タイトリスト」カテゴリーアーカイブ

低スピンで飛ばせる!2019年おすすめドライバー特集!

2019年モデルのドライバーの中で、低スピンで飛ばせるモデルからお勧めをランキング形式で紹介します。

第1位 キャロウェイ EPIC FLASH サブゼロドライバー

低スピンタイプとして一番のおすすめはEPIC FLASHのサブゼロドライバーです。これまでのキャロウェイのサブゼロモデルは、難しい、球が上がり辛いといわれていましたが、2019年モデルであるEPIC FLASHサブゼロドライバーは、使いやすいという評価が多く聞かれます。

そして、AIデザインによるフラッシュフェースが話題となっていますが、今回のサブゼロモデルでは、左右の重心調整機能、ペリメーター・ウェイティングが搭載されているところが大きなポイントです。ペリメーター・ウェイティングの搭載により、ウェイトだけでなく、仕組みそのものが一定の重量を持ちますので、重心が深く・低くなり、やさしさが増したため、バランスが良くなったのではないかと思います。

第2位 コブラ KING F9 スピードバックドライバー

リッキー・ファウラーやブライソン・デシャンボーが早速クラブセッティングの中に取り入れ優勝したことで、注目が集まっているドライバーです。

低重心・空力構造に加え、デュアルロールテクノロジーが搭載さています。デュアルロールテクノロジーは、テーラーメイドのツイストフェースを彷彿とさせるもので、上下でフェースの曲率が異なり、弾道をセンターに戻してくれます。

第3位 テーラーメイド M5ツアードライバー

テーラーメイドの2019年モデルM5、M6の内、上級者向けと言われているM5ドライバーで、さらにヘッドサイズが小さい方のモデルです。435ccの小ぶりなヘッドでノ460ccのM5ドライバーよりも更に低スピンで飛ばせるモデルです。

そして、M1、M3という系譜を持ち、特徴の一つである重心調整機能。M5ツアーではリバースTトラックシステムが搭載され、レール形状が変わることで調整幅が広がっています。

ウェイトをソール後方の左右に分散させることで、重心位置に重量が集中しませんので、打点のブレへの強さも発揮してくれそうです。

第4位 本間ゴルフ TW747 460ドライバー

TW747ドライバーはヘッドサイズが455ccと460ccがありますが、おすすめしたいのは460ccのTW747 460ドライバーです。重心位置が低く深く設定されていますので、低スピンでかつ高弾道で飛ばすことができ、慣性モーメントへの寄与もあり打点のブレにも強さを発揮してくれます。

ソールに搭載されているウェイトビスは交換することができますので、重心調整も可能となっています。

第5位 タイトリストTS4ドライバー

この記事の執筆時点で、またTS4ドライバーは発売されていません。ですが何故ここに取り上げたかというと、タイトリストの新しいブランドTSシリーズが、これまでとガラッと変わって一般ゴルファーにも扱えるモデルに様変わりしたからです。

そしてTSモデルから新たに発売されるTS4は低スピンタイプとなっています。ヘッドサイズが430ccと小さめですので、小ぶりヘッドをまず扱えるか、または扱いたいかにもよってきますが、2019年モデルの低スピン・中弾道のドライバーとして、期待も込めて選びました。

TS4ドライバー、TS3ドライバー、TS2ドライバーの違いを比較

 

以上、低スピンの2019年版ドライバーのおすすめモデルを紹介しました。

 

TS4ドライバー、TS3ドライバー、TS2ドライバーの違いを比較

タイトリストのTSシリーズのドライバー3本について、比較して違いを取り上げます。

TSシリーズは「スピード」にフォーカスしたモデル!

出典:https://www.titleist.com/

タイトリストのTSシリーズは、2018年に新たに発売されたモデルです。これまでのツアープロ向けと言われていたクラブとは異なり、ゼロベースで「スピード」をテーマに開発されています。

TSモデルはやさしくなったと言われている

タイトリストのクラブというと、ツアープロが使うモデルとして、憧れを抱く人もいれば、敬遠する人もいたのが正直なところではないでしょうか?

しかし、今回のTSドライバーについては、ゴルフ関係者のコメントを見回すと、総じて優しくなったという驚きの声が聞こえてきます。これはTSモデルが「ツアープロのため」でなく、「スピードのため」に開発されていて、想定する利用者が予めツアープロに定まっていないことが大きいと思われます。

TS4ドライバーの登場でTSドライバーは3種類に!

TSドライバーは、2018年後期にTS2ドライバー、TS3ドライバーが発売されました。そして、今回、タイトリストの公式サイトに掲載されているTS4ドライバーを加えると、全部で3種類ということになります。

TS2ドライバー、TS3ドライバー、TS4ドライバーの比較

モデル TS2 TS3 TS4
特徴 直進性、スピード スピード 低スピン、スピード
ロフト角 8.5、9.5、10.5、11.5° 8.5、9.5、10.5° 8.5、9.5、10.5°
ライ角 58.5° 58.5° 58.5°
長さ 45.5in 45.5in 45.5in
ヘッド体積 460cc 460cc 430cc
ヘッド形状 シャローバック 洋ナシ 洋ナシ

スペック面の特徴としては、TS4ドライバーだけ430ccとかなり小ぶりなヘッドであるところです。反応性の高さを求めるツアープロ仕様であると考えられますので、オートマッチクでやさしいクラブを求める方はTS2ドライバーの方が適しています。

TS1ドライバーは発売されるか?

タイトリストのモデル名の最後の数字、1、2、3、4というのはヘッドタイプを表しています。従来品では2、3が基本で、ツアープロ向けの4は、915D4ドライバーなどUSモデルで販売されていることもありました。

1は馴染みのない方が多いかもしれませんが、過去に発売されていたこともあります。907D1ドライバーという三角型の独特なヘッド形状のモデルです。

1が発売されていたこともありますので、TS1ドライバーについても開発される可能性はゼロではないと思いますが、これまでの913、915、917あたりを見ると、極めて低いように思います。

 

917 D2と917 D3ドライバーの違い

タイトリストといえばアスリート向けのクラブを提供するメーカーとして認識されているゴルファーが多いと思います。2018年にTSというモデルを発表し、これまでのツアープロから市場にフォーカスを移した印象から、話題となったモデルでもあります。

ゴリゴリのアスリート向けモデルとしては、現時点では917が最新、もしかしたら最後かもしれません。今尚、ゴルファーからの支持が強い917モデルのドライバーについて、違いを取り上げます。

917D2ドライバーと917D3ドライバーの違い

917シリーズからは、917D2ドライバー、917D3ドライバーが発売されています。どちらのクラブを選べばよいかは、違いを知ることが重要です。両者の違いについてみていきましょう。

一番の違いはヘッドサイズ

917D2と917D3の違いを知る上で一番のポイントは、ヘッドサイズにあります。917D2がルール限界の460ccなのに対して、917D3は440ccとなっています。

917D3は操作性を求めるゴルファーに、つまり自分で球を操りたい方に向いているドライバーとなります。

ヘッド形状は917D2が丸型、917D3が洋ナシ型になります。これはタイトリストに詳しいゴルファーであればご存知の方もいると思いますが、2、3という数字でヘッドの形状が決まっています。

917D2、917D3ドライバーを今平周吾プロが解説

・917D2は打感が柔らかい。球が高く、低スピンで、キャリーが出てくれそう。
・917D3はヘッドの大きさが小さいので、しっかり振り切れる。少ないスピン量で飛距離が出る。

調整機能はどちらも同じ

機能面ではどちらも重心調整機能、ロフト・ライ調整機能が搭載されています。重心調整については、ソールの後方に貫通されているウェイトを入れ替えることで行えます。

ヘッドの軽量化を進める場合、ホーゼルの調整機能が省かれるケースがありますが、917モデルではD2、D3の両方に搭載されています。(D2の詳細ページ)

調整は16通り行うことができ、こちらのメーカーによる公式解説動画がとても参考になります。

タイトリスト 917モデルを3upCLUBが解説

・915は上がりづらかったが、917は上がる。
・色はグレーで、昔に戻った。黒いとティーグラウンドで構えた時に、周りのギャラリーが映り込んで気になるため、という理由があるらしい。
・ヘッドの見た目の形状通りの弾道が出る。
・プロ仕様モデルだけあって、それほどつかまらない。

 

タイトリスト 917 D3 ドライバー の試打・評価・感想

タイトリストから2017年モデルとして発売されている(発売日は2016年後期)、917D3ドライバー。2018年後期にはタイトリストから新モデルTSドライバーが発売されているため、9系の最後のモデルが917となります。本記事では今尚人気の917 D3ドライバーを取り上げます。

917D2ドライバーの試打・評価・感想はコチラ

モデル名に付された3桁の数字は、下2桁がモデルの年数を表していますので、モデルを遡っていくと、915D2(2015年)、913D2(2013年)となります。

917D3ドライバーと917D2ドライバーの違い

これは917D2ドライバーの投稿でも触れましたが、同時発売されている917D2ドライバーと917D3ドライバーの違いを確認しましょう。

ドライバーの特徴として、もっとも違いが出るのがヘッドサイズで、917D2、917D3もその例に漏れません。917D2が460ccとルール限界なのに対して、917D3は440ccとこぶりになっています。一般にヘッドが小さい方がコントロールしやすく、上級者向けと言われています。

タイトリストの917Dシリーズについても、D3がプロ・アスリートゴルファー向け、D2がアベレージゴルファー向けという解釈が一般的です。

SURE FIT CG 、SURE FIT Hosel を搭載

重心(ウェイト)を調整できるSURE FIT CG、ロフト角、ライ角の2次元独立調整システムであるSURE FIT Hoselが搭載されていますので、弾道調整を自由度高く行うことができます。

タイトリストの独特なウェイト調整機能は、トゥ・ヒールの重心移動が可能となっています。

ソールの溝が安定性を生み出してくれる

タイトリストのウッドと言えば、アクティブ リコイル チャンネルです。2015年モデルから搭載されているソール全面に横に入れられた溝。これにより、打出しの安定性が高まるだけでなく、オフセンターヒット時のインパクト効率も高めてくれるため、よりやさしく、より大きく飛ばせます。

917 D3 ドライバーを試打した評価と感想

今平周吾プロ
917D2と比べて、ヘッドが小さい分、振り切ることができる。叩いていくには917D3がおすすめ。
ゴルフ体験主義 KAZ氏
・ボディはそれほどディープには感じませんでしたが、「917D2」に比較するとややコンパクトで、その分重心深度も浅めな印象を受ける。
・操作性が高いので、これはヒッタータイプが左を気にせず叩ける。
・弾道的には高めの中弾道。917D2同様、球を上げ切るにはある程度パワーが必要かと思う。
引用:https://golftaiken.nikkansports.com/2017/01/7688.html

917D3はタイトリストで更に上級者向けということで、試打や感想の情報が917D2より少なかったのが印象的でした。

※917D2ドライバーの試打・評価・感想はコチラ

TS2ドライバー、TS3ドライバーのTSに込められた意味

2018年後期に発売されているドライバーの中で、注目を浴びているモデルの一つがタイトリストのTS2ドライバー、TS3ドライバー。

何故注目を浴びているかと言うと、モデルの名前が一つの要因となっています。今回のモデル名の「TS」には意味が込められていますので、TSの意味とモデルについて取り上げます。

TSって何の略?

タイトリストのドライバーは、これまで917D2、D3といった9を冠した名称となっていました。今回もその流れで来ると思っていた矢先、がらりと変わって「TS」という名称になりました。

TSの意味は、「Titelist Speed」の略です。そして、今回、注目を浴びているのは、名前が変わったことではなく、変わった理由・背景にあります。

これまでの9系とこれからのTSの違い

タイトリストの917、915といったドライバーについて、みなさんはどのような印象を持たれていますか?恐らく、「難しい」「プロ・上級者向け」といった感想が多いと思います。

タイトリストの9系では、これまでツアープロの声に耳を傾けて、クラブを作り上げてきたと言われています。今回のTSは、社内にTitelist Speedというプロジェクトが立ち上げられ、スピードをテーマにしてクラブの開発が行われています。

別の言い方をすれば、ゴルファー全体に目を向けて、ドライバーに求められるものはスピードだという源流思想に軸足を置いたと考えられます。

実際にTS2ドライバー、TS3ドライバーは「やさしい」と評価されている

2018年9月に発売されているTS2ドライバー、TS3ドライバーですが、既に多くのプロ、ゴルフ関係者により試打が行われています。評価は総じて「やさしくなった」という意見が多いと感じられます。それぞれのクラブの試打・評価については、下記の別記事にまとめてありますのでご覧ください。

タイトリスト TS2ドライバーの試打・評価、感想

タイトリスト TS3ドライバーの試打・評価、感想

これまでタイトリストを遠慮・敬遠していた方も、今回のTSシリーズ、一度、試打会などで試してみてはいかがでしょうか?