飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 ミズノ 」 一覧

ミズノ ST-X・ST-Zドライバーの最新情報まとめ

ミズノの新たなモデル、ST-XドライバーとST-ZドライバーがR&Aのルール適合リストに掲載されましたので、最新情報をまとめます。

ST-X、ST-Zドライバーの特徴

出典:randa.org

こちらがR&Aの適合リストに掲載されたミズノのニュードライバー、「ST-Xドライバー」と「ST-Zドライバー」です。

現行の最新モデルは2020年3月に発売されているST200シリーズで、今回確認されたモデルも「ST」と付いていますので、後継モデルではないかと思われます。

ST190、ST200シリーズについては、下記記事をご覧ください。

≫ ミズノ ST200ドライバーの最新情報まとめ

≫ MIZUNO ST190 / ST190G ドライバーの最新情報

ST200は、ST200、ST200G、ST200Xの3種類のヘッドがありましたが、新たなSTは現時点でST-XとST-Zの2種類となっています。

ST-Xドライバーの特徴

こちらがST-Xドライバーです。ヒール側後方にウェイトと思われるものが搭載されているように見えます。

ST200シリーズでも名前に「X」が付く「ST200Xドライバー」はドローバイアスモデルですので、ST-Xドライバーもドローバイアス設計が採用されていると思われます。

適合リストから確認・推測できる事項

  • ロフト角は10.5、12°の2種類
  • ソールに「WAVE TECHNOLOGY」の記載があり、ヘッドの撓み効果が得られる
  • ソール後方のヒール寄りにウェイトポートを搭載し、ドローバイアス設計
  • 可変スリーブによるロフト角・ライ角の調整機能を搭載

ST-Zドライバーの特徴

こちらがST-Zドライバーです。ソール後方の中央にウェイトと思われるものが搭載されているように見えます。

ST200シリーズ、ST190でも名前に「Z」と付くモデルはありませんでしたので、ST-Xドライバーの位置づけは現時点で分かりませんが、ウェイト位置からするとスタンダードなモデルではないかと思われます。

ちなみにST200シリーズでは、ST200Gドライバーというソールにウェイト調整機能が搭載されたモデルがありましたが、現時点で同様のものは確認できていません。

適合リストから確認・推測できる事項

  • ロフト角は9.5、10.5°の2種類
  • ソールに「WAVE TECHNOLOGY」の記載があり、ヘッドの撓み効果が得られる
  • ソール後方の中央にウェイトポートを搭載し、深重心設計
  • 可変スリーブによるロフト角・ライ角の調整機能を搭載

まとめ

ミズノのST-X、ST-Zドライバーについて、適合リストに掲載された内容を基に最新情報をまとめました。

公式サイトではまだ情報が発信されておらず、日本での発売があるかも確認できていません。

今度、SNSなどを含めて新たな情報が確認されましたら、このページに反映していきます。







ミズノ ST200の発売日と発売価格

▼ミズノST200ドライバーの最新情報については、下記記事をご覧ください。 ≫ ミズノ ST200ドライバーの最新情報まとめ ミズノの2020年モデルの新作、ST200シリーズについて、発売日・発売価 …

ミズノ ST200ドライバーの最新情報まとめ

ミズノ ST200シリーズのドライバーについて、USモデルのみの発売ではなく、日本モデルも発売が決まりました。モデルは複数種類ありますので、最新情報を取り上げます。 ST200ドライバー/ミズノ GD …

MIZUNO ST190 / ST190G ドライバーの最新情報

▼ST200ドライバーの最新情報についてはコチラの記事をご覧ください。 ⇒ミズノ ST200ドライバーの最新情報まとめ MIZUNO USAから発売のST190G ドライバーについて取り上げます。 M …

Mizuno Pro MODEL E・MODEL S ドライバーの試打・評価・感想

2019/10/20:MODEL-Sの試打動画を一本追加しました。 ミズノから発売のMizuno Pro MODEL-E / MODEL-S ドライバーについて、商品の特徴を交えながら試打の評価と感想 …