状はややファットな洋ナシ

左がZ565ドライバーで、右がZ765ドライバーです。いずれも洋ナシというにはややヒールよりが膨らんでいます。

どちらもウェイトが後方に搭載されていて、慣性モーメントを大きくし、ミスへの許容性にも配慮された設計になっています。

Z565ドライバーはシャローでつかまりが良い

Z565はアスリート向けではありますが、ある程度のつかまり感がある仕様になっています。

ヘッドは765と比べてシャロー形状となっていますので、低重心で弾道の打ち出しが高いのが特徴です。

Z765ドライバーはディープで叩ける

対して、Z765ドライバーの方はディープ形状になっています。ヘッドスピードが速いゴルファーが叩きにいっても左へのミスが出にくくなっています。

弾道は中弾道で、565よりもヘッドは小ぶりですが、前作の745ユーザーからすると15cc大きくなっていますので、安心感があり操作性も維持され、やさしさが増したヘッドになっています。

Z565ドライバー

前作と比べて左右の慣性モーメントが大きくなっていますので、弾道が安定します。ヘッド形状は丸みを帯びていますので、安心感がありつまりの良さもあり、高弾道で飛ばすことができます。

  • ロフト角(°):9.5/10.5
  • ライ角(°):57.5
  • ヘッド体積(cm3):460
  • クラブ長さ(インチ):45

Z765ドライバー

Z765ドライバーは慣性モーメントが18%アップしていて、弾道が安定します。ストレッチが短く操作性もありますので、思い切り叩いていけるドライバーです。

  • ロフト角(°):9.5 10.5
  • ライ角(°):57.5
  • ヘッド体積(cm3):445
  • クラブ長さ(インチ):45

飛距離が上位のツアープロのドライバーを調査!

飛距離が出るドライバーはどのモデルなのか?実際にツアープロで平均飛距離ランキングで上位に名を連ねるゴルファーの使用ドライバーを調べてみました。

なお、ランキングはJPGAのHP(https://www.jgto.org/)にて公開されているドライビングディスタンス部門を参照し、日本人ゴルファーに限定して調べました。

第1位 星野陸也 平均飛距離 306.00ヤード

スリクソンのZ785ドライバー。Z745を使っているという情報もありますが、新しい方のZ785ドライバーを取り上げます。

一つ前の世代から「9」が廃止され、「5」と「7」の2モデルになっています。そして、2018年のZシリーズでは、Z585とZ785でヘッドサイズが同じ460ccとなっています。

ツアープロと一般ゴルファーが使うクラブの差が年々無くなってきていますので、自然な流れではあります。

スリクソン Z785ドライバーの試打・評価・感想

第2位 永野竜太郎 平均飛距離 300.25ヤード

PINGの2019年モデル G410 PLUSドライバー 9°です。その前は銘器とも言われているG400 LS TECドライバーを使っていましたので、G410にもLSTが追加されましたので、低スピンタイプに変更されるかもしれません。

G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想

第3位 塚田陽亮 平均飛距離 298.08ヤード

スリクソン Z785ドライバー 9.5°。その前はZ765やZ565ドライバーを使っていました。

第4位 高柳直人 平均飛距離 297.88ヤード

長野竜太郎プロと同じくG410  PLUSドライバー 9°です。高柳プロも以前はG400 LS テックを使っていましたので、G410にLSTが追加され、ドライバーの切り替えが予想されます。

<速報>PING G410LSTドライバーの発売日とスペック

第5位 池田勇太 平均飛距離 294.58ヤード

キャロウェイのEPIC FLASHサブゼロドライバー◆◆◆、スリクソンZ785ドライバー、PRGR RS-Fドライバーなど、複数の情報があります。モデルの新しさで言うとキャロウェイのEPIC FLASHサブゼロドライバー◆◆◆になります。

クラブ契約がフリーなため、選択するクラブはなかなか興味深いですが、ドライバーはかなり頻繁に変更されているようです。

まとめ

2019年のドライビングディスタンス上位5名のクラブを見ると、スリクソンのZ785ドライバー、そして、PINGのG410PLUSドライバー。そして、過去の使用モデルまで遡ると、PINGのG400 LSテックドライバーの名前が良く登場します。

PINGのG400LS TECドライバーは、契約していないプロが使ったことで、一躍話題になりました。そして、G410にもついに低スピンタイプのG410 LSTドライバーが発売となりましたので、ツアープロによるドライバー選択マップもまた変わってくると思われます。

G410LSTドライバーとG400LSTドライバーの違い

 

スリクソン Z765ドライバーの試打・評価・感想

スリクソンのZシリーズから発売されている2016年モデルのドライバー、Z765ドライバーについて取り上げます。

2016年のZシリーズドライバーは3種類ある?

スリクソンのZシリーズとしてリリースされている2016年モデルのドライバーは、2014年モデルの前作と同様に3種類のラインナップとなっています。しかし、2014年とは状況が少し異なっていまして、従来はZ5*5、Z7*5、Z9*5というモデル名で、数位が上がるにつれヘッドサイズが明確に小さくなっていました。

しかし、2016年モデルは、Z565、Z765、Z765リミテッドモデルの3種類となっています。従来にならえばあったであろうZ965ドライバーというモデルは、発売されていません。

そもそも、スリクソンのZシリーズは5、7、9のヘッドサイズの差が年々縮まってきていまして、遂に2016年モデルで9のモデルが廃止となりました。ヘッドサイズは、Z565が460cc、Z765が445cc、Z765リミテッドモデルが440ccとなっています。

Z765ドライバーの特徴

Z765ドライバーは、同シリーズの中で「しっかり叩ける」と「中弾道」が特徴のモデルです。アドレスするとフックフェース気味のため、つかまりの良さを感じながら構えることができます。

ここが重要!ポイント

  • 左を恐れず、しっかり叩ける。
  • 中弾道の低スピンで飛ばせる。

重心距離が長く、思い切り叩ける!

ヘッド体積が445ccとZ565の460ccと比べるとやや小ぶりになっていますが、重心距離は長めに設定されています。ヘッドが返り過ぎるのを抑える重心設計になっていますので、ヘッドスピードの速い、ドロー系弾道のゴルファーが思い切り叩いても、左へのミスが出にくくなっています。

もっと叩けて操作性も欲しい人は、Limited Editionがおすすめ

Z965がリリースされなかった代わりか分かりませんが、Z765ドライバーよりも更に小ぶりなヘッドとして、Z765ドライバー Limited Editionが発売されています。

こちらは更に5cc小さい440ccとなっています。そして、最大の特徴はウェイトの搭載位置にあります。Z565もZ765もソール後方にウェイトが搭載されていましたが、Z765リミテッドエディションでは、ソール前方に二つ搭載されています。

重心が浅く設定され、かつ、Z565、Z765よりも低重心効果が薄れますので、より低スピン、より低弾道で、力強く飛ばせるモデルとなっています。ヘッドが小ぶりですので、操作性も優れています。

Z765ドライバーの試打・評価

屋外の練習場で試打した動画です。低い弾道で突き刺すように飛んで行きます。

Zシリーズ2016年モデル全般について、マニアックに語られています。

Z765ドライバーのスペック

ヘッドスペック

  • ロフト角:9.5、10.5°
  • ライ角:57.5°
  • ヘッド体積:445cc
  • クラブ長さ:45インチ

シャフトラインナップ

  • Miyazaki Kaula MIZU 6 カーボンシャフト
  • SRIXON RX カーボンシャフト
  • Diamana BF60 カーボンシャフト
  • Fujikura Speeder 661 EvolutionⅢ カーボンシャフト
  • ATTAS PUNCH 6 カーボンシャフト

スリクソン Z565ドライバーの試打・評価・感想

スリクソンのZシリーズから発売されている2016年モデルのドライバー、Z565ドライバーについて取り上げます。

2016年 Zシリーズドライバーは3種類?

スリクソンの2016年モデルのZシリーズドライバーは、前作と同様に3種類のラインナップとなっています。しかし、2014年とは状況が少し異なっていまして、従来はZ5*5、Z7*5、Z9*5というモデル名で、数位が上がるにつれヘッドサイズが明確に小さくなっていました。

しかし、2016年モデルは、Z565、Z765、Z765リミテッドモデルの3種類となっています。Z9*5というヘッドが極端に小さいモデルがなくなっています。

スリクソンのZシリーズは5、7、9のヘッドサイズの差を年々縮めてきていまして、遂に2016年モデルで9のモデルが廃止となりました。ちなみにヘッドサイズは、Z565が460cc、Z765が445cc、Z765リミテッドモデルが440ccとなっています。

Z565ドライバーの特徴

Z565ドライバーは、同シリーズの中で「つかまり」と「高弾道」が特徴のモデルです。アドレスするとフックフェース気味のため、つかまりの良さを感じながら構えることができます。

ここが重要!ポイント

  • つかまりが良い。
  • 高弾道で飛ばせる。

大きな慣性モーメントでミスに強い

ヘッド体積が460ccと最も大きく、重心が深く設定されています。深重心により慣性モーメントが大きくなっていますので、シリーズの中で最もミスに寛容的で直進も高くなっています。

また、重心高さは適度に設定されています。低スピン効果も程よく働き、中弾道で飛ばすことができます。

つかまりが欲しい人は、TGモデルがおすすめ

この記事の最初に、2016年モデルのZシリーズドライバーは3種類と述べましたが、実は、TGモデルが追加でリリースされています。

こちらがZ565TGドライバーです。TGはチタングレーの略で、カラーリングも異なっています。主な違いとして、ヘッド重量が5g軽く、重心距離は約3%短く、ライ角はプラス2°となっています。

よりつかまりが良いモデルとなっていますので、右のミスが気になる方は、TGモデルがおすすめです。

Z565ドライバーの試打・評価

屋外の試打会でZ565ドライバーを試打した動画です。実際の打球音なども確認できます。

Z565ドライバーをチョイスしたプロにより、モデルの特徴が語られていて参考になります。少ない時はスピンが2000rpmを切るそうです。

Z565ドライバーのスペック

ヘッドスペック

  • ロフト角:9.5、10.5°
  • ライ角:57.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45インチ

シャフトラインナップ

  • Miyazaki Kaula MIZU 5 シャフト
  • SRIXON RX カーボンシャフト
  • Diamana BF60 カーボンシャフト
  • Fujikura Speeder 661 EvolutionⅢ カーボンシャフト
  • ATTAS PUNCH 6 カーボンシャフト

スリクソン Z585ドライバーとZ785ドライバーの違い

スリクソン Z585ドライバーとZ785ドライバーの違いについて解説します。

スリクソンの2018年 Zドライバーは2種類!

スリクソンのZシリーズドライバーの2018年モデルは、2種類発売されています。左がZ585ドライバーで、右がZ785ドライバーです。

2016年のZ65系、2014年のZ45系では、3種類発売されていましたが、2018年モデルは2種類です。

2018年モデルはヘッドサイズが460cc

従来のZドライバーは、ヘッドサイズが複数発売されていました。例えば、2014年モデルでは、Z545、Z745、Z945とあり、数字が上がるにつれ、より上級者モデルとなり、ヘッドサイズが小さくなっています。

2016年モデルでは、Z9のシリーズが発売されず、Z565 、Z765に加え、Z765のLimitedが発売され、ヘッドサイズは3種類となっていました。

しかし、今回はZ585とZ765の二種類に留まっただけでなく、ヘッドサイズに違いが無く、ともに最大サイズの460ccとなっています。

2018年モデルのZドライバーは、ゼロから作り上げている!

ヘッドラインナップが従来と変わっていることで、違和感を感じた方もいると思います。それもそのはず、今回の製品勝はゼロスリクソンと銘打って、ゼロベースで開発が行われています。

そして、他のメーカーが上級者向けとアベレージ向けの差を縮めてきているのと呼応するように、Z9**が2016年から廃止され、Z5**とZ7**のヘッドサイズが同じになるというところまで来ました。

アスリートだけでなく、ゴルフを楽しむ層もターゲットになっている!

今回のZシリーズは、ターゲットゴルファーが広くなってきているのが最大の特徴の一つです。実際、メーカーにて下記の説明がなされています。

従来のメインターゲットであったシリアスにゴルフに取り組むコアユーザーから、やさしく飛ばせるクラブでゴルフを楽しみたいというライトユーザーまで、幅広いゴルファーに適したドライバーとなりました。
引用:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

簡単な方にシフトしているのは他メーカーも同じ

タイトリストもTSプロジェクトが立ち上げられ、これまでの915、913といったモデルと異なる新たなブランド、TSがゼロから開発され、ヘッドサイズも460で統一されています。

また、国産メーカーのブリヂストンでも、2016年モデルはTOUR B XD-3、5、7とヘッドサイズ違いが3種類発売されていましたが、2018年モデルはTOUR B XD-3の1種類のみで、ヘッドサイズも460ccとなっています。

ツアープロも簡単な方をチョイスするケースが増えていますので、ヘッドサイズが小さいモデルは、市場向けのリリースが減ってくる方向が、より一層進んでくるものと思われます。スリクソンの2016年からの流れは、全体に沿っています。

Z585ドライバーとZ785ドライバーの違い

ここまで2018年モデルのZシリーズに関する前置きを説明しました。そろそろ本題にZ585ドライバーとZ785ドライバーについて見ていきましょう。

Z585の方が慣性モーメントが大きい!

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

Z585ドライバーとZ785ドライバーでは、上下・左右の慣性モーメントがZ585ドライバーの方が大きくなっています。やさしさと直進性はZ585ドライバーの方が高く、操作性・反応性の良さはZ785ドライバーとなります。

Z585ドライバーはアップライト・低重心で、つかまりの良さをイメージできる

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

こちらはZ585ドライバーとZ785ドライバーのフォルムの違いです。Z585ドライバーはアップライトで、つかまりの良さをイメージしながらアドレスに入ることができます。

Z785ドライバーは重心がやや高く、強い弾道で飛ばせる

サイドからのフォルムでは、Z785の方がお尻が持ち上がっていて、Z585よりも重心が高い形状となっています。重心が低い方が球があがりやすくなりますので、Z785の方は逆に弾道が抑えられます。

Z585ドライバー

圧倒的な飛距離性能とやさしさ。 ドラスティックに進化した スリクソン Z585 ドライバー。

  • ロフト角(°):9.5/10.5
  • ライ角(°):58
  • ヘッド体積(cm3):460
  • クラブ長さ(インチ):45.25
  • バランス:D2

Z785ドライバー

圧倒的な飛距離性能とやさしさ。 クラブを操る喜びも忘れない スリクソン Z785 ドライバー。

  • ロフト角(°):9.5 10.5
  • ライ角(°):58
  • ヘッド体積(cm3):460
  • クラブ長さ(インチ):45.25
  • バランス:D2