プロギア」カテゴリーアーカイブ

NEW SUPER egg 480 ドライバーの最新情報まとめ

プロギアのNEW SUPER EGG 480ドライバー 高反発 2019の最新情報をまとめます。

NEW SUPER egg 480 ドライバー(高反発モデル)

SUPER EGGはプロギアが手掛ける高反発シリーズで、「飛距離が落ちてきたゴルファーに飛ばす楽しみ」を提供してくれます。

今回発売のNEW SUPER eggドライバーもルール適用外のモデルとなりますが、競技に出場せずプライベートでのゴルフであれば問題なく使うことができます。

ヘッド体積は480ccの超大型ヘッド!

通常の大型ヘッドは460ccですが、NEW SUPER egg 480ドライバーは、モデル名から分かる通り20cc大きい480ccとなっています。

奥行きのあるストレッチが長いヘッドで、ヘッド後方はアドレスの際、地面にピタッとつきそうなほど低くなっています。重心が深く・低くなっていますので、ミスしても曲がりづらく、ボールが上がりやすい重心設計となっています。

重心角が大きく、スライスも出にくい!

ヘッド形状は丸形で、打点が少々ブレても真っすぐ飛んでくれそうな形状です。スライサーが注目したい重心角は31°あり、スライス防止を狙った重心設計となっています。

前作は30°でしたので、1°アップし更につかまりが良くなっています。

U CUPフェース構造が採用され、高反発エリアは前作比150%!

出典:https://prgr-ginza.com/SHOP/HGA.html

フェースは上下のフランジ部分が15mmと幅広い構造のU CUPフェースが採用されています。前作と比べると、高反発エリアは150%になっています。

打点がバラつくゴルファーには、ミスしてもボールスピードが落ちづらく、飛距離ロスも生じにくくなっています。

NEW SUPER egg 480ドライバーの動画

試打動画はまだアップされていませんが、メーカーの公式動画が出ています。テクニカル・メカニズムには触れられておらず、イメージムービーです。

NEW SUPER egg 480ドライバーのスペック

シャフトスペック M-40 (SR) M-37 (R) M-35 (R2)
ロフト角(°) 10.5/11.5 10.5/11.5 10.5/11.5
ライ角(°) 59.5
フェース角(°) -1.5
体積(cc) 480
長さ(インチ) 45.5 45.5 45
クラブ重量(g) 280 278 277
シャフト重量(g) 43 41 40
バランス D-1.0 D-1.0 C-9.0
トルク(°) 6.6 6.7 6.7

ロフト角は10.5°と11.5°の2種類あります。低重心であがりやすい設計になっていますので、弾道の高さが充分ある人は、10.5°で良いでしょう。フレックスはSR、R、R2の3種類あります。

注目したいのはクラブ長さです。最も柔らかいR2では、シャフトのしなり過ぎで扱いにくさを懸念されるゴルファーもいると思いますが、R2のみ長さが45インチと短尺になっています。スインガータイプでゆったりと流れの中で当てていく熟練ゴルファーには、とても扱いやすいスペックです。

NEW SUPER egg 480ドライバーの発売日・発売価格

NEW SUPER egg 480ドライバーの発売開始日は2019年7月19日が予定されています。発売価格は120,000円です。

PGRG TUNE05ドライバーの試打・評価・感想

PRGRから発売のTUNE 05driverについて取り上げます。

PRGR TUNE 05 ドライバー

PRGR TUNE05ドライバーは、ヘッドパーツ専用シリー ズのPRGR TUNE(プロギア・チューン)から2018年に発売されているドライバーのヘッドです。

ゴルフ専門店での組立を前提としいますので、シャフトの刺し方により、ロフト角、ライ角、フェース角等の微調整が行え、より個人にあったクラブに仕上げられるのが特徴となっています。

TUNE 05は、シリーズの中で最もやさしい!


出典:https://www.prgr-golf.com/tune/

PRGR TUNEのドライバーは、01、03、05の3種類ありまして(当記事執筆時点)、05は最もやさしいヘッドとなっています。

ここが重要!ポイント

  • TUNE 05はシリーズの中でもっともやさしいヘッド。
  • 直進性に優れ、高弾道で飛ばせる。

大きな重心角で、つかまりが良い

ヘッドはシャローバックで、投影面積が大きく、いわゆる丸形で安心感のある形状です。


出典:https://www.prgr-golf.com/

重心角が30°と大きく設定されていますので、ボールがつかまりやすくなっています。

ソール後方のウェイトは交換できる!

ソール後方に装着されているネジウェイトは、別重量に交換することができます。標準の8gから最小で2g、最大で12gと、-6g~+4gのレンジで2g刻みに用意されています。

重心が深く・低く設定されていますので、直進性に優れ、ボールが上がりやすくなっています。

TUNE 05ドライバーの試打–3upClub

  • 投影面積が大きく、やさしく見える。試打すると、前に強く飛ぶ感じがする。
  • シャローで、投影面積が大きくて、やさしい、ヘッドパーツは少ないので、使い勝手が良い。

TUNE 05の試打動画


屋外練習場で試打している動画です。弾道・打音などを確認できます。

TUNE 05のヘッドスペック

ロフト 10 11
ライ角 59.5 59.5
FP 15.5 16.5
フェース角 -1 -1
重量 195 195
体積 460 460
重心高 32 32.5
重心深度 41 41.5
重心距離 42 42
重心角 30 30
慣性モーメント 4,700 4,700
標準ウェイトの8gを装着した時の設計値です。

 

RS REDドライバーとRS Eドライバーの違い

プロギアから2019年に発売されているRS REDドライバーとRS Eドライバーについて違いを解説します。

PRGRのRSシリーズは2018年に2種類、2019年に2種類リリースされている!つまり、全部で4種類ある!


出典:https://www.prgr-golf.com/

PRGRのRSシリーズは、2018年にRSドライバーとRS Fドライバーが発売されています。

2018年発売のRSシリーズ ドライバー

  • RSドライバー:ドロー仕様。
  • RS Fドライバー:フェード仕様。

そして、翌年の2019年に新たに2種類のドライバー、RS EドライバーとRS REDドライバーが追加されています。本投稿で取り上げているのはこの2種類です。

2019年発売のRSシリーズ ドライバー

  • RS Eドライバー:つかまる、上がる、ミスに強い。
  • RS REDドライバー:つかまり、上がる、ミスに強い、そして、軽い。

RSドライバーは、重心角が30°あるつかまりの良いドライバーですが、RS E、RS REDは、それぞれ重心角が34°、31.5°あり、さらにつかまりが良いモデルで、やさしく、高弾道で飛ばせるモデルです。

やさしさを求める初級者~中級者は、こちらの後から発売されているRS Eドライバー・RS REDドライバーが基本的にオススメとなります。

RS Eドライバー、RS REDドライバーの大きな違いはクラブ重量!

両方のモデル共に、「やさしい」「つかまりが良い」「球が上がりやすい」という初級者~中級者のニーズに応えるような分かりやすい特徴を持っています。

大きな違いは、クラブ重量にあります。RS Eドライバーの方が標準的なクラブ重量ですが、RS REDドライバーの方はかなり軽量化されています。Rシャフトを装着したモデルで、RS Eドライバーはクラブ重量が298gのところ、RS REDドライバーは271gとなっています。

RS REDと同水準の軽さのクラブを他社で挙げると、以下のようなクラブになります。

  • ゼクシオ10ドライバー
  • テーラーメイド Mグローレドライバー
  • ブリヂストンPHYZドライバー

これらのクラブは、ヘッドスピードが40m/s以下の方、シニアで軽めのクラブを使いたい方に好まれるクラブです。RS REDドライバーも同じようなニーズの方におすすめです。

RS Eドライバー、RS REDドライバーは、つかまりが抜群に良い!

30°超えの大きな重心角が特徴!

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-rs-e-driver.html

1年前に発売されているRSドライバーは、ドローモデルですので、大きな重心角を持っていますが、RS Eドライバー、RS REDドライバーは、より大きな重心角となっています。

RS Eドライバーは34°、RS REDドライバーは31.5°です。ちなみに標準的な重心角が23°前後と考えますと、かなり大きい重心角と言えます。

重心角が大きいため、ヘッドが返りやすく、スライスが出にくい!

重心角が大きいとヘッドが返りやすいため、インパクトの際にヘッドが閉じる方向に戻りやすく、スライスが出にくくなります。

単純につかまりの良さで選ぶと、重心角が大きいRS Eドライバーとなりますが、クラブの重量が大きくことなるのと、RS REDの方はシャフトのトルクの数値が大きく柔らかめですので、重量・シャフトを含めて選択された方が良いでしょう。

ヘッド形状は大きな丸形で安心感がある

左がRS E、右がRS REDです。ヘッド形状はストレッチが長くシャローで丸形です。どちらもヒール寄りの肉付きが良く、つかまりそうなイメージを持ちながらアドレスに入れそうです。

RS Eドライバーはネック下が膨らんでいる

左がRS E、右がRS REDです。フェースの画像を並べてみると、RS Eの方がディープフェースに見えます。そしてヒール下がより肉厚に見えます。

実際、RS Eの方が重心角が大きいため、ディープ形状であることが寄与しているのかもしれません。

RS EドライバーとRS REDドライバーのスペック比較

モデル RS E RS RED
ロフト角(°) 9.5/10.5 9.5/10.5/11.5
体積(cc) 460 460
フェースアングル(°) 0 -1
ライ角(°) 59 59.5
長さ(インチ) 45.5 46
クラブ重量(g) 298 271
シャフト重量(g) 44 41
トルク(°) 7 8.1

RS REDの方がシャフトも含めて軽量となっています。トルクもREDの方が大きくなっていますので、軽いヘッド・軽いシャフトでしなりを効かせて飛ばすタイプとなります。なお、シャフトはRスペックのデータを掲載しています。

どちらもスライサー向けですが、体力・ヘッドスピードがあって、重量感を感じながら振り抜きたいゴルファーは、RS Eの方がおすすめです。

「RSドライバー」関連のおすすめ記事

PRGR RS REDドライバーの試打・評価・感想

PRGR RS-Eドライバーの試打・評価・感想

RSドライバーとRS-Fドライバーの違い

「スライス」関連のおすすめ記事

スライスを改善したい人は必見、重心角が大きいドライバー選ぶべき理由!

スライサーにおすすめ、重心角が大きいドライバーランキング!2019年版

ギア効果とスピン量の関係を理解して、スライスや吹き上がりを改善

スライサー必見!スライサーがドライバー選びで注意したい3点

 

PRGR RS REDドライバーの試打・評価・感想

PRGRのRSシリーズから発売の RS REDドライバーについて試打の感想や評価を交えながら取り上げます。

PRGR RSシリーズは、REDとEが加わり4種類になった!

出典:https://www.prgr-golf.com/

PRGRのRSシリーズは、2018年にスタンダードのRSドライバー、フェードモデルのRS Fドライバーが発売されています。そして、2019年に追加されたのが、RS Eドライバー、RS REDドライバーです。RSシリーズは4種類となり、選択肢がかなり広がりました。

RSシリーズ4タイプの特徴をおさらい

4種類となったところで、各モデルの特徴を表にして整理してみましょう。なお本投稿ではRS REDを取り上げます。

RS 重心角が30°と大きく、ドローで飛ばすタイプのドライバー。クラブ重量は298~308g。
RS F フェードで飛ばすモデルで、重心角はRSより5.5°小さい24.5°。フェース角が-3.5とオープンでフェードが打ちやすい。クラブ重量は299~308g。
RS E RSよりもスライサーを意識したモデル。楽につかまえることができる。フェース角は0°で、重心角はシリーズ最大の34°。クラブ重量は298~308g。
RS RED クラブ重量が約30g軽い軽量モデルで、楽に振れてヘッドが走る。クラブ重量は270~278g。

その他のモデルについては個別に取り上げた記事をご覧ください。

RS REDドライバー

RS REDは、「ヘッドが走る、加速する。振り切って、スピードで飛ばそう。」と公式サイトで紹介されています。最大の特徴はクラブが軽いことで、他の3モデルと比べて約30g軽量化されています。

RS REDのクラブ重量はゼクシオやMグローレ並みに軽い!

RS REDのクラブ重量は、シャフトの硬さにより若干の差異がありますが、Rスペックで271gとなっています。同時発売のRS EドライバーのRスペックが298gですので、重量差は歴然としています。

シャフト S (M43) SR (M40) R (M37) R2 (M35)
総重量(g) 278 273 271 270

軽いクラブと言えばゼクシオを思い浮かべる方も多いと思いますので、このあたりと比較してみましょう。

モデル クラブ重量(Rスペック)
ゼクシオ10ドライバー 270g
RS REDドライバー 271g
Mグローレドライバー 273g
EPIC FLASHスタードライバー 290g
M6ドライバー 295g

軽いドライバーで人気のゼクシオ10Mグローレとほぼ同じ重量感になっています。そして、大きな重心角が設定され、スライス防止も強い意識されたモデルとなっていますので、軽いクラブで思い切りつかまえて飛ばしたいゴルファーにオススメのドライバーです。

軽いドライバー おすすめランキング2019!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

RS RED/RS Eドライバーの公式紹介動画

メーカーの公式ムービーはイメージ型のものが多いのですが、こちらの公式動画は詳しく解説されていますので、紹介します。従来モデルとRED、REDとEの違いも見えてきます。

重心角は30°超え!つかまりを意識したドライバー!

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-rs-red-driver.html

同時発売のRS Eドライバーは、重心角34°で完全なドローバイアスモデルです。そして、RS REDの方はEより小さくなっているものの、それでも31.5°ありますので、一般的な重心角(22~23°)と比べても、かなりつかまりの良いモデルとなっています。

上下・左右の慣性モーメントもアップ

RSドライバーと比べて、上下・左右方向の慣性モーメントがアップしていますので、打点のブレには強さを発揮してくれます。

RS REDドライバーの試打と感想、その1

  • RS REDはスピードを上げていこうというモデルで、軽いモデルがRSの中にラインナップされた。
  • 軽く振るだけでヘッドが走ってくれる。
  • 非常に直進性が高い。

RS REDドライバーの公式動画

RS REDドライバーのスペック

シャフトスペック S (M43) SR (M40) R (M37) R2 (M35)
ロフト角(°) 9.5/10.5 9.5/10.5/11.5 9.5/10.5/11.5 10.5/11.5
体積(㎝3) 460
フェースアングル(°) -1
ライ角(°) 59.5
長さ(インチ) 46 45.5
総重量(g) 278 273 271 270
バランス D-1.0 D-0 D-0 C-7.5
シャフト重量(g) 46 42 41 39
シャフトトルク(°) 6.9 8.1 8.1 8.5

RS REDドライバーの発売日と価格

RS REDドライバーの発売日は2019年4月12日、RS Eドライバーの発売日は2019年4月19日が予定されています。

販売価格はRS REDドライバーが88000円、RS Eドライバーが68000円となっています。

PRGR RS-Eドライバーの試打・評価・感想

PRGRのRSシリーズから発売の RS-Eドライバーについて試打の感想や評価を交えながら取り上げます。

PRGR RSシリーズは、EとREDが加わり4種類になった!

出典:https://www.prgr-golf.com/

PRGRのRSシリーズは、2018年にスタンダードのRSドライバー、フェードモデルのRS Fドライバーが発売されていました。今回、RS Eドライバー、RS REDドライバーが追加投入され、4種類のモデルラインナップとなり、選択肢がかなり広がりました。

RSシリーズ4タイプの特徴をおさらい

4種類となったところで、各モデルの特徴を表にして整理してみましょう。なお本投稿ではRS Eを取り上げます。

RS 重心角が30°と大きく、ドローで飛ばすタイプのドライバー。クラブ重量は298~308g。
RS F フェードで飛ばすモデルで、重心角はRSより5.5°小さい24.5°。フェース角が-3.5とオープンでフェードが打ちやすい。クラブ重量は299~308g。
RS E RSよりもスライサーを意識したモデル。楽につかまえることができる。フェース角は0°で、重心角はシリーズ最大の34°。クラブ重量は298~308g。
RS RED クラブ重量が約30g軽い軽量モデルで、楽に振れてヘッドが走る。クラブ重量は270~278g。

従来モデルについては過去に取り上げた記事をご覧ください。

RS Eドライバー

RS EのEは、EASY(やさしい・簡単)から来ていまして、「楽につかまえられる」ことを表しています。先に発売されているRSドライバーもドローモデルですが、RS-Eはドローで打ちたいというより、スライスを改善したい人を意識したドライバーになっています。

RS Eドライバーの公式紹介動画

メーカーの公式ムービーはイメージ型のものが多いのですが、こちらの公式動画は詳しく解説されていますので、紹介します。従来モデルとE、EとREDの違いも見えてきます。

重心角はシリーズ最大の34°で、ヘッドが返りやすい!

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-rs-e-driver.html

スライスの大きな原因の一つにインパクトの際にヘッドが返っていない、つまり開いていることが挙げられます。重心設計の面からヘッドを返しやすくするには、重心角を大きくすることとなります。RS Eドライバーは重心角が一般的なモデルより10°近く大きくなっていますので、極端につかまりを意識したモデルとなっていますので、ボールのつかまりが悪い人には効果的な重心位置です。

上下・左右の慣性モーメントもアップ

RSドライバーと比べて、上下・左右方向の慣性モーメントがアップし、反発エリアも広がっていますので、打点のブレに強く、ミスが許容されやすくなっています。

RS Eドライバーの試打と感想、その1

  • RS-Eはアスリート系モデルではあるが、つかまりが良いモデルとなっている。
  • 打音は変わらないが、ドロー系でつかまりが出る。
  • クラウンが丸くて投影面積が大きい。
  • スライサーの人が打って、右にあまり逃げない。

RS Eドライバーの試打と感想、その2

  • つかまりが良くて、簡単。
  • RS Eのポイントは3つあり、一つは大きな重心角でたまがつかまりやすくなる。2つ目は大きな慣性モーメントで直進性が高い。3つ目は深重心で、ヘッドが上を向きやすくボールがあがりやすくなっている。

RS Eドライバーのスペック

シャフトスペック S (M-43) SR (M-40) R (M-37)
ロフト角(°) 9.5 10.5 9.5 10.5 9.5 10.5
体積(㎝3) 460
フェースアングル(°) 0
ライ角(°) 59
長さ(インチ) 45.5
総重量(g) 308 300 298
バランス D-2.0 D-1.5 D-1.0
シャフト重量(g) 54 47 44
シャフトトルク(°) 5.2 5.5 7

RS Eドライバーの発売日と価格

RS Eドライバーの発売日は2019年4月19日、RS REDドライバーの発売日は2019年4月12日が予定されています。

販売価格はRS Eドライバーが68000円、RS REDドライバーが88000円となっています。