ピン」カテゴリーアーカイブ

G410 SFT ドライバーの試打・評価・感想

PINGから2019年モデルとして発売のG410 SFTドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。

G410ドライバーは2種類ある!

G410ドライバーは現時点で2種類発売されています。調整機能が新たに搭載されたG410 PLUSドライバーと、ドローバイアス仕様のG410 SFTドライバー。本記事ではドロー設計のG410 SFTドライバーを取り上げます。

なお、「現時点で2種類」と保険を掛けたような表現としているのは、G400シリーズの発売のされ方にあります。ご存知の方も多いと思いますが、G400ドライバーは当初スタンダード、LST、SFTの3種類が発売され、後にG400MAXドライバーが発売されました。

低スピンモデルは一定の人気がありますので、G410ドライバーも2019年後期ぐらいにG410 LSTドライバーが発売される可能性は十分にあると思います。なお、MAXモデルは既にG410が455ccと最大サイズにかなり違いので、発売されるかは微妙なところかもしれません。

G410 SFT ドライバー

こちらがG410 SFTドライバーです。G410 PLUSとの大きな違いは、ウェイトです。G410PLUSドライバーは、ノーマル、フェード、ドローの3か所にウェイトを脱着できますが、G410 SFT ドライバーは、ウェイトがヒール側に固定されています。

G410 SFTドライバーはスライサーにおすすめ

USサイトでの説明によると、「50% more heel-side CG than G400」とあります。G400と比べて、ヒール側に重心位置が50%寄っていますので、ヘッドローテーションがしやすくなっています。

標準シャフトを装着したモデルでのスイングウェイトは、G410PLUSドライバーはD2で、G410SFTドライバーはD0となっていますので、SFTはヘッドも振り抜きやすく、スクエアーな状態でインパクトしやすくなっています。この点もスライサー向けに配慮された仕様となっています。

ロフト角・ライ角の調整機能は搭載されている

ウェイトは固定式ですが、ロフト角・ライ角の調整機能は搭載されています。ロフトは±1度、 ± 1.5度、ライ角はスタンダード / フラットの調整が行えます。注意が必要な点としては、 G400のホーゼルスリーブとの互換性はありません。

G410SFTドライバーのスペック

  • ロフト角:10.5°
  • ヘッド体積:455cc
  • ライ角:59.5°
  • クラブ重量:約291g
  • 標準シャフト:ALTA J CB RED(X/S/SR/R)
  • クラブ長さ:45.75インチ

G410SFTドライバーの試打と感想–マーク金井氏

  • SFTはネジが固定されている。可変でないので穴が無く、自由に設計できるというメリットがある。
  • ヘッドをポンと置いた状態で、フェースの開きがPLUSより少なく、スクエアに近い。
  • オートマチックにつかまってくれる。
  • つかまると言っても、スライスしてる人がドローになるわけではないが、PINGの中でつかまる。
  • PLUSのドローモードとSFTで、あまり変わらない。
  • アドレスの時点でスクエアに近いものが欲しい人は、G410SFTドライバーがおすすめ。

G410 PLUSドライバーの標準シャフト

メーカーの公式サイトに紹介されているシャフトは、以下の7種となります。

  • ALTA J CB RED R/SR/S/X
  • PING TOUR 173-65 R/S/X
  • PING TOUR 173-75 R/S/X
  • ALTA DISTANZA -
  • The ATTAS 5S/6S
  • Speeder EVOLUTION V 569S/661S
  • TENSEI CK Pro Orange 60S/70S

G410に関連するおすすめ記事

G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想

G410ドライバーとG400ドライバーの違い

G400 MAXドライバー の試打・評価・感想

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

PINGの歴代Gシリーズを一挙紹介!Gドライバーは初代ではなかった!

PINGから発売のGシリーズはドライバーからアイアンまであり、ウッドを中心に人気のモデルとなっています。実はこのGシリーズ、G2、G5、G400といったモデル名に加え、付記されるSFT、LS TEC、PLUS・・・といった名称があり、ネーミングが謎という声があります。本投稿では、Gシリーズのネーミングについて徹底解説します。

PINGのGシリーズ、Gドライバーは8代目で、G2ドライバーは初代!

PINGのGシリーズは、G30、G410など、Gの後ろに数字が付いています。過去のモデルでGドライバーという名称のものが発売されていますので、これが初代と思っている方も多いようですが、実はGドライバーは8代目モデルです。では初代モデルはというと、G2ドライバーです。ややこしいですね。このあたり、年代別に整理してみましょう。

Gシリーズのモデル年表、G410は10代目!?

世代 発売年 モデル名
初代 2004年 G2
2代目 2005年 G5
3代目 2007年 G10
4代目 2009年 G15
5代目 2011年 G20
6代目 2013年 G25
7代目 2015年 G30
8代目 2017年 G
9代目 2018年 G400
10代目 2019年 G410

こうみるとモデル名の不思議さがあるものの、G410は10代目であることに驚かされます。10代目までロングセールのモデルは、ゼクシオとマジェスティプレステジオだけかと思っていましたが、PINGのGシリーズも10代目まで来てるんですね。

それでは、各モデルを一つずつ見ていきましょう。

G2ドライバー(初代)

こちらが初代となるG2ドライバー。冒頭でも触れましたが、初代なのに添え字が「2」というところが不思議です。ちなみに、GはGenerationの頭文字で、「次世代」という意味です。

2は次世代=第二世代という意味の2なのか、「飛距離性能」と「やさしさ」の2つを兼ね備えたモデルなので2なのか、理由は特定できませんでした。発売年が2002年であれば、年数とも考えられるのですが、G2の発売年は2004年のため謎です。そして、この後のモデルのネーミングがさらに混迷を深めていきます。

G5ドライバー(2代目)

こちらが翌年の2005年に発売のG5ドライバー。この時は「5」が発売年から来ているのかなと思いますが、次の2年後のモデルはG7とはなりませんでした。

最近のPINGといえば、タービュレーターが印象的ですが、この頃はまだ搭載されていません。初めて搭載されるのは2015年の7代目からです。

G10ドライバー(3代目)

こちらが2007年に発売の3代目となるG10ドライバーです。これまでのブルー系のカラーリングから一変して、アクセントカラーがオレンジに変わっています。このあと5代目までオレンジ・赤系統が続きます。

G15ドライバー(4代目)

2009年に発売のGシリーズ4代目となるG15ドライバーです。デザインの感じは3代目と似ていますが、デザインのラインが少し角々してきていて、ポップとシャープの中間ぐらい、ゴルフクラブの中ではおしゃれな印象を与えてくれます。

G20ドライバー(5代目)

2011年に発売のGシリーズ5代目、G20ドライバーです。デザインのラインがギザギザしていて、シャープな方向にデザインの舵を切ったようにも思えます。

添え字の数字については、何となく5ずつ上がっているのかなと感じさせますが、なおさら初代の2が謎になってきます。

G25ドライバー(6代目)

こちらが2013年に発売のGシリーズ6代目、G25ドライバーです。25の数字が見えづらいですが、PINGのPの前に、横向きに25と赤字で書かれています。フェース・クラウン・ソールがブラック一色となり、現在のPINGのドライバーを感じさせるカラーリングになっています。この頃から精悍な方向にデザインイメージが変更されたように感じられます。また、ソール後方にウェイトネジが搭載されるようになったのもこの頃からのようです。

G30ドライバー(7代目)

2015年に発売のGシリーズ7代目、G30ドライバーです。アクセントカラーに初代の青が戻ってきました。

そしてこの代になって初めて空気の流れを制御してくれるタービュレーターがクラウンに搭載されています。

Gドライバー(8代目)

2017年に発売のGシリーズ8代目です。ここでG35ドライバーとならず、Gドライバーとなり、数字がなくなりました。

タービュレーターも年々進化していきます。個人的には凹凸の滑らかなデザインがバットマンのマスクを思い出させます。

G400ドライバー(9代目)

こちらが2017年に発売のGシリーズ9代目です。G2、G5、・・・、G30、Gときて、次はどんな名前になるのかと思っていたら、G400ドライバーです。一つ前の2015年モデルは、そのまま5ずつカウントアップしていればG35ドライバーだったはずです。その流れを汲んで、G40ドライバーとなることころですが、前作でGドライバーと区切りをつけるようなネーミングとしましたので、桁を一つ上げてG400としたのかなと勝手に推測します。

ここで一つドライバーとして変化がありまして、G400は最初にスタンダード、LS TEC、SF TECの3タイプが発売されました。そして、ヘッド体積がここで初めて445ccとなります。その後暫くして、G400MAXドライバーが発売され、最大サイズの460ccモデルが登場します。

G410ドライバー(10代目)

そして、現在の最新モデル、2019年に発売のG410ドライバーです。Gシリーズ10代目となります。ウェイトが移動できる機能が追加され、正式名はG410 PLUSドライバーです。

 

以上、PINGの歴代Gシリーズについて見てきました。新しめのモデルについては、下記関連記事をご覧ください。

あなたにオススメの「PING Gシリーズ」関連の記事

G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想

G410ドライバーとG400ドライバーの違い

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

G400 MAXドライバー の試打・評価・感想

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

2019年モデルのドライバーはテーラーメイドのM6、M5、キャロウェイのEPICFLASHを始め、注目のモデルが目白押しです。少し早いですが、年初のニューモデルの情報が出そろってきたところで、2019年モデルの中で、飛距離が出るドライバーをランキング形式でご紹介します。

第1位 テーラーメイド M6ドライバー

M6ドライバーは、スピードインジェクションという驚きの製造手法が採用されています。まずルール違反の高反発フェースを製造し、前方の穴よろジェルを注入して反発性能を下げてルール限界値の反発を持ったクラブに仕上げられています。

つまり、M6ドライバーは商品により当たり外れがなく、全てが最大反発に仕上げられているところが最大の魅力です。そして、M3、M4でも注目されたツイストフェースは引き続き搭載されていますので、打点がバラついても弾道をセンターに戻してくれます。

第2位 インプレス UD+2ドライバー

ヤマハから発売のインプレスUD+2ドライバーの2代目、2019年モデルです。前作に引き続き、最大の特徴は大きな重心角です。

一般的なドライバーで22度ぐらいですから、33度というのは極端に大きな重心角です。フェースの返りが抜群によく、しっかり捕まえることができます。飛距離アップの仕組みも搭載されていますが、スライサーの方は弾道が改善されることによる飛距離アップの効果が大きいと思います。

第3位 キャロウェイ エピックフラッシュ スタードライバー

発売前からAIデザイン、フラッシュフェースというキーワードが漏れ聞こえてきて、注目を浴びていたモデルです。AIとスーパーコンピューターを駆使して15000回のシミュレーションによりはじき出された答えが、左右非対称の波打ったフラッシュフェースです。

引き続き、ソール後方のウェイト調整機能、ペリメーターウェイティングは搭載されていますので、弾道にFADE・DRAWの調整を掛けたい方にはおすすめのモデルです。

第4位 PING G410 PLUSドライバー

PINGの人気モデル、G400シリーズのニューモデルがG410です。今回のG410ドライバーでは、ウェイト調整機能が搭載され、FADE、DRAW設定とて、ウェイトを移動することができます。

G400ではMAX、スタンダード、SFT、LSTと4つのモデルから選ぶ必要がありましたが、ある程度、クラブの側からも弾道調整が行えるようになりました。

第5位 PHYZドライバー

PHYZドライバーもインプレスUD+2と同じく大きな重心角を持っています。一度、及ばない32度ですが、この大きさを有していれば大きな違いはないでしょう。

もう一つの特徴がクラブの重量です。シャフトが重量の異なる2種類から選ぶことができ、軽量な方を選択すると、クラブ重量は266gという軽さになります。体力が落ちていて、ヘッドスピードに悩みがあるゴルファーにはおすすめのモデルです。

こちらもオススメ

軽いドライバー おすすめランキング2019!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

ドライバー 2018年モデルの売れ筋ランキング

G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想

PINGから2019年モデルとして発売のG410ドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。

G410ドライバーは2種類ある!

GDOで「G410ドライバー」を探す

楽天で「G410ドライバー」を探す

G410ドライバーは調整機能が新たに搭載されたPLUSドライバーと、ドローバイアス仕様のSFTドライバーの2種類が発売されています。本記事では調整機能付きのPLUSドライバーを取り上げます。

G410ドライバーの試打と感想–みんなのゴルフダイジェスト

・一番のポイントは、可変式のウェイトが搭載されている。スライド式ではなく、3か所に変更できる

・ヘッドの大きさは455ccで、G400MAXとほぼ同じ大きさ。構えてみると、そんなに大きさは感じない。

・ネックにロフトとライの調整機能が搭載されていて、今作では1.5°まで変更できるようになった。(前作は1°)

・PINGの良さである直進性の良さ、ブレの幅が少ない点は、さらに進化している。

・ヘッドスピードが速くて左に巻き込んでしまう人はフェードポジション、右にすっぽ抜ける人はドローポジションにできるため、ヘッドスピードが速くても遅くても対応できるヘッドになっている。

G410 SFTドライバーの調整ウェイトは、3つのポジションに設置できる

今回、新たに搭載されたウェイト調整機能は、テーラーメイドのM5ドライバーやキャロウェイのEPICFLASHのようなレール式ではなく、レンチで完全に取り外して、予め用意されている3つのポジションに付け直す形での調整となります。

G410 PLUSドライバーの試打–GOLF DESIGN

・芯に当たった時は当然飛ぶし安定しているが、芯を外しても曲がらない点が進化している。

・打感はPINGユーザーGドライバーとG400ドライバーの間ぐらいで、G400MAXドライバーに似ている。カチンと初速速い感じもするし、喰い付く打感の柔らかい感じもある。

・ウェイトはレンチで完全に外せ、3か所のポジションに変えられる。スライドさせるわけではない。

・ネックの部分は、ロフトとライの調整が可能になっている。

・G400が良いドライバーだが、新たにウェイト、ライの調整機能が搭載され、最高のドライバーに仕上げられる。

G410 PLUSドライバーの標準シャフト

メーカーの公式サイトに紹介されている標準シャフトは、以下の7種となります。最も標準的というか、所謂オリジナルカーボンというのは、ALTA J CB REDがそれにあたるようです。

  • ALTA J CB RED R/SR/S/X
  • PING TOUR 173-65 R/S/X
  • PING TOUR 173-75 R/S/X
  • ALTA DISTANZA -
  • The ATTAS 5S/6S
  • Speeder EVOLUTION V 569S/661S
  • TENSEI CK Pro Orange 60S/70S

G410 PLUSドライバーの付属品1、専用 ヘッドカバー

G410 PLUSドライバーの付属品1、専用 レンチ

今回からロフトだけでなく、ライ角の調整機能も搭載されています。調整幅は、ロフトが±1度、 ± 1.5度、ライ角がスタンダード・フラットとなっています。なお、G400のホーゼルスリーブとの互換性はないとのことです。

G410に関連するおすすめ記事

G410ドライバーとG400ドライバーの違い

G400 MAXドライバー の試打・評価・感想

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

G410ドライバーとG400ドライバーの違い

PINGから発売のG410ドライバーについて、前作のG400ドライバーとの違いを取り上げます。

G410ドライバーは2種類、G400ドライバーは4種類ある!

GDOで「G410ドライバー」の価格をチェック

楽天で「G410ドライバー」の価格をチェック

今作のニューモデルであるG410ドライバーは、ウェイト調整機能が付いたG410 PLUSドライバーとドローバイアス設計のG410 SFTドライバーの2種類となっています。

一方、前作のG400ドライバーは、G400ドライバーのスタンダードモデル、SFTモデル、LSTモデル、そして、G400MAXドライバーの4種類となっています。

当記事では、G410PLUSドライバーとG400MAXドライバーを取り上げます。

G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想

G410とG400ドライバーの違いその1、ウェイト調整機能

G410とG400の違いとして最も特徴的なのは、G410PLUSドライバーに、ウェイト調整機能が搭載された点です。

センター、ドロー、フェードと3か所にウェイトを移動できますので、自分のスイングを変えずに弾道を調整できることが、今作のG410PLUSのセールスポイントとなっています。

G410とG400ドライバーの違いその2、ヘッドサイズがやや小ぶりになっている!

G400MAXドライバーのヘッド体積は最大サイズの460ccですが、今作のG410PLUSドライバーのヘッドは455ccとほんのわずかに小ぶりになっています。

ちなみに、G410 SFTドライバーも455cc、そして、G400のスタンダード、SFT、LSTは445ccと更に小ぶりのヘッドとなっています。MAX以外はやや小ぶりですので、操作性も求めるゴルファーに適したモデルとなっています。

G410とG400ドライバーの違いその3、ホーゼルの調整機能

両モデル共、ホーゼルに角度の調整機能が付いていますが、若干の違いがあります。G410PLUSドライバーは、ロフトが±1度・±1.5度、ライ角はスタンダード・フラットの調整が可能です。一方、G400MAXドライバーは、ロフト角のみロフトが±0.6度・±1度の調整が可能となっています。

G410とG400ドライバーの共通点

ここまで違いについて取り上げましたが、共通点についても取り上げます。

クラブ重量は、ほぼ同じ!

クラブ重量については、シャフトにより変わってきますので、ALTA J CB(R)を装着したもので比較します。G410PLUSドライバーは293g、G400MAXドライバーは295gと約2gの違いとなっていますので、大きな違いはないと言って良いでしょう。

ホーゼルに調整機能が付いている

ホーゼルの調整機能については、違いでも挙げている通り、G410PLUSはライ角の調整器も可能という点が異なっていますが、両モデル共、ロフト角の調整は行うことができますので、打ち出しの高高さは、調整の範囲で変更することができます。

G410ドライバーに関する記事

PING G410ドライバーの発売日が決定!