飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー ランキング テーラーメイド キャロウェイ タイトリスト ピン スリクソン ブリヂストン

【2023年】飛距離が出るドライバー おすすめランキング

投稿日:2020年11月20日 更新日:

飛距離が出るドライバーの2023年版 ランキングです。

対象となるドライバーは、各メーカーで現行・最新モデルとしてホームページやカタログに掲載している製品となります。そのため、発売が数年前のものも含まれることがあります。

▼飛距離が出るドライバー 2021年版はコチラをご覧ください。
≫ 飛距離が出るドライバー 2021年 おすすめランキング

第1位 テーラーメイド ステルス2 PLUSドライバー

ステルス2シリーズのアスリート向けタイプのドライバーです。

ステルス2代目となり更にカーボン化が進み、後方ウェイトは6gから15gに重量アップし寛容性がアップしていますが、それでもなお一発の飛びの魅力は健在です。

初代ステルスより大人しくはなったものの、市場全体で見ればヘッドの機敏さはトップクラスで、操作性と低スピン性能に優れた上級者向けドライバーです。

ここがポイント!

  • 初代ステルスより寛容性がアップ
  • 低スピン性能と操作性に優れたハードヒッター向けモデル

ステルス2 PLUSドライバー 2023の試打・評価・感想

第2位 キャロウェイ パラダイム◆◆◆ドライバー

キャロウェイのパラダイムシリーズのツアープロ仕様のドライバーです。

ヘッド体積が450ccとやや小ぶりで、ヒール寄りもすっきりしていますので、左へのつかまり過ぎを避けたいハードヒッターに好まれる形状です。

低スピンの強弾道タイプで、少し寛容性が欲しい方にオススメのドライバーです。

ここがポイント!

  • ヘッドが小ぶりでシャープに振り抜ける
  • 低スピンタイプながら、寛容性の備わっている

パラダイム◆◆◆ ドライバーの試打・評価・感想

第3位 スリクソン ZX5 MKⅡ LSドライバー

ZX MKⅡで初めて追加された寛容性と低スピンを共存させたドライバーです。

従来までは「5」が寛容性と直進性、「7」が操作性と低スピンという特徴付けになっていましたが、ZX5 MKⅡ LSは「5」に低スピン性能を持たせてあります。

そのため、低スピンでありながら、高弾道で寛容性も備わっているのが特徴です。

ここがポイント!

  • 寛容性と低スピン性能が共存
  • 低スピンでも打ち出しの高さが欲しい人にオススメ

ZX5 MKⅡ LSドライバーの抑えておきたいポイント3つ!球が上がるのに低スピンで曲がらない!

第4位 タイトリスト TSR3ドライバー

TSRシリーズの低スピンタイプのドライバーで、後方にウェイト調整機能が搭載されています。

更に低スピンで小ぶりなTSR4ドライバーもありますが、TSR3ドライバーの方はピーキー過ぎず、多くのツアープロに採用されています。

ここがポイント!

  • ドロー・フェードの調整機能により弾道をカスタマイズできる
  • 柔らかい打感を好み人にオススメ

TSR3ドライバーの試打・評価・感想

第5位 PING G430 LSTドライバー

PINGのG430シリーズの低スピンタイプのドライバーです。

ツアープロからはLSTとMAXの両方が人気がありますが、ややLSTの方が多く採用されているようです。

LSTというとハードなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、G410、G425のLSTよりも寛容性が備わっていて、ミスへの許容性が高まっています。

Gシリーズ特有のブレない弾道に低弾道・低スピンが加わり、ヘッドスピードが速いゴルファーが吹けない強い球で飛ばすことができます。

ここがポイント!

  • ブレない弾道で、ミスが出にくい
  • 打音・打感が従来のGシリーズから改善されている

G430 LSTドライバーの試打・評価・感想

第6位 ブリヂストン B-limited B1ドライバー

ブリヂストンのツアーBシリーズのB1ドライバーです。

ドローバイアスのB2に対して、B1は思い切り叩きたいハードヒッター向けのドライバーです。

JGRで搭載されたSP-CORも継承されていて、フェースの広い範囲で高初速が実現されています。

出典:bs-golf.com

後方にウェイト調整機能が搭載されていて、5か所のポートにウェイトを移動させることで、ドロー・フェードの5段階調整が可能となっています。

更にハードなモデルを好まれる方は、プロトタイプのB1 Limitedというモデルがあります。

ここがポイント!

  • 5段階のウェイト移動により、弾道調整がしやすい
  • 打点がバラけても飛距離ロスが出にくい

ブリヂストン B-Limited B1ドライバー・B1ドライバー・B2ドライバー(2021)の最新情報!試打・評価・感想

第7位 タイトリスト TSR4ドライバー

TSRシリーズで最もハードなタイプのドライバーです。

ヘッド体積が430ccと絞られていて、最近では珍しいくらい小ぶりな設計となっています。

構えた時に、操作性の良さ、左へのミスが抑えられる感じが伝わってくるヘッドで、思い切り叩きたい方に好まれる形状です。

その分、ヘッドが機敏でミスの許容性は高くありませんので、お助け感よりも操作感を強く求める方に適しています。

ここがポイント!

  • ヘッドが430ccで超小ぶり
  • 思い切り叩きにいける

【何処よりも早い】TSRシリーズドライバーの最新情報・違いをまとめ|TSR2・TSR3・TSR4

第8位 テーラーメイド ステルス2ドライバー

ステルス2シリーズのノーマルタイプのドライバーです。

ノーマルと言ってもテーラーメイドのドライバーはフェードバイアスな傾向があるため、アベレージゴルファー向けというより、中・上級者向けのドライバーです。

前作のステルスドライバーよりも、寛容性・球の上がりやすさ・つかまりの良さが備わっていますので、初代ステルスで球が上がりきらなかった人、つかまりきらなかった人も、再挑戦可能なモデルです。

ここがポイント!

  • 前作よりも、やさしくなっている
  • カーボンフェースの打感・打音が向上

ステルス2 ドライバー 2023の試打・評価・感想

こちらもオススメ

飛距離が出るドライバー 2021年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2020年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

ドライバー 2018年モデルの売れ筋ランキング

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ランキング, テーラーメイド, キャロウェイ, タイトリスト, ピン, スリクソン, ブリヂストン
-, , ,

関連記事

ツアーステージは終了していないのか?調べてみました!

USGAのドライバー適合リストにブリヂストンのツアーステージV562ドライバーが掲載されていましたので、取り上げます。 目次1 掲載されていたツアーステージV562ドライバー2 ツアーステージV562 …

EPIC FLASH サブゼロ Sub Zero ドライバー USモデルを徹底解剖!

キャロウェイから発売のEPIC FLASH サブゼロ Sub Zero ドライバーのUSモデルについて取り上げます。購入についても、国内で簡単に行えますので、本投稿の中で詳しく紹介します。 EPIC …

G430ハイブリッドの最新情報まとめ!試打・評価・スペック・発売日・発売価格

PINGのG430ハイブリッドについて、最新情報をまとめました。 G430ハイブリッド 楽天市場 Amazon GDO 目次1 G430シリーズのハイブリッドは1タイプのみ1.1 カーボンクラウンを採 …

The ゼクシオ(XXIO 5) ドライバーの試打・評価・感想

ダンロップから2008年モデルとして発売されているThe ゼクシオ(XXIO 5)ドライバーについて、試打や感想を交えながら取り上げます。 The XXIO ゼクシオ5 ドライバー GDOで探す 楽天 …

SIM2シリーズのドライバー3種でオススメはどれか?【ゴルフ識者6名が徹底解説】

2021年に大ヒットのテーラーメイド SIM2シリーズのドライバーについて、ゴルフ識者が集まって、人気の理由やお勧めモデルを詳しく語られています。 SMI2シリーズは、SIMと外観はそっくりでありなが …