キャロウェイ」カテゴリーアーカイブ

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

2019年モデルのドライバーはテーラーメイドのM6、M5、キャロウェイのEPICFLASHを始め、注目のモデルが目白押しです。少し早いですが、年初のニューモデルの情報が出そろってきたところで、2019年モデルの中で、飛距離が出るドライバーをランキング形式でご紹介します。

第1位 テーラーメイド M6ドライバー

M6ドライバーは、スピードインジェクションという驚きの製造手法が採用されています。まずルール違反の高反発フェースを製造し、前方の穴よろジェルを注入して反発性能を下げてルール限界値の反発を持ったクラブに仕上げられています。

つまり、M6ドライバーは商品により当たり外れがなく、全てが最大反発に仕上げられているところが最大の魅力です。そして、M3、M4でも注目されたツイストフェースは引き続き搭載されていますので、打点がバラついても弾道をセンターに戻してくれます。

第2位 インプレス UD+2ドライバー

ヤマハから発売のインプレスUD+2ドライバーの2代目、2019年モデルです。前作に引き続き、最大の特徴は大きな重心角です。

一般的なドライバーで22度ぐらいですから、33度というのは極端に大きな重心角です。フェースの返りが抜群によく、しっかり捕まえることができます。飛距離アップの仕組みも搭載されていますが、スライサーの方は弾道が改善されることによる飛距離アップの効果が大きいと思います。

第3位 キャロウェイ エピックフラッシュ スタードライバー

発売前からAIデザイン、フラッシュフェースというキーワードが漏れ聞こえてきて、注目を浴びていたモデルです。AIとスーパーコンピューターを駆使して15000回のシミュレーションによりはじき出された答えが、左右非対称の波打ったフラッシュフェースです。

引き続き、ソール後方のウェイト調整機能、ペリメーターウェイティングは搭載されていますので、弾道にFADE・DRAWの調整を掛けたい方にはおすすめのモデルです。

第4位 PING G410 PLUSドライバー

PINGの人気モデル、G400シリーズのニューモデルがG410です。今回のG410ドライバーでは、ウェイト調整機能が搭載され、FADE、DRAW設定とて、ウェイトを移動することができます。

G400ではMAX、スタンダード、SFT、LSTと4つのモデルから選ぶ必要がありましたが、ある程度、クラブの側からも弾道調整が行えるようになりました。

第5位 PHYZドライバー

PHYZドライバーもインプレスUD+2と同じく大きな重心角を持っています。一度、及ばない32度ですが、この大きさを有していれば大きな違いはないでしょう。

もう一つの特徴がクラブの重量です。シャフトが重量の異なる2種類から選ぶことができ、軽量な方を選択すると、クラブ重量は266gという軽さになります。体力が落ちていて、ヘッドスピードに悩みがあるゴルファーにはおすすめのモデルです。

こちらもオススメ

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

ドライバー 2018年モデルの売れ筋ランキング

エピックフラッシュのスクリューウェイトの交換について

キャロウェイのEPIC FLASHのスクリューウェイトの交換・調整について取り上げます。

スクリューウェイトの種類は全部で7種類!

 

まず、スクリューウェイトは、2gから14gまで、2g単位で計7種類あります。スクリューウェイトが搭載されているモデルは、ウェイトを交換して、重心調整を行うことができます。

スクリューウェイトが搭載されたEPIC FLASHは3種類!

ウェイトというと、ソール後方に設置されたレールの上をスライドするペリメーター・ウェイティングを思い浮かべますが、交換できるスクリューウェイトは、上図のエピックフラッシュ サブゼロ ドライバーでいうと、ソール前方、フェースに近い方の固定式ウェイトになります。

この固定式ウェイトが搭載されているモデルを下記に列挙します。

  • EPIC FLASH Sub Zero ドライバー(1つ)
  • EPIC FLASH STAR フェアウェイウッド(1つ)
  • EPIC FLASH Sub Zero フェアウェイウッド(2つ)
  • EPIC FLASH STAR WOMEN’S フェアウェイウッ(1つ)

エピックフラッシュ サブゼロ フェアウェイウッドは、固定式ウェイトを2つ搭載!

エピックフラッシュ サブゼロのフェアウェイウッドのみ、固定式のスクリューウェイトは前後で合計2つ搭載されています。これらはネジが同じスペックですので、前後で入れ替えることもできるため、より調整の幅が広くなっています。

なお、ドライバーに搭載されているスライダーウェイトとは違い左右の調整は行えませんので、調整できるのは、弾道の高低・スピン量・直進性ということになります。

ウェイト調整による弾道の変化について

低重心での弾道

一般に、ソールのウェイトを増すほど重心位置が低くなりますので、弾道は高くなります。

浅重心での弾道

後方のウェイトを減らしたり、前方のウェイトを増やすと、浅重心となります。重心が浅くなりますと、前方からの衝突に対してクラブの安定度が下がりますので、インパクトの微妙な違いに弾道が反映されます。上級者視点で言えば、操作性が高く、思い通りの弾道が繰り出せ、アベレージゴルファー視点で言えば、ミスの許容度が低く、打点がバラつくと弾道も暴れます。

また、スピン量については、重心が浅い程、減りますので、低スピンの強い弾道の球を飛ばすことができます。

重心調整による弾道への影響について詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

重心設計とドライバーの飛距離の関係

EPIC FLASHドライバー スターとサブゼロの違い

キャロウェイから発売されているEPIC FLASHドライバー。AI Design、FLASHフェースが話題となっている注目のモデルです。
本記事では、EPIC FLASHドライバーの2種類の基本モデル、スターとサブゼロについて、違いを取り上げます。

エピックフラッシュ ドライバー !スターとサブゼロの基本的な違い

 

スターとサブゼロは、EPIC FLASHドライバーだけでなく、前作となるGBB EPICドライバー、前年発売のROGUEドライバーでも発売されています。本国アメリカでは、実はスタードライバーは発売されていません。

EPIC FLASH スターはアジア限定モデル

アメリカのキャロウェイのサイトを見ると分かりますが、スタードライバーは発売されておらず、EPIC FLASHドライバー、EPIC FLASHサブゼロドライバーの2種類となっています。

日本を始め、アジアでは西欧と体格に差異がありますので、スターモデルはアジア向けのライトなモデルです。そして、EPIC FLASHスターはアベレージゴルファー向け、EPIC FLASHサブゼロドライバーは上級者向けと言われています。

ノーマルなEPIC FLASHドライバーも数量限定で発売されている

EPIC FLASHドライバーの日本国内での基本モデルは、上述のスターとサブゼロとなりますが、数量限定でノーマルなEPIC FLASHドライバーも発売されています。違いとしては、ペリメーターフェイトがスターモデルが12gなのに対して、数量限定モデルでは16gとなっています。

出典:https://www.callawaygolf.jp/

そして、クラブ重量はSpeeder EVOLUTION for CW(SR)を装着したモデルで、スターが293g、数量限定モデルが301gとなっており、ウェイト以上の重量差となっています。この要因としては、数量限定モデルではホーゼル部分に調整機能が搭載されていますので、この分の重量が影響していると考えられます。

スターとサブゼロの違い

さて、基本モデルのスターとサブゼロに話を戻します。両者の違いとしてあげられるのが、サブゼロに搭載されている固定ウェイトです。以前はペリメーターウェイティングの搭載有無の違いがありましたが、今回のEPIC FLASHでは全ドライバーに搭載されています。

サブゼロのソール前方を見ますと、EPIC FLASHのロゴの近くにシルバーのウェイトビスが確認できます。これがサブゼロはアスリート向けと言われる理由の一つで、前方にウェイトを置くことで、重心位置が浅めに設定されています。

一般に、重心が後ろにあるとヘッドはどしっと安定しますので、打点のバラツキに強くなります。これは、逆に言えば弾道をフェード・ドローと操作したくても真っすぐに飛んでしまって、上級者からは操作性が悪いと評価されます。つまり、サブゼロは重心が浅いため、操作性が高いドライバーと言えます。

もう一つの効果として、重心が浅いとスピン量が少なくなりますので、ロースピンで強い弾道で飛ばせるという効果も持ち合わせています。

まとめますと、サブゼロドライバーは、弾道を操作しやすく、低スピンで強い弾道で飛ばすことができます。

EPIC FLASHに関するおすすめ記事

EPIC FLASH エピックフラッシュ SUB ZERO サブゼロ ドライバーの試打・評価・感想

EPIC FLASH エピックフラッシュ スター ドライバーの試打・評価・感想

EPIC FLASH エピックフラッシュの秘密をメーカーSTAFFが語った動画が公開されている

キャロウェイのメーカー担当者がEPIC FLASH エピックフラッシュについて、キャロウェイ本社にて語っている動画が公開されています。

エピックフラッシュについてメーカースタッフが解説!

 

AI Design、FLASH FACEというキーワードが選考して、実態がなかなか見えてこなかったエピックフラッシュについて、メーカースタッフにインタビューした貴重な動画です。製品の特徴等について解説されています。

エピックフラッシュの詳細をキャロウェイスタッフが解説する動画

    • フェースの開発にAIを駆使した。ゴルフ業界で初の試み。
    • 初速をもっと上げられることは分かっていたが、課題はフェースの強度にあった。
    • AIを駆使することで、フェース強度の課題をクリアできた。
    • 通常は7~8回のプロトタイプ作成を繰り返して商品化するが、AIにより15,000回、バーチャル上のプロトタイプを作成している。(人間では34年かかる処理)
    • これまでのフェースは、真中を分厚くし、周りに向かって薄くなるのが常識だったが、今回のフェースは、スイートエリアが薄くて、周りが極端に盛り上がっており、左右非対称となっている。
    • サブゼロにもペリメーター・ウェイティング(ウェイト調整機能)が搭載され、弾道のコントロール性を上げている。
    • 今回のサブゼロは、フェース高があったりするわけではないので、顔が良く構えやすく、やさしそうに見える。
    • メーカーが早速優勝して結果を出しているのは、プロダクトの優位性があるからだ。

 

EPIC FLASH エピックフラッシュ SUB ZERO サブゼロ ドライバーの試打・評価・感想

キャロウェイから発売のエピックフラッシュ サブゼロドライバーについて、商品の特徴、試打の評価・感想を取り上げます。

EPIC FLASH サブゼロドライバーの特徴

GDOで「エピックフラッシュサブゼロ」の価格をチェックする

楽天市場で「エピックフラッシュサブゼロ」の価格をチェックする

エピックフラッシュのドライバーは、アベレージ向けのスターと上級者向けのサブゼロの2タイプがあります。今回、取り上げるのはサブゼロです。

サブゼロに初めてウェイト調整機能を搭載!

前作となるGBB EPICドライバーでは、スターモデルにのみウェイト調整機能が搭載されていました。今回のEPIC FLASHでは、サブゼロモデルにもペリメーター・ウェイティングが搭載されています。

EPICFLASH エピックフラッシュ サブゼロドライバーの試打と感想–マーク金井氏

  • サブゼロと言えば、石川遼プロが使っていて、ハードヒッター向け、左のミスが出にくいドライバー。
  • 前作と異なる点は、ペリメーター・ウェイティングが搭載されている。
  • スターモデルにはないスリーブの調整機能は、今回もサブゼロに搭載されている。
  • フェースはAIで開発されている。
  • ROGUE、GBB EPICには空気抵抗を軽減する工夫がクラウンにあったが、EPIC FLASHではつるっとして搭載されていない。
  • シャフトは中間部分のしなりが特徴、やわらかい。
  • ヘッドを地面に置くと、フェースが結構開く。
  • フェースが割れるんじゃないかというぐらいの音がする。
  • ヘッドのターンがGBB EPICに比べると、操作しやすい。右にスッポ抜ける感じは改善されている。
  • ハードヒッター向けといわれるが、シャフトはスターのものより柔らかく感じる。
  • サブゼロの方が重心が浅く、スピン量が200回転ぐらい少ない
  • ボールは上がり辛い。ヘッドスピードが速く打ち出しを高くできるなら、サブゼロの方が飛ばせる。

ウェイト調整は左右方向のFADE・DRAWのみ!

テーラーメイドのM5では、ウェイトを前方・後方にスライドさせることができますが、EPIC FLASHでは、前作のGBB EPICと同じく左右方向のみの調整となります。

PINGのG410PLUSドライバーも左右方向のみですがウェイトの設定箇所は固定式ではなく自由にスライドできますので、G410PLUSよりは調整具合に自由度があります。

サブゼロはソール前方にウェイトネジが装着されている

GBB EPIC、ROGUEでも同じ仕様なのですが、サブゼロの特徴とでもいうべきスクリューウェイトがソールの前方に装着されています。

重心が浅くなりますので、操作性がよくなり、上級者に好まれる設定です。ただし、今回、ペリメーターウェイティングの採用により12gのスライダーウェイトが後方に搭載されていますので、スクリューウェイトによる前重心の効果は、ROGUEやGBB EPICよりも弱まっていると思われます。

最近では、上級者モデルでもドデカヘッド、深重心の傾向にありますので、そういった流れを取り入れているのかもしれません。

サブゼロの試打の動画

エピックフラッシュ関連のおすすめ記事

EPIC FLASH エピックフラッシュ スター ドライバーの試打・評価・感想

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?