当サイトは広告が含まれています

小祝さくらの最新クラブセッティングを徹底解説!2023年の優勝はツアー通算9勝目

本記事では、小祝さくらプロの最新のクラブセッティング(WITB)について取り上げます。

2023年7月のミネベアミツミ レディスで、シーズン初優勝を飾りました。

2022年10月のスタンレーレディスホンダ以来の大凡1年ぶりの勝利で、日本ツアーでの優勝回数は通算9度目となりました。

小祝さくらの用具契約

小祝さくらは、スリクソンのキャップを被っているためご存知の方も多いと思いますが、用具契約をダンロップと結んでいます。

用具以外のところでは、ウェアはデサント(ルコックゴルフ)で、その他にも、明治、カシオ、ニトリ、王子ホールディングス(王子製紙)、コラントッテなどとも契約していて、非常に多くのスポンサーを獲得しています。

これだけの大手と契約していまして、数年前は若手の代表格でしたが、今や名実ともに日本のトッププロとなっています。

小祝さくらのドライバー

スリクソン ZX7 MKⅡドライバー

ドライバーは、スリクソンのZX7 MKⅡドライバーを使用しています。

少し前はZX5 MKⅡドライバーを使用していましたので、コースや天候に合わせてZX5とZX7を使い分けているのかもしれません。

ちなみにそれ以前は、ZX5ドライバー、Z785ドライバー、Z765ドライバーを使っていましたので、「5(シャロー)」か「7(ディープ)」かは固定されていないようです。

スペック

  • ロフト角:9.5°
  • シャフト:TENSEI PRO ホワイト 1K 50
  • 長さ:45インチ
  • フレックス:S

ZX7 MKⅡ・ZX7 MKⅡ LSドライバーの最新情報まとめ!試打・評価・スペック・発売日・発売価格

小祝さくらのフェアウェイウッド

スリクソン ZX MKⅡフェアウェイウッド(3番)

フェアウェイウッドは、ドライバーと同様にZX MKⅡシリーズの3番を使っています。

少し前の大会では、3番と5番を入れていたので、こちらもコースや天候に合わせて変えているのかもしれません。

スペック

  • 番手:3番
  • ロフト角:15°
  • シャフト:ディアマナ ZF 50
  • 長さ:42.5インチ
  • フレックス:S

ZX MKⅡフェアウェイウッドの最新情報まとめ!試打・評価・スペック・発売日・発売価格

小祝さくらのユーティリティ

スリクソン ZH85 ハイブリッド(3番、4番)

ハイブリッドは2018年モデルのZ H85ハイブリッドを使用しています。

Z H85の後継モデルとして、ZXハイブリッド、ZX MKⅡハイブリッドが出ていますが、未だに移行せずに旧モデルを使い続けていますので、かなり気に入っているようです。

スペック

  • 番手:3番、4番
  • ロフト角:19°、22°
  • シャフト:ディアマナ Thump h90
  • 長さ:40インチ、39.5インチ
  • フレックス:S

小祝さくらのアイアン

スリクソン ZX7 MKⅡ アイアン(5番~PW)

アイアンもハイブリッドと同じく2018年モデルのZシリーズ、Z585アイアンを使っていましたが、2023年からはZX7 MKⅡアイアンに移行しています。

女子プロゴルファーには「7」よりも「5」のシリーズの方が人気がありますが、小祝さくらはドライバー、アイアン共にハードな方のZX7 MKⅡを使用しています。

スペック

  • 番手:5~9番、PW
  • シャフト:ダイナミックゴールド 85
  • フレックス:S200

ZX7 MKⅡアイアンの試打・評価・感想

小祝さくらのウェッジ

クリーブランド RTX-3 ウェッジ(47°、51°、58°)


ウェッジはダンロップ系のクリーブランドのモデルを使用しています。

RTX4のフォージドモデルを使っていたこともありましたが、旧モデルのRTX3を長く使っています。

小祝さくらのパター

オデッセイ TRI-BEAMパター #7CS

パターは頻繁に変えていまして、最新の情報ではオデッセイのTRI-BEAM(トライビーム)に切り替えています。

女子プロゴルファー界ではテーラーメイドのトラスパターが大人気でして、TRI-BEAMは、遂にキャロウェイからも発売された三角ネックを採用したモデルです。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-クラブセッティング, 女子プロゴルフ
-,

関連記事

小祝さくらのダイキンオーキッドレディス優勝時のクラブセッティング(2021年3月)

▼小祝さくらの最新クラブセッティングは下記記事をご覧ください。 小祝さくらの最新クラブセッティングを徹底解説!2023年の優勝はツアー通算9勝目 小祝さくらが2021年のダイキンオーキッドレディスで3 …

アマチュア・若手がプロツアーで優勝できる理由

ここ数年、アマチュアやプロ1年目の選手がプロツアーで優勝するシーンが珍しくなくなってきました。 若手の活躍は喜ばしいことは確かですが、一方で、中堅・ベテランはどうしているのか?何故、若手が第一線で通用 …

鈴木愛の最新クラブセッティングを徹底解説!G410とG400を使い分けている

鈴木愛の最新クラブセッティングについて取り上げます。 目次1 鈴木愛の用具契約2 鈴木愛のドライバー2.1 PING G410 LST ドライバー(10.5度)3 鈴木愛のフェアウェイウッド3.1 P …

渋野日向子の最新クラブセッティングを徹底解説!2020年4月

渋野日向子の最新クラブセッティングについて取り上げます。 目次1 渋野日向子の用具契約2 渋野日向子のドライバー2.1 PING G410 プラス ドライバー(10.5度)3 渋野日向子のフェアウェイ …

JTポストンの最新クラブセッティングを徹底解説!TSR3ドライバーで優勝

JTポストンが2022年6月に開催されたジョン・ディア・クラシックにて、通算2勝目を挙げました。 今回の優勝は、タイトリストの2022年のニューモデルTSRシリーズのTSR3ドライバーを使用したことも …