キャロウェイ」カテゴリーアーカイブ

ROGUE サブゼロ ドライバー USモデルを徹底解剖!試打・スペックも掲載

キャロウェイから発売のROGUE サブゼロ ドライバー USモデルについて取り上げます。

ROGUE サブゼロ ドライバー USモデル

ROGUE サブゼロドライバー USモデルは、ローグシリーズの中でも上級者向けのモデルです。公式サイトの説明によると、ツアーレベルのドライバーでありながら、慣性モーメントが大きく、スピン量を極めて少なく抑えたドライバー、ということになります。

Rogue Sub Zeroは並外れた成果です。強力な、非常に回転の少ない、ツアーレベルのドライバを高いMOI形状でパッケージ化したものです。

Rogue Sub Zero is an extraordinary achievement: a powerful, extremely low-spinning, Tour-level driver packaged in a high MOI shape.

引用:https://www.callawaygolf.com/more/clearance-clubs/clearance-drivers/drivers-2018-rogue-sz.html

シャローヘッドで慣性モーメントが大きくなっている

ヘッド形状はストレッチが長く、重心が深くなっています。この形状は慣性モーメントが大きくなりますので、所謂、やさしさをアップさせた形になります。キャロウェイのサブゼロは難しいという評価が多く聞こえるので、マジョリティーの意見が取り入れられたと思われます。

こちらは前年に発売されているGBB EPIC サブゼロドライバーと比較した画像です。GBB EPICの方がぷっくりしていて、ROGUEの方がシャローになっていることが分かります。

ウェイトが前後に2つ搭載されている

サブゼロドライバーの最大の特徴がウェイトの配置です。ソールの前と後ろに1つずつウェイトが搭載されています。スクリューウェイトと呼ばれるネジ状のもので、取り外して交換することができます。重量は2gと14gで重さが異なりますので、前後で入れ替えたり、オプションで別重量を購入する等で、重心を変えることができます。

前のウェイトを重くすれば、スピン量が減り、打ち出しが低くなり、操作性が高くなります。後ろのウェイトを重くすれば、スピン量が上がり、打ち出しが高くなり、直進性が増します。

JAILBREAK テクノロジー

キャロウェイのドライバーの代名詞にもなりつつあるJAIL BREAKテクノロジーは、ROGUEモデルにも搭載されています。ヘッド内部に設置された2本の柱により剛性が高められ、無駄なたわみを抑えられ、ボールスピードがアップします。

ROGUE サブゼロドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ROGUEサブゼロのUSモデルと日本モデルでは、異なる点が2つあります。一つはウェイトです。標準装着されているウェイの重量が、USモデルでは14gと2gですが、日本モデルでは10gと2gとなっています。USモデルの方がヘッド総重量も重くなり、ウェイトの前後交換による重心の違いがより大きく表れます。

もう一つがシャフトです。ROGUEモデルに限ったことではなく、USモデルを検討する際に当てはまることですが、USのシャフトは日本のシャフトより同じフレックスでも硬いと言われています。選ぶ際は、1から1.5フレックス柔らかいものが調度よいという意見が多く聞かれます。

ROGUE サブゼロ ドライバーUSモデルのスペックデータ

  • 標準ロフト角:9°、10.5°
  • 調整ロフト角:8~11°、9.5~12.5°(調整範囲±1°)
  • ライ角:56°
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • ヘッド体積:460cc
  • バランス:D4

ROGUEサブゼロドライバーの試打

ROGUE サブゼロドライバーのUSモデルの試打動画は、日本語のものが見つかりませんでしたので、日本モデルの動画を紹介します。

  • ヘッドはソールした瞬間にフェースが開く。
  • ヘッドが返る感じはない、インサイドから入れても球がつかまり過ぎない。
  • GBB EPICよりもスイートエリアが広くなっている。叩いても左に行かない。フッカーでも左に行きすぎない。
  • スライサーが使うと、とんでもなく右に行く。

ROGUE サブゼロドライバーUSモデルのシャフト

US公式サイトでは、シャフトをカスタムで選択できます。公式サイトでは5種類のシャフトについて仕様が紹介されています。

Aldila Synergy 50 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Regular 58 mid mid
Stiff 60 mid mid

Aldila Synergy 60 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Regular 66 low-mid mid-high
Stiff 68 low-mid mid-high
X-Stiff 70 low-mid mid-high

Project X EvenFlow 65 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 67 low-mid mid
X-Stiff 69 low low

Project X EvenFlow 75 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 78 low mid
X-Stiff 79 low mid

Project X HZRDUS Yellow 75 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 76 low high
X-Stiff 76 low high

ROGUE サブゼロ ドライバー USモデルの購入方法について

ROGUE サブゼロ ドライバーはUSモデルになりますので、基本的にネットショップで購入することとなります。

楽天でも取り扱いがありますが、US専門のフェアウィゴルフさんはスペック選択もでき、運営実績も長いので、安心して購入できます。

低スピンで飛ばせる!2019年おすすめドライバー特集!

2019年モデルのドライバーの中で、低スピンで飛ばせるモデルからお勧めをランキング形式で紹介します。

第1位 キャロウェイ EPIC FLASH サブゼロドライバー

低スピンタイプとして一番のおすすめはEPIC FLASHのサブゼロドライバーです。これまでのキャロウェイのサブゼロモデルは、難しい、球が上がり辛いといわれていましたが、2019年モデルであるEPIC FLASHサブゼロドライバーは、使いやすいという評価が多く聞かれます。

そして、AIデザインによるフラッシュフェースが話題となっていますが、今回のサブゼロモデルでは、左右の重心調整機能、ペリメーター・ウェイティングが搭載されているところが大きなポイントです。ペリメーター・ウェイティングの搭載により、ウェイトだけでなく、仕組みそのものが一定の重量を持ちますので、重心が深く・低くなり、やさしさが増したため、バランスが良くなったのではないかと思います。

第2位 コブラ KING F9 スピードバックドライバー

リッキー・ファウラーやブライソン・デシャンボーが早速クラブセッティングの中に取り入れ優勝したことで、注目が集まっているドライバーです。

低重心・空力構造に加え、デュアルロールテクノロジーが搭載さています。デュアルロールテクノロジーは、テーラーメイドのツイストフェースを彷彿とさせるもので、上下でフェースの曲率が異なり、弾道をセンターに戻してくれます。

第3位 テーラーメイド M5ツアードライバー

テーラーメイドの2019年モデルM5、M6の内、上級者向けと言われているM5ドライバーで、さらにヘッドサイズが小さい方のモデルです。435ccの小ぶりなヘッドでノ460ccのM5ドライバーよりも更に低スピンで飛ばせるモデルです。

そして、M1、M3という系譜を持ち、特徴の一つである重心調整機能。M5ツアーではリバースTトラックシステムが搭載され、レール形状が変わることで調整幅が広がっています。

ウェイトをソール後方の左右に分散させることで、重心位置に重量が集中しませんので、打点のブレへの強さも発揮してくれそうです。

第4位 本間ゴルフ TW747 460ドライバー

TW747ドライバーはヘッドサイズが455ccと460ccがありますが、おすすめしたいのは460ccのTW747 460ドライバーです。重心位置が低く深く設定されていますので、低スピンでかつ高弾道で飛ばすことができ、慣性モーメントへの寄与もあり打点のブレにも強さを発揮してくれます。

ソールに搭載されているウェイトビスは交換することができますので、重心調整も可能となっています。

第5位 タイトリストTS4ドライバー

この記事の執筆時点で、またTS4ドライバーは発売されていません。ですが何故ここに取り上げたかというと、タイトリストの新しいブランドTSシリーズが、これまでとガラッと変わって一般ゴルファーにも扱えるモデルに様変わりしたからです。

そしてTSモデルから新たに発売されるTS4は低スピンタイプとなっています。ヘッドサイズが430ccと小さめですので、小ぶりヘッドをまず扱えるか、または扱いたいかにもよってきますが、2019年モデルの低スピン・中弾道のドライバーとして、期待も込めて選びました。

TS4ドライバー、TS3ドライバー、TS2ドライバーの違いを比較

 

以上、低スピンの2019年版ドライバーのおすすめモデルを紹介しました。

 

EPIC FLASH サブゼロ Sub Zero ドライバー USモデルを徹底解剖!

キャロウェイから発売のEPIC FLASH サブゼロ Sub Zero ドライバーのUSモデルについて取り上げます。購入についても、国内で簡単に行えますので、本投稿の中で詳しく紹介します。

EPIC FLASHシリーズ ドライバーUSモデル

EPICFLASHのドライバーのUSモデルは、2種類発売されています。写真左がEPIC FLASHドライバーで、右がEPIC FLASHサブゼロドライバーです。本投稿ではEPIC FLASHサブゼロドライバーを取り上げます。

日本では3種類発売されていますが、これはGBB EPICやROGUEと同様に、アジア向けの専用モデルであるスターモデルが加わっているため、一つ多くなっています。

EPIC FLASH サブゼロドライバー

こちらがEPIC FLASHサブゼロドライバーのUSモデルです。これまでは上級者向けと言われているサブゼロモデルでは、重心調整機能が搭載されていませんでしたが、今回のEPICFLASHで初めてペリメーターウェイティングが搭載されています。

JAIL BREAK テクノロジー

ヘッドを縦に支える二本の柱、JAIL BREAKはEPIC FLASHのサブゼロにも搭載されています。 これで、GBB EPIC、ROGUE、EPIC FLASHと3モデルに渡って搭載されていますので、キャロウェイのウッドを代表するテクノロジーと言っても過言ではない存在になってきました。

ソールの前後にウェイトを搭載

SubZeroと言えば、ソール前方に搭載された固定式ネジです。今回のEPIC FLAHでもしっかり搭載されています。ソール後方にペリメーター・ウェイティングが搭載された分、重心が深くなっていると思われるので、この点からも前方のウェイトの重要度は増してきます。

ホーゼルにロフト角調整機能を搭載

ホーゼルにはロフト角調整機能が搭載されています。ペリメーターウェイティングの重心調整と合わせて、弾道をイメージに近づけることができます。

EPIC FLASHサブゼロドライバーUSモデルでの実際の調整の様子が動画で公開されています。

クラウンをサブゼロとノーマルで比較

左がサブゼロ、右がノーマルです。縮尺が違っているようなので、投影面積の比較はできませんでしたが、形状は見比べて頂けると思います。

AIデザインにより生まれたFLASHフェース

今回のEPIC FLASHの最大の特徴がフェースにあります。AIとスーパーコンピューターを駆使することで、開発シミュレーションを15000回こなすことでしあげられたフラッシュフェースは、従来の後方では34年かかる作業だそうです。

出典:https://youtu.be/byihDVumfgA

以前のX字型のフェースがきれいなデザインであっただけに、今回のフラッシュフェースは、対称性が全くなく、波打ったデザインであるため、コンピューターがこれを作ったのかと驚いた方も多いのではないでしょうか?

EPICFLASHサブゼロドライバー USモデルのスペック

ロフト角 10.5°
ロフト角調整 8~11° 9.5~12.5°
クラブ長さ 45.5インチ 45.5インチ
ヘッド体積 460cc 460cc
バランス D4 D4

標準のロフト角が9°と10.5°の二種類のラインナップとなっているところは、日本モデルと同じです。なお、他のUSモデルと同じく、注意が必要な点はシャフトです。

EPIC FLASHサブゼロドライバーUSモデルのシャフト

USサイトでのモデル紹介ページでは、5つのシャフトについてスペックが公開されています。

  • Project X Even Flow Green 50 Graphite
  • Project X HZRDUS Smoke Black 60 Graphite
  • Project X HZRDUS Smoke Black 70 Graphite
  • Mitsubishi Tensei AV Blue 60 Graphite
  • Mitsubishi Tensei AV Blue 70 Graphite

紹介されているシャフトは、日本モデルでは最軽量がTour AD SZ(SR)が51gですが、USモデルでは59gとなっていて重いものが多くなっています。シャフトの硬さも1フレックス硬く感じると言われています。

EPIC FLASHサブゼロドライバーUSモデルの入手方法について

EPIC FLASHサブゼロドライバーはUSモデルではありますが、日本国内のゴルフショップでも取り扱っています。有名なのがフェアウェイゴルフUSAさんで、海外モデルの取り扱いが豊富です。

楽天でも取り扱っている業者がいますので、検索してみると良いでしょう。
⇒楽天で「EPICFLASHサブゼロドライバーUSモデル」を探す

EPIC FLASHの試打・打ち比べ動画まとめ!エピックフラッシュの全てが分かる!

キャロウェイの話題のクラブ、EPIC FLASHドライバーの試打・打ち比べ動画をまとめます。

epic flashサブゼロドライバーとXR16ドライバーを打ち比べ

epicflashのサブゼロを早々実践投入している石川遼プロ。XR16とEPIC FLASHドライバーを打ち比べた動画です。

キャロウェイにepic flashの秘密を聞いた動画

キャロウェイを訪問し、担当者にepic flashについて直接語ってもらった貴重な動画です。

epic flashの展示会で担当者に取材する動画


話題のフラッシュフェースの裏側も映像に登場します。

epic flashサブゼロドライバーをマーク金井氏が試打


試打と言えばマーク金井氏。率直なところを語ってくれています。

epic flashスターと前作のGBB epicスターの打ち比べ


エピックフラッシュの前作に当たるのがGBBエピック。みんなが気になる今作と前作の違いについて、打ち比べで紹介した動画です。

epic flashスタードライバーの飛びを検証


EPIC FLASHスタードライバーで、飛距離性能を確認する動画です。

あなたにオススメの「EPIC FLASH」関連記事

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?

EPIC FLASH エピックフラッシュ SUB ZERO サブゼロ ドライバーの試打・評価・感想

EPIC FLASH エピックフラッシュ スター ドライバーの試打・評価・感想

 

ROGUE ドロー ドライバーを徹底解剖!試打・スペックも掲載

キャロウェイから発売のROGUE DRAW ドライバーについて取り上げます。

ROGUE ドロー ドライバーはUSモデル

ROGUE ドロードライバーは日本で未発売のモデルです。そのたえ流通しているドロータイプはUSモデルとなります。

USモデルと言えど、日本でも簡単に購入できます。購入方法は本投稿の最後にまとめて紹介します。

ROGUE ドロー ドライバーのスペックデータ

  • ロフト角:9°、10.5°、13.5°(調整範囲±1°)
  • ライ角:59°
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • ヘッド体積:460cc
  • バランス:D3

ヒール側にウェイトを搭載し、ドローバイアス設計になっている!

ローグドライバー、ローグサブゼロドライバーとの違いとして、ヒール寄りにウェイトが搭載されています。重心がヒール寄りになりますので、重心距離が短く、として、重心角が大きくなり、ボールのつかまりが良くなっています。

JAILBREAK テクノロジー

EPICで初めて搭載されたヘッドを縦に貫通する2本の柱、JAILBREAK テクノロジーは、ROGUE ドローモデルでも搭載されています。

クラウンとソールをがっちり固定することで、無駄なたわみを抑えボールスピードをアップしてくれます。

日本のローグスタードライバーと同じ?違う?

ウェイトの位置をみると、あれ?と思った方もいると思います。ヒール寄りにウェイトがあるソール設計は、日本のROGUEスタードライバーと同じです。では日本モデルと同じなのかというと、異なる点があります。

まず、USのROGUEドロードライバーにはホーゼル部分にロフト角の調整機能が付いています。日本のROGUEスラードライバーには付いていません。おそらく、クラブを軽量化するために外させていると思われます。もう1点はシャフトです。シャフトラインナップが異なっています。

ROGUEを試打した感想–マーク金井氏

ROGUE ドロードライバーの日本での試打動画は見つかりませんでした。シャフトの違い等ありますが、ウェイト位置は日本のGORUEスタードライバーと同じですので、スターの試打動画を見てみましょう。

  • ROGUEはEPICのモデルチェンジではなく、全く新しいモデル。
  • ヘッド形状はシャローフェースで、奥行がある。慣性モーメントは大きい。
  • シャローなため重心距離が長く、操作性は低い。
  • 飛距離性能が高そうで、EPICより安心感が強くなった。

ROGUE ドロードライバーのシャフト

日本のスタードライバーでは、Speeder EVOLUTION for CW 50が標準シャフトですが、USモデルではシャフトはカスタムで選択でき、公式サイトでは6種類のシャフトについて仕様と共に紹介されています。

なお、USのシャフトは日本のシャフトと比べて硬いと言われています。日本でSを使っている場合、USのRが調度良いという方が多いようです。

Aldila Quaranta 40 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Light 44 high mid
Regular 45 high mid

Aldila Synergy 50 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Light 56 mid mid
Regular 58 mid mid
Stiff 60 mid mid

Aldila Synergy 60 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Regular 66 low-mid mid-high
Stiff 68 low-mid mid-high

Project X EvenFlow 65 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Regular 65 mid mid
Stiff 67 low-mid mid
X-Stiff 65 low low

Project X HZRDUS Yellow 65 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 62 low low
X-Stiff 63 low low

Project X HZRDUS Yellow 75 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 76 low high
X-Stiff 76 low high

ROGUE ドロー ドライバー USモデルの購入方法について

ROGUE DRAWドライバーはUSモデルになりますので、基本的にネットショップで購入することとなります。

楽天でも取り扱いがありますが、US専門のフェアウィゴルフさんはスペック選択もでき、運営実績も長いので、安心して購入できます。