飛距離が出るドライバー ランキング

2018年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをおすすめランキングバー ランキング形式で紹介します。

「 スリクソン 」 一覧

スリクソン Z565ドライバーとZ765ドライバーの違い

スリクソン Z565ドライバーとZ765ドライバーの違いについて解説します。

スリクソンの2016年 Z65シリーズのドライバーは4種類!

スリクソンのZシリーズドライバーは、まず、Z565ドライバーとZ765ドライバーが有ります。従来はZ9*5という最も小ぶりなモデルがありましたが、2016年モデルではZ9系は発売されていません。

前述の2つのモデルの他に、Z565TGドライバーとZ765ドライバーLimited Modelがあります。

Z565TGドライバーは、チタングレーのカラーリングで精悍さがあり、重心距離が約3%短く、ライ角がプラス2°で、つかまりが良いモデルとなっています。

Limitedモデルは、ヘッド体積が440ccで、通常のZ765ドライバーよりも5cc小ぶりになっています。シャフトの脱着機構もありません。

本投稿ではZ565ドライバーとZ765ドライバーについて取り上げます。

ヘッドサイズの差は15cc、前作よりも縮まっている!

前作となるZ545とZ745では、ヘッドサイズが30cc違いましたが、その差がぐっと縮まりました。Z765ドライバーはヘッドサイズが大きくなり445ccありますので、Z565ドライバーとの差は15ccです。

ヘッド形状はややファットな洋ナシ

左がZ565ドライバーで、右がZ765ドライバーです。いずれも洋ナシというにはややヒールよりが膨らんでいます。

どちらもウェイトが後方に搭載されていて、慣性モーメントを大きくし、ミスへの許容性にも配慮された設計になっています。

Z565ドライバーはシャローでつかまりが良い

Z565はアスリート向けではありますが、ある程度のつかまり感がある仕様になっています。

ヘッドは765と比べてシャロー形状となっていますので、低重心で弾道の打ち出しが高いのが特徴です。

Z765ドライバーはディープで叩ける

対して、Z765ドライバーの方はディープ形状になっています。ヘッドスピードが速いゴルファーが叩きにいっても左へのミスが出にくくなっています。

弾道は中弾道で、565よりもヘッドは小ぶりですが、前作の745ユーザーからすると15cc大きくなっていますので、安心感があり操作性も維持され、やさしさが増したヘッドになっています。

Z565ドライバー

前作と比べて左右の慣性モーメントが大きくなっていますので、弾道が安定します。ヘッド形状は丸みを帯びていますので、安心感がありつまりの良さもあり、高弾道で飛ばすことができます。

  • ロフト角(°):9.5/10.5
  • ライ角(°):57.5
  • ヘッド体積(cm3):460
  • クラブ長さ(インチ):45

Z765ドライバー

Z765ドライバーは慣性モーメントが18%アップしていて、弾道が安定します。ストレッチが短く操作性もありますので、思い切り叩いていけるドライバーです。

  • ロフト角(°):9.5 10.5
  • ライ角(°):57.5
  • ヘッド体積(cm3):445
  • クラブ長さ(インチ):45







飛距離が上位のツアープロのドライバーを調査!

飛距離が出るドライバーはどのモデルなのか?実際にツアープロで平均飛距離ランキングで上位に名を連ねるゴルファーの使用ドライバーを調べてみました。 なお、ランキングはJPGAのHP(https://www …

スリクソン Z765ドライバーの試打・評価・感想

スリクソンのZシリーズから発売されている2016年モデルのドライバー、Z765ドライバーについて取り上げます。 Z765ドライバー/スリクソン GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 201 …

スリクソン Z565ドライバーの試打・評価・感想

スリクソンのZシリーズから発売されている2016年モデルのドライバー、Z565ドライバーについて取り上げます。 Z565ドライバー/スリクソン GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 201 …

スリクソン Z585ドライバーとZ785ドライバーの違い

スリクソン Z585ドライバーとZ785ドライバーの違いについて解説します。 スリクソン Zシリーズドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す スリクソンの2018年 Zドライバーは …