飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー スリクソン

スリクソン Z545・Z745・Z945ドライバーの違い

投稿日:2020年12月14日 更新日:

スリクソン Z545ドライバー・Z745ドライバー・Z945ドライバーの違いについて解説します。

スリクソンの2014年 Z45シリーズのドライバーは3種類!

スリクソンの2014年のZシリーズのドライバーは、前作と同じく3種類のヘッドが発売となっています。

上掲のヘッドが並んだ画像は、ヘッドが小さいアスリート向けから並んでいまして、左からZ945ドライバー、Z745ドライバー、Z545ドライバーです。

ヘッドの大きな違いは、形状・サイズ・ウェイト

3種類のヘッドの主だった違いは、形状、大きさ、ウェイトにあります。

モデル Z545 Z745 Z945
ヘッド体積 460cc 430cc 400cc
ヘッド形状 シャロー 中間 ディープ
ウェイト 中央に1つと後方に1つ 中央に1つ 中央に1つ

ヘッドサイズとヘッド形状の違い

ヘッドサイズは、Z945が400cc、Z745が430cc、Z545が400ccとなっていて、30cc刻みとなっています。

最もやさしいZ545と最も難しいZ945では60ccの違いがありますので、構えた印象も使用感も相当に違ってきます。

ヘッドサイズが大きくなるに連れ、ディープからシャローになっていきますので、操作性重視から直進性重視に変わっていきます。

ウェイトの数と配置

再び3つのヘッドのソールを比べてみましょう。

右のZ545ドライバーはソール後方にウェイトが1つ搭載され、中央のウェイトはややヒール寄りに見えます。対して、左のZ945、Z745は、ソール中央にウェイトが1つ搭載されています。

Z545ドライバーは、後方にウェイトがありますので、反発エリアを広げ、ミスに強く、弾道の直進性を高めてくれます。また、中央のウェイトがヒール寄りになることで、ヘッドターンが容易になりますので、ボールのつかまりも良くしてくれます。

一方、Z745、Z945は後方のウェイトがなく、センターに1つのみとなります。低スピン効果が働き、強い弾道が出やすいのと、オートマチックにヘッドが返らず意図した通りにヘッドを動かし(保ち)やすいため、操作性の高さが特徴となります。

Z745とZ945では、ヘッドサイズが30cc違いますので、左につかまり過ぎるのを恐れず、思い切り叩きたい方は、Z945ドライバーが適しています。

3種のドライバーの適合ゴルファー

Z545ドライバー

Z545ドライバーは、ヘッド体積が460ccで、シリーズ中で最もが大きくシャローです。ウェイトが後方にも搭載されていますので、好みの弾道に調整することができます。

ボールのつかまり、弾道の直進性に配慮した重心設計となっていますので、上を目指すアベレージゴルファー、セミアスリートにおすすめのドライバーです。

Z745ドライバー

Z745ドライバーは、ヘッド体積が430ccで、サイズ的にも適合ゴルファーも中間的な存在のモデルです。

ソール後方のウェイトがなく、Z545よりも小ぶりでディープになっていますので、操作性を求めるセミアスリート、アスリートゴルファーにおすすめのドライバーです。

Z945ドライバー

Z945ドライバーは、ヘッド体積が400ccとかなり小振りに仕上がっています。

ヘッドスピードが速く、吹き上がりを抑えた強い弾道を飛ばしたい上級者におすすめのドライバーです。

なお、この後継となるZ65シリーズ、Z85シリーズでは、「9」系の超小ぶりなヘッドは廃止されていますので、ハードヒッターには貴重なモデルとなっています。

Z545ドライバーのスペック

  • ロフト角:8.5、9.5、10.5°
  • ライ角:57.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45インチ

スリクソン Z545ドライバーの試打・評価・感想

Z745ドライバーのスペック

  • ロフト角:8.5、9.5、10.5°
  • ライ角:57.5°
  • ヘッド体積:430cc
  • クラブ長さ:45インチ

https://driver.jpn.org/3663/%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%82%af%e3%82%bd%e3%83%b3-z745%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e8%a9%a6%e6%89%93%e3%83%bb%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%83%bb%e6%84%9f%e6%83%b3/

Z945ドライバーのスペック

  • ロフト角:8.5、9.5°
  • ライ角:57.5°
  • ヘッド体積:400cc
  • クラブ長さ:45インチ

https://driver.jpn.org/3672/%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%82%af%e3%82%bd%e3%83%b3-z945%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e8%a9%a6%e6%89%93%e3%83%bb%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%83%bb%e6%84%9f%e6%83%b3/

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, スリクソン
-, , ,

関連記事

TW757 Type-D・Type-Sドライバー(2022)の最新情報・違いをまとめ!試打・評価・感想

本間ゴルフから発売のTW757 Type-D・Type-Sドライバー(2022)について、最新情報を取り上げます。 TW757 D-typeドライバー Amazon 楽天市場 ゴルフパートナー 目次1 …

【2021年】低スピンで飛ばせる!おすすめドライバー特集!

2020年・2021年モデルのドライバーで、低スピンで飛ばせるモデルをおすすめ順にランキング形式で紹介します。 対象となるドライバーは、各メーカーの公式サイトやカタログにて現行モデルとして掲載されてい …

M5ドライバーの試打・評価・感想

テーラーメイドから発売のM5ドライバー。スピードインジェクションにより最大反発を持った注目のドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 テーラーメイド M5 ドライバー GDO …

RMX VD59ドライバーの試打・評価・感想

本記事は、RMX VDドライバーの試打の評価・口コミのまとめです。 RMX VDシリーズドライバー3種の特徴やテクノロジー、詳細スペックについては、別記事に詳しくまとめてありますので、下記記事をご覧下 …

MAVRIK MAXドライバーの試打・評価・感想

▼MAVRIKのドライバー3種についてはコチラをご覧ください。 ≫ キャロウェイのMAVRIK(マーベリック)・MAVRIKサブゼロの最新情報まとめ キャロウェイのMAVRIK MAXドライバーについ …