飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

パター オデッセイ

ELEVENシリーズパターの最新情報まとめ!全モデルスペック・試打・評価

投稿日:2022年3月20日 更新日:

キャロウェイのオデッセイから発売のELEVENシリーズパターについて、最新情報を取り上げます。

ELEVENシリーズパターの特徴

オデッセイのELEVENシリーズパターは、2022年に発売のモデルで、2021年のTENシリーズの次のモデルです。

アライメントは2種類

TENシリーズでは5種類のアライメントがありましたが、ELEVENシリーズでは2種類に絞られています。

左がツアーライン、右がトリプルトラックです。2-Ballが無くなっている点は、残念に感じられる方もいると思いますが、後から追加される可能性もあるかと思います。

ネックは3種類

ネックについては、ショートスラント、ダブルベント、センターシャフトの3種類あります。

ただ、トリプルトラックについては、TENシリーズと同様にセンターシャフトはありません。

これは推測になりますが、トリプルトラックならではの理由で、ボールとパターヘッドのアライメントをピタッと一致させる際に、センターシャフトだと邪魔になってしまうためではないかと思います。

浅重心で自分の力加減で打てる

ELEVENパターの特徴としては、大型マレットにも関わらず、浅重心になっている点が挙げられます。

ソール前方にスチール製のウェイトを搭載し、ヘッド後方下部にウレタン樹脂のCPUとアルミニウムを採用していることで、かなりの重量をヘッド前方部分に集中。従来の大型マレットよりも、重心が浅く設定されています。

前年のTENパターでは、後ろに重量感があり、ヘッドの動きに安定感があり、ミスヒットに強く、ヘッドの重さでストロークを押し出してくれる感じがありました。

今回のELEVENパターは浅重心になっていますので、ストローク後半でのヘッドの自重による”押し”が弱まり、これは逆に言うと、自分の力加減で距離のコントロールを付けやすくなっていると言えます。

そうなると、ヘッドの安定性はどうなっているのか?と気になりそうですが、さすがにこれだけの大きさのマレットパターですから、十分な安定性が備わっています。

大型マレットの重さに頼ったストロークが気に入っている方はTEN、重さで勝手に押される感じが嫌だったりコントロールできない方はELEVEN、という線引きが出来ます。

ELEVENシリーズパターの試打・評価

TOUR LINEDのヘッドで、3種類のネックを打ち比べされています。

  • 見た目は今風の大型マレットのパター。
  • イメージ的にはもっと直進的に打って良いのかと思ったが、操作性がある。自分のフィールを入れて良さそう。
  • 構造的には、ヘッド後方を軽く、前めを重くしていて、マレット型のやさしさを持ちつつ、操作性も加えてある。
  • センターシャフトだと直進的なイメージを持ちやすい。
  • 後ろの重さは感じない。でも、打ってて当り負けする感じは無い。
  • 殆どの人はダブルベンドで良いと思うが、つかまるイメージが出る、左に行くのが嫌な方はショートスラントを選ぶと良い。

ELEVENシリーズパターの全モデル・スペック

ELEVENシリーズはアライメントとネックの組み合わせて、5種類のパターがあります。ツアーラインが3種類、トリプルトラックが2種類です。

ELEVEN TOUR LINEDパター

こちらはセンターにホワイトのツアーラインのアライメントが施されたタイプで、ネックがダブルベントです。

  • ロフト角:3°
  • ライ角:70°
  • 長さ:32、33、34インチ

ELEVEN CS TOUR LINEDパター

こちらもセンターにホワイトのツアーラインがあるタイプで、ネックはヘッドの真ん中にシャフトが真っ直ぐ刺さっているセンターシャフトです。楽に芯で捉えたい方に好まれるネック形状です。

  • ロフト角:3°
  • ライ角:71°
  • 長さ:33、34インチ

ELEVEN S TOUR LINEDパター

こちらもセンターにホワイトのツアーラインがあるタイプで、ネックはショートスランです。開閉してストロークするタイプの方、ヘッドの座りの良さを求める方に好まれます。

  • ロフト角:3°
  • ライ角:70°
  • 長さ:32、33、34インチ

ELEVEN TRIPLE TRACKパター

こちらはトリプルトラックのアライメントが施されたタイプです。ネックはダブルベントです。

  • ロフト角:3°
  • ライ角:70°
  • 長さ:33、34インチ

ELEVEN S TRIPLE TRACKパター

こちらはトリプルトラックのアライメントが施されたタイプで、ネックはショートスラントです。

開閉してストロークするタイプの方、ヘッドの座りの良さを求める方に好まれます。

  • ロフト角:3°
  • ライ角:70°
  • 長さ:33、34インチ

ELEVEN パターの発売日・発売価格

ELEVEN パターの発売日は、2022年2月18日です。発売価格は、46,200円です。

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-パター, オデッセイ
-, ,

関連記事

【2021年】パター 売れ筋ランキング TOP5

2021年のパターの売れ筋モデルについて、大手ネットショップのランキングを元に調査しました。 実際に、売れているモデルのランキングとなりますので、人気がある評価があるモデルとも言えます。 リアルなパタ …

ブリヂストン ツアーステージ TOURSTAGE V002ゴルフセットを徹底解説!ツアステの復刻モデル

ブリヂストンから発売のゴルフセット、「TOURSTAGE(ツアーステージ) V002 ゴルフセット」について、詳しく解説します。 ツアーステージ V002ゴルフセット Amazon 楽天市場 目次1 …

フェースバランスのパターは、本当にフェースを開閉しない人向きなのか?

フェースバランスのパターについて、フェースを開閉しない人向けという説明を見かけます。 この点について、疑問に感じていることがあるので、列挙してみたいと思います。 目次1 「フェースバランス」、「トゥヒ …

キム・シウーが3番ウッドをパター代わりにした理由がコチラです

松山英樹が日本人初・アジア人初のメジャー優勝。 この快挙を成し遂げたマスターズで、静かに珍事件が発生していました。 通常では有り得ないという理由以外にも、同組だったゴルファーへの同情の念、モラル面での …

クリーブランド ゴルフセットを徹底解説!トリコロールカラーでデザイン性が高い

クリーブランドから発売のキャディバッグ付きゴルフセットについて、詳しく解説します。 クリーブランド ゴルフセット Amazon 楽天市場 目次1 クリーブランドゴルフはウェッジで有名なアメリカのゴルフ …