飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 ピン 」 一覧

G425ドライバーのツアープロの移行状況まとめ

PINGの2020年モデルとして、G425シリーズドライバーが発売となっています。

ツアープロも使うシリーズのため、前作となるG410・G400からG425のどのモデルに移行されているか、PING契約プロの移行状況をまとめました。

G425シリーズのラインナップは、G400+G410?

G425への移行は、タイプ選びに迷うケースもある!?

PINGからG425シリーズが登場し、ツアープロも実戦投入している姿が捉えられています。

一般のゴルファーの方も、G400やG410を使っている方は、G425への移行を検討される方も多くおられると思います。

これまでのGシリーズは、基本的にスタンダード、LST、SFTの3タイプがリリースされているため、以降も同じタイプのものを選べば済みました。

しかし、今回のG425シリーズでは、ラインナップがやや複雑になっているところがあり、どのタイプに移行すれば良いかを迷うケースが有り得ます。

G400 MAXとG425 MAXの関係

G400シリーズでは、スタンダードモデルのG400ドライバーとは別に、460ccのG400 MAXドライバーがリリースされています。

一方、今回のG425シリーズでは、スタンダードモデルが460ccのG425 MAXドライバーとなっています。いわば、G410 PLUSドライバーとG400 MAXドライバーを融合させたような位置づけとも言えます。

つまり、G425 MAXドライバーは、G400 MAXドライバーの後継とは言い難く、かといって460ccサイズの高打ち出しになっていますので、G410 PLUSドライバーの完全なる後継として捉え難い部分もあるわけです。

注目されるのは、ツアープロたちの移行

そこで注目したいのは、ツアープロたちが、どのタイプからどのタイプに移行するかです。

▼(19:29から再生されます)額賀プロが試打の末、迷われている様子です。

特に注目したいのは、G400 MAXドライバー、G410 PLUSドライバーを使っていたプロは、移行するのかどうか?移行するとしたらどのタイプを選ぶかです。

ツアープロたちの移行状況を紹介しますので、G410・G400ユーザーの方は、G425シリーズへ移行する際の参考になさってみてください。

G425ドライバーへのツアープロの移行状況

大槻 智春プロは、G400 MAX → G425 MAX

G410がリリースされても、G400 MAXドライバーを使用していましたが、G425 MAXドライバーに移行しています。

福永 安伸プロは、G400 MAX → G425 MAX

G400 MAXドライバー(9°)から、G425 MAXドライバー(9°)に移行しています。ロフト角も同じで、ウェイトも標準設定です。

G425 MAXドライバーは、打ち出しが高いという特徴がありますが、G400 MAXドライバーも同じ特徴がありますので、移行しやすいのかもしれません。

額賀 辰徳プロは、G410 PLUS → G425 MAX

G410 PLUSドライバー(9°)から、G425 MAXドライバー(9°)に移行されています。ウェイトはドローに設定されています。

G425 LSTドライバーと迷われていましたが、低スピンタイプへはチェンジせず、スタンダードタイプを使い続けています。

高柳 直人プロは、G410 PLUS → G425 LST

G410 PLUSドライバー(9°)を使用されていましたが、G425 LSTドライバー(9°)に移行しています。

ヘッドサイズや打ち出し高さが変わったことの影響からか、やはり、G410のスタンダードタイプから、G425の低スピンタイプにチェンジされているケースが発生しています。

塚田 好宣プロは、G410 LST → G425 LST

G410 LSTドライバー(9°)から同じく低スピンタイプのG425 LSTドライバー(9°)に移行しています。ウェイトはドローに設定されています。

G425 LSTはG410 LSTよりもつかまりが良くなっていますが、それでもウェイトはドローで、つかまりを良くした重心調整を行っています。

大岩 龍一プロは、G400 LST → G425 LST

G400 LSTドライバー(8.5°)から、G425 LSTドライバー(9°)に移行しています。ウェイトは標準設定です。

LSTユーザーは、

永野 竜太郎プロは、G410 LSTのままか?

国内男子プロでは、唯一、移行されておらず、G410 PLUSドライバー(9°)を使用し続けています。

G400・G410からG425へのおすすめ移行タイプ

先程のツアープロの移行状況をまとめると、MAXはMAXに(G400→G425)、LSTはLST(G400/G410→G425)に移行しています。

注目したいのは、G410 PLUSを使用していた選手2人です。1人はG425 MAX、1人がG425 LSTのドロー設定に移行しています。

やはり、G425MAXは、大型ヘッド・高打ち出しという要素を持っていますので、このタイプのヘッドを避けたい方は、G425 LSTのドロー設定という選択も検討対象に含めると良いと思います。

PING G425ドライバー(MAX・LST・SFT)の最新情報まとめ

G425 MAX・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角、ウェイト調整機能を徹底解説!スリーブの互換性は?

PINGの歴代Gシリーズを一挙紹介!Gドライバーは初代ではなかった!

 

 







<速報>PING G410LSTドライバーの発売日とスペック

PING G410 LSTドライバーについてPINGの日本ページで公式掲載されましたので、発売日・スペック・価格など、速報で取り上げます。 G410 LST ドライバー/PING GDOで探す 楽天市 …

PING G410ドライバーの発売日が決定!

PINGの日本サイトでも遂にG410ドライバーの掲載が始まりました。動画もアップされ、発売日についても発表されています。 G410 PLUS ドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Ama …

PING G410ドライバーに調整機能モデルが追加!?

PINGの2019年ドライバーとして、G410ドライバーが発売されるという情報が出ています。画像もいくつか流出していますので、ニューモデルの情報について取り上げます。 G410 PLUS ドライバー/ …

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

G400 LST ドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す フェアウェイゴルフUSAで探す PINGから2017年後期に発売されているG400 LS TECドライバー。ロ …