飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

フジクラ シャフト

VENTUS BLUEシャフトの特徴を徹底解説!試打・評価・スペック

投稿日:2022年9月16日 更新日:

Fujikuraから発売の「VENTUS BLUE」シャフトについて、製品の特徴、スペック、試打した評価を取り上げます。

VENTUS BLUEの特徴

PGAツアーで使われることを目指したシャフト

Fujikuraのシャフトと言えば、スピーダーが有名です。ツアープロの世界では、女子プロには人気があるものの、男子プロからは動かないシャフトのニーズがあり、それに応えた製品がVENTUSだと言われています。

PGAツアーでの使用率1を奪取すべく、トッププロの要求に応えるシャフトの開発がスタート。ツアー現場から開発された、たたけるフィーリングの飛距離とコントロール性能を両立したアメリカ発の元調子系シャフト。

公式サイトでの説明でも、PGAツアーで使われることを意識していることが伝わってきます。

日本ではBLUEとBLACK、USではさらにREDがある

VENTUSはUS発のシャフトです。そのため、USの方がラインナップは充実しています。

▼USと日本でのVENTUSのラインナップ

モデル US 日本
RED 5~9
BLUE 5~9 5~7
BLACK 5~10 5~7

上表は、USと日本でのVENTUSの種類、そして、重量クラスを表したものです。

日本ではBLUEとBLACKのみですが、USではREDが加わり、重量クラスもUSの方が幅広く用意されています。

ソフトなRED、ハードなBLACKやTXなどのスペックに興味がある方は、USモデルで探されると良いでしょう。

先端剛性が高く、球がブレにくい

VENTUSの最大の特徴は、先端剛性を高めている点にあります。

VeloCore Technologyが採用されていて、 オフセンターの際のヘッドのねじれが抑えられ、ボール初速が出やすくなっています。

適合ゴルファー

先端剛性が高いことにより、弾道が安定しやすいと言えます。

逆に言えば、ヘッドの俊敏な動きやすさはありませんので、つかまり、打ち出しの高さを求める方には適していません。

スライサーではなくフッカー、そして、弾道の高さを抑えたいハードヒッターに適しています。

VENTUS BLUEの試打・解説

プロがVENTUS BLUEを試打・評価

コブラのKING SPEEDZONEドライバーにVENTUS BLUE 6Xを挿して試打されています。

  • 先端硬くて手元が緩い、手元調子のシャフト。
  • BLUEは動かない棒っぽいけど、少し先が動く。味付けが極端ではなく、タイミングが取りやすい。
  • Fujikuraは、スピーダーが女子に人気があるが、男子にも使ってもらうために動かないシャフトになっている。
  • クセが少ないシャフト。
  • シャフトに仕事してもらおうという人より、シャフトが自分のタイミングについてきてくれるのが良いという方向け。
  • もっと棒が良い方は黒、動いた方が良い方は赤。

VENTUS RED・BLUE・BLACKの違い・比較解説

  • VENTUSはヘッドの先側がしっかりしているシャフト。
  • 先端のトルクが低く、ねじれが少ないため、インパクトの際に打ち負けにくく、ミスヒットにも強い。左右の方向性が安定する。
  • 左につかまり過ぎる方、フッカーの人には相性が良い。スピン量が少なく、球が上りにくいシャフト。
  • VETUS BLUEが、3種の中でクセのない中心のモデル。

VENTUS BLUEの口コミ

打ち出し角が低くなった

中間がしなる

5Sにしてはしっかり

バルドーコルサ435に入れて使っています。3ラウンドほど使用しての感想です。ヘッドがディープで弾きが強く、シャフトが柔いと暴れやすいのですが、力が入って完全チーピンかと思っても何とか残ります。押し出し気味で右から回すと素晴らしく良い弾道です。

ヘッドとの組み合わせも良いのか、着弾してからの転がりが凄い。HS41〜42で打ってますがラン込みで250ほど飛んでます。

5Sにしてはしっかりしており、エースのTS i3とSIMの、どちらかを蹴落としそうな勢いです。5Sを選択しましたが、久々のヒットシャフトです。

引用:yahoo-net.jp

ブラックの方がチーピンし辛い

ブラックだと硬い・・・ブルーだと柔らかい

VENTUS BLUEのスペック

モデル 硬さ 重量 トルク 調子 長さ Tip径 Butt径
VENTUS BL 5 R 58.5 3.7 中元 46 8.5 15.35
S 59 3.3 15.35
VENTUS BL 6 S 65 3.1 15.4
X 65 3.1 15.4
VENTUS BL 7 S 76 3 15.3
X 77.5 2.9 15.35

USではRED、BLUE、BLACKの3種類ありますが、日本ではBLUE、BLACKの2種類です。

重量クラスも、日本では5、6、7の3種類ですが、USではBLUEが9まで、BLACKが10まであり、フレックスのラインナップも充実しています。

VENTUS BLUEの発売日・発売価格

VENTUS BLUEの発売日は、2020年2月13日です。発売価格は税込み55,000円(税抜き50,000円)となっています。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-フジクラ, シャフト
-, ,

関連記事

【米国PGAツアー】トッププロ10名のシャフト(ドライバー編)を調査【2022年】VENTUSが圧倒的な人気!

海外のトッププロたちは、ドライバーにどんなシャフトを使っているのか? ドライバーヘッドは契約メーカーのものを基本的に使用しますが、シャフトはプロパーの純正とは異なるケースが大半です。 そこで、米国PG …

SPEEDER NXの特徴を徹底解説!試打・評価・スペック【女子プロで急増している理由】

Fujikuraから新たに発売のシャフト「SPEEDER NX」について、製品の特徴、スペック、試打した評価を取り上げます。 SPEEDER NXシャフト Amazon 楽天市場 目次1 Fujiku …

2代目 プラチナム スピーダー 2021の最新情報まとめ!試打・評価・スペック・発売日・発売価格

Fujikuraから発売のNEW「プラチナム スピーダー」シャフトについて、特徴・スペック・発売価格などを取り上げます。 PLATINUM SPEEDER(プラチナム スピーダー) Amazon 楽天 …

シャフトが長くなると、飛距離はどれぐらい伸びるか計算した結果【1インチで約5ヤード飛ぶ!】

ドライバーの飛距離をアップする方法の一つに、クラブ長さを長くするという選択肢があります。 本記事では、クラブを長くすることで飛距離がどれぐらい伸びるのかについて、解説します。 目次1 クラブ(シャフト …

シャフトのフレックスは統一的ではない件【同じフレックスでも硬さは違います】

ゴルフクラブを購入する際、ヘッドの特性やスペックに加えて、シャフトの硬さも選ぶこととなります。 本日は、このシャフトの硬さを表すフレックスについて、選ぶ際の注意点を取り上げます。 目次1 フレックスの …