飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー キャロウェイ

ROGUE ST MAX LSドライバー 2022の試打・評価・感想

投稿日:2022年1月18日 更新日:

キャロウェイの2022年モデル、ROGUE ST MAX LSドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

ROGUE ST MAX LSドライバー

ROGUE STシリーズのドライバーは、全部で4機種あります。ラインナップは前年のEPICとは若干変わっていまして、MAXタイプがスタンダード的な位置づけのモデルとなっています。

左から、スタンダードなROGUE ST MAXドライバー、ドローバイアスのROGUE ST MAX Dドライバー、低スピンのROGUE ST MAX LSドライバー、そして、アジア市場向けの軽量版のROGUE ST MAX FASTドライバーです。

本記事で取り上げているのは、低スピンモデルのROGUE ST MAX LSドライバーです。

なお、USモデルの方では軽量なMAX FASTシリーズが取り扱われておらず、逆に低スピンのトリプルダイアモンド、ROGUE ST Triple Diamond LSドライバーが発売されています。

▼日本でもUSモデルの入手が可能です。

ROGUE ST MAX LSドライバーの試打・評価

ROGUE ST MAX LSドライバーをプロが計測試打・評価

  • 打感は、MAX Dが吸い付く感じ、MAXは少し弾く感じ。そして、MAX LSはMAX Dよりも吸い付く感じ。
  • だけど初速は出る不思議な感じ。球は一番強い。
  • MAX、MAX Dにあった球のつかまりは、一切ない。「小ぶりだからつかまる」という感じもない。
  • MAXでもスピンは十分抑えられるので、スピンを減らしたいというより、左に行かせたくない人がLSを選ぶと良い。
  • EPIC MAX LSと比べると、ローグST MAX LSの方がヘッドが小ぶりでLS感がある。ローグサブゼロと比べると、寛容性が落ちる。

ローグSTシリーズのドライバー3種をゴルフライターが詳しく試打・解説

ローグST MAX、MAX LS、MAX Dの3機種を試打されています。以下にローグST MAX LSドライバーの評価を抜粋しました。

  • MAX LSは低スピンで球が強い。
  • MAX LSも球が少しつかまる感じがある。ドローまではいかないがストレートぐらい。
  • 多くの人に合うのはMAX、スピンを抑えたい人はMAX LSがオススメ。
  • MAX LSの発売は、セレクトストア限定のモデル。

市原建彦プロがローグST MAX LSドライバーを試打・評価

▼MAX LSの試打のところ(5:48頃)から再生されます。

  • ヘッドを接地すると、フェースが開く。
  • 打感は、3機種の中で最も弾き感がある。
  • ヘッドスピードが45m/sぐらいないと、厳しい。球が上がらない。

ローグST MAX LSドライバーをプロが試打・評価

  • ヘッドの大きさが全体的に閉まっている。
  • バルジ・ロールが少なくストレートで、引き締まって見える。
  • スピン量が少ない。
  • インパクトで球を押し込めて、曲がらない。
  • 初速(ミート率)が出る。

ROGUE ST MAX LSドライバーのスペック

  • ロフト角:9/10.5°
  • ライ角:57°
  • ヘッド体積:455cc
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • 標準シャフト:TENSEI 55 for Callaway
  • フレックス:S/SR
  • クラブ重量:約308g(S)
  • ウェイト:タングステン・スピード・カートリッジ約11g

ROGUE ST MAX LSドライバーのシャフト

ROGUE ST MAX LSドライバーのシャフトは、公式サイトに掲載されているものが4種類あります。

シャフト 硬さ バランス クラブ重量 シャフト重量 トルク 調子
TENSEI 55 for Callaway S D4 約308g 約55g 4.3
SR D4 約307g 約54g 4.4
Tour AD UB-6 S D3 約319g 65g 3.2
SPEEDER NX 60 S D3 約318g 63.5g 3.7
Diamana PD 60 S D3 約317g 64.5g 3.3 中元

ROGUE ST MAX LSドライバーの発売日・発売価格

ROGUE ST MAX LSドライバーの発売日は、2022年3月下旬です。

発売価格は、シャフトにより以下の通りとなっています。

  • TENSEI 55 for Callaway:¥86,900
  • Tour AD UB-6:¥105,600
  • SPEEDER NX 60:¥105,600
  • Diamana PD 60:¥105,600

ROGUE STシリーズ ドライバー(2022年)の最新情報・違いをまとめ!MAX・MAX D・MAX LS・MAX FASTの4機種が3月に発売


 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, キャロウェイ
-, , , ,

関連記事

ROGUE STシリーズ フェアウェイウッド(2022年)の最新情報・違いをまとめ|LS・MAX・MAX D・MAX FAST|発売は3月

キャロウェイの2022年モデルの「ROGUE ST」のフェアウェイウッドについて、モデルの種類、スペック、発売価格など、最新情報をまとめました。 ROGUE ST MAXフェアウェイ Amazon 楽 …

最適なスピン量は?ドライバーの飛距離との関係を把握しよう

ゴルフの飛距離を決める要素は幾つかあり、その一つがスピン量です。この記事ではボールのスピン量について、飛距離との関係を取り上げます。 目次1 飛距離を決める3要素とは?2 ボールのスピン量とは?3 最 …

TOUR B JGR 2019年モデルの評価・くちこみをまとめました

TOUR B JGR 2019の試打評価については、下記記事をご覧ください。 ⇒TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想 2019年モデルと2017年モデルの違いについては、 …

G LS TECドライバーの試打・評価・感想

PINGから2016年に発売のG LS TECドライバーについて、試打・評価・商品の特徴について取り上げます。 G LS TECドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す …

M1ドライバー・M2ドライバー 2017のロフト角調整機能を徹底解説!

M1、M2ドライバーの2017年モデルに搭載されているロフト角の調整機能について取り上げます。 M1・M2ドライバー 2017 GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す フェアウェイゴルフUS …