ROGUEドライバーとEPICドライバーの違い

キャロウェイから2017年、2018年モデルとして発売されている人気のドライバーがあります。EPICとROGUEです。EPICの方が前のモデルになり、ROGUEは後継モデルになり、継承関係、いわば親子・兄弟モデルといった位置づけになります。

EPICとROGUEは大きく違うのか?

EPIC発売から翌年、「EPICを超えなければ、出す意味なんてない」と言い切って発売されたのがROGUEです。

この言葉だけ見て取れば、EPICではなくROGUEを選択すれば良いということになりますが、機能面・性能面での違い、価格の差がありますので、ゴルファーの選択は分かれています。実際、1世代古いEPICの方は、まだ売れ筋ランキングに顔を出しています。では、双方にあるものないものを見て行きましょう。

EPICとROGUEの両方にあるもの

EPICとROGUE、どちらにも共通するものはJAIL BREAKです。ヘッドを縦に貫通した牢獄のような2本の柱。

ROGUEの方が形状が砂時計型になっていて軽量化されているため、重量配分が工夫されていますので、若干の違いはあります。

ただ、無駄なたわみを抑えるという同じ機能を有していますので、どちらのモデルもボール初速のアップに2本の柱が貢献してくれます。

代名詞のようなテクノロジーですので、これがなければ、EPICでもないし、ROGUEでもないですね。

EPICにあって、ROGUEにないもの

EPICにはソールにペリメーター・ウェイティングが搭載されています。11gのウェイトを左右に動かすことができますので、弾道調整を行うことができます。

対して、ROGUEの方はソールにトラック的なものがなく、重心調整を行うことができません。なお、サブゼロモデルについては、ホーゼル部分でロフト・ライの調整を行うことができます。

GBB EPIC STAR ドライバーの試打・評価・感想

他メーカーの話になってしまいますが、テーラーメイドM3ドライバーのYトラックは左右前後に調節できますので、改めて優れものだなと感じます。

テーラーメイド M3 ドライバーの試打・感想・評価

もう一つ、EPICにあってROGUEにないものは、コストパフォーマンスです。さすがに1年の違いということで、モデルの性能の差は大きくはないと考えれば、1世代前のモデルは世代交代により市場価格が大きく下がります。

費用対効果という点で言えば、EPICは非常にお買い得と言えます。

ROGUEにあって、EPICにないもの

では次は反対に、ROGUEにあって、EPICにないものです。ROGUE(ここではスターモデル)は明確な重心設計です。

まず、ヒールの外側に2gのスクリューが搭載され、更にヒールの内側にウェイト設計されていて、ドローバイアス設計となっています。

その他、クラウン、JAIL BREAKの軽量化が図られ、余剰重量がヘッド周辺部に配置されているため、慣性モーメントが大きくなっています。

ROGUEは、つかまりやすい、右へのミスが出にくい、打点のブレに強いといった特徴があります。

ROGUE STAR ドライバーの試打、感想

 

投稿者: ゴルフ

ゴルファーにとって飛距離は永遠のテーマ。ドライバーで飛距離アップを図りたいゴルファー向けに、おすすめのディスタンス系ドライバーを紹介します。