飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー ゼクシオ

【何処よりも早い】ゼクシオ12 ドライバーの最新情報【試打動画あり】評価・スペック・価格

投稿日:2021年10月9日 更新日:

ダンロップから発売のゼクシオ12ドライバー。

ついてメーカーから正式発表がありましたので、最新情報をまとめました。

XXIO 12ドライバー(12代目・2022年)の特徴

モデル名は「ゼクシオ12ドライバー」

ゼクシオ12代目となる2022年モデルが遂に発売となっています。注目の名称は、「ゼクシオ12 ドライバー」です。

7代目から世代数を付すだけのシンプルな形になりまして、今回もそのネーミング体系が踏襲されています。

キャッチコピーは「飛びの翼で、大空へ。」となっていて、ソールに空力設計が採用されています。恐らく、ゼクシオのドライバー史上で初めてだと思います。

それでは、注目のテクノロジーについて見ていきましょう。

Activ Wing(アクティブウィング)

ゼクシオ12ドライバーに注目のテクノロジーが2つ搭載されています。

その一つがこちらのアクティブウィング(ActivWind)です。商標にも登録されていましたので、空力の仕組みが搭載されることは推測していましたが、やはり搭載されています。

空力は、PING、テーラーメイド、キャロウェイなど、最近の海外ブランドのドライバーでも積極的に搭載されています。

しかし、ゼクシオ12ドライバーの空力は他社と一味違います。

出典:dunlop.co.jp

ActivWingの効果について、ダンロップの公式HPでは飛行機の垂直尾翼を例に挙げて説明されています。

飛行機の垂直尾翼は…機種が左右に揺れた時に「空力コントロール」で元に戻ろうとする

引用:dunlop.co.jp

他社の空力はヘッドを走らせること、つまりスピードアップが目的ですが、ゼクシオの空力は、空気抵抗を大きくしてヘッドのブレを抑えること、つまりコントロールを目的としています。

ダウンスイングの際には、フェースが開いたり、トゥが下がったりしますが、空力コントロールによりヘッドのブレを抑える方向に働いてくれます。

これにより、フェース角のバラつきが23%抑えられ、打点のバラつきは17%抑えられるという結果が出ています。

▼ActivWingの解説動画です

ダンロップゴルフの公式チャンネルにて、ActivWingのメカニズムいついて、映像を交えて解説されていますので、詳しくお知りになりたい方はご覧ください。

Rebound Frame(リバウンドフレーム)がゼクシオ12にも搭載

リバウンドフレームは、スリクソンのZXシリーズで初めて搭載されてテクノロジーです。ヘッドのフェース面側から、「柔」「剛」「柔」「剛」という剛性の違うエリアを重ねることで、ヘッドの撓み効果を高めています。

これにより、従来モデルよりも大きな撓みが生み出され、ボールスピードがアップし、飛距離アップにつながります。

▼Rebound Frameの解説動画です

ダンロップゴルフの公式チャンネルにて、リバウンドフレームのメカニズムについて解説されています。

スリクソンのZXシリーズ、ゼクシオ11代目のプライムシリーズにも搭載されていて、ご存知の方も多いと思いますが、詳しくお知りになりたい方はご覧ください。

ヘッド形状はシャローで、ややフックフェース

出典:dunlop.co.jp

ヘッド形状は、ややシャローで安心感のある投影です。

上級者向けの洋ナシ形状とは対照的に、ヒール寄りに体積が確保されていますので、つかまりの良さもあります。

フェースはややフックで、こちらもしっかりつかまえやすくなっていますので、ヘッドスピードが遅め、ヘッドの返しが遅れがちな方・苦手な方が扱いやすくなっています。

ゼクシオ12ドライバーの試打・評価

ゼクシオ12ドライバー・ゼクシオX2022ドライバーをプロが試打

  • 空力の突起構造は、構えてみると気にならない・分からない。
  • ゼクシオ12はフェースが大きく見える。
  • 大きなヘッドで球がつかまらない方は、つかまる。
  • 球が上らない人、ヘッドスピードが遅くなってドロップしてしまう人は、ヘッドの方でスピン量が確保される(球が上がる)。

ゼクシオの過去のドライバーと比較しながら試打

ゼクシオの初代ドライバーなど、過去のレギュラーモデルと比べながら、ゼクシオ12ドライバーを試打して解説されています。

ゼクシオ12ドライバーを詳しく解説・試打

10.5°のSRで試打されています。

  • トゥダウンが抑えられ、芯で捉えやすくなっているアクティブウィングが搭載されている。
  • トゥダウンすると右に開いてしまう。
  • 打点がバラつく方におすすめ。

ゼクシオ12ドライバーを三者三様の3名が試打・評価

  • ヘッドの外観はすっきりしてて振りやすそう。
  • SRシャフトでも結構しなる。パワーではなくスイングで飛んでくれそう。振ってみるとしっかりしている。
  • 従来のゼクシオの中で、一番重心角が大きそう。
  • ヘッドがずしっと感じる。重さで加速感を感じる。
  • つかまりが良くて、ボールに当たり負ける感じも無い。

ゼクシオ12 ドライバーのスペック

クラブスペック

  • ロフト角:9.5、10.5、11.5°
  • ライ角:59°
  • ヘッド重量:199g
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • クラブ重量:282g(R)

ヘッド重量が3g増となっていて、運動エネルギーのアップが図られています。クラブ重量は2g増となっています。

シャフトスペック

フレックス 重さ トルク 調子
S 41 6.4
SR 39 6.6
R 36 6.6
R2 36 6.6

ゼクシオ12ドライバーの標準シャフトは、MP1200カーボンシャフトです。

ゼクシオ11ドライバーと比べると、標準シャフトの重量は1g軽量化されています。

ゼクシオ12 ドライバーの発売日・発売価格

ゼクシオ12ドライバーの発売日は、2021年12月11日です。

ゼクシオ12ドライバーの発売価格は、税込み88,000円です。税抜き価格で考えると、ゼクシオ11、ゼクシオ10と同じ価格です。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ゼクシオ
-, , ,

関連記事

【50代・60代向け】おすすめ中古ドライバーBEST5【飛距離が落ちてきたゴルファー必見】

50代・60代におすすめの中古ドライバーについて、おすすめしたい厳選モデル5種を紹介します。 ヘッドスピードは年齢と共に徐々に落ちてきて、50代では41~43m/s、60代では39~41m/sぐらいと …

ドライバー、バフィ?ウッドの番手別の呼び方

ドライバーとウェアウェイウッドはショッピングサイトや専門誌でも別物のように扱われます。しかし、大きな分類としてはウッドに属し、同じ仲間になります。 ウッドは1番、3番など番手の数字で識別されますが、そ …

KING LTDx シリーズのドライバー3種を、ヘッドスピード40m/s未満の女子プロゴルファーが打ち比べした結果が興味深かった件

コブラから2022年モデルとして、KING LTDxシリーズのドライバー3種が発売されています。 市場では、前年のRADSPEEDよりも、やさしくなっているとの評価が聞こえてきていて、アベレージゴルフ …

RS-F・RS・RS-D 2022ドライバー(6代目)の最新情報・違いをまとめ

★2022-06-29公式:メーカー公式情報が出ましたので、全面更新しました。 PRGRのRSシリーズの2022年モデル、RS-F・RS・RS-D 2022ドライバーが発売となりましたので、モデルの違 …

EZONE GT 425ドライバーの試打・評価・感想

ヨネックスの2022年モデル、EZONE GT 425ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 EZONE GT 425ドライバー Amazon 楽天市場 ゴルフパートナー …