ピン」カテゴリーアーカイブ

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

2019年モデルのドライバーはテーラーメイドのM6、M5、キャロウェイのEPICFLASHを始め、注目のモデルが目白押しです。少し早いですが、年初のニューモデルの情報が出そろってきたところで、2019年モデルの中で、飛距離が出るドライバーをランキング形式でご紹介します。

第1位 テーラーメイド M6ドライバー

M6ドライバーは、スピードインジェクションという驚きの製造手法が採用されています。まずルール違反の高反発フェースを製造し、前方の穴よろジェルを注入して反発性能を下げてルール限界値の反発を持ったクラブに仕上げられています。

つまり、M6ドライバーは商品により当たり外れがなく、全てが最大反発に仕上げられているところが最大の魅力です。そして、M3、M4でも注目されたツイストフェースは引き続き搭載されていますので、打点がバラついても弾道をセンターに戻してくれます。

第2位 インプレス UD+2ドライバー

ヤマハから発売のインプレスUD+2ドライバーの2代目、2019年モデルです。前作に引き続き、最大の特徴は大きな重心角です。

一般的なドライバーで22度ぐらいですから、33度というのは極端に大きな重心角です。フェースの返りが抜群によく、しっかり捕まえることができます。飛距離アップの仕組みも搭載されていますが、スライサーの方は弾道が改善されることによる飛距離アップの効果が大きいと思います。

第3位 キャロウェイ エピックフラッシュ スタードライバー

発売前からAIデザイン、フラッシュフェースというキーワードが漏れ聞こえてきて、注目を浴びていたモデルです。AIとスーパーコンピューターを駆使して15000回のシミュレーションによりはじき出された答えが、左右非対称の波打ったフラッシュフェースです。

引き続き、ソール後方のウェイト調整機能、ペリメーターウェイティングは搭載されていますので、弾道にFADE・DRAWの調整を掛けたい方にはおすすめのモデルです。

第4位 PING G410 PLUSドライバー

PINGの人気モデル、G400シリーズのニューモデルがG410です。今回のG410ドライバーでは、ウェイト調整機能が搭載され、FADE、DRAW設定とて、ウェイトを移動することができます。

G400ではMAX、スタンダード、SFT、LSTと4つのモデルから選ぶ必要がありましたが、ある程度、クラブの側からも弾道調整が行えるようになりました。

第5位 PHYZドライバー

PHYZドライバーもインプレスUD+2と同じく大きな重心角を持っています。一度、及ばない32度ですが、この大きさを有していれば大きな違いはないでしょう。

もう一つの特徴がクラブの重量です。シャフトが重量の異なる2種類から選ぶことができ、軽量な方を選択すると、クラブ重量は266gという軽さになります。体力が落ちていて、ヘッドスピードに悩みがあるゴルファーにはおすすめのモデルです。

こちらもオススメ

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

ドライバー 2018年モデルの売れ筋ランキング

G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想

PINGから2019年モデルとして発売のG410ドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。

G410ドライバーは2種類ある!

GDOで「G410ドライバー」を探す

楽天で「G410ドライバー」を探す

G410ドライバーは調整機能が新たに搭載されたPLUSドライバーと、ドローバイアス仕様のSFTドライバーの2種類が発売されています。本記事では調整機能付きのPLUSドライバーを取り上げます。

G410ドライバーの試打と感想–みんなのゴルフダイジェスト

・一番のポイントは、可変式のウェイトが搭載されている。スライド式ではなく、3か所に変更できる

・ヘッドの大きさは455ccで、G400MAXとほぼ同じ大きさ。構えてみると、そんなに大きさは感じない。

・ネックにロフトとライの調整機能が搭載されていて、今作では1.5°まで変更できるようになった。(前作は1°)

・PINGの良さである直進性の良さ、ブレの幅が少ない点は、さらに進化している。

・ヘッドスピードが速くて左に巻き込んでしまう人はフェードポジション、右にすっぽ抜ける人はドローポジションにできるため、ヘッドスピードが速くても遅くても対応できるヘッドになっている。

G410 SFTドライバーの調整ウェイトは、3つのポジションに設置できる

今回、新たに搭載されたウェイト調整機能は、テーラーメイドのM5ドライバーやキャロウェイのEPICFLASHのようなレール式ではなく、レンチで完全に取り外して、予め用意されている3つのポジションに付け直す形での調整となります。

G410 PLUSドライバーの試打–GOLF DESIGN

・芯に当たった時は当然飛ぶし安定しているが、芯を外しても曲がらない点が進化している。

・打感はPINGユーザーGドライバーとG400ドライバーの間ぐらいで、G400MAXドライバーに似ている。カチンと初速速い感じもするし、喰い付く打感の柔らかい感じもある。

・ウェイトはレンチで完全に外せ、3か所のポジションに変えられる。スライドさせるわけではない。

・ネックの部分は、ロフトとライの調整が可能になっている。

・G400が良いドライバーだが、新たにウェイト、ライの調整機能が搭載され、最高のドライバーに仕上げられる。

G410 PLUSドライバーの標準シャフト

メーカーの公式サイトに紹介されている標準シャフトは、以下の7種となります。最も標準的というか、所謂オリジナルカーボンというのは、ALTA J CB REDがそれにあたるようです。

  • ALTA J CB RED R/SR/S/X
  • PING TOUR 173-65 R/S/X
  • PING TOUR 173-75 R/S/X
  • ALTA DISTANZA -
  • The ATTAS 5S/6S
  • Speeder EVOLUTION V 569S/661S
  • TENSEI CK Pro Orange 60S/70S

G410 PLUSドライバーの付属品1、専用 ヘッドカバー

G410 PLUSドライバーの付属品1、専用 レンチ

今回からロフトだけでなく、ライ角の調整機能も搭載されています。調整幅は、ロフトが±1度、 ± 1.5度、ライ角がスタンダード・フラットとなっています。なお、G400のホーゼルスリーブとの互換性はないとのことです。

G410に関連するおすすめ記事

G410ドライバーとG400ドライバーの違い

G400 MAXドライバー の試打・評価・感想

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

G410ドライバーとG400ドライバーの違い

PINGから発売のG410ドライバーについて、前作のG400ドライバーとの違いを取り上げます。

G410ドライバーは2種類、G400ドライバーは4種類ある!

GDOで「G410ドライバー」の価格をチェック

楽天で「G410ドライバー」の価格をチェック

今作のニューモデルであるG410ドライバーは、ウェイト調整機能が付いたG410 PLUSドライバーとドローバイアス設計のG410 SFTドライバーの2種類となっています。

一方、前作のG400ドライバーは、G400ドライバーのスタンダードモデル、SFTモデル、LSTモデル、そして、G400MAXドライバーの4種類となっています。

当記事では、G410PLUSドライバーとG400MAXドライバーを取り上げます。

G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想

G410とG400ドライバーの違いその1、ウェイト調整機能

G410とG400の違いとして最も特徴的なのは、G410PLUSドライバーに、ウェイト調整機能が搭載された点です。

センター、ドロー、フェードと3か所にウェイトを移動できますので、自分のスイングを変えずに弾道を調整できることが、今作のG410PLUSのセールスポイントとなっています。

G410とG400ドライバーの違いその2、ヘッドサイズがやや小ぶりになっている!

G400MAXドライバーのヘッド体積は最大サイズの460ccですが、今作のG410PLUSドライバーのヘッドは455ccとほんのわずかに小ぶりになっています。

ちなみに、G410 SFTドライバーも455cc、そして、G400のスタンダード、SFT、LSTは445ccと更に小ぶりのヘッドとなっています。MAX以外はやや小ぶりですので、操作性も求めるゴルファーに適したモデルとなっています。

G410とG400ドライバーの違いその3、ホーゼルの調整機能

両モデル共、ホーゼルに角度の調整機能が付いていますが、若干の違いがあります。G410PLUSドライバーは、ロフトが±1度・±1.5度、ライ角はスタンダード・フラットの調整が可能です。一方、G400MAXドライバーは、ロフト角のみロフトが±0.6度・±1度の調整が可能となっています。

G410とG400ドライバーの共通点

ここまで違いについて取り上げましたが、共通点についても取り上げます。

クラブ重量は、ほぼ同じ!

クラブ重量については、シャフトにより変わってきますので、ALTA J CB(R)を装着したもので比較します。G410PLUSドライバーは293g、G400MAXドライバーは295gと約2gの違いとなっていますので、大きな違いはないと言って良いでしょう。

ホーゼルに調整機能が付いている

ホーゼルの調整機能については、違いでも挙げている通り、G410PLUSはライ角の調整器も可能という点が異なっていますが、両モデル共、ロフト角の調整は行うことができますので、打ち出しの高高さは、調整の範囲で変更することができます。

G410ドライバーに関する記事

PING G410ドライバーの発売日が決定!

 

PING G410ドライバーの発売日が決定!

 

PINGの日本サイトでも遂にG410ドライバーの掲載が始まりました。動画もアップされ、発売日についても発表されています。

日本でもG410ドライバーの発売は2種類

出典:https://clubping.jp/product/product2019_g410_d.html

米国での発売については、前の記事で全容を紹介しました。日本のPINGでのG410の発表はタイムラグがありましたので、あくまで米国情報として紹介しました。

現在は、日本サイトでもG410が掲載されています。そして、日本発売モデルは、米国と同じく、G410PLUSドライバーとG410SFTドライバーの2種類となります。

G410PLUSドライバーとG410SFTドライバーの違い

両モデルについて、PING日本サイトでの説明を見てみましょう。

  • G410 PLUSドライバー
    「弾道調整機能搭載で、さらにブレないPLUS」
  • G410 SFTドライバー
    「さらにヒール寄りの重心設計で、最もつかまるSFT」

両モデルの住み分けとしては、弾道を調整したいゴルファーはPLUSスライスに悩むゴルファー、右へのミスを減らしたいゴルファーはSFTということになります。

G410ドライバー/PLUSドライバーの発売日が決定

G410の発売日ですが、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、クロスオーバー、アイアンまでの全てのモデルが同日発売で、2019年3月21日(木)となります。

G410ドライバーの公式PR動画

こちらがG410ドライバーのプロモーション動画です。G410 PLUSドライバーに搭載されているウェイト調整機能について詳しく説明されています。

また、G410SFTモデルについても、ドロー設計タイプとしての紹介がなされています。

G410 PLUSドライバーのプロによる試打の評価と感想まとめ

鈴木愛プロ
・キャリーがものすごい出ている。
・球も楽に上がるし、安心して振れる。
・シャフトは硬すぎず柔らかすぎず、このままでよい。かなりつかまりも良い。
・(前作のG400と打ち比べて)方向性も抑えられるので、ミスする方にもおすすめ。
・弾道調整機能は、調整したままの球が出て、機能性が高い。
・スイングをいじりたくないので、クラブで調整できるのはありがたい。
・
比嘉真美子プロ
・力強い球筋が出る。
・打った時の音のイメージは「バシューーーン」。
・初速も速くて、良いドライバーに仕上がっている。
・ミスショットに強く、操作性も良い。

G410 SFTドライバーのプロによる試打の評価と感想まとめ

鈴木愛プロ
・このヘッドを使うとつかまりが良いので、スライサーの方におすすめ。
・構えた感じ、つかまりそう。
・方向性も良いし、飛距離も出ている。
比嘉真美子プロ
・ちゃんと左につかまってくれる。
・飛距離を出したい方に良いクラブだと思う。

G410ドライバーに関する記事

PING G410 PLUSドライバーの公式情報が出た!

PING G410/G410 PLUS ドライバーの最新情報を集めました!

 

PING G410 PLUSドライバーの公式情報が出た!

PINGの2019年モデルとして囁かれていたG410ドライバーについて、ついにPINGから公式に発表されました。G410について、現在、確認されている公式の最新内容をまとめます。

G410ドライバーは2種類で発売!

出典:https://ping.com/

左がG410 PLUSドライバー、右がG410 SFTドライバーです。最初に出回ったG410の画像はSFTモデルでしたので、スタンダードとLST、そして、後に判明したPLUSで、合計4種類の発売を予想しましたが、現時点で公式サイトに掲載されているのは、SFTモデルと調整機能付きのPLUSの2種類です。

G410シリーズは、ドライバーからアイアンまで一式リリース!

G410シリーズは、ウッドだけでなく、ドライバーからアイアンまで一式揃ってリリースされています。注目点は、ドライバーがSFTとPLUSの2種類であることで、この後で触れますが、G410PLUSドライバーというウェイト調整機能付きモデルがリリースされている点です。

ちなみに、フェアウェイウッドはスタンダード、SFT、LSTの3種類、ユーティリティはハイブリッドとクロスオーバーの2種類となっていて、こちらにはウェイト調整機能はありません。

  • G410 PLUS ドライバー
  • G410 SFT ドライバー
  • G410 フェアウェイウッド
  • G410 SFT フェアウェイウッド
  • G410 LST フェアウェイウッド
  • G410 ハイブリッド
  • G410 クロスオーバー
  • G410 アイアン

G410 PLUSドライバーの外観

こちらがG410PLUSドライバーです。配色はテーラーメイドのM5、M6と似ていて、マッドなブラックに朱色がアクセントカラーとなっていて、精悍に仕上がっています。ちなみに、US公式サイトでは、もう一つのSFTではなく、PLUSを前面に押し出していますので、こちらが売りのモデルと思われます。

G410PLUSドライバーのウェイト調整機能

G410PLUSのウェイト調整機能は、ソールとクラウンの後方のつなぎ目に搭載されています。キャロウェイのEPICFLASHドライバーのような、スライド式で自由に稼働できるものを想像していましたが、トゥ側のFADEの位置にネジ穴らしきものが確認できます。

出典:https://ping.com/clubs/drivers/g410-plus

公式ページでは、「Three positions (Draw, Neutral, Fade)」と記載がありますので、ネジ式で外して右・中・左と付け替えするタイプのようです。

G410 PLUSドライバーの公式動画でウェイト調整機能が紹介されている

PINGのUS公式youtubeチャンネルに、G410ドライバーの動画がアップされています。この動画の中でもCustom CGとして、3か所にウェイトを付け替える様子が紹介されています。

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?

G410PLUSドライバーのヘッドサイズは455cc

前作のG400シリーズでは、G400スタンダードモデル、SFTモデル、LSTモデルで全て445ccでした。今回のG410PLUSドライバー、ついでに言いますとG410SFTドライバーも、ヘッドサイズは10cc増え455ccとなります。

PING G410ドライバーの発売日が決定!

ロフト・ライの調整機能は8種類のセッティングが可能!

出典:https://ping.com/clubs/drivers/g410-plus

ホーゼルに搭載されたTrajectory Tuning 2.0により、ロフト・ライの調整が可能となっています。セッティングは8通りです。

G410PLUS ドライバーの試打動画も出ている

USの方ではG410PLUSドライバーの試打の動画が一斉に投稿されています。おそらく、今回の公式サイトでの発表に合わせた形と思われます。なお、日本の投稿はまだ出ていませんので、投稿され次第、取り上げます。

以上、G410PLUSドライバーについて、公式ページにて紹介されている内容から、全容をまとめました。ここまで長くなりましたので、G410SFTドライバーについては、別の投稿でまとめます。

PING G410/G410 PLUS ドライバーの最新情報を集めました!

この投稿の情報源はUSのPING公式サイトになりますので、日本の発売モデルとは異なる可能性があります。