ミズノ」カテゴリーアーカイブ

MIZUNO ST190 / ST190G ドライバーの最新情報

MIZUNO USAから発売のST190G ドライバーについて取り上げます。

ST190GドライバーとST190ドライバー

ミズノのSTシリーズは欧米で2019年2月に発売のモデルです。今回のST190、ST190Gも、当記事執筆時点で日本のミズノの公式サイトには掲載されていません。

ST190G、ST190の公式動画

日本での取り扱いがありませんので、公式動画はについては、mizuno golf europeにて公開されているものとなります。日本語ではありませんが、全体のフォルムを紹介するムービーですので充分参考になります。

上記の動画からも分かる通り、ST190Gの方はスライダー式のウェイトが搭載されていますので、弾道調整を行うことができます。それでは、それぞれのモデルについて詳しく見ていきましょう。

ST190ドライバーについて

ソール後方にウェイトが搭載されていますので、深重心・低重心を意識した設計と思われます。USの公式サイトでは重心についての説明はありませんが、深重心・低重心はミスへの許容度を高め、弾道を高くしてくれます。

ヘッドの撓みによりボールスピードをアップ

ソール前方にはウェーブテクノロジーが搭載されています。ヘッドが撓んでボールスピードをアップしてくれます。

ST190のヘッド断面図

ソール部分はWAVE状に成型されていることがわかります。

出典:https://dev.golf.mizunoeurope.com/golf-clubs/st-series/st190-drivers/

ST190ドライバーのロフト・ライ調整機能

こちらのST190にはスライダー式のウェイト調整機能はありませんので、重心を変更することはできませんが、ホーゼル部分にロフト・ライの調整機能は搭載されています。

ST190ドライバーのスペック

ヘッド ロフト角 ライ角 長さ
9.5 7.5-11.5 58.5-61.5 45
10.5 HL 8.5-12.5 58.5-61.5 45

ロフト角とライ角は調整機能が搭載されていますので、スペック値もレンジでの表記となります。

※調整機能ガイド(英語・仏語・独語になります)

ST190Gドライバーについて

こちらはST190Gドライバーです。ウェイトのスライダー機能が搭載されています。テーラーメイドのM5やキャロウェイのEPICFLASHとまた違った形で、縦方向に平行にレールが敷かれています。

ST190Gにもウェーブテクノロジーが搭載されている

ST190GのソールいんもWAVE TECHNOLOGYが搭載されていますので、ヘッドのたわみによりボールスピードをアップしてくれます。

ST190Gドライバーのロフト・ライ調整機能

ホーゼル部分にロフト・ライ調整機能は搭載されています。初期値はロフト9.0°の1種類のみとなります。

ST190Gドライバーのスペック

ヘッド ロフト角 ライ角 長さ
9.0 7.0-11.0 58.5-61.5 45

ST190Gモデルは右利き用のみで、レフトハンド用はありません。

ST190、ST190Gドライバーの購入方法

最初にふれた通り、日本では未発売のモデルとなりますので、日本のミズノ公式サイトでは取り扱いがありません。とは言え、海外モデルを取り扱っている日本のゴルフショップも最近は増えています。特にネットで購入すると安価で入手することができます。

おすすめはUSモデル専門で運営実績も長いフェアウェイゴルフさんです。


Mizuno Pro MODEL E・MODEL S ドライバーの試打・評価・感想

ミズノから発売のMizuno Pro MODEL-E / MODEL-S ドライバーについて、商品の特徴を交えながら試打の評価と感想を取り上げます。

Mizuno Pro MODEL-E / MODEL-S ドライバー

Mizuno Pro ドライバーは、MODEL-E と MODEL-S の2種類が発売されています。両者の違いはヘッド形状にあり、Eがシャローで平たいのに対して、Sはハイバックでヘッド後方に厚みがあります。

  • Mizuno Pro MODEL-E ドライバー
    ミズノ史上最高反発 × やさしさのシャローバック形状。
  • Mizuno Pro MODEL-S ドライバー
    ミズノ史上最高反発 × こだわりのハイバック形状。

Mizuno Pro ドライバーは重心距離が短く設定されている

Mizuno Proドライバーは、E、S共に重心距離が短く設定されています。テーラーメイドのM6 D-TYPE ドライバーやPINGのG410SFTドライバーなど、ドロー仕様と呼ばれるドライバーは、ヒール側に重心が設定されていて、重心距離が短くなっています。

重心距離が短いクラブは、ヘッドが返りやすいため、ヘッドターン/フェースターンがしやすく、ボールがつかまりやすくなります。つまり、重心距離が短い=つかまりが良い=スライス防止という効果が生まれます。

フェースに反発制限ルールが出来る前の素材を使用!

出典:https://products.mizuno.jp/c/item/5KJTB44251/040020

Mizuno Proドライバーのフェースには、反発制限のルールが出来る前に用いられていたβチタンという素材が使われています。一般的なチタン合金(6Al-4V)よりも強度が高く、たわみやすいため、反発性能に優れています。フェース周囲部は薄く設計されており、フェースのたわみが増幅されます。

Mizuno Pro MODEL-E ドライバーの特徴

ソール前方の溝が従来モデルより2mm深くなっているため、フェースのたわみが約5%アップしています。

出典:https://products.mizuno.jp/c/item/5KJTB44251/040020

これにより、ボール初速が速くなり、飛距離がアップします。

Mizuno Pro MODEL-S ドライバー

ヘッド後方に高さが保たれているハイバックな形状が特徴となっています。一般にハイバックのドライバーを使うことで、すくい上げるような打ち方になってしまう人に、レベルブローで叩ける効果をもたらしてくれます。

出典:https://products.mizuno.jp/c/item/5KJTB44151/040020

ハードヒッターが叩きにいってもボールの吹き上がりが抑えられ、コントロールすることができます。

Mizuno Pro MODEL-E / MODEL-S の試打と感想‐‐みんなのゴルフダイジェスト

  • Mizunoの契約プロがプロトタイプから使っていて、男子はモデルS、女子はモデルEが多い。
  • モデルEの方は投影面積が大きく、安心感がある。
  • モデルSは435ccの小ぶりなヘッドで、ディープフェース。叩いても左にいかない安心感がある。
  • フェース面がヒールによっていて、重心距離が短く、フェースがスクエアに返りやすい設計になっている。

モデルSを試打

  • モデルSは、打感が吸い付いてる感じで柔らかい。
  • 左に行かない。ハードヒッターは怖がらずに振っていける。
  • スピンも入って、コントロール性も良い。
  • ヘッドスピードがある人はタイプS

モデルEを試打

  • フェースローテーションしやすい。
  • 打音がシャープで良い。
  • 直進性が高い。
  • オートマチックにフェースがスクエアに戻ってくれる。

Mizuno Pro MODEL-E / MODEL-S ドライバーの発売日

モデルの解説に入る前に発売日について触れておきますと、発売日は2019年2月22日が予定されています。ドライバーだけでなく、フェアウェイウッド、ユーティリティも発売されます。

ミズノ GXドライバーの試打・評価・感想

ミズノから発売されているGXドライバーについて、どのようなモデルか解説していきます。

GXシリーズはMPシリーズにやさしさをプラス!

冒頭でも触れた通り、GXドライバーは、MPシリーズにも属さず、かといって、JPXシリーズにも属しません。つまり、全く新しいブランドとしてGXはリリースされています。

 

GXドライバーはやや軽めのクラブになっている!

GXドライバーは新たなブランドということで、このモデルがどのあたりのゴルファー層をターゲットにしているのかが気になるところです。

商品説明の中で、MPにやさしさをプラス、とされていたため、アスリート志向を持ったゴルファー、更なるレベルアップを目指すゴルファーあたりがターゲットかと思いましたが、スペックを見ていくと異なるように感じます。

クラブ重量は標準シャフトを装着したもので、フレックスSRで284gです。これはかなり軽めの部類に入りますので、ヘッドスピードが速い人が振ると、軽すぎて違和感を感じると思います。

このぐらいの重量であれば、ヘッドスピードが40m/sぐらいのゴルファーがターゲットになっていると思われます。

GXドライバーの特徴はシャフトにある!

一般に、カーボンの軽く柔らかいシャフトの場合、よくしなるため、ばらつきが出やすいと言われています。しなりをうまく使いこなせれば、ヘッドスピードが遅めの方でも飛距離を伸ばすことができますが、正確性は損なわれる方向にあります。正確性が損なわれるということは、ミート率が下がることを意味しますので、ボールスピードも下がり飛距離をロスすることになります。

出典:https://www.mizuno.jp/golf/gx/

そこで、MIZUNO GXドライバーでは、MFUSIONという新たなカーボンシャフトが開発されています。これは一言、いや、二言で言えば、「軽い、けど暴れない」シャフトです。

軽いため、ヘッドスピードが遅くても扱い安く、あばれないため、ミート率の低下が抑えられ、飛距離ロスが抑制されます。

ソールの溝がたわみをアップさせる!

ヘッドの特徴として挙げておくべき点はスリットです。

ソールの前方に切れ込みがはいっていて、たわみ量をアップしてくれます。フェースのはじきの方はルール制限がありますので、ゴルフメーカー各社は今たわみのアップにまい進していて、使う方としても欠かせない要素となりつつあります。

GXドライバーの試打と感想

・クラブが軽いので対象ユーザーは50~60才以上のゴルファー。
・前にウェイトのネジがあるので、重心が深くならず、低スピンになる。
・クラブは軽い、グリップも軽い。
・高反発とは言わないが、フェースがよく弾く。

ヘッドをたわませて飛ばすオススメのドライバー3本!飛距離をアップ!

最近のドライバーのキャッチコピーや搭載機能を見てみると、少し前とメーカーが注力するポイントに変化が見られます。

少し前は、「スリット」や「ウェイト調整」が売りになっていたが・・・

数年前のドライバーでは、ソールやフェース裏面などにスリットを入れ、反発力や許容性を上げるモデルが多くみられました。もう一つはウェイト調整機能。ソール側にスライダーが付いていて、ドロー・フェード、スピン量調整が行えるモデルがぐっと増えました。

これらはとても素晴らしい機能のため、一過性のものではなく、最近のドライバーにも搭載され続けているものが多いです。

しかし、最近のドライバーではメーカー各社のPR文言を見ていると、力を入れる点が変わってきたことが分かります。

最近のドライバーは「たわみ」が主流!

かなり多くのモデルで「たわみ」というキーワードを強調しています。インパクトの際にヘッドがボワンとたわみ、それが復元することでボールスピードが上がる、というメカニズムです。

ここまで少々長くなりましたが、最近の主流である「たわみ」を活かしたドライバーについて、おすすめのモデル3本を紹介します。

キャロウェイ ROGUE スタードライバー

撓んで飛ばすと言えば、まず思い浮かべるのがキャロウェイのEPICで初めて搭載されたJAIL BREAKテクノロジーです。

低重心・深重心に苦心するモデルが多い中、重量感ありそうな2本の柱をヘッド前方に据えた画はインパクト充分。上下方向の無駄な撓みを抑えて、効率的に撓みをボールに伝えてくれます。

ROGUE STAR ドライバーの試打、感想

最初に触れた通り、このテクノロジーはEPICにも搭載されていますので、GBB EPICスターを好んで選ばれるゴルファーも少なくありません。

GBB EPIC STAR ドライバーの試打・評価・感想

ちなみに、最近話題となっているEPIC FLASHにもJAIL BREAKは搭載と言われていますので、引き続き注目したいモデルです。

ブリヂストン TOUR-B XD-3 ドライバー

ブリヂストンと言えばゴルフともう一つ、タイヤです。PRGRも横浜ゴムですから、ゴルフとタイヤは研究開発からみて親和性が高いのでしょうかね。それはさておき、ブリヂストンのTOUR B XD-3ドライバーは、タイヤの技術が取り入れられています。

クラウンに金属弦が張られていて、たわんだ時の復元のスピードを速めてくれます。キャロウェイがたわみの生じさせ方にフォーカスしているのに対して、ブリヂストンは復元の仕方にフォーカスしているのが興味深いです。

ブリヂストン TOUR B JGR ドライバーの試打・評価、感想

ミズノ GX ドライバー

ミズノから発売されているGXドライバーは、ソールに溝が施されていて、たわんで飛ばすことができます。実際、平らなソールよりもたわみ量が多いそうです。

さらに、フェースも周辺部が薄くなっていて、フェース自身もたわみます。

出典:GXドライバー ミズノ公式ページ

ミズノ GXドライバーの試打・評価・感想

以上、たわんで飛ばすドライバー3本を取り上げました。たわみ以外にも弾道をセンターに戻してくれるモデルや、低スピンの強弾道で飛ばすモデルなど、飛距離アップの実現方法は様々です。

ご自身の課題と照らし合わせて、最適なドライバーを選ぶことで、飛距離アップを図りましょう。