プロギア」カテゴリーアーカイブ

PRGRのTUNEに03モデルが追加!全4種類のヘッドを徹底解説!

PRGRのヘッドパーツ専用シリーズのTUNEドライバーに、ニューモデルが追加されましたので、新たなヘッドの情報を紹介しながら、TUNEドライバーの全ヘッドについて取り上げます。

TUNE 02がモデルチェンジ、TUNE 03が新発売で、ヘッドは全4種類に!

TUNEドライバーは、これまでTUNE 01、02、05の3種類が発売されていました。

今回、TUNE 02がモデルチェンジとなり、新たにTUNE 03が追加となりましたので、全部で4種類のヘッドとなります。

全4種類のTUNE ドライバーの概要・スペック比較

  • TUNE 01 ドライバー:左を気にせず、思い切り叩ける
  • TUNE 02 ドライバー:ストレートフェースで、適度につかまる
  • TUNE 03 ドライバー:やさしくつかまって上がる
  • TUNE 05 ドライバー:深重心、シャロー形状で、やさしい高弾道

TUNE 01は思い切りたたけるハードヒッター・上級者向け、TUNE 05は深重心で慣性モーメントが大きいアベレージ向けモデルとなっています。

数字が小さいほど難易度が高く、大きいほどやさしいモデルとなっています。

モデル TUNE 01 TUNE 02 TUNE 03 TUNE 05
ロフト 9.5 10.5 9 10 9 10 10 11
ライ角 57 57 59 59 59 59 59.5 59.5
FP 17 18 17 18 17 18 15.5 16.5
フェース角 -5.9 -5.9 -3 -3 -1.5 -1.5 -1 -1
重量 198 198 198 198 198 198 195 195
体積 450 450 460 460 460 460 460 460
重心高 31 31 32 32.5 32.5 33 32 32.5
重心深度 39 40 40 41 42 43 41 41.5
重心距離 38.5 38.5 39 39 38 38 42 42
重心角 28 28 28.5 28.5 31 31 30 30
慣性モーメント 4,000 4,000 4,405 4,405 4,550 4,550 4,700 4,700

TUNE 01のみ450ccのややこぶりなヘッドとなっていて、慣性モーメントと重心角が最も小さく、操作性の高いモデルとなっています。

重心角が最も大きいのは、今回、新たに追加となったTUNE 03の31°です。最近のPRGRは、egg5500の重心角が37°と極端に大きなものを立て続けにリリースしていますが、それらと比べるとおとなしさを感じてしまいますが、それでも31°と言うのは他メーカーのヘッドと比べてかなり大きい方となります。

TUNE 01 ドライバー

左を気にせず重いり叩いていけるモデルで、ヘッドスピードが速いゴルファーに適したヘッドです。ソールのウェイトは後方とヒール寄りの2箇所に設定されていて、標準で後方が10g、ヒール寄りが4gとなっています。

洋ナシ型で重心は浅めになっていますので、操作性が高く、意図的にボールを打ち分けたい上級者に適しています。

TUNE 02 ドライバー

TUNE 01よりもフェースもストレッチも大きくなっていて、慣性モーメントが一段大きくなっています。ウェイトは同じくセンター後方とヒール寄りに搭載されていて、標準で共に8gとなっています。

重心設計とウェイト配分からは、ヒール寄りの重量を持った形になっています。叩けるイメージのヘッド形状を保ちつつ、TUNE 01よりも適度なつかまり感があるヘッドとなっています。

TUNE 03 ドライバー

TUNE02よりも投影面積が一回り大きく、シリーズの中で最もストレッチが長いヘッドです。重心角度も31°とシリーズで最も大きく、ヘッドがオートマチックに返りやすい重心設計となっています。

ウェイトはTUNE 02と同様に後方とヒール寄りに共に8gが標準で搭載されています。スライスが出やすく、球が上がりづらい方に適したヘッドです。

TUNE 05 ドライバー

TUNE 05はソールのウェイトが唯一後方に一つだけのモデルとなっています。重量がソール後方に集中し、さらに、フェース高がシリーズで最も低く、シャローヘッドになっています。

ウェイト、ヘッド形状の両面から重心を深くする設計になっていて、慣性モーメントがシリーズで一番大きく、直進性が高いモデルとなっています。

PGRG TUNE05ドライバーの試打・評価・感想

PRGR egg 5500 ゴーゴードライバー ノーマル・IMPACT 2019の試打・評価・感想

PRGRのeggシリーズから発売の NEW egg 5500 ゴーゴー ドライバーについて、ノーマルモデルと短尺のIMPACTについて、試打の感想や評価を交えながら取り上げます。

PRGR egg 5500(ゴーゴー) ドライバーは2種類ある

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-egg-driver-impact.html

2年振りの発売となるNEW eggドライバ―。前作と同じく、短尺とノーマルの2種類の発売となっています。今回も短尺の方はヘッド重量が重くなっています。シャフトが短くなるとバランスが軽くなるため、ヘッドを重くすることでバランスの極端な低下が抑えられています。

最近はコンパクトなドライバーが流行りつつありまして、短尺・重ヘッドを継続してリリースしてきたあたりは、その裏付けと言えそうです。

前作とのヘッド重量・クラブ長さの比較

タイプ 発売年 モデル ヘッド重量 クラブ長さ
ノーマル 2019 egg 5500 198g 45.25in
2017 egg 195g 45.5in
短尺 2019 egg 5500 IMPACT 203g 44.25in
2017 egg IMPACT-SPEC 202g 44.5in

ノーマルと短尺の新旧モデルについて、クラブ重量と長さを比較してみると、長さは0.25インチ短くなっています。短尺とノーマルの重量差は、新作の方が縮まっています。

いずれにしても、短尺に振りやすさがアップすることでヘッドを重くし、インパクトエネルギーを高め、短尺による飛距離ロスを補うというモデルです。重いといっても総重量は289~295gですので、一般的なクラブよりもやや軽めです。

短い方がミート率が上がって飛距離が上がる方もいますので、シャフトの長さが選べる点は、eggドライバ―の魅力の一つです。

前作についてはこちらをご覧んください。
PRGR eggドライバー(赤エッグ)2017の試打・評価・感想

スライサー向け設計の大きな重心角

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-egg-driver.html

PRGRでも、RS Eが34°、RS REDが31.5°と大重心角モデルを投入してきましたが、今回はさらにそれを上回る37°に設定してきました。

ドライバーの重心角を大きくすると、ヘッドが返りやすくスライス改善に大きな効果を発揮してくれます。ヤマハ inpres UD+2ドライバーは、2016年モデルが重心角34°、2019年モデルが33°で、「スライスさせないぞ」という強烈な意図が反映された設計で、人気のモデルとなりました。

重心角37°という大きな重心角は、筆者の記憶では最も大きな重心角を持ったドライバーです。スライスに悩む初心者・アベレージゴルファーには、かなりのお助けクラブになりそうです。

ヘッドの重心角とドライバーショットとの関係

深重心設計で、ミスに強く、真っすぐ飛ぶ!

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-egg-driver.html

内部ウェイトの位置が更に工夫され、重心が深くなる設計になっています。一般的とされるブルーの配置の方は、低重心も意識した配置ですが、深重心をより重視した設計となっています。

低重心によるボールの上がりやすさは、ロフト角とシャフトのしなりで対応もできますので、ヘッド構造としては深重心を重視する設計は理に適っているように思います。

効果としては、打点のバラツキに強く、弾道の直進性が高くなります。いわゆるやさしいクラブです。

前作よりもヘッドシェイプはシャローバックに!?

こちらはヘッドを横から見た画像で、左が新作のegg 5500 2019、右が前作のegg 2017です。新作のegg 5500の方がより後方がすっきりしていて、より低重心化を意識したヘッド形状に見えます。

低重心になればなるほど、打点が重心よりも高くなり、インパクトの際にヘッドが上を向く作用が働いて打ち出しが高くなります。

ロフト角は前作と同じく10.5°と11.5°の2種類で、一般的なモデルよりも1°寝ているところも特徴的です。球の上がりやすさに配慮したロフト設計になっています。

NEW egg 5500 ゴーゴー ドライバー、ノーマルとIMPACTをメーカー担当者が解説

ノーマルとIMPACTを試打して、メーカー担当者に解説してもらっている動画です。両者の違い、適合ゴルファーなど説明されています。

NEW egg 5500 ゴーゴー ドライバー、ノーマルとIMPACTを試打した動画

こちらもノーマルモデルとIMPACTモデルを試打して、感想・評価が述べられています。

NEW eggシリーズのメーカー公式動画


メーカーの製品公式動画です。イメージムービーに近いので、詳しい解説はありませんが、やさしさを重視したモデルであることが伝わってきます。

NEW egg 5500 ドライバー ノーマル/IMPACTのスペック

NEW egg 5500 ノーマル ドライバー

シャフトスペック M-43 (S) M-40 (SR) M-37 (R) M-35 (R2)
ロフト角(°) 10.5 10.5 11.5 10.5 11.5 10.5 11.5
体積(㎝3) 460
フェースアングル(°) -1
ライ角(°) 59.5
長さ(インチ) 45.25 44.75
総重量(g) 290 287 287 286 286 283 283
バランス D-3.0 D-0.0
シャフト重量(g) 50 48 48 46 46 44 44
シャフトトルク(°) 6.4 6.9 6.9 7.4 7.4 7.9 7.9

NEW egg 5500 IMPACT ドライバー

シャフトスペック M-43 (S) M-40 (SR) M-37 (R) M-35 (R2)
ロフト角(°) 10.5 10.5 11.5 10.5 11.5 10.5 11.5
体積(㎝3) 460
フェースアングル(°) -1
ライ角(°) 59.5
長さ(インチ) 44.25 43.75
総重量(g) 295 292 292 290 290 289 289
バランス D-1.0 C-8.0
シャフト重量(g) 49 46 46 44 44 43 43
シャフトトルク(°) 6.4 6.9 6.9 7.4 7.4 7.9 7.9

NEW egg 5500 ドライバー ノーマル/IMPACTの発売日・発売価格

egg 5500 ドライバー ノーマル/IMPACTの発売日は、2019年9月13日が予定されています。発売価格は、両モデル75,000円+税で、前作と同じ価格です。

「PRGR egg」関連のおすすめ記事

NEW SUPER egg 480 ドライバーの最新情報まとめ

eggドライバー IMPACT-SPEC(赤エッグ)の特徴!通常モデルとの違いを徹底解説!

PRGR eggドライバー(赤エッグ)2017の試打・評価・感想

 

eggドライバー IMPACT-SPEC(赤エッグ)の特徴!通常モデルとの違いを徹底解説!

★追記 2019/08/03
NEW egg 5500 ゴーゴー 2019年モデルについては、こちらの記事をご覧ください。
PRGR egg 5500 ゴーゴードライバー ノーマル・IMPACT 2019の試打・評価・感想

PRGRのeggシリーズから発売のeggドライバー(赤エッグ)のIMPACT-SPECモデルについて、通常モデルとの違いを交えながら解説します。

eggドライバー(赤エッグ)のIMPACT-SPECと通常モデル

eggドライバ― 2017年モデルは、通常モデルの他に、IMPACT-SPECというミート率を重視したモデルが発売されています。

左がIMPSCT-SPECモデルで、シャフトが短く、ヘッドが重たいのが特徴です。

IMPACT-SPECは、短尺・重ヘッドで飛ばすドライバー

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/17-egg-driver.html

IMPACT-SPECは、まずシャフトが1インチ短くなっています。一般に、クラブ長さが短くなると飛距離がおちますが、振りやすくなることでミート率が高まります。

普段、ドライバーの長さに振り難さを感じていて、思うように力を発揮できていないと感じている方は、短めのシャフトで振りやすさを増し、ミート率を高めた方が飛距離が伸びる可能性があります。

また、IMPACT-SPECでは、ソール後方のウェイトが2gのアルミから9gのステンレスに変更されています。ヘッド重量が7gアップしていますので、短尺により振りやすさに加え、重ヘッドによるインパクトエネルギーの増大効果が見込まれます。

ヘッドの基本特性は、通常モデルとIMPACT-SPECで同じ

eggドライバーとeggドライバ― IMPACT-SPECでは、ウェイトの重さが異なるものの、ヘッドの基本特性は同様です。パワーフランジによるたわみ効果や広い高初速エリアが特徴となっていて、高弾道で飛ばすことができます。

ヘッドの詳しいテクノロジーは、eggドライバ―についての記事をご覧ください。

eggシリーズのメーカー公式動画

メーカー公式動画の中で、アマチュアの方の試打の様子、そして、パワーフランジ等の商品の特徴についての解説もあります。

eggドライバー(赤エッグ) IMPACT-SPECのスペック

シャフトスペック S (M-43) SR (M-40) R (M-37) R2 (M-35)
ロフト角(°) 10.5 10.5 11.5 10.5 11.5 10.5 11.5
体積(㎝3) 460
フェースアングル(°) ‐2.0
ライ角(°) 59
長さ(インチ) 44.5
総重量(g) 292 287 285 284
バランス D-1.5 D-1.0 D-1.0 D-0.5
シャフト重量(g) 47 44 42 40
シャフトトルク(°) 6.3 6.6 7.0 7.9

PRGR eggドライバー(赤エッグ)2017の試打・評価・感想

★追記 2019/08/03
NEW egg 5500 ゴーゴー 2019年モデルについては、こちらの記事をご覧ください。
PRGR egg 5500 ゴーゴードライバー ノーマル・IMPACT 2019の試打・評価・感想

PRGRのeggシリーズから発売の eggドライバー(赤エッグ)について、試打の感想や評価を交えながら取り上げます。

PRGR eggドライバーは赤エッグと金エッグがある

PRGRのeggドライバーは、通称、赤エッグと呼ばれるモデルと、金エッグと呼ばれるモデルの2種類あります。赤エッグは通常モデルで、金エッグは高反発のルール不適合モデルです。

赤エッグは通常モデル、金エッグはルール不適合モデル

eggドライバー(赤エッグ)

eggドライバーは、クラブ重量が277~284gと軽めのドライバーです。ヘッドスピードがあまり速くない方向け、スインガータイプの方などにおすすめのモデルです。

特徴は新パワーフランジ

eggドライバーの特徴の一つが、クラウンのフェース側エリアの段差構造です。新パワー・フランジという凹みのある構造により、フランジ全体が大きくたわみ、ボールスピードをアップしてくれます。

引用:https://www.prgr-golf.com/product/driver/17-egg-driver.html

このフランジ構造はフェースの上側のみとなっています。テーラーメイドのスピードポケットに代表される溝構造は主にソール側に設置され、スリクソンもソールが凸凹構造になっています。

スピードポケットがフェース下部の反発を増すのに対して、パワーフランジはフェース上側の反発に強さを発揮してくれそうです。

高初速エリアが約130%広くなっている

新パワーフランジの導入と大きなフェースにより、芯が広く、一般的なドライバーと比べて、約130%の高初速エリアとなっています。

打点がバラついてなかなかセンターで捉えられない方は、eggドライバーのように芯の広さを謳ったモデルがおすすめです。

ヘッド後方が下がった低重心・深重心構造

横から見るとソールが真っ平らに近く、座りの良さと重心の低さ・深さが伝わってくる安心感のある形状です。
つかまりがよく、高弾道が出ますので、球が上がりづらく右へのミスが多い方におすすめです。特に球の上がりやすさは評価されているモデルとなりますので、弾道が低いという方は、是非、検討してみてもらいたいモデルです。

eggドライバーをコースで打ってみた動画


ゴルフコースで実際にeggドライバーを使ってみた動画です。打音や弾道高さなど、参考になります。

eggシリーズのメーカー公式動画

メーカー公式動画の中で、アマチュアの方の試打の様子、そして、パワーフランジ等の商品の特徴についての解説もあります。

eggドライバー(赤エッグ)のスペック

シャフトスペック S (M-43) SR (M-40) R (M-37) R2 (M-35)
ロフト角(°) 10.5 10.5 11.5 10.5 11.5 10.5 11.5
体積(㎝3) 460
フェースアングル(°) ‐2.0
ライ角(°) 59
長さ(インチ) 45.5
総重量(g) 284 281 279 277
バランス D-1.5 D-1.0 D-1.0 D-0.5
シャフト重量(g) 48 45 43 41
シャフトトルク(°) 6.3 6.7 7.0 8.0

NEW SUPER egg 480 ドライバーの最新情報まとめ

プロギアのNEW SUPER EGG 480ドライバー 高反発 2019の最新情報をまとめます。

NEW SUPER egg 480 ドライバー(高反発モデル)

SUPER EGGはプロギアが手掛ける高反発シリーズで、「飛距離が落ちてきたゴルファーに飛ばす楽しみ」を提供してくれます。

今回発売のNEW SUPER eggドライバーもルール適用外のモデルとなりますが、競技に出場せずプライベートでのゴルフであれば問題なく使うことができます。

ヘッド体積は480ccの超大型ヘッド!

通常の大型ヘッドは460ccですが、NEW SUPER egg 480ドライバーは、モデル名から分かる通り20cc大きい480ccとなっています。

奥行きのあるストレッチが長いヘッドで、ヘッド後方はアドレスの際、地面にピタッとつきそうなほど低くなっています。重心が深く・低くなっていますので、ミスしても曲がりづらく、ボールが上がりやすい重心設計となっています。

重心角が大きく、スライスも出にくい!

ヘッド形状は丸形で、打点が少々ブレても真っすぐ飛んでくれそうな形状です。スライサーが注目したい重心角は31°あり、スライス防止を狙った重心設計となっています。

前作は30°でしたので、1°アップし更につかまりが良くなっています。

U CUPフェース構造が採用され、高反発エリアは前作比150%!

出典:https://prgr-ginza.com/SHOP/HGA.html

フェースは上下のフランジ部分が15mmと幅広い構造のU CUPフェースが採用されています。前作と比べると、高反発エリアは150%になっています。

打点がバラつくゴルファーには、ミスしてもボールスピードが落ちづらく、飛距離ロスも生じにくくなっています。

NEW SUPER egg 480ドライバーの動画

試打動画はまだアップされていませんが、メーカーの公式動画が出ています。テクニカル・メカニズムには触れられておらず、イメージムービーです。

NEW SUPER egg 480ドライバーのスペック

シャフトスペック M-40 (SR) M-37 (R) M-35 (R2)
ロフト角(°) 10.5/11.5 10.5/11.5 10.5/11.5
ライ角(°) 59.5
フェース角(°) -1.5
体積(cc) 480
長さ(インチ) 45.5 45.5 45
クラブ重量(g) 280 278 277
シャフト重量(g) 43 41 40
バランス D-1.0 D-1.0 C-9.0
トルク(°) 6.6 6.7 6.7

ロフト角は10.5°と11.5°の2種類あります。低重心であがりやすい設計になっていますので、弾道の高さが充分ある人は、10.5°で良いでしょう。フレックスはSR、R、R2の3種類あります。

注目したいのはクラブ長さです。最も柔らかいR2では、シャフトのしなり過ぎで扱いにくさを懸念されるゴルファーもいると思いますが、R2のみ長さが45インチと短尺になっています。スインガータイプでゆったりと流れの中で当てていく熟練ゴルファーには、とても扱いやすいスペックです。

NEW SUPER egg 480ドライバーの発売日・発売価格

NEW SUPER egg 480ドライバーの発売開始日は2019年7月19日が予定されています。発売価格は120,000円です。