飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 シャフト 」 一覧

VENTUS BLACKシャフトの特徴を徹底解説!試打・評価・スペック

Fujikuraから発売の「VENTUS BLACK」シャフトについて、製品の特徴、スペック、試打した評価を取り上げます。

VENTUS BLACKの特徴

PGAツアーで使われることを目指したシャフト

Fujikuraのシャフトと言えば、SPEEDERが有名です。

ツアープロの世界では、女子プロには人気がありますが、男子プロからはヘッドが動かないシャフトのニーズがあり、それに応えた製品がVENTUSだと言われています。

PGAツアーでの使用率1を奪取すべく、トッププロの要求に応えるシャフトの開発がスタート。ツアー現場から開発された、たたけるフィーリングの飛距離とコントロール性能を両立したアメリカ発の元調子系シャフト。

公式サイトでの説明でも、PGAツアーで使われることを意識していることが伝わってきます。

先端剛性が高く、球がブレにくい

VENTUSシャフトの最大の特徴は、先端剛性を高めている点にあります。

VeloCore Technologyが採用されていて、 オフセンターの際のヘッドのねじれが抑えられ、ボール初速が出やすくなっています。

VENTUSの適合ゴルファー

VENTUSシャフトは、先端剛性が高いことによりヘッドが俊敏に動き辛く、弾道の安定感があります。

逆に言うと、ヘッドの俊敏な動きはありませんので、打ち出しの高さ、つかまりは抑えられます。

ゴルファータイプで言えば、スライサーや高弾道で飛ばしたいゴルファーではなく、フッカーや弾道高さを抑えたいハードヒッターに適しています。

日本での展開はBLUE・BLACKの2タイプ

VENTUSはUS発のシャフトで、いわば、日本へは逆輸入の形で展開されています。

そのためか、VENTUSシャフトは、US Fujikuraの方がラインナップが充実しています。

▼USと日本でのVENTUSのラインナップ

モデル US 日本
RED 5~9
BLUE 5~9 5~7
BLACK 5~10 5~7

上表は、USと日本でのVENTUSの種類、そして、重量クラスを表したものです。

VENTUSシャフトは、RED・BLUE・BLACKの3種類あり、重量クラスも5~9(BLAKは10)までありますが、日本ではREDの展開がなく、重力クラスも7までとなっています。

もう少し細かく言うと、フレックスもUSの方が充実していて、R2やTXなどが揃っています。

ちなみに、日本ではVENTUS BLACKという正式名の他に、クロベンとも呼ばれています。

VENTUS BLACKの試打・解説

プロがVENTUS BLACKを試打・評価

テーラーメイドのSIM2ドライバーにVENTUS BLACK 5S、5X、6X、7S、7Xを挿して試打されています。

ちなみに、試打されている石井プロは、BLACKではXが硬すぎで、5Sで調度良いとのことです。

  • シャフトがピンとしていて、ヘッドスピードが速くなりやすい。
  • BLACKのXにすると、シャフトのしなりは感じられない。
  • VENTUS BLUEと比べると、しなりの量、しはりの幅も抑えられている。VENTUS BLACKは、シャフトがパチンと戻ってくる。
  • 6Xだとしならせきれないため、ヘッドが戻ってきてしまう。
  • VENTUS BLACKは、PGAの超スーパーハードヒッター向け。BLUEよりもハードヒッター向け。

HS42でVENTUS BLACKとBLUEを比較・試打

<VENTUS BLACK 5S>

  • シャフトが暴れない。しっかりしている。
  • ドローヒッターには左に来なくて良い。
  • ヘッドが遅れずついてくる。

<VENTUS BLUE 5S>

  • 同じ5Sで1フレックスぐらい違う。
  • ヘッドは遅れてくる。タイミングが違う。
  • しなりもどりが緩やかで、BLUEでも左に行かない。

VENTUS RED・BLUE・BLACKの違い・比較解説

  • VENTUSはヘッドの先側がしっかりしているシャフト。
  • 先端のトルクが低く、ねじれが少ないため、インパクトの際に打ち負けにくく、ミスヒットにも強い。左右の方向性が安定する。
  • 左につかまり過ぎる方、フッカーの人には相性が良い。スピン量が少なく、球が上りにくいシャフト。
  • BLACKは、BLUEよりもさらにスピン量が少なく、球が上り難い。サイドスピンも入り難いので、左右にも曲がり難い。
  • ヘッドスピードが無いと扱いが難しい。

VENTUS BLACKの口コミ

ガチガチのハードヒッター向け


方向性は良いし飛ぶ

捕まえにいっても左行きにくい

ブラックの方がチーピンし辛い

逆にベンタスブルーの方が球散らかってダメ

ブラックだと硬い・・・ブルーだと柔らかい

VENTUS BLACKのスペック

モデル 硬さ 重量 トルク 調子 長さ Tip径 Butt径
VENTUS BL 5 S 57.5 3.7 46 8.5 15.30
X 58.5 3.3 15.30
VENTUS BL 6 S 64 3.4 15.35
X 65 3.1 15.45
VENTUS BL 7 S 77 3.1 15.35
X 78 2.8 15.35

VENTUSはUSで誕生したシャフトで、RED、BLUE、BLACKの3種類あります。日本での展開は、当初、BLUEのみでしたが、1年後にBLACKが追加されました。

重量クラスは、日本では5、6、7の3種類ですが、USでは10までありフレックスのラインナップも充実しています。

よりハードなスペック、ソフトなスペックを求める方は、USモデルで探されると良いでしょう。

VENTUS BLACKの発売日・発売価格

VENTUS BLACKの発売日は、2021年2月18日です。発売価格は税込み55,000円(税抜き50,000円)となっています。







VENTUS BLUEシャフトの特徴を徹底解説!試打・評価・スペック

Fujikuraから発売の「VENTUS BLUE」シャフトについて、製品の特徴、スペック、試打した評価を取り上げます。 VENTUS BLUEシャフト Amazon 楽天市場 VENTUS BLUE …

【米国PGAツアー】トッププロ10名のシャフト(ドライバー編)を調査【2022年】VENTUSが圧倒的な人気!

海外のトッププロたちは、ドライバーにどんなシャフトを使っているのか? ドライバーヘッドは契約メーカーのものを基本的に使用しますが、シャフトはプロパーの純正とは異なるケースが大半です。 そこで、米国PG …

ATTAS KINGシャフトの特徴を徹底解説!試打・評価・スペック

USTマミヤから発売の「ATTAS KING」シャフトについて、製品の特徴、スペック、試打した評価を取り上げます。 ATTAS KING Amazon 楽天市場 ATTAS KINGの特徴 ATTAS …

Fujikura MCIシャフトの特徴を徹底解説!試打・評価・スペック【アイアン用カーボンシャフト】

Fujikuraのアイアン用シャフト「MCI」について、製品の特徴、スペック、試打した評価を取り上げます。 Fujikura MCIシャフト Amazon 楽天市場 Fujikura MCIシャフトの …