飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをおすすめランキングバー ランキング形式で紹介します。

「 ピン 」 一覧

【2020年】世界ランキング上位10名のドライバーを調べてみました!使用数が多いのはテーラーメイドのSIM、タイトリストのTS

世界のトッププロ達が使うゴルフクラブは、常に注目されています。

特に上位にランクインしているプロの使用ギアは、気になるものです。

そこで、本記事では2020年の世界ランキング上位10名が使うドライバーを調べてみました。

テーラーメイド SIMドライバー

最も多かったのが、テーラーメイドのSIMドライバーです。

上位ランカーにテーラーメイドの契約プロが多いことも影響してると思いますが、実際に、SIMドライバーの評価は日本国内でもとても高いです。

使用しているプロ:ロリー・マキロイ(1位)、ジョン・ラーム(2位)、トミー・フリートウッド(10位)

前作のM5ドライバーもかなり評価の高いドライバーで、SIMドライバーは前後のロー・ハイの調整機能が外されていますので、機能的にはデグレードとなります。

ですが、それでもテーラーメイドの契約プロたちはこぞってSIMに移行していることを考えると、性能面でアップグレードしていることを証明してくれています。

実際、SIMドライバーは低スピン性能、弾道と飛距離の安定性が高いと評価されています。

▼SIMドライバーの試打・評価はこちらをご覧ください。

SIMドライバーの試打・評価・感想

▼SIMドライバーとM5ドライバーの違い・比較はこちらをご覧ください。

SIMドライバーとM5ドライバーの違い

ウェイト調整機能については、左右のドロー・フェードのみで、前後のロー・ハイがなくなりましたが、可変スリーブは引き続き搭載されていますので、ロフト角・ライ角の調整は、これまでのMシリーズと同様に行うことができます。

▼SIMドライバーのロフト角調整機能の詳細はこちらをご覧ください。

SIM・SIM MAXドライバーのロフト角調整機能について

タイトリスト TS3ドライバー

タイトリストの新シリーズのTS3ドライバーです。TSシリーズはTS1~4まで4種類あり、数字が大きい程、上級者向けとなります。

位置付けとしては、917D3の後継となり、低スピンで低・中弾道でアスリートが使いやすいモデルです。

使用しているプロ:ジャスティン・トーマス、ウェブ・シンプソン、パトリック・カントレー

TSシリーズは、これまでの917、915といったモデルと変わって、スピードに拘って開発されています。

これまでタイトリストと言えば、プロの要望に耳を傾けていた印象がありますが、TSシリーズは市場のニーズに応えたモデルと言って良いでしょう。

飛距離性能に優れていて、特にTS1は275gという軽量モデルで、シニアを含めた幅広いゴルファー層がTSシリーズを検討することができます。

▼TS3ドライバーの試打・評価です。

タイトリスト TS3ドライバーの試打・評価、感想

▼TS1、TS2、TS3、TS4の違いは、こちらをご覧ください。

TSドライバーの全モデルを徹底比較!TS1、TS2、TS3、TS4

タイトリストのTSシリーズのドライバーは、モデルにより調整機能の搭載状況に違いがあります。TS3ドライバーは、ウェイト、ロフト角の両方の調整機能があります。

▼TSシリーズ ドライバーの調整機能は、こちらで詳しく解説していますので、リンクを載せておきます。

TSドライバーのSURE FIT完全ガイド!ロフト・ライの調整機能、CGウェイトを徹底解説!

テーラーメイド M5ドライバー

2019年のテーラーメイド Mシリーズのアスリート向けモデルです。日本国内での筆者周辺の評価としては、G410のPLUSとM5ドライバーの2本が優れていました。EPICFLASHも当たった時の飛びは高評価でしたが、安定性・使いやすさでG410、M5を推す声が多かったようです。

使用しているプロ:ブルックス・ケプカ

現在、SIMドライバーを使っているプロは、少し前までM5ドライバーを選んでいたケースが殆どですから、アマチュアとしてはマークダウンしたM5ドライバーはとてもコスパが良い買い物です。

M5ドライバーの試打・評価・感想

個人的には、SIMドライバーでは、何故、前後(ロー・ハイ)のウェイト調整機能が外されたんだろう?と思うぐらい、M5の前後・左右のウェイト調整は使えます。

プロやアマチュアの間でも、ロー・ヒールのウェイト設定は、ほんのりつかまって、強い球が出るということで、多かったようです。

▼M5ドライバーのウェイト調整例については、こちらで詳しく解説しています。

M5ドライバーのウェイト調整機能、リバースTトラックについて徹底解説【調整例の基本5種+おすすめ2種】

▼ロフト角の調整機能については、こちらをご覧ください。

M5ドライバー・M6ドライバーのロフト角調整機能について

M5ドライバーは上級者だけでなく、中級者でも十分使えます。アベレージ向けドライバーが物足りなくなった方にもおすすめです。

▼M5ドライバーのくちこみ・評価は、こちらをご覧ください。

M5ドライバーの評価・くちこみをまとめました

▼アスリート向けM5ドライバーとアベレージ向けM6ドライバーの違いはこちらをご覧ください。

M6ドライバーとM5ドライバーの違い

テーラーメイド SIM MAXドライバー

SIMシリーズドライバーのアベレージ向けモデルと言われているSIM MAXドライバーです。上位10名には入っていませんが、松山英樹プロが使っていることでも注目されています。

使用しているプロ:ダスティン・ジョンソン

ダスティン・ジョンソンや松山英樹が使っているのにアベレージ向けというのは、やや違和感がありますが、SIMドライバーよりはつかまりが良く、球も少し上がりやすくなっています。

▼SIM MAXドライバーとSIMドライバーの違いは、こちらをご覧ください。

SIMドライバーとSIM MAXドライバーの違い

一つ前のモデルに位置づけれられるM6ドライバーは、かなり球があがりやすく、つかまりが良いドライバーでしたので、SIM MAXとなって、ややハードになった印象はあります。

▼SIM MAXドライバーとM6ドライバーの違いは、こちらをご覧ください。

SIM MAXドライバーとM6ドライバーの違い

SIMドライバーは、ドロー・フェードのウェイト調整機能が搭載されていますが、SIM MAXドライバーはオートマチック性の高いモデルでウェイト調整機能が搭載されていません。

なお、ロフト角の調整機能は搭載されていますので、ロフト・ライ・フェース角を予め定められた12の設定から選択して変更することができます。

▼SIM MAXドライバーのロフト角調整機能は、こちらをご覧ください。

SIM・SIM MAXドライバーのロフト角調整機能について

タイトリスト TS4ドライバー

TS4ドライバーは、TSシリーズで最も上級者向けのドライバーです。

ヘッドサイズが唯一430ccと小ぶりな点からも、ターゲットゴルファーが絞られることが分かります。

使用しているプロ:アダム・スコット

ソールに搭載されているウェイトは、前方に1つのみとなっていますので、重心を浅く使用という意図が強く表れているドライバーです。

浅重心で低スピンで吹け上がらない球が出ますので、思い切り叩きたいゴルファー向けのモデルです。

▼TS4ドライバーのスペック・特徴は、こちらをご覧ください。

TS4ドライバーは小ぶりヘッドの低スピンモデル!

PING G400 LSTドライバー

G400 LSTドライバーは、G400シリーズの低スピンタイプのモデルです。後継のG410シリーズでもG410 LSTドライバーが発売されていますが、敢えてG400を使っているところがポイントです。

旧モデルの方が5cc小さく、ウェイト調整機能が無い分、重心設計が最適に行われているといった点を好んでいるのかもしれません。

使用しているプロ:パトリック・リード

実際、G400 LSTドライバーは、早くも銘器と言う声も多く、PING契約プロ以外が使っていることで注目を浴びていて、このドライバーの良さがしがらみのないとことで証明されていると言えます。

▼G400 LSTドライバーの詳しい解説はこちらです。

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

ちなみに、G400はGシリーズの9代目、G410は10代目のモデルとなります。ゼクシオと同じぐらい世代を重ねていて、長く支持されているモデルです。

▼歴代Gシリーズドライバーはこちらにまとめてあります。

PINGの歴代Gシリーズを一挙紹介!Gドライバーは初代ではなかった!

日本のプロでは、鈴木愛、渋野日向子がG410を早々使っていまして、鈴木愛プロはG410 LSTドライバーを使っています。

▼G410 LSTドライバーとG400 LSTドライバーの違いは、こちらをご覧ください。

G410LSTドライバーとG400LSTドライバーの違い

▼G410、G400の調整機能については、こちらをご覧ください。

G410 PLUS・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角・ウェイト調整機能を徹底解説!

G400 STD・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角調整機能を徹底解説!

まとめ

世界ランキング トップ10のプロが使っているドライバーは、メーカーで集計するとテーラーメイドが3本、タイトリストが2本、PINGが1本という結果になりました。

プロが使用しているモデルについては、契約プロの多さに影響を受けます。実際、MAVRIK やEPICFLASHが登場しないのは、2020年の上位ランカーにキャロウェイ契約プロが入っていないことが関係していると言えます。

必ずしも上位ランカーのプロが使うモデルが良いという訳ではありませんが、そのプロ達が旧モデルからすんなり移行しているかどうかを見ていると、ニューモデルの評価が伝わってくるように思います。

トッププロ達のクラブの使用状況・乗換状況など、ご自身のクラブ選びの参考にしてもらえればと思います。







G410 PLUS ドライバーの評価・クチコミをまとめました

▼G410 PLUSの試打・評価はコチラです ≫ G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想 PINGから2019年モデルとして発売のG410 PLUSドライバーについて、評価やクチコミ・感想を …

G410 LST ドライバーの評価・クチコミをまとめました

▼G410 LSTドライバーの試打・評価はコチラです ≫ G410 LST ドライバーの試打・評価・感想 PINGから2019年モデルとして発売のG410 LSTドライバーについて、評価やクチコミ・感 …

G400 STD・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角調整機能を徹底解説!

▼G410シリーズのロフト角・ウェイト調整機能については、下記記事をご覧ください。 ≫ G410 PLUS・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角・ウェイト調整機能を徹底解説! PINGから発売 …

G410 PLUS・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角・ウェイト調整機能を徹底解説!

PINGから2019年モデルとして発売のG410シリーズのドライバーについて、ロフト角・ライ角の調整機能、ウェイトによる重心調整機能について解説します。 PLUS・LST・SFTのモデルにより、搭載さ …