飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー ゼクシオ

ゼクシオ12ドライバーとゼクシオ11ドライバーの違いを徹底解説

投稿日:

ゼクシオ12(トゥエルブ)ドライバーとゼクシオ11(イレブン)ドライバーの違いについて取り上げます。

ゼクシオ12ドライバーとゼクシオ11ドライバー

左が2022年モデルの12代目ゼクシオ12ドライバー、右が2020年モデルの11代目ゼクシオ11ドライバーです。

11代目は従来とは異なり直線的なデザインが多様され、シャープで若向けを図った印象を受けます。12代目も良く見ると直線が用いられていますが、4代目と10代目を足し合わせたような、従来までのゼクシオ感が戻ってきました。

≫ XXIOドライバーの歴代シリーズを一挙紹介!初代は2000年に発売!

やさしたとシャープさが程よく感じられて、個人的には良いデザインだと思います。

ゼクシオ12とゼクシオ11のコンセプトの違い!

ゼクシオ11のコンセプト

ゼクシオ11では「芯の拡大」に加えて、「理想的なトップポジション」が挙げられています。

メカニズムとしては、ウェイトプラステクノロジーと呼ばれるカウンターバランスが採用されていて、手元側を重くすることでヘッドが軽く感じられ、スイングが安定して正確になるというものです。

ゼクシオ12のコンセプト

一方、ゼクシオ12では「翼のXXIO」と謳われていて、Activ Wing(アクティブ ウィング)と呼ばれる空力コントロールの仕組みが搭載されています。

一般的な空力は、空気抵抗を抑えてヘッドを走らせますが、ゼクシオはこれとは反対なのが興味深いところです。

ダウンスイングの際にはヘッドに様々な力が加わり、トゥダウン、フェースオープンといったヘッドのブレが生じやすくなっています。

ゼクシオ12ドライバーは、クラウンのネック寄りにアクティブウィングと呼ばれる突起構造を設けることで、ヘッドのブレを抑える方向に空気抵抗が働いて、スクエアを維持したままスイングしやすくなっています。

どちらも正確なスイングをアシスト

ゼクシオ11、ゼクシオ12に搭載されているテクノロジーは、どちらも正確で安定したスイングを導くためのテクノロジーです。

ゼクシオ12では、ゼクシオ11のウェイトプラステクノロジーが引き続き搭載されていますので、そこへ空力制御も加わって、更にスイングが正確で安定しやすくなっています。

スピード一辺倒の海外メーカーに対して、スイングの正確さ・安定感に着目するところは、さすがゼクシオといったところです。

ゼクシオ12ドライバーは、ヘッド重量が3gアップ、クラブ重量が2gアップ

▼ゼクシオ12とゼクシオ11の重量比較

モデル ゼクシオ12 ゼクシオ11
クラブ重量 282g 280g
ヘッド重量 199g 196g
シャフト重量 36g 37g
グリップ重量 31g 30g
バランス D4 D2

ゼクシオは長らく軽量化の一途を辿っていましたが、カウンターバランスが採用されたゼクシオ11から重量アップに転じ、ゼクシオ12では更に2gアップの282gとなっています。

ヘッド重量だけに着目すると、ゼクシオ12ドライバーは3g重くなっていて、運動エネルギーを高めて飛距離を伸ばす意図が込められています。

重量がアップしたとは言え、ゼクシオ12ドライバーは282gですから、一般的なドライバーと比べて15~20g軽量で、まだまだ軽量クラブの部類に属します。

なお、ヘッドの重たさを示すバランスは、ゼクシオ12がD4なのに対して、ゼクシオ11はD2です。2ポイント軽くなっていますので、ヘッドの重量負荷が気になる方は、ゼクシオ11ドライバーの方がより扱いやすいと言えます。

ゼクシオ12ドライバーは、リバウンド・フレームを搭載

リバウンドフレームは、スリクソンで初めて搭載された撓みを大きくするテクノロジーです。

剛性に抑揚を付けた多層構造になっていて、やわ・かた・やわ・かたと繰り返すことで、大きく撓んでボールスピードをアップしてくれます。

ゼクシオのレギュラーモデルに搭載されるのは、ゼクシオ12が初めてとなります。

ヘッド形状の違い

左がゼクシオ12、右がゼクシオ11です。どちらも460ccの大型・丸型ヘッドで、やさしさとつかまりを感じながら構えやすくなっています。

ヒール寄りの体積はゼクシオ12の方がしっかり確保されていて、つかまりをより強く感じられます。

ネック寄りのアクティブウィングは、上から見ると異物感や違和感は感じられません。

カラーの違いはゼクシオ11の方が鮮やか、ゼクシオ12の方がシックな印象がありますので、このあたりは好みが別れそうです。

こちらは正面からのフェース形状を並べてみたもので、左がゼクシオ12、右がゼクシオ11です。

ゼクシオ12の方がフェースがやや四角系で、トゥ側に高さを設けられているように見えます。

ゼクシオ12の方はフラット気味に構える方には、打面が広く感じられて扱いやすそうです。

ゼクシオ12ドライバーとゼクシオ11ドライバーのスペック比較

ゼクシオ 12 ゼクシオ 11
ロフト角(°) 9.5/10.5/11.5 9.5/10.5/11.5
ライ角(°) 59 59
ヘッド体積(cc) 460 460
クラブ長さ(インチ) 45.75 45.75
クラブ重さ(g)R 282 280
ヘッド重量 199g 196g
シャフト重量 36g 37g
グリップ重量 31g 30g
バランス D4 D2

スペックを比較してみると、ロフト角・ライ角・ヘッド体積・長さといった基本的な設定値は同じです。

ゼクシオ12は、運動エネルギーを高めるべくヘッド重量を3g重くしていまして、クラブ重量も2g増となっています。

ゼクシオ12ドライバー・ゼクシオ11ドライバーの試打・評価

【何処よりも早い】ゼクシオ12 ドライバーの最新情報【試打動画あり】評価・スペック・価格

ゼクシオ 11 イレブン ドライバーの最新情報!試打・評価

XXIOドライバーの歴代シリーズを一挙紹介!初代は2000年に発売!

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ゼクシオ
-, , ,

関連記事

【PRGR歴代ドライバーの飛距離ランキング】横田真一プロが試打して決定した結果が興味深い!

PRGRから発売のドライバーについて、横田真一プロが歴代モデルの中から実物を見ながら5本を厳選。 そして、どれが一番飛ぶか、じっくり試打して検証されている動画がアップされていますので、取り上げてみたい …

ZX7ドライバーとZX7 440ドライバーの違いを徹底解説

スリクソンからZX7ドライバーの440ccモデルが数量限定で発売されています。 ノーマルなZX7ドライバーとZX7 440ドライバーについて、違いを解説します。 ZX7ドライバー GDOで探す 楽天市 …

ロイヤルコレクション AM-Xドライバーの最新情報まとめ

ロイヤルコレクションのAM-Xドライバーがルール適合リストに掲載されました。 ニューモデルと思われるこのゴルフクラブについて、最新情報をまとめました。 目次1 AM-Xドライバー2 ソール中央の左右に …

M5ドライバーのウェイト調整機能、リバースTトラックについて徹底解説【調整例の基本5種+おすすめ2種】

ウェイトの調整例の基本5種、おすすめ2種を追記しました。 M5ドライバーのウェイト調整機能について取り上げます。 テーラーメイド M5ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次 …

【2022年】打感がやわらかいドライバー おすすめランキング!柔らかい・吸い付く!

2022年モデルのドライバーで、打感がやわらかいドライバーについて、おすすめ順にランキング形式で紹介します。 対象となるドライバーは、2022年モデルとして発売されているドライバー、そして、2022年 …