ROGUE SUB ZERO ドライバーの試打、感想

キャロウェイから発売されているROGUE SUB ZERO ドライバー。ROGUE スタードライバーも人気のモデルですが、ハードヒッターの方には数量限定のSUB ZEROがお勧めです。

ROGUEにも搭載された2本の柱、JAIL BREAK

EPICにて初めてヘッドに埋め込まれた2本の柱、JAILBREAKテクノロジー。スリットやらリブやらスマートな技術アピールが多い業界ですが、クラウンに2本の柱が貫通している絵は、ゴツさもあり強烈なインパクトがありました。EPICからROGUEになっても、砂時計型にして軽量化する進化を加えて継続導入されています。

ヘッドの撓みは上下方向に発生すると、ボールの進行方向に力が出力されません。2本の柱で縦方向にソールからクラウンまでガチッと固定することで、撓みを効率的に発生させ、ボール初速がアップします。低重心化に力を注ぎ、クラウンの軽量化を図るメーカーが多い中、重量ロスを生じさせてまで柱を通してくるということは、JAIL BREAKに自信を持っている表れとも言えます。

アジャスタブルホーゼルで、ロフト角・ライ角をお好みに調整できる


ROGUE スターモデルとの大きな違いの一つとして、ROGUE サブゼロはアジャスタブルホーゼルが搭載されています。2つのリングの組み合わせにより、合計8種類のセッティングをすることができます。ロフト角は、-1、S、1、2の4種類、ライ角はN(標準)とD(アップライト)の2種類です。

2種類のソールウエイトで弾道を調整できる


出典:https://www.callawaygolf.jp/
ソールウエイトで弾道をカスタマイズ

ソールに2gと10gのウェイトが装着されていますので、これを前後で交換することにより弾道を調整することができます。スピン量を抑えたい場合は、10gのウェイトを前に配置、打出しを高くし慣性モーメントを上げたい方は10gのウェイトを後ろに配置することで、調整ができます。

ローグ サブゼロドライバーを試打した評価と感想

マーク金井
ウェイトが2つ入っていて、重心を前後に変更することができます。サブゼロはドローバイアスではないため、ヘッドが帰り過ぎない。フッカーが使っても左に行きすぎないが、スライサーが使うと右へのミスが出やすい。
非常に弾きが強い。重心距離の長さを感じる。
GBB EPICサブゼロと同じく叩きに行ったときでも左に行かない。

石川遼プロ
左に行かない。そのまま真っすぐ飛ぶ。EPICよりもボール初速が上がってる。(弾道は)EPICよりも上がりやすい顔で、実際に上がり、直進性が高い。

深堀プロ
EPICから変わったと感じるところは、ボールスピードが速い。

宮島プロ試打
GBB EPICサブゼロよりもシャローで、球の高さがEPICより高弾道で飛ぶ。EPICのサブゼロは難しかったが、ROGUEのサブゼロはやさしくなっている。

投稿者: ゴルフ

ゴルファーにとって飛距離は永遠のテーマ。ドライバーで飛距離アップを図りたいゴルファー向けに、おすすめのディスタンス系ドライバーを紹介します。