飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー ピン

G430 LSTドライバーの試打・評価・感想

投稿日:

PINGのG430 LSTドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

G430 LSTドライバー

PINGG430シリーズのドライバーは、前作のG425シリーズと同様に、3タイプに分かれています。

左から、スタンダードタイプのG430 MAX、低スピンタイプのG430 LST、ドローバイアスのG430 SFTです。

本記事で取り上げているのは、写真中央の低スピンタイプ、G430 LSTドライバーです。

LSTは、3タイプの中で、唯一、カーボンクラウンが採用されていて、これまでのチタンヘッドから脱却しています。

余剰重量は後方ウェイトなどに効果的に配分され、前作よりも5cc小ぶりながら、球の上がりやすさ、寛容性に優れています。

PING G430ドライバーの最新情報まとめ!G430 MAX・G430 LST・G430 SFTドライバー

G430 LSTドライバーの試打・評価

G430シリーズのドライバーをクラブフィッターが試打・解説・評価

試打クラブは、G430 LSTドライバーの10.5°でシャフトはPING TOUR 65 S、PING TOUR BLACKです。

  • MAX、SFTと比べて、LSTは打ち出しが低い。10.5°でも低い。
  • G425は少し球がめくれる感じがあったが、G430はめくれる感じが無い。
  • 球はつかまる。動かない。曲がらない。
  • 前作と比べて、飛距離は出る感じがする。

G430 LSTとG425 LSTドライバーを比較試打

  • 構えた感じはG430とG425で、見た目の投影面積はほぼ一緒。
  • 打感的には殆ど同じ。打音はG430の方が少し抑えられている。打感・打音は良い。
  • 基本的なテイストはG430でも同じ。PINGらしさは失われず、振りやすさ、寛容性が上がっている。

G430シリーズとG425シリーズのヘッド計測結果を比較

  • G430シリーズで一番変わったのがLST。
  • ヘッド体積が小さくなっていて、重心深度、重心距離が短くなっている。
  • しかし、LSTはカーボンクラウンにより余剰重量が生まれ、バックウェイトが5g重くなっている。やさしさ・衝突エネルギーが増す。
  • 重心角は、G425よりもG430の方が抑えられている。左への引っ掛けが抑えられているよう。

G430 MAXとLSTを比較試打

  • 打音は、MAXもLSTも大分、おとなしい音になっていて、改良されているのが分かる。
  • LSTの方が低く締まった球が打てる。
  • ヘッド体積はLSTの方が20cc小さいが、構えてみて違和感は感じられない。
  • つかまりが良いのに、引っ掛からない。

G430 LSTドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5°
  • ライ角:58°
  • ヘッド体積:440cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • 標準シャフト:ALTA J CB BLACK
  • クラブ重量:309g(S)

G430 LSTドライバーのシャフト

G430シリーズのドライバーのシャフトは、全3機種で共通となっています。公式サイトでは5種類のシャフトが紹介されています。

シャフト名 素材 長さ 硬さ 重量 トルク 調子
ALTA J CB BLACK カーボン 45.75 R 49 5.3
SR 53 5.2 中先
S 58 5
PING TOUR 2.0
CHROME 65
カーボン 45.25 R 55 4.4
S 60 4.2 中元
X 65 3.8 中元
PING TOUR 2.0
CHROME 65
カーボン 45.25 R 67 3.7
S 69 3.3 中元
X 72 3.2 中元
PING TOUR 2.0
BLACK 65
カーボン 45.25 S 59 3.8 中元
X 65 3.5 手元
PING TOUR 2.0
BLACK 75
カーボン 45.25 S 73 3.2 中元
X 76 2.9 手元

G430 MAX・LST・SFTドライバーの発売日・発売価格

G430 MAX・LST・SFTドライバーの発売日は2022年11月11日、発売価格は99,000円です。

G430 LSTドライバーとG425 LSTドライバーの違いを徹底解説

PING G430ドライバーの最新情報まとめ!G430 MAX・G430 LST・G430 SFTドライバー

G430 MAX・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角、ウェイト調整機能を徹底解説!スリーブの互換性は?

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ピン
-, , ,

関連記事

飛距離が出るドライバー 2021年 おすすめランキング

2021年モデルのドライバーで飛距離が出るモデルをランキング形式で紹介します。 対象となるドライバーは、各メーカーで現行最新モデルとしてホームページやカタログに掲載しているモデルとなります。そのため、 …

G425クロスオーバーの試打・評価・感想

PINGのGシリーズの2020年モデルから発売のG425クロスオーバーについて、試打・評価・スペックなどを詳しく取り上げます。 G425クロスオーバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す …

直ドラのメリット・コツ!アイアンが得意な方は必見【池村寛世プロに学ぶ】

フェアウェイウッドを使わず、直ドラを駆使する池村寛世プロ。 ツアー初優勝も挙げ、直ドラへの注目が高まっています。 本記事では、直ドラのコツやメリット、そして、実際に試合で直ドラしている池村寛世プロの考 …

M5ドライバーの試打・評価・感想

テーラーメイドから発売のM5ドライバー。スピードインジェクションにより最大反発を持った注目のドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 テーラーメイド M5 ドライバー GDO …

EPIC 2021シリーズのドライバー・フェアウェイウッドの発売日と発売価格

▼EPIC 2021シリーズのドライバーの最新情報は、下記記事をご覧ください。 ≫ 【何処よりも早い】EPIC SPEED・EPIC MAX・EPIC MAX LSドライバー 2021の最新情報まとめ …