キャロウェイ」カテゴリーアーカイブ

EPIC FLASH Sub Zero ドライバー ◆◆◆トリプルダイヤモンドの試打・評価・感想

EPIC FLASH Sub Zero ドライバーのツアーバージョンとして限定発売されている2種類の内、トリプルダイヤモンドについて取り上げます。

EPIC FLASH Sub Zero ドライバー ツアーバージョンは2種類ある!

EPIC FLASHは基本的にスターとサブゼロの2タイプあり、スターがアベレージ向け、サブゼロが上級者向けと位置づけられています。

そして、ツアーバージョンはサブゼロの中でツアープロ向けのモデルで、ダブルダイヤモンドとトリプルダイヤモンドの2種類があります。

  • EPIC FLASH Sub Zero ドライバー ダブルダイヤモンド(◆◆)
    よりフェースがディープで、スピンが抑えられる。
  • EPIC FLASH Sub Zero ドライバー トリプルダイヤモンド(◆◆◆)
    伝統的な洋ナシ型で、フェードバイアス設計により左を恐れずに叩ける。

◆◆と◆◆◆の詳しい比較については、別記事にまとめてありますので、そちらをご覧ください。

EPIC FLASH Sub Zero ドライバーのツアーバージョンが発売!ダブル・トリプルダイヤモンドの特徴と発売日

EPIC FLASH Sub Zero トリプルダイヤモンドの貴重な試打動画

トリプルダイヤモンドの貴重な試打動画です。一つ驚いた点として、トリプルダイヤモンドはロフト角9°と10.5°のみのはずですが、動画に登場するのは8.5°です。

そして、スリーブに-2°の設定があり、ロフト角6.5°という恐ろしく立ったフェースが設定可能となっています。そして、実際に6.5°で試打しています。

フェードバイアスのため、思いっきり振りに行っていますが、左に行くことは全くありません。そして、さすがの万振りマンも最初は弾道が低いですが、コツをつかんでいい高さになっています。

シャローヘッドのためか弾道の直進性が高く、非常に強烈で地を這うような弾道です。使いこなせるゴルファーにとっては、逆に言えばレアでなかなか手にできないスペックですので、貴重な1本です。

「EPIC FLASH・上級者向け」関連のおすすめ記事

飛距離が上位のツアープロのドライバーを調査!

EPIC FLASH Sub Zero ドライバーのツアーバージョンが発売!ダブル・トリプルダイヤモンドの特徴と発売日

低スピンで飛ばせる!2019年おすすめドライバー特集!

 

飛距離が上位のツアープロのドライバーを調査!

飛距離が出るドライバーはどのモデルなのか?実際にツアープロで平均飛距離ランキングで上位に名を連ねるゴルファーの使用ドライバーを調べてみました。

なお、ランキングはJPGAのHP(https://www.jgto.org/)にて公開されているドライビングディスタンス部門を参照し、日本人ゴルファーに限定して調べました。

第1位 星野陸也 平均飛距離 306.00ヤード

スリクソンのZ785ドライバー。Z745を使っているという情報もありますが、新しい方のZ785ドライバーを取り上げます。

一つ前の世代から「9」が廃止され、「5」と「7」の2モデルになっています。そして、2018年のZシリーズでは、Z585とZ785でヘッドサイズが同じ460ccとなっています。

ツアープロと一般ゴルファーが使うクラブの差が年々無くなってきていますので、自然な流れではあります。

スリクソン Z785ドライバーの試打・評価・感想

第2位 永野竜太郎 平均飛距離 300.25ヤード

PINGの2019年モデル G410 PLUSドライバー 9°です。その前は銘器とも言われているG400 LS TECドライバーを使っていましたので、G410にもLSTが追加されましたので、低スピンタイプに変更されるかもしれません。

G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想

第3位 塚田陽亮 平均飛距離 298.08ヤード

スリクソン Z785ドライバー 9.5°。その前はZ765やZ565ドライバーを使っていました。

第4位 高柳直人 平均飛距離 297.88ヤード

長野竜太郎プロと同じくG410  PLUSドライバー 9°です。高柳プロも以前はG400 LS テックを使っていましたので、G410にLSTが追加され、ドライバーの切り替えが予想されます。

<速報>PING G410LSTドライバーの発売日とスペック

第5位 池田勇太 平均飛距離 294.58ヤード

キャロウェイのEPIC FLASHサブゼロドライバー◆◆◆、スリクソンZ785ドライバー、PRGR RS-Fドライバーなど、複数の情報があります。モデルの新しさで言うとキャロウェイのEPIC FLASHサブゼロドライバー◆◆◆になります。

クラブ契約がフリーなため、選択するクラブはなかなか興味深いですが、ドライバーはかなり頻繁に変更されているようです。

まとめ

2019年のドライビングディスタンス上位5名のクラブを見ると、スリクソンのZ785ドライバー、そして、PINGのG410PLUSドライバー。そして、過去の使用モデルまで遡ると、PINGのG400 LSテックドライバーの名前が良く登場します。

PINGのG400LS TECドライバーは、契約していないプロが使ったことで、一躍話題になりました。そして、G410にもついに低スピンタイプのG410 LSTドライバーが発売となりましたので、ツアープロによるドライバー選択マップもまた変わってくると思われます。

G410LSTドライバーとG400LSTドライバーの違い

 

EPIC FLASH Sub Zero ドライバーのツアーバージョンが発売!ダブル・トリプルダイヤモンドの特徴と発売日

EPIC FLASH Sub Zero ドライバーのツアーバージョンが発売!ダブル・トリプルダイヤモンドの特徴と発売日

EPIC FLASH Sub Zero ドライバー ツアーバージョンとは!?

キャロウェイのEPIC FLASHから、新たにツアーバージョンが発売されます。追加されるモデルは、上級者向けのEPIC FLASHサブゼロドライバーにヘッドサイズ・形状が異なる2つのモデルです。

  • EPIC FLASH Sub Zero ドライバー ダブルダイヤモンド(◆◆)–写真左
  • EPIC FLASH Sub Zero ドライバー トリプルダイヤモンド(◆◆)–写真右

通常のサブゼロドライバーとの大きな違いとして、まずダブルダイヤモンド(◆◆)の方はヘッドサイズが同じながらも形状がディープで、より低スピンの弾道となります。

そしてトリプルダイヤモンド(◆◆◆)の方はヘッドサイズが450ccとEPIC FLASHの中で唯一小ぶりです。形状は洋ナシ型でフェードバイアスのため思い切り叩いていけます。

EPIC FLASH Sub Zero ドライバー ダブル・トリプルダイヤモンドは実際にツアープロが使用している!

サブゼロに新たに追加された2つのモデルは、ツアーバージョンということでツアープロにより使用されています。

ダブルダイヤモンド(◆◆)の使用プロ

  • 石川遼
    日神カップ千葉オープンゴルフトーナメント2019にて2連覇を達成
  • 中里光之介
  • ブレンダン・ジョーンズ

トリプルダイヤモンド(◆◆)の使用プロ

  • 深堀圭一郎
    シニア部門で優勝

EPIC FLASH Sub Zero ドライバー ダブルダイヤモンド◆◆

ヘッドサイズは通常モデルと同じ460cc

ヘッド体積は通常のサブゼロと同じ460ccですが、ヘッドの形状が異なっています。

ディープヘッドでスピンが更に抑えられる

ディープフェースになっていますので、ストレッチが短くなり、重心が浅くなっています。弾道に与える効果は、よりスピンが抑えられ、打ち出し角も抑えられる方向に働きます。

ウェイト重量は通常モデルと同じ

ソールの前方と後方のウェイトは、通常モデルと同じ重量で、前方のスクリューウェイトが2g、後方の可動式のペリメーターウェイトが12gとなっています。

バルジとロールが少なく、より平面的なフェース

アドレスした状態のクラウンをダブルダイヤモンド(左)と通常モデル(右)で比較すると、2点ほど違いが確認できます。

1点目はフェースです。ダブルダイヤモンドの方はバルジとロールが少なく、より平面的になっています。

2点目はデザインです。右の通常モデルの方はセンターマークの後ろにグレーのラインが入っていますが、ツアーモデルの方はラインが無くすっきりしています。

EPIC FLASH Sub Zero ドライバー トリプルダイヤモンド◆◆◆

ヘッドサイズはやや小ぶりな450cc

トリプルダイヤモンドは、エピックフラッシュの中で唯一ヘッド体積が小さく仕上がっています。通常モデルは460ccですが、トリプルダイヤモンドは10cc小さい450ccとなっています。

フェードバイアス設計で思い切り叩いていける

トリプルダイヤモンドはフェードバイアス設計になっていますので、ヘッドスピードが速いゴルファーが思い切り叩いていっても、左へのミスが出にくくなっています。

前方のウェイトが2g重くなっている

通常モデル・ダブルダイヤモンドと異なる点として、ウェイトの重量に違いがあります。

通常モデル・ダブルダイヤモンドでは、前方のスクリューウェイトが2gですが、トリプルダイヤモンドでは4gとなっています。前方のウェイトが重いことで、重心深度を浅くし、高さが上がりますので、弾道への影響としては、低スピン・高い操作性・低く強い弾道を生み出す方向に働きます。

ヘッド形状は洋ナシ型

こちらはトリプルダイヤモンド(左)と通常モデル(右)のクラウンの画像を並べたものです。ヘッド形状はぷっくりした洋ナシ型で、ツアープロ好みのトラディショナルな形状となっています。

ダブルダイヤモンドと同じく、フェースのロール・バルジが少なく平面的で、センターマークの後ろのグレーのラインが入っていません。

EPIC FLASH Sub Zero ドライバー ダブル・トリプルダイヤモンドの発売日

EPIC FLASH Sub Zero ドライバー ツアーバージョンのダブルダイヤモンド(◆◆)・トリプルダイヤモンド(◆◆◆)の発売日は、2019年5月16日(木)が予定れています。販売価格は装着するシャフトにより異なってきます。

キャロウェイの製品名に付けられた「CE」は、どんな意味があるか?

キャロウェイの製品名の最後に付く「CE」

キャロウェイの公式サイトを見ると、製品名の後ろに「CE」と付記されているものがあります。例えば、「EPIC FLASH SUB ZERO ダブルダイヤモンド ドライバー CE」といった具合です。

出典:https://www.callawaygolf.jp/products/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96/callaway-exclusive/

キャロウェイのCEは、IT機器などでよく見かけるCEとは異なる

スマホやPCの背面で上記のCEのロゴを見かけたことがある方も多いと思います。これは、EU (欧州連合) 加盟国の安全や環境性能などの基準を満たしていることを意味するもので、EUで流通・販売される製品に付いています。キャロウェイのCEはこれとは異なります。

ついでなので、もう一つ実に紛らわしいCEがありますので余談として取り上げます。

先ほどのEUのCEと違いが分かりますでしょうか?CとEの間にスペースがなく詰められているもので、中国からの輸出品という意味をもっています。CEは、China Exportの頭文字と言われています。

中国からの輸出品であることを謳うことは、メリットというよりデメリットの方が多いように思われます。このロゴを使っている意図は、EUのCEと見間違えさせて安心・安全な製品と思わせたいためのようです。

さて、話を戻しましょう。

キャロウェイのCEは、CALLAWAY EXCLUSIVEの意味

キャロウェイのCEは、CALLAWAY EXCLUSIVEの略です。意味は、EXCLUSIVEには、排他、独占といった意味がありまして、CALLAWAY EXCLUSIVEは、キャロウェイ限定といったところでしょうか。

CALLAWAY EXCLUSIVEについて、キャロウェイは公式サイトでこう述べています。
引用:https://news.callawaygolf.jp/special/exclusive/#prettyPhoto/1/

どうしたらもっとゴルフを楽しく、もっとゴルフギアを価値あるものにできるのか。どうしたら、ゴルファーがワクワクすることを提供していけるのか。
キャロウェイゴルフは、そんなチャレンジをCALLAWAY EXCLUSIVEと名付けられた製品やサービスを通して表現していきます。

ここまでは、言いたいことは分かりますが、全ての製品がそうなんじゃないの?と思う方もいるのではないでしょうかね。

更に続き、具体的な説明がありました。

世界でたった一つの、自分だけのドライバー。
自分の好きなデザインを施したウェッジ。プロと同じ仕様のパター。
異業種とのコラボレーションから生まれた、キャディバッグ。

なるほど。基本ラインの正統派の製品以外に、カスタムなもの、どの時代にあった限定的なコラボのものなど、ゴルフに限らない価値にも寄り添っていくということのようです。

CEにはこんな商品がある!

では、どんな商品があるのか、キャロウェイのCE公式ページに掲載されている実際の商品を見てみましょう。

以下出典:https://www.callawaygolf.jp/products/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96/callaway-exclusive/

EPIC FLASH Sub Zero ドライバーには、市販されていないモデル、つまりツアープロが使うものが2種類あるとのことです。1つは、ディープフェースな「ダブルダイヤモンド」。もう1つは、洋ナシ形状の「トリプルダイヤモンド」。ツアープロのためのこれらのモデルが数量限定でCEとして発売されています。

EPIC FLASH SUB ZERO カラー カスタム ドライバー CEでは、ソール、溝、JAILBREAKメダリオンのカラーを夫々10色から選択して、自分だけのカスタムカラーを指定することができます。

その他、パターやウェッジなどのクラブ以外にも、バッグやボールにもCALLAWAY EXCLUSIVEがありますので、興味がある方は覗いてみてはいかがでしょうか?

CALLAWAY EXCLUSIVEのクラブ

CALLAWAY EXCLUSIVEのバッグ

CALLAWAY EXCLUSIVEのボール

 

ROGUE サブゼロ ドライバー USモデルを徹底解剖!試打・スペックも掲載

キャロウェイから発売のROGUE サブゼロ ドライバー USモデルについて取り上げます。

ROGUE サブゼロ ドライバー USモデル

ROGUE サブゼロドライバー USモデルは、ローグシリーズの中でも上級者向けのモデルです。公式サイトの説明によると、ツアーレベルのドライバーでありながら、慣性モーメントが大きく、スピン量を極めて少なく抑えたドライバー、ということになります。

Rogue Sub Zeroは並外れた成果です。強力な、非常に回転の少ない、ツアーレベルのドライバを高いMOI形状でパッケージ化したものです。

Rogue Sub Zero is an extraordinary achievement: a powerful, extremely low-spinning, Tour-level driver packaged in a high MOI shape.

引用:https://www.callawaygolf.com/more/clearance-clubs/clearance-drivers/drivers-2018-rogue-sz.html

シャローヘッドで慣性モーメントが大きくなっている

ヘッド形状はストレッチが長く、重心が深くなっています。この形状は慣性モーメントが大きくなりますので、所謂、やさしさをアップさせた形になります。キャロウェイのサブゼロは難しいという評価が多く聞こえるので、マジョリティーの意見が取り入れられたと思われます。

こちらは前年に発売されているGBB EPIC サブゼロドライバーと比較した画像です。GBB EPICの方がぷっくりしていて、ROGUEの方がシャローになっていることが分かります。

ウェイトが前後に2つ搭載されている

サブゼロドライバーの最大の特徴がウェイトの配置です。ソールの前と後ろに1つずつウェイトが搭載されています。スクリューウェイトと呼ばれるネジ状のもので、取り外して交換することができます。重量は2gと14gで重さが異なりますので、前後で入れ替えたり、オプションで別重量を購入する等で、重心を変えることができます。

前のウェイトを重くすれば、スピン量が減り、打ち出しが低くなり、操作性が高くなります。後ろのウェイトを重くすれば、スピン量が上がり、打ち出しが高くなり、直進性が増します。

JAILBREAK テクノロジー

キャロウェイのドライバーの代名詞にもなりつつあるJAIL BREAKテクノロジーは、ROGUEモデルにも搭載されています。ヘッド内部に設置された2本の柱により剛性が高められ、無駄なたわみを抑えられ、ボールスピードがアップします。

ROGUE サブゼロドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ROGUEサブゼロのUSモデルと日本モデルでは、異なる点が2つあります。一つはウェイトです。標準装着されているウェイの重量が、USモデルでは14gと2gですが、日本モデルでは10gと2gとなっています。USモデルの方がヘッド総重量も重くなり、ウェイトの前後交換による重心の違いがより大きく表れます。

もう一つがシャフトです。ROGUEモデルに限ったことではなく、USモデルを検討する際に当てはまることですが、USのシャフトは日本のシャフトより同じフレックスでも硬いと言われています。選ぶ際は、1から1.5フレックス柔らかいものが調度よいという意見が多く聞かれます。

ROGUE サブゼロ ドライバーUSモデルのスペックデータ

  • 標準ロフト角:9°、10.5°
  • 調整ロフト角:8~11°、9.5~12.5°(調整範囲±1°)
  • ライ角:56°
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • ヘッド体積:460cc
  • バランス:D4

ROGUEサブゼロドライバーの試打

ROGUE サブゼロドライバーのUSモデルの試打動画は、日本語のものが見つかりませんでしたので、日本モデルの動画を紹介します。

  • ヘッドはソールした瞬間にフェースが開く。
  • ヘッドが返る感じはない、インサイドから入れても球がつかまり過ぎない。
  • GBB EPICよりもスイートエリアが広くなっている。叩いても左に行かない。フッカーでも左に行きすぎない。
  • スライサーが使うと、とんでもなく右に行く。

ROGUE サブゼロドライバーUSモデルのシャフト

US公式サイトでは、シャフトをカスタムで選択できます。公式サイトでは5種類のシャフトについて仕様が紹介されています。

Aldila Synergy 50 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Regular 58 mid mid
Stiff 60 mid mid

Aldila Synergy 60 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Regular 66 low-mid mid-high
Stiff 68 low-mid mid-high
X-Stiff 70 low-mid mid-high

Project X EvenFlow 65 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 67 low-mid mid
X-Stiff 69 low low

Project X EvenFlow 75 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 78 low mid
X-Stiff 79 low mid

Project X HZRDUS Yellow 75 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 76 low high
X-Stiff 76 low high

ROGUE サブゼロ ドライバー USモデルの購入方法について

ROGUE サブゼロ ドライバーはUSモデルになりますので、基本的にネットショップで購入することとなります。

楽天でも取り扱いがありますが、US専門のフェアウィゴルフさんはスペック選択もでき、運営実績も長いので、安心して購入できます。