当サイトは広告が含まれています

ダイナミックゴールド MIDシャフトの特徴を徹底解説!試打・評価・スペック

シャフト トゥルーテンパー 2023年10月28日

トゥルーテンパーから発売の「ダイナミックゴールド MID」シャフトについて、製品の特徴、スペック、試打した評価を取り上げます。

ダイナミックゴールド MIDの特徴

日本ではTOUR ISSUEと115の2種類

ダイナミックゴールド MIDの存在は、以前から知られていまして、早々とUS製品を輸入している方もいました。

その後、日本でも待望の発売に至りましたが、リリースされるモデルはUSと日本で違いがあります。

モデル フレックス USモデル 日本モデル
TOUR ISSUE S200
S400
X100
115 R300
S200
S300
X100
100 R300
S300

USモデルでは、130g(TOUR ISSUE)・115g・100gの3つの重量帯がありますが、日本モデルでは100gの重量帯がありません。

また、フレックスのラインナップにも違いがあり、日本モデルの方がソフトなスペックが揃っています。

USツアーの要望を取り入れたロースピン対応シャフト

ダイナミックゴールドはアメリカのトゥルーテンパー社のシャフトで、アイアン用のスチールシャフトとして最も有名なシャフトの一つです。

そのダイナミックゴールドに昨今のロースピン仕様のヘッドに合わせたシャフトとしてPGAツアーの声が反映されたのがダイナミックゴールド MIDです。

ちなみに、ツアープロからの要望というのは以下の2点です。

  • DGのフィーリングを維持しながら、重量を変えず、少し軟らかい感じにして欲しい。
  • 打出し角とスピン量を増やしたい。

まさにロースピンヘッドのデメリットに対する要望です。

ロースピン対応とは?

ではロースピントレンドに対応とは、具体的にどのようなもなのでしょうか?

メーカー公式サイトではこのように説明されています。

中間部分を硬め、先端を軟らかめに設計 - DGのフィーリングを維持しつつ、打ち出し角とスピン量を増加。

この説明から筆者が先ず思い浮かべたのは、NSプロ950GH neoです。

こちらも日本シャフトを代表するNSプロ950GHをアイアンのストロングロフト化に対応させたもので、先端をしなり戻らせることにより高さとスピンが出る設計となっています。

ダイナミックゴールド MIDについても、中間を硬めで先を柔らかくしていますので、先端が動きやすいということになります。

一般に先調子系のシャフトは、つかまり、打ち出し角、スピンが強まりますので、最近のトレンドである低スピン・強弾道が抱える低くて浮かない問題を解決してくれます。

実際、弾道の高さは3~5ヤードほど高くなるとされています。

ダイナミックゴールドとの違いを比較

MIDの特徴が分かったところで、気になるのはベースとなるダイナミックゴールドとの違いです。

  • DG:元調子
  • DG MID TOUR ISSUE:中元調子
  • DG MID 115:中調子

MIDでは、中間剛性を高めてありますので、しなりポイントが元側から中側に移動しています。

ダイナミックゴールド MIDの試打・解説

ダイナミックゴールド MIDをトラックマンで計測試打・評価

テーラーメイドのSIM2ドライバー(10.5°)にVENTUS TR BLACK 5S、6S、7S、7X、8Xを挿して試打されています。

  • 先端を柔らかくしているところがDGと違う。
  • MODUSと比較すると柔らかみがある。
  • 先端が動いてくれて、球を拾ってくれる。グリーン上で止まるように作っている。
  • TOUR ISSUEは重たいが、張り感ではなく重量感なので、先の柔らかさで高さが出る。
  • スピン少なめで高さが出るので、風にも強そう。

ダイナミックゴールド MIDを忖度無く評価

こちらの動画では、USシャフトを取り扱われていて、MID100、MID115、TOUR ISSUEの全モデルを試打・評価されています。

全モデル・フレックスについて振動数の計測データも紹介されていましたので、以下にまとめました。

モデル フレックス 振動数
TOUR
ISSUE
S400 368cpm
X100 379cpm
115 R300 327cpm
S300 344cpm
X100 351cpm
100 R300 320cpm
S300 327cpm

ダイナミックゴールド MIDのスペック

ダイナミックゴールド MID TOUR ISSUE

硬 さ シャフト長 ティップ径 バット径 カット前重量 キックポイント
X100 40.5-37.0″
1029-940mm
0.355”
9.00mm
0.600”
15.25mm
130g 中元調子
S200

ダイナミックゴールド MID 115

硬 さ シャフト長 ティップ径 バット径 カット前重量 キックポイント
X100 40.0-37.0″
1016-940mm
0.355”
9.00mm
0.600”
15.25mm
116g 中調子
S200 115g
R300 114g

ダイナミックゴールド MIDの発売日

ダイナミックゴールド MIDの発売日は、2023年10月1日です。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-シャフト, トゥルーテンパー
-, , ,

関連記事

VENTUS BLACKシャフトの特徴を徹底解説!試打・評価・スペック

Fujikuraから発売の「VENTUS BLACK」シャフトについて、製品の特徴、スペック、試打した評価を取り上げます。 VENTUS BLACKシャフト Amazon 楽天市場 目次1 VENTU …

【米国PGAツアー】トッププロ10名のシャフト(ドライバー編)を調査【2022年】VENTUSが圧倒的な人気!

海外のトッププロたちは、ドライバーにどんなシャフトを使っているのか? ドライバーヘッドは契約メーカーのものを基本的に使用しますが、シャフトはプロパーの純正とは異なるケースが大半です。 そこで、米国PG …

シャフトのフレックスは統一的ではない件【同じフレックスでも硬さは違います】

ゴルフクラブを購入する際、ヘッドの特性やスペックに加えて、シャフトの硬さも選ぶこととなります。 本日は、このシャフトの硬さを表すフレックスについて、選ぶ際の注意点を取り上げます。 目次1 フレックスの …

シャフトが長くなると、飛距離はどれぐらい伸びるか計算した結果【1インチで約5ヤード飛ぶ!】

ドライバーの飛距離をアップする方法の一つに、クラブ長さを長くするという選択肢があります。 本記事では、クラブを長くすることで飛距離がどれぐらい伸びるのかについて、解説します。 目次1 クラブ(シャフト …

ATTAS KINGシャフトの特徴を徹底解説!試打・評価・スペック

USTマミヤから発売の「ATTAS KING」シャフトについて、製品の特徴、スペック、試打した評価を取り上げます。 ATTAS KING Amazon 楽天市場 目次1 ATTAS KINGの特徴1. …