飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 スリクソン 」 一覧

ZX4・ZX5・ZX7アイアンの違いを徹底解説!

スリクソンのZXシリーズは3種類のアイアンがあります。

ZX4アイアン、ZX5アイアン、ZX7アイアンについて、違いを解説します。

スリクソンのZXシリーズのアイアンは3種類!

※左からZX4、ZX5、ZX7アイアン

スリクソンのZXシリーズは、2020年に発売となっています。

発売当初はZX5アイアン、ZX7アイアンの2機種でしたが、2021年にZX4アイアンが追加され、全3機種のラインナップとなっています。

モデル 形状 概要
ZX4アイアン 中空 高初速、高弾道の一番手上の飛びと高い寛容性
ZX5アイアン キャビティ 高初速で力強い大きな飛びとソフトな打感
ZX7アイアン ツアーキャビティ
(軟鉄鍛造)
吸い付くような打感で、シビアな要求に応える操作性

これまでのZXシリーズ(旧Zシリーズ)では、5、7、9の3種類のモデルでしたが、最近は9のシリーズ(マッスルバック)が廃止され、ZXシリーズでは新たに4のシリーズが追加されています。

これまで4のシリーズは存在しませんでしたので、ZX4アイアンはこれまでにない新たな立ち位置のアイアンと言えます。

ZX4・ZX5・ZX7アイアンの違い

構造・形状の違い

ZX4、ZX5、ZX7アイアンは、形状だけでなく構造そのものが異なっています。それぞれの形状・構造を知ることで、特徴が見えてきます。

ZX4アイアンは中空構造を採用

まず、ZX4アイアンは最近では主流となりつつある中空構造が採用されています。

中空構造により、フェースの広い範囲で高い反発性能が発揮され、弾きが良く、球も上がりやすく、飛距離性能にも優れています。

ZX5アイアンはキャビティバック

ZX5アイアンは、軟鉄鍛造のボディにクロムバナジウム鋼のフェースが合わせられ、形状はキャビティバックが採用されています。

打点面の裏側が肉厚になっていますので、打感の良さが備わっていて、キャビティにより直進性が高くなっています。アスリート向けアイアンの中ではやさしい方の部類で、セミアスリートが扱いやすくなっています。

ZX7アイアンは軟鉄鍛造のツアーキャビティ

ZX7アイアンは、ヘッド全体が軟鉄鍛造で仕上げられています。

ZX4やZX5アイアンはパーツを組んでいますが、ZX7アイアンはボディとフェースが一体型で、軟鉄鍛造仕上によるフィーリングの良さが特徴です。

ヘッドサイズもZX5より全体的に小ぶりになっていますので、打感の良さと操作性の高さが備わっています。

ロフト角

モデル ZX4アイアン ZX5アイアン ZX7アイアン
ロフト角 28.5° 31° 32°
※7番アイアンのロフト角

上の表は7番アイアンのロフト角を比較したものです。ZX5とZX7では1°のみの差ですが、ZX4アイアンは大幅にロフトが立っています。

ZX4アイアンの7番は28.5°で、ゼクシオ11のレギュラーアイアンと0.5°しか違いがありません。スリクソンはアスリート向けブランドですが、ZX4アイアンは「一番手上の飛び」とも表現されていて、ディスタンス系ストロングロフトアイアンと言って良いと思います。

ネック形状

※左からZX4、ZX5、ZX7アイアン

ネック形状は、ZX7がストレートに近く、ZX5、ZX4になるにつれて、グースが効いた形状になっています。

モデル ZX4アイアン ZX5アイアン ZX7アイアン
FP 3mm 3.53mm 3.93mm

FP値もほぼリニアに小さくなっていて、ZX4では3mmで、ボールのつかまりの良さを少し持たせた形状となっています。

ネック形状から、ZX7は意図した通りに弾道が出せる操作性があり、ZX5は真っ直ぐに飛ばしやすく、ZX4はしっかりつかまえて真っ直ぐ飛ばしやすくなっています。

ヘッド形状

※上からZX4、ZX5、ZX7アイアン

フェースは、ZX4、ZX5、ZX7アイアンの順に大きくなっています。

画像を見比べてもややわかりにくいですが、差は各モデル間で1mmぐらいです。

モデル ZX4アイアン ZX5アイアン ZX7アイアン
ブレード長 79.7mm 78.6mm 77.5mm

ZX7アイアンはこの中で最もハードなモデルではありますが、ブレード長の差はあまり大きくありません。

ネックはZX4のみショートに見えます。アイアンはネック周りに重量が偏りやすいという形状面の特徴があります。

ショートホーゼルにすることで、ヒール寄りの重量が抑えられ、余剰重量がトゥ側やソール後方などに再配分することができ、より特徴を出しやすくなります。

ソール形状

ソールは、スリクソン特有の前後にバンスが設けられたV字型が採用されています。

この形状を採ることで振り抜きやすくなりますので、芝の様々なコンディション下でも扱いやすくなっています。

モデル ZX4アイアン ZX5アイアン ZX7アイアン
ソール幅 24.8mm 20.7mm 17.1mm

ソール幅は、ZX4アイアンが大幅に厚くなっています。

ZX5アイアンは、ややソール厚がありますので、直進性能が備わっていて、ZX4アイアンは大幅に厚めになっていますので、低重心で球が上りやすく、深重心でミスを許容しやすくなっています。

ZX4・ZX5・ZX7アイアンの適合ゴルファー

ZX4アイアン

中空構造でストロングロフトのディスタンス系アイアンです。とは言え、スリクソンらしくシャープな形状に仕上がっていますので、アベレージゴルファー~セミアスリートで、直進性と飛距離性能を重視したい方に適したアイアンです。

ZX5アイアン

アスリート向けブランドのアイアンとしては、フェースの外周部にわりとしっかり目にキャビティがあります。

打点のブレに対して強さを発揮してくれますので、操作性よりも直進性に頼りたい中級者に適したアイアンです。

ZX7アイアン

ZX7アイアンのみ、ヘッドが軟鉄鍛造で仕上げられています。吸い付くような打感の良さが備わっていますので、フィーリングを重視する上級者に好まれます。

素直なフェースとネックの形状、すっきりとしたソール形状で、操作性が高く、意図した弾道を放って狙いに行きたい方が、使いごたえのあるアイアンです。

ZX4、ZX5、ZX7アイアンのスペック比較

番手 ZX4アイアン ZX5アイアン ZX7アイアン
3番 20
4番 21 22 22
5番 23 24 25
6番 25.5 27 28
7番 28.5 31 32
8番 33 35 36
9番 38 39 41
PW 43 44 46
AW 49 50 51
SW 56 56 57

こちらは3機種のアイアンのロフト角を比較した表です。

ZX5アイアンとZX7アイアンはセミアスリート・アスリート向けらしいスペックです。

一方、ZX4アイアンは7番が28.5°ですので、ロングアイアン・ウェッジのピッチが大きくなっています。

ZX4、ZX5、ZX7アイアンの詳細・試打・評価

ZX4アイアン

スリクソン ZX4アイアンの最新情報まとめ!中空構造でストロングロフト!

ZX5アイアン

ZX5アイアンの試打・評価・感想

ZX7アイアンの試打・評価・感想

 







スリクソン ZX4アイアンの最新情報まとめ!中空構造でストロングロフト!

スリクソンのZXシリーズの新たなモデル、ZX4アイアンが発売となりましたので、最新情報を取り上げます。 ZX4アイアン Amazon 楽天市場 ゴルフダイジェスト フェアウェイゴルフUSA ZXシリー …

スリクソン Z545・Z745・Z945ドライバーの違い

スリクソン Z545ドライバー・Z745ドライバー・Z945ドライバーの違いについて解説します。 Z545ドライバー/スリクソン GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す スリクソンの2014 …

スリクソン Z945ドライバーの試打・評価・感想

スリクソンのZシリーズから発売されている2014年モデルのドライバー、Z945ドライバーについて取り上げます。 Z945ドライバー/スリクソン GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す Zシリ …

スリクソン Z745ドライバーの試打・評価・感想

スリクソンのZシリーズから発売されている2014年モデルのドライバー、Z745ドライバーについて取り上げます。 Z745ドライバー/スリクソン GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す Zドラ …