飛距離が出るドライバー ランキング

2018年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをおすすめランキングバー ランキング形式で紹介します。

「 飛距離が出るユーティリティ 」 一覧

SIM MAXレスキューの試打・評価・感想

▼SIMシリーズの最新情報については、下記記事をご覧ください。
≫ テーラーメイド SIM ドライバーの最新情報をまとめました

テーラーメイドの2020年モデル、SIM MAXレスキューについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

SIM MAXレスキューの特徴

SIMシリーズのドライバーやフェアウェイウッドは、アスリート向けのSIMとアベレージ向けのSIM MAXの2種類となっています。しかし、レスキューについては、SIM MAXレスキューのみとなっています。

Vスチールソールデザインを、レスキューに初めて採用

出典:https://www.taylormadegolf.jp/

フェアウェイウッドと同様に、銘器と言われている「Vスチールフェアウェイ」のソール形状が採用されています。この形状により、芝との接地面積が抑えられますので、様々なコンディションで振り抜けが良くなっています。

ツイストフェース・貫通型スピードポケットにより、広い反発エリアを実現

レスキューにもツイストフェースと貫通型スピードポケットが搭載されています。ツイストフェースにより打点のバラツキに強さを発揮し、スピードポケットにより反発性能が高められています。

SIM MAXレスキューの試打・評価

  • 銘器「Vスチールフェアウェイウッド」のV字型ソールが、レスキューに初めて搭載されている。
  • レスキューは、フェアウェイウッド以上に色々なライへの対応が求められるので、抜けが良いのは武器になる。
  • 毎回芯で打つのは難しいが、外してもツイストフェースが搭載されているので、助けてくれる。
  • 寛容性が高いが、スライス・フック、高い球・低い球など、コントロール性能もあるので、上手な方も使える。

  • 球が上がって強い。
  • 普段使っているM4のレスキューより良い。
  • 右からドローで戻ってきて、高さも出る。
  • スピン量も飛距離も安定している。
  • 純正シャフトで十分使える。

  • スピードポケットにより、フェースの下部でのミスヒットに強い。
  • 打感は柔らかめで、シャフトの挙動が落ち着いていて、打ちやすい。

SIM MAXレスキューのスペック

番手別ヘッドスペック

番手 3 4 5 6
ロフト角 19° 22° 25° 28°
ライ角 60° 60.5° 61° 61.5°
ヘッド体積 100cc 102cc 103cc 104cc
TENSEI BLUE TM60 40.25″ 39.75″ 39.25″ 38.75″
KBS MAX85 JP 40″ 39.5″ 39″ 38.5″

シャフトラインナップ・スペック

SIM MAXレスキューの公式サイトで掲載されているシャフトは2種類です。

  • TENSEI BLUE TM60(S/R)
  • KBS MAX85 JP(S)
シャフト TENSEI BLUE TM60 KBS MAX85 JP
フレックス S R S
クラブ重量 約339g 約334g 約378g
シャフト重量 約62g 約57g 約100g
トルク 2.9 3.1 1.8
バランス D1 D1 D1.5
キックポイント 先中

SIM MAXレスキューの発売日・発売価格

SIM MAXレスキューの発売日は、2020年2月7日(金)です。

発売価格は、TENSEI BLUE TM60が34,000円+税、KBS MAX85 JPが31,000円です。

「SIM」関連のおすすめ記事

テーラーメイド SIM ドライバーの最新情報をまとめました【スペック・特徴を徹底解説】

テーラーメイド SIM・SIM MAX・SIM MAX D-TYPEフェアウェイの試打・評価!3つの違いも徹底解説

テーラーメイド SIM MAX・SIM MAX OSアイアンの試打・評価!2つのアイアンの違いも徹底解説

テーラーメイド SIMドライバーの発売日と発売価格