飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー キャロウェイ

ROGUE ST トリプルダイアモンド LSドライバー 2022の試打・評価・感想

投稿日:

キャロウェイの2022年モデル、ROGUE ST トリプルダイアモンド LSドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

ROGUE ST ◆◆◆ LSドライバー

◆◆◆LSは、USモデルのみ

ROGUE STシリーズのドライバーは、日本でもUSでも4機種ありますが、ラインナップには若干違いがあります。

その違いでUSモデルのみにあるモデルが、本記事で取り上げているローグST ◆◆◆LSドライバーです。

ドライバー 日本 US
MAX
MAX D
MAX LS
MAX FAST
◆◆◆LS

USでは軽量版のMAX FASTは取り扱いしておらず、タイプ的にはその代わりと言うことではありませんが、トリプルダイアモンドのLSがラインナップしています。

唯一、前方にウェイトを配置したモデル

トリプルダイアモンドのLS(低スピン)モデルということで、ローグSTシリーズドライバーの中で、唯一、ソール前方にスクリューウェイトが搭載されています。

EPIC ’21から消え去ってしまったサブゼロの特徴とも言うべきウェイト配置で、浅重心により低スピン性能が発揮されます。

重心深度が浅くなることで、実際の重心位置(フェース面上ではなく)までの距離も短くなりますので、コントロール性能の向上にも寄与します。

450ccのコンパクトヘッド

ヘッド体積も、他モデルが460ccなのに対して、唯一、450ccと10cc小ぶりなヘッドとなっています。

こちらは左が◆◆◆LSで、右がMAX LSです。ヘッド形状も◆◆◆LSの方がかなりディープで、やや後方が持ち上がったハイバックになっています。

◆◆◆LSは、低スピン性能と操作性を高めていることが分かります。

簡単に言えば、「PGAツアー選手向けの思い切り叩けるドライバー」ということになります。

 

 

◆◆◆LSとMAX LSの違い

日本モデル。前年のEPICと種類数は同じですが、今回のROGUE STでは全てMAXタイプとなっていて、ラインナップが少し異なっています。

左から、スタンダードなROGUE ST MAXドライバー、ドロー仕様版のROGUE ST MAX Dドライバー、低スピンタイプのROGUE ST MAX LSドライバー、そして、アジア市場向けの軽量版のROGUE ST MAX FASTドライバーです。

本記事で取り上げているのは、スタンダードなモデルのROGUE ST MAXドライバーです。

適度なつかまりとミスヒットへの強さがありますので、殆どのゴルファーがこのモデルで良いと思います。

ROGUE ST ◆◆◆ LSドライバーの試打・評価

ROGUE ST ◆◆◆ LSドライバーを詳しく解説

なかなか入手困難とのことで、試打動画ではありませんが、試打ラボしだるTVでお馴染み、ゴルフライターのコヤマカズヒロ氏にて、◆◆◆の位置づけなど、詳しく解説されています。

キャロウェイに独自に確認されている内容もありまして、ウェイトについては購入される方は、予め把握しておきたいというか、安心できる内容となっています。

ライ角表記も、実際は同じであるにも関わらず、測り方の違いでUSと日本で異なるケースがありますので、この辺りは統一して欲しいですね。

ROGUE ST ◆◆◆ LSドライバーのスペック

  • ロフト角:9/10.5°
  • ライ角:57°
  • ヘッド体積:450cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • バランス:D4(60g台シャフト)、D5(70g台シャフト)

ROGUE ST ◆◆◆ LSドライバーのシャフト

ROGUE ST ◆◆◆ LSドライバーのシャフトは、USの公式サイトに掲載されているものが3種類あります。

シャフト フレックス 重量クラス トルク 調子
TENSEI AV BLUE 65 REGULAR 65
STIFF 65 低~中
TENSEI AV WHITE 65 STIFF 65 低~中
X-STIFF 65
TENSEI AV WHITE 75 STIFF 75
X-STIFF 75

ROGUE ST ◆◆◆ LSドライバーの発売価格・購入方法

ROGUE ST ◆◆◆ LSドライバーは、USモデルとなりますので、日本キャロウェイで購入することはできません。

後から日本モデルが発売されることもありますが、当記事執筆時点では、USモデルのみです。

当サイトでも度々紹介しているUSモデルを専門に取り扱っているフェアウェイゴルフUSAさんでは、62,699円(549.99ドル)にて出品されています。

≫ フェアウェイゴルフUSA

USモデルは供給量の違いから安いことが多いので、ぴったりなシャフトやスペックがあれば、かなり予算を抑えて購入することができます。

ROGUE STシリーズ ドライバー(2022年)の最新情報・違いをまとめ!MAX・MAX D・MAX LS・MAX FASTの4機種が3月に発売

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, キャロウェイ
-, , , ,

関連記事

キャロウェイ X HOT ゴルフセットを徹底解説!大ヒットしたX HOTのパッケージが格安で揃う!

キャロウェイから発売のゴルフセット、「X HOT パッケージセット」について、詳しく解説します。 X HOTパッケージセット(ゴルフセット) Amazon 楽天市場 目次1 X HOTは2013年に大 …

KING LTDx ツアーレングスドライバーは何が違うか?ノーマルバージョンとの違いを比較・解説

コブラゴルフの2022年モデル、KING LTDxシリーズのドライバーで、ツアーレングスというモデルがあります。 このツアーレングスがどのような特徴があるか、そして、ノーマルバージョンとどのような違い …

RMX VD・VD59ドライバーの最新情報まとめ!スライダー式のウェイト調整機能を搭載

★2021-10-05更新:RMX VD・VD59ドライバーの公式情報を反映 ヤマハから発売のRMX VD・VD59ドライバーにいて、最新情報を取り上げます。 RMX VDドライバー Amazon 楽 …

スライサー必見!スライサーがドライバー選びで注意したい3点

ドライバーショットでの最大の悩みの一つであるスライスについて、スライサーのゴルファーがドライバーを選ぶ時に注意したい点について取り上げます。 目次1 殆どのゴルファーがスライサー!?2 スライスが出る …

タイトリスト 913 D2・D3ドライバーの違いを徹底解説!

タイトリストから2013年モデルとして発売されている913 D2ドライバーとD3ドライバーについて、違いを解説します。 913 D2ドライバー/タイトリスト GDOで探す 楽天市場で探す Amazon …