飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るフェアウェイウッド ゼクシオ

XXIOプライムフェアウェイウッド 2021の最新情報まとめ!試打・評価あり

投稿日:2021年7月12日 更新日:

ゼクシオのシニア向けモデル、ゼクシオプライム2021年のフェアウェイウッドについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

ゼクシオ プライム フェアウェイウッド 2021の特徴

ゼクシオプライムフェアウェイウッドは、ドライバー同様、軽量でゴージャスなデザインが特徴のシニア向けモデルです。

2021年モデルはレギュラーモデルと同じくシリーズ11代目のモデルで、シニアを中心に長く支持され続けているモデルです。

フェアウェイウッドは、軽いが、長くはない!ただただ振りやすい

ゼクシオプライムと言えば、軽くて長いクラブというイメージがあると思います。

ドライバーは実際に250gの軽さ、46.5インチという長さで、軽くて長いクラブです。

▼ゼクシオプライム2021とゼクシオ11の長さの違い

モデル XXIO PRIME XXIO 11
3番 43.25″ 43.25″
4番 42.75″
5番 42.5″ 42.25″
7番 41.75″ 41.75″
9番 41.25″ 41.25″

▼ゼクシオプライム2021とゼクシオ11のクラブ重量の違い

モデル XXIO PRIME XXIO 11
3番 272g 282g
4番 286g
5番 278g 289g
7番 284g 293g
9番 288g 297g

フェアウェイウッドに関しては、レギュラーモデルと比べると、長さは殆ど違いがありません。唯一5番ウッドのみ、0.25インチの差があるだけです。

クラブ重量に関しては、9~11gの差があり、大凡10g軽いです。

ゼクシオプライムフェアウェイウッドは、長さは一般的で、軽量なフェアウェイウッドとなっています。

フェアウェイウッドを苦手とする方は、長さがその要因となっていることが多いですが、プライムといっても長くはありませんので、その心配はありません。

フラットカップフェースにより、反発エリアが広い!

プライムドライバーやゼクシオレギュラーモデルと同様に、フラットカップフェースが採用されています。

センターとオフセンターの反発性能の差を極限まで小さくしていますので、フェースを広く使うことができます。

打点がバラつきやすい方にとっては、飛距離ロスが出にくく、ミスになりにくくなっています。

ドローバイアス バルジ設計で、スライスが出にくい

▼ドライバーでの説明イメージ図です。

出典:dunlop.co.jp

こちらもドライバーと同様にフェースがドローバイアスバルジ設計となっています。

オフセンターヒット時でも、ギア効果が最適に得られ、右へのミスやスライスが出にくくなっています。

ウェイトプラス・テクノロジーを搭載し、より楽に振れる

フェアウェイウッドにもグリップエンド側に重量負荷を掛けるウェイトプラス・テクノロジーが採用されています。

クラブ重量は前作とほぼ同じですが、ヘッドの重量感を表すバランスは、D2からD1に1ポイント下がり、より楽にクラブが振りやすくなっています。

軽く感じられる分、スイングの安定感とスピードのアップが見込まれ、飛距離と精度の向上につながります。

前作とのデザイン比較

※左が2021年モデル、右が2019年モデル

どちらもシニアでよくみられる金ピカヘッドではなく、ブラックを基調としていて精悍さと落ち着きの中にゴージャスさがあります。

2019年モデルは、シルバーカラーが取り入れられ、ややスマートで軽やかな印象がありましたが、2021年モデルはゴールドが多めに取り入れられ重厚さが感じられます。

ゼクシオ プライム フェアウェイウッド 2021の試打・評価

ゼクシオ プライム フェアウェイウッド 2021をヘッドスピードを打ち分けて試打・評価

ヘッドスピード帯を38~40、40、40のスライスで打ち分けて試打している動画です。

ご自身のヘッドスピードだとどういった弾道になるか、とても参考になります。

  • やりすぎぐらいのつかまり性能で、スライスは全く怖くない。
  • つかまり性能は、SIMグローレ、Mグローレを超えそう。
  • ヘッドスピードを落としても、球は抜群につかまる。高弾道も打てる。
  • 打音は、適度な金属感があって、飛んでる感じがする。
  • 思い切りスライスさせようとしても、右に全く曲がらない。
  • 対スライサーの最後の砦のクラブ。

ゼクシオ プライム フェアウェイウッド 2021をクラブフィッターが詳しく解説・評価

  • ゼクシオプライムはクラブが軽いため、速く振りやすく、小さな力でも飛距離が出しやすい。
  • キャノンソールというテクノロジーが搭載され、フェースの下の方が撓みやすくなっている。
  • ヘッドスピードが遅い方はスライスが出やすいが、つかまりが良く、前にボールを飛ばしやすい。
  • キーンと言う余韻のある金属音がして、爽快で飛んでる感じがする。
  • つかまる分、ロフトが立って当たりやすいので、球が上りにくい方もいるかもしれない。その場合は5番、7番など、上がりやすい番手を使うと良い。

ゼクシオ プライム フェアウェイウッド 2021のスペック

クラブスペック

番手 3 5 7 9
ロフト角 15 18 21 24
ライ角 59.5 60 60.5 61
ヘッド体積 189 173 156 142
ヘッド重量 202 209 216 221
クラブ重量 272 278 284 288
クラブ長さ 43.25 42.5 41.75 41.25
バランス D1 D1 D1 D1

シャフトスペック

標準シャフトは、ゼクシオプライムSP-1100(カーボン)です。

ヘッドスピードが遅めの方向けに、R2シャフトも用意されています。ゆったりしたスイングでもしなりを生かして大きく飛ばすことができます。

フレックス 重量 トルク 調子 適応ヘッドスピード
SR 38.5 6.0 33~41
R 37.5 6.1 30~38
R2 37.5 6.2 28~36

ゼクシオ プライム フェアウェイウッド2021の発売日・発売価格

ゼクシオ プライム フェアウェイウッド2021の発売日は、2021年2月20日(土)です。

発売価格は、82,500円(税抜き75,000円)です。

XXIOプライムドライバー 2021の最新情報まとめ!試打・評価あり

XXIOプライムドライバーの歴代シリーズを一挙紹介!初代は2001年に発売!

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るフェアウェイウッド, ゼクシオ
-, , ,

関連記事

ゼクシオ10 ドライバーの試打・評価・感想

ダンロップから発売されているゼクシオ10ドライバー。国内で圧倒的な人気を誇るXXIOの10代目モデル、ゼクシオ10 ドライバーについて、試打と評価、感想を紹介します。 XXIO ゼクシオ10 ドライバ …

SIMグローレとMグローレのフェアウェイウッドの打ち比べ・比較が興味深かった件

テーラーメイドのSIMグローレは、Mグローレの後継モデルとして注目を浴びているモデルです。 一方で、Mグローレは非常に評価が高いモデルだっただけに、SIMグローレは更に進化しているのか?または、別の特 …

ゼクシオの反発エリアは初代から約4倍に拡大していた件!?

2000年に発売され、今尚、リニューアルを重ねながら20年以上、市場で評価されているゼクシオ。 ドライバーからアイアンまで、日本国内ではとても人気があります。 今回は、ゼクシオのドライバーのフェースに …

インプレス inpres UD+2 フェアウェイウッド 2021(3代目)の試打・評価・感想

ヤマハから発売のインプレス UD+2 フェアウェイウッド 2021について、試打や感想を交えながら取り上げます。 インプレスUD+2フェアウェイ 2021 Amazon 楽天市場 ゴルフダイジェスト …

Mグローレ ドライバーとゼクシオ10ドライバーはどちらがオススメか?徹底比較!

テーラーメイドから発売のMグローレドライバーは、まさかのグローレとMシリーズの融合で驚きのモデルです。Mグローレはクラブ重量の軽さからゼクシオ10と比較されるケースが目立ちます。 目次1 Mグローレと …